Author Archives: writer_gr7856

人材派遣での面接で尊敬する人を聞かれたら?

なぜ尊敬しているのかの理由が大事

1c81e115e315018f8344899abe3c3178_s
人材派遣の面接の時に尊敬する人を聞かれたら、誰にするかより、なぜ尊敬するのかを明確にすることが大切です。

いざ面接の時に尊敬する人を聞かれると、あれこれ迷うかもしれません。

その会社の社長のことを調べてその人のことをあげればいいのか、あるいは歴史上の人物なのか選択肢は多岐にわたります。

では誰を挙げるのが正解なのでしょうか?
誰にするかの正解はありません。

極端な話誰でもいいと言えるかもしれません。
面接官が注目しているのは、なぜその人のこと尊敬しているのかという理由です。

尊敬する理由を知ることよって、その人がどんなところに感銘を受ける人なのか、人間性が垣間見られるからです。

ですから面接官の反応を気にしてあれこれ悩むよりは、自分が本当にすごいと思う人と、その理由を挙げるほうがよいでしょう。

人材派遣の面接に臨む前の心構え

人材派遣で紹介された派遣先での面接で注意すべきポイントとは何でしょうか?
まずは社会人としてのマナーです。

一般的なマナーが守れない人を是非とも採用したいと思う企業は少ないでしょう。

ではどのように自分の社会人としてのマナーを示せるでしょうか?
第一印象を決めるのは服装でしょう。

スーツであるならほこりなどをきちんと払い、清潔感のある着こなしをしましょう。

また靴に注目している面接官も多いと言われます。しっかりと磨いて面接に臨みましょう。

いざ面接が始まると、面接官からいろいろな質問をされます。
答えに迷うこともあるのかもしれませんが、はきはきと答えることを心がけましょう。

質問に対してどのように答えるかで、対人関係のコミュニケーションスキルが見られている事があります。

何を言っているかわからないようにぼそぼそ答えるのではなく、はっきりと話すことで好印象を与えましょう。

まずはこうした基本的な事を意識して面接に臨めば、よい印象のうちに面接を進めやすくなるでしょう。

尊敬する人として答える正解はあるのか

491343f3375968151deacf5c33e9ec50_s
人材派遣の面接の際にたびたび聞かれるのが、尊敬している人は誰ですか?という質問です。

あらためて聞かれると、少々戸惑うかもしれません。

すごいと思う人はいても、人材派遣の面接の場にふさわしいだろうかとか、誰を挙げれば面接官の印象がいいのかなど、あれこれと考えてしまいがちだからです。

もしも面接官も尊敬している人物を挙げる事ができれば、印象も良くなるかもしれませんが、あらかじめ面接官の好みを知ることは不可欠です。

ですから誰を挙げれば印象がいいかを考えるより、自分が素直にすごいと思っている人を挙げるのが良いでしょう。

たとえば自分の父親はいかがでしょうか?
自分の父親に関して素直に尊敬できる理由を挙げましょう。

自分を今まで育ててくれた事、役に立ったアドバイス、自分が働くことになって知った父親の大変さなど、今までの経験から説得力のある理由を挙げる事ができます。

また同じように今までの人生の中で実際に関わってきた人たちであれば、具体的なエピソードも添えて上手く答える事ができるかもしれません。

たとえばお世話になった学校の先生や、携わってきたスポーツなどの中で知り合った人たちなどが挙げられます。

自分が影響を受けた理由を加える事で、より興味深い回答となるでしょう。

著名人を挙げる時

著名人を尊敬する人に挙げる場合も、どんな事を尊敬する理由に挙げるかは非常に大切です。

たとえばスポーツ選手の場合、そのストイックな姿勢であるとか、怪我に見舞われながらも諦めずにチャレンジし続ける姿勢などを挙げる事ができるかもしれません。

また歴史上の人物であれば、自分が感銘を受けた、その成し遂げた業績をまずは簡単に説明できます。

そしてなぜそのような業績を挙げる事ができたと思うのか、自分なりの分析を添えることもできます。

もう少し発展させるなら、こうした尊敬する人たちに影響を受けて、こんなことを心がけているとか、こういう人でありたいという自分の目標を加えるなら、長所のアピールや、セールスポイントへとつなげることも可能でしょう。

面接官がする質問に対して、ただ答えるだけでなく、より会話的に話が発展していくようであれば、コミュニケーションスキルもアピールできます。

このように尊敬する人を答える中にも、踏まえておくべきコツは多数存在します。
こうしたコツを思いに止めて、面接に臨みましょう。

(まとめ)人材派遣での面接で尊敬する人を聞かれたら?

1.なぜ尊敬しているのかの理由が大事
尊敬する人に誰を挙げるのかは面接の時の悩みどころかもしれません。

しかし誰を挙げるかではなく、大切なのは尊敬する理由です。
自分が素直にすごいと思う人を挙げましょう。

2.人材派遣の面接に臨む前の心構え
面接に臨む前に心がけておくことがあります。

些細な事に思えるかもしれませんが、心がけひとつで第一印象が変わってくることもあるのです。
その幾つかのポイントをご紹介します。

3.尊敬する人として答える正解はあるのか
尊敬する人は誰かという質問に何と答えるのがいいのでしょうか?

結論を言うと、誰を挙げるかよりもなぜ尊敬しているのかという理由が大事です。
肉親や自分の今ままでの人生で関わった人なら説得力のある理由を述べる事ができます。

4.著名人を挙げる時
尊敬する人に著名人を挙げることもできます。

その際には、その著名人の業績だけでなく、それを成し遂げられた理由として考えられる点を加えると効果的です。
自分もそんな人を目指して意識している点を加えると、自己アピールにも繋がるでしょう。

なぜここまでグロップを利用している人が多いと評判なのか

S.S(34歳/女)
私が持っている介護士の資格を活かして仕事がしたいと思っていたので、正職員ではなくて、派遣社員として働ける介護施設の仕事を探していました。

まだ子育ても忙しいので、自分の時間も大切にしたいと思っていたからです。

実際にグロップに登録をしてみて、本当に親身になって自分が納得できる介護施設の仕事を紹介してくれたので、本当にこの派遣会社を選んで良かったと思っています。

これからもこの派遣会社を利用していきたいと思います。

K.M(25歳/男)
たくさん給料が欲しいと思い建設現場で肉体労働をしたいと考えていたので、派遣会社に登録して職場を紹介してもらおうと思っていました。

友達から紹介されたグロップでは、アドバイザーの方が自分が納得できる職場を紹介してくれます。

自分もたくさん給料を貰いたかったので、毎月30万円の給料をもらえる現場で働くことができたのも、グロップにしっかり自分の思いを伝えて、その通りの仕事を提供してくれたことに感謝したいと思います。

N.H(25歳/男)
大学で就職活動に失敗した私は、派遣会社に登録をして自分のスキルアップを図っています。

IT関連の会社で働き自分の能力を高めています。
複数の派遣会社に登録をしていますが、最近登録したグロップは、自分の興味がある会社をいつも紹介してくれます。

派遣社員として働く一番の目的は、自分のスキルを磨くためですが、同時に貯金もしたいと思っています。

可能な限りたくさんの給料をもらいたいという思いもあるので、給料のこともしっかり対応をしてくれてありがたいです。

K.H(21歳/女)
20代前半の女性が派遣社員として働くのが難しいと思っていました。

しかし友達に紹介してもらったグロップでアドバイザーの方が、私が興味がある職種の仕事をたくさん紹介してもらいました。

21歳の私でもこんなに適合する仕事があるんだとびっくりしました。
そして若い女子でもたくさんの仕事を紹介してくれるんだと思い、今ではとても信頼して利用している派遣会社として、これからもお世話になりたいと思っています。

M.A(20歳/女)
大学の長期休みを利用して派遣会社に登録をして自分のスキルアップをしたいと思い、大学の友達から紹介してもらったグロップに登録しました。

派遣会社に登録するのははじめてだったので、何もかも分らないことがたくさんありましたが、担当してくれたスタッフの方がしっかり対応をしてくれて、大学生の私でも働ける職場を紹介してくれました。

驚いたのは多くの職場を紹介してくれたことです。
その中から安心して働ける会社を選べるのはよいことです。

J.I(32歳/男)
本音を言うと、たくさんの給料がもらえる仕事を紹介してもらいたくて複数の派遣会社に登録をしました。

30代のうちに目標の金額を貯金したいという思いがあり、できるだけたくさん給料がもらえる職場で働きたいという思いがありました。

この思いを叶えてくれたのがグロップでした。
給料のことばかり話すのは相手に失礼かと思いましたが、私が希望する条件の仕事を紹介してくれました。

今ではやりがいを感じて仕事をすることができています。

M.Y(45歳/女)
主婦で家庭を支えていた時期が長かった私が、主人が病気で入院をしたことで働かなければいけなくなりました。

パートでは思い通りの収入を得ることができないと考えて、派遣社員として働くことにしました。

どの派遣会社に登録すればよいか分からなかったので、インターネットを見てグロップという派遣会社の評判が良かったので、登録をしてみました。

あまり職歴が無い私でも長続きしそうな職場を紹介してくれて、今では思っていたよりも楽しく仕事をすることができています。

E.W(34歳/男)
高校を卒業してからずっと製造業の仕事に携わってきました。
今回リストラに遭ってしまい新しい職場を探していましたが、正社員として働ける職場に再就職することができませんでした。

そこで派遣社員として働こうと思いグロップに登録をしました。
CMなどで見かけたことがあったので、信頼できる会社だと思い登録してみると、リストラに遭った私でも親切に対応をしてくれました。

以前働いていた職場と同等の給料がもらえる職場を紹介してもらえて満足しています。

A.H(36歳/女)
離婚をしてから何か仕事をしなければいけないと思い、主婦歴が長かった私がいきなり正社員の仕事に就くのは難しかったので、グロップという派遣会社に登録をしてみました。

仕事をしていなかった時期が長い私でも、親身になって希望する業種の仕事を探してくれました。

シングルマザーとなった事情も考慮してくれたのがありがたかったです。
今では育児をしながらシングルマザーとして派遣社員として仕事をすることができています。

T.O(28歳/男)
自分が理想とする仕事ができなくて、大学を卒業してから働いていた会社を辞めてしまいました。

何か物足りなさを感じていたので、とにかくやりがいを感じて仕事がしたいと思い、グロップに登録をして、派遣社員として働くことにしました。

私が求めていたのは、本当に自分がやりたい仕事を紹介してくれるかということでしたが、グロップは親切に対応をしてくれました。

難しいお願いも聞いてくれたおかげで、現在はやりがいを感じながら仕事をしています。

人材派遣のバイトの場合、面接には何分前に出向いたほうがよいですか?

5~10分前に到着できるよう、余裕を持って行動しましょう


人材派遣でバイトの面接を受ける時は、5~10分前には着いて訪問することが一般的なマナーです。

この時もう少し早めに到着して近くのコンビニや喫茶店で身だしなみを整えておくと、落ち着いて面接を受けやすくなります。

そして当日慌てないためにも事前に面接会場までの道のりを把握しておき、どうしても心配な時は下見もすると安心でしょう。

もし当日遅刻しそうな場合は早めに電話を入れて、到着予定時間を伝え、待ってもらうことはできるか尋ねます。

急病など当日出向けなくなった時も電話連絡し、別の日にちに変更は可能かを聞きましょう。

面接当日に慌てないよう、5~10分前に到着できる準備をします

たとえ希望する仕事がバイトの場合であっても、人材派遣の面接はマナーを守って受けることが大切です。

そのためには一般的な約束事のマナーである、先方には5~10分前に到着しておくことを守り、5分前くらいに伺いましょう。

【早めに到着して準備をする】
時間ぎりぎりに人材派遣の面接先へ到着すると、身だしなみを整えたり心を落ち着かせたりする時間がなくなってしまいます。

焦った気持ちのままで面接を受けると希望するバイトの内容をうまく伝えられないかもしれません。

そうならないためにもせめて10分前には到着して、近くのコンビニやトイレなどで身だしなみをチェックしてから向かいましょう。

またその場所が近いほど人材派遣会社の従業員がいる可能性も高いので、過ごし方の態度にも気をつけることです。

【早ければよいわけではない】
何分前でもよいわけではなく10分以上早く伺うと、先方は業務中の可能性があります。

仕事の合間に面接を行う、またはその前に面接を行っているかもしれないため、約束時間の5分前に訪ねるとちょうどよいのです。

面接日より前に道順などを確認しておくと安心です

一度も行ったことのない場所にある人材派遣会社でバイトの面接を受ける時は、道順を調べて何分前に出発すればよいか早めに把握しておきます。

当日交通機関を使う場合は、乗る時間や会社までの道のり、車の場合は駐車場の有無などを確認しましょう。

そして当日は余裕を持って出かけますが、公共交通機関の遅れがないか、道路で渋滞が起きていないかもチェックしておくと確実に面接場所まで到着する準備ができます。

また持ち物は前日までにそろえておくと当日出発予定時間を守りやすくなるでしょう。

【心配な時は下見も】
場所がわかりにくいなど当日出かけて到着する自信がない時は、事前の下見もひとつの方法です。

それを元に何分前に出発するか計算して準備を整えましょう。

バイトの場合の面接に下見は大げさと思う人もいるかもしれませんが、当日迷ってしまい先方に迷惑をかけることの方がよい印象を与えません。
できる限りの準備を行っておくと安心です。

遅刻しそうな時はすぐに電話連絡をしましょう


準備しておいても万が一面接の約束の時間に遅れそうな時は、すぐに電話で連絡を入れます。

まず時間に遅れそうなことを謝罪し、どの位で到着しそうかを伝えた上で待ってもらうことは可能か尋ねましょう。

もし寝坊してしまい大幅に面接の時間に間に合わない場合は、そのことを正直に伝えて謝り、時間や日にちの変更のお願いをすることです。

とくにその場合は、次の約束の日には遅刻しないための対策を立て、必ず間に合うように出かけましょう。

【急病などで休む時は電話で伝える】
急に熱が出たり出かける途中で事故にあってしまったりし、面接へ行けなくなった時にはすぐ人材派遣会社へ電話をしましょう。

重要な連絡は電話ですることが一般的なマナーなので、まず会社に電話をしつながらなかった場合の二次手段としてメールでの連絡を行います。

そして電話連絡の時にはできるだけ詳細な状態を伝えると相手も状況を把握しやすく、面接日の調整の協力的になってくれる可能性があります。

たとえば体調不良であれば、熱がどの位出て面接のために治そうとしていたこと、事故の大体の状況を伝え、どうしても面接を受けたいという気持ちを伝えましょう。

(まとめ)人材派遣のバイトの場合、面接には何分前に出向いたほうがよいですか?

1.5~10分前に到着できるよう、余裕を持って行動しましょう
バイトの面接も一般的なマナーと同じように5~10分前にうかがいましょう。

当日余裕を持つためにも前日までに道のりをよく調べて把握しておきます。

また遅刻や欠席する場合は必ず電話をかけて事情を説明し、時間や日にち変更のお願いをしましょう。

2.面接当日に慌てないよう、5~10分前に到着できる準備をします
人材派遣会社で受ける面接がバイトの場合時何分前に出向けばよいかというと、5~10分前です。

もう少し前に到着し近くのコンビニなどで身だしなみを整え、心を落ち着かせることをおすすめします。

しかし10分以上前にはうかがわないようにしましょう。

3.面接日より前に道順などを確認しておくと安心です
知らない土地にある人材派遣会社でバイトの面接を受ける場合、その場所までの道のりを事前に把握しておきましょう。

そして何分前に家を出ればよいか知っておき、当日は公共交通機関の遅延や道路の渋滞情報も早めにチェックをします。

4.遅刻しそうな時はすぐに電話連絡をしましょう
人材派遣のバイトの面接に遅刻しそうになったら、すぐに電話で連絡を入れます。

重要な連絡に当たるため必ず電話をかけ、どうしてもつながらなければメールを利用しましょう。

急病などで休む時にも電話で伝え、面接日の変更が可能か尋ねます。

派遣会社グロップの評判と実際の声を聞いてみよう

Y.H(46歳/男)
普段は自営業で働いているのですが、どうしても空き時間が生じてしまうことがあり、この余った時間で何かちょっとしたお仕事で働くことはできないのかと考えていました。
そんな中で、紹介いただいたのがグロップです。自分の求める雇用条件に合わせた職種を選んでいただくことができたのは、コーディネーターさんの真摯な対応あってこそだと思っています。
おかげで、もともとの仕事を圧迫することなく、時間を有効活用することが出来るようになりました。

T.M(39歳/男)
派遣会社を利用して製造業を紹介いただいた経験は多くあります。ですが職場とのマッチ度は今のところグロップで紹介いただいた場所が一番よいです。
スタッフの方に会社との相性などを細かく見ていただいたことが、大きな要因だったのだろうと考えています。
これまでは派遣社員という事もあり職場の雰囲気に悩むことが多かったのですが、今はそういったこともありません。
風通しのよい職場とはこのようなことなのだろうと感動する毎日です。

G.T(46歳/男)
長らく務めていた会社をリストラになり、新たな職業につかなければと慌てている中で、とりあえず派遣社員で働こうとグロップを利用しました。「就職活動中の期間を埋められるお仕事を探していただきたい」という都合のよいお願いにも、多くのお仕事を紹介いただけて驚きました。
自分で調べているだけでは、恐らくたどり着けない情報量だと思い、評判の高さを実感しました。
現在は紹介いただいた会社で働きながら就職活動を続けているのですが、企業も就職を応援してくれているのでとても気が楽です。

N.G(49歳/男)
過去に働いて企業で得たMOS資格を生かしたお仕事をしたいと思い、グロップさんに相談いただいたところ、自分の得意分野に適した企業をいくつも紹介いただきました。
また資格の有無だけでなく、人柄や前職との相性などについてもヒアリングをしていただいたたため、近いノウハウを蓄えている企業と出会う事が出来ました。
企業との相性については個人的には割り切っていた部分だったので、ここまでサポートしてくれるのかと感激しています。

M.M(32歳/女)
子供が幼稚園から小学校に上がるため、平日のちょっとした空き時間にお仕事がしたいなと思って求人情報などを調べていたところ、主婦友達に派遣社員としての働き方を薦められました。
バイトなどでもよいのですが、もともと企業に属して働いていたこともあってか、派遣社員の方が居心地が良さそうと思い、グロップへ相談をしました。
ご紹介いただいた企業は女性社員も多く、幼稚園のイベントなどが入ってしまっても融通を効かせてくれることが多く感謝しております。

S.Y(42歳/男)
これまで勤務していた会社がいわゆるブラック企業で、ホワイトカラーな職場を探していました。
しかし年齢もあってか、ホワイトカラーな職場を今から自分で探すのは難しいと思っていたところで、グロップのホームページが目に留まりました。
同業種であっても労働環境や福利厚生の手厚い企業がいくつも挙げられているため、すぐさま登録させていただきました。
もともとの企業で培ったノウハウを生かしつつ、身体への負担も少なく働けるのは非常に有難い限りです。

H.T(47歳/男)
先日まで切り盛りしていたバーを閉店することとなり、次は一体どのような職業につけばよいのかと悩んでいる時にたまたま登録したのがグロップでした。
これまでの職種や調理師免許などの資格を生かした職業はどうだろうと勧められ、現在は飲食店のフロアで働いています。
バー時代に培った接客対応をそのまま応用することができましたし、自由な職場のため年齢を気にすることなく店へ貢献することができています。40代半ばからの求職活動はかなり勇気が要りましたが、安心して働ける場所を見つけられたのはグロップのおかげです。

M.K(41歳/男)
グロップはアドバイザーのサポートがとても充実しています。
私はフリーランスのデザイナーとして働いていたのですが、やはりフリーランスを続けるというのは難しいものです。
そのため派遣社員での労働も増やして生活の足しにしようと思っていたぐらいだったのですが、グロップのスタッフはそのような私の性格も見抜いて、必要最低限の労働で問題ない製造業の仕事をご用意していただきました。
不要な会話やコミュニケーションが要らないため、とても心地がよいです。

S.Y(29歳/男)
フリーターとしての生活に嫌気がさして、そろそろしっかりとお金の稼げる企業に就職したいと思い、グロップを登録しました。
もともとカフェバイトなどの経験が多く、人と関わることも好きだったので、そのようなお仕事に就ければよいなと考えていたところ、企業のサービス案内の仕事を紹介いただきました。
日々さまざまな人と触れ合える仕事はやりがいも多く、毎日楽しく仕事することができています。
また職場の年齢層も近く、毎日同じ目線で仕事を続ける仲間がいるのはとてもありがたいです。

I.S(40歳/女)
息子たちが小学校高学年になり、そろそろちょっとしたお仕事を始めたいなと思い、調べていて耳にしたのがグロップの評判でした。
グロップでご紹介いただいたお仕事は、食堂の調理スタッフです。
もともと飲食店で働いてみたいという希望もありましたし、食堂のおばちゃんという響きには憧れがあったので、夢がかなってちょっとだけ嬉しいです。
日々キッチンもフロアもバタバタとしていますが、自分のやりたかったお仕事とマッチしているのですごく楽しいです。

人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです


仕事を探すとなると、人材派遣の会社を通じて働くにしても、面接が行われることが多いです。

ただ人材派遣の面接は苦手だ、何とかしたいと思っている人もいるでしょう。

もしも苦手であると感じているようであれば、面接に対するイメージを変えてみましょう。

予め模擬面接などで練習するなどのことも可能ですが、すぐ実践できる方法が、イメージを変えることです。

まるで面接は取調室のように、怖くて日常とかけ離れた場所だと思っていませんか?

面接を受ける前から、怖い場所だ難しそうだとイメージして、それが行動にも影響し、面接を失敗することがあります。

イメージが悪いと、自分はダメだ、何も思い浮かばなくなる、面接を受けてもネガティブになります。

まずは、面接は自宅と同じく普通の場所だ、自分は大丈夫だと思い浮かべるイメージを変えてみましょう。

面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください

面接が苦手という人に多いのが、緊張してしまって面接官の質問に答えられない、面接に行く前から心配して緊張し眠れない、ということです。

まずは、面接官の質問に対する答えですが、完璧にも流ちょうにも話す必要はないです。

いくら読み聞かせるぐらい上手く話せても、中身がないと面接を通過するのは難しく、多少言葉に詰まっても、言いたいことを言うことを考えましょう。

面接官だってあなただって人間なので、失敗はあり、完璧に全部を出来る人はいません。

心理学によると、多少失敗した方が好感度が上がりやすく、人間味が出ます。

話す中身が大切なので、上手く話すことよりも、何を話すかを考えましょう。

言葉に詰まらず、流ちょうに話すということは考えなくて良いです。

途中でミスをしてしまっても、好感度が上がるというぐらいに考えると、緊張も薄れていき、面接は怖くない苦手でないと思えるようになります。

また、面接官があなたのことをどう思うか、どう評価するかなどの、考えても把握できないことは考えない方が、緊張しにくくなります。

第一印象を少し良くしてみましょう


自分の容姿に自信がない、第一印象が悪くなる、面接官があまり興味をなさそうにしているなど、このような傾向があれば、第一印象を良くしてみましょう。

第一印象で悪くなると、その後面接が終わるまでイメージは引きずり、面接官が印象を変えることは少ないです。

印象が悪そうだと自分で思いこむと、自然と面接は苦手だと思ってしまいます。

まずは、清潔な格好をして身なりを整え、口臭を発生させない、フケを出さない、ひげは剃るなど体を綺麗にします。

また、太っている方であれば、痩せる努力をしましょう、
太っている方より痩せている方の方が、印象が良いのは間違いなく、痩せるには断食などいくつか方法があります。

面接を受けるときに印象を良くする方法はあります。

話すときははっきりと大きな声を出す、挨拶はしっかりと行う、きっちりと朗らかな表情を作り、こわばるニヤニヤするなどはしないようにします。

当日のスーツなどの服は、シワや汚れがなく、悪臭がない綺麗な服を着ていきましょう。

動作によって自分に自信を付けてみましょう

自分に自信がないので、面接では売り込みをできず、落ちてしまいそうと思い、面接が苦手と思う方もいます。

面接はあなただけでなく、他の人も受けにくることもありますが、ほとんど誰でも実力差はありません。

言い換えれば、その会社で採用になるのは、自信があり自信に満ちあふれているかも1つの要素です。

もしも自信がないのであれば、自信があるフリをすれば良いです。

心理学では人は力強い動作をすると、気持ちが高ぶり、心が奮い立ち自信が持てると言います。

心理学の実験では、胸を張って背筋を伸ばす・拳を数秒力強く握る・マッスルポーズを取るなどすると、自信が出るとわかっています。

力強く振る舞うと、行動に引っ張られて気持ちが奮い立たせられ、自信が持てるのです。

面接に応用するとなれば、背筋を伸ばし姿勢を整える・大きな声で話す・相手の目を見て話す・身振り手振りを使う・話す前に拳を握るなどあります。

ただ自信を持とうとして、相手を睨みつけるようなことはしてはいけません。

(まとめ)人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

1.苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです
面接が苦手という方は、受ける前から怖い場所だとイメージし、ネガティブになっていることがあります。

面接に対するイメージを変えて、普通の場所であり、自分は大丈夫だと思い浮かべてみましょう。

2.面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください
面接は流ちょうに話そう、失敗無く話そうとすると、緊張して苦手意識がまします。

人間は失敗するものであり、多少失敗しても、ミスしないことよりも、どのようなことを話すか中身を考えましょう。

3.第一印象を少し良くしてみましょう
面接が苦手という方は、自分の印象を変えて良くしてみましょう。

清潔な身なりにする、話すときは大きな声ではっきり話す、表情を良くするなどすると面接官の受ける印象が変わります。

4.動作によって自分に自信を付けてみましょう
自信が無く面接が苦手と感じている方は、動作により自信を付けましょう。

拳を握る・背筋を伸ばす・大きな声で話すなどの事を行うと、自然と気持ちが奮い立たせられ、自信が沸いてきます。

派遣会社のグロップで働く人たちの評判の声を集めました

A.K(31歳/女)
私は以前工場でお仕事をしていたのですが、オフィスワークをしてみたいという気持ちがありました。
次は事務系の仕事をしたいと思い、派遣で仕事を探してみることにしたのです。
派遣会社はたくさんあって、どこがよいかなどはわかりませんでした。
ただ評判のいいところはグロップというところで、仕事情報を見たら良さそうなところがいくつかありました。
まずグロップに電話して、後日事務所で登録をしてお仕事も紹介してもらいました。
現在、事務系の仕事をさせていただいてます。

M.N(50歳/女)
接客や営業の仕事をしていましたが、対面の仕事ではない工場系の仕事をしたくて派遣会社のグロップに登録しました。
グロップでは、工場系の仕事が豊富に揃っていて候補はいくつもでてきました。
工場見学ができるそうなので、気になる工場の見学をすべて終えたら、どこの工場にしようか決めたいと思います。
まだ決めている最中ですが仕事の求人がたくさんあるので、いろんな職にチャレンジしてみたいなと思いました。

S.N(34歳/女)
現在パートで事務関係の仕事をしていますが、追加で清掃系のお仕事もしたいなと思い、派遣の仕事をしてみようと思いました。
グロップでは、単発のお仕事を紹介していて、清掃系のお仕事紹介があったので、応募してみようと思っています。
今、事務の仕事をしていても、Wワークの仕事もグロップでは探していただけるのでありがたいです。
いろいろ不安があっても、相談に乗ってくれたりよい案を考えてくれたりと、いろんな提案をしてもらえるのでおすすめです。

C.K(19歳/女)
今は、アルバイトしかしていないのですが、もう一つ仕事先を増やそうと思いいくつかの派遣会社に登録しました。
中でも、一番親切に話を聞いてくれたのは派遣会社のグロップでした。
スタッフさんの教育がよいところだなと思って、グロップの優先度が高くなりました。
お構いなしで相談事もできるので、気持ち的にも楽になります。
単発でできる仕事をいくつか終えていっていますが、ずっとグロップで単発のお仕事を紹介してもらってます。

Y.M(37歳/男)
現場の仕事をしていましたが、いろいろあって辞める事になりました。
次の仕事も身体を動かすような工場系の仕事が良くて、派遣会社のグロップでは工場系の仕事もたくさん揃っているときいたので、電話してみました。
電話の時にも要件を聞いてくれて、今度事務所で登録の手続きといくつか工場の求人情報を提供してくれるとのことでした。
意外とはやく仕事が決まりそうで安心しています。素早い対応に感謝しています。

T.Y(21歳/男)
保育士の資格を持っているのにも関わらず、保育系の仕事をしたことがありません。
資格を活かせる仕事探そうと思って、ネットで評判だと言われている、派遣会社のグロップに登録してみることにしました。
事務所に行ったとき、コーディネーターさんに相談したら、保育関係の仕事をすぐに紹介してくれて、こんなに求人がでているんだなと思いました。
いくつか紹介してもらった中から候補をだして、職場見学にいけると聞いたので、職場見学をしてから場所を決めたいと思います。

K.W(36歳/男)
最近仕事を辞めたばかりで、仕事の無い期間が続いてしまうのが嫌でした。
とりあえず、派遣会社にでも登録しておこうと思い、評判の良い派遣会社を探しました。
いくつも出てきたので、上から3つの派遣会社に登録して、対応や仕事の豊富さで1件に絞ろうと思ったのです。
対応が一番早くて、対話が親切なのは派遣会社のグロップでした。
ここは僕の相談事もしっかり聞いてくれて、自分に合った仕事を紹介してくれました。グロップにして良かったです!

T.N(33歳/男)
ずっと音楽関係の仕事をしてきました。
そろそろ音楽を引退しようと思い、仕事探しをしようと思ったときに、まず派遣会社に登録しようと思ったのです。
友人から「派遣会社ならグロップがおすすめだよ!」と言われたので、登録してみることにしました。
電話してみると、グロップのコーディネーターさんはすごく丁寧な口調で対応してくれました。
次回事務所にてお話をする予定ですが、電話の時点でも「こんな仕事がありますよ。」と紹介してくれたので、仕事も早く決まりそうな感じでよい印象でした。

A.Y(27歳/男)
現在、派遣会社のグロップでお仕事を紹介してもらい、工場内でチルド商品の梱包やピッキングをする仕事をしています。
僕は、派遣でもシフト制の仕事が良くて、月給ではなく時給の仕事をしたかったのです。
その旨をグロップのコーディネーターさんに相談していました。
するといくつか仕事を紹介してくれました。グロップには求人情報が豊富だなと感じました。
その中から現在の仕事を選んだわけですが、期間満了もなく、シフト制でずっと続けてられるのでありがたいです

T.J(45歳/男)
派遣会社のグロップで紹介してもらった期間社員のお仕事をしています。
現在は営業系の仕事をしているのですが、私はオフィスワークに憧れています。
もうすぐで営業の仕事も期間満了となるので、グロップのスタッフさんに次の仕事について相談しました。
グロップのスタッフさんはいつでも親身になって話を聞いてくれます。仕事の紹介も早いです。
私がグロップに仕事を紹介してもらって約10年経ちますが、こんなに長く続けられているのは、対応が良くて安心感があるからなんだなと思います。

人材派遣の面接に適したネクタイはありますか?

面接では、落ち着いた柄のネクタイが適しています


人材派遣の面接を受けるような時でも、スーツで行くことが多いでしょう。

シャツに上下のスーツを着用し、ネクタイを付けていき面接に行きます。

基本は面接を行う企業から、ノーネクタイや普段格好でなどと指定がない限りは、ネクタイをつけていきます。

ネクタイをすれば、真面目な印象を与えるので、好感度を上げるのに役立ちます。

清楚感を出すなどの意味もあり、ネクタイの柄は派手でない無難なものを選びます。

ストライプ・チェック・無地などの柄のネクタイを着けるようにして、またキャラクターの柄など、独特のものは避ける方がよいです。

スーツが普通の柄なのに、ネクタイだけ独特で派手だと目立ち、面接官はネクタイに気を取られ、話を聞いてくれない場合があります。

奇抜や独特のデザインは避けたほうが無難です

人材派遣の面接で、着ていくときのネクタイの選び方として、基本となるのはシンプルにするということです。

中には奇抜なデザイン、独特のデザインにして、印象づけたいという方もいるかもしれません。

しかし奇抜である独特であるというのは、第一印象においてはマイナスになることが多く、就職活動における面接では不利になる可能性が高いです。

もちろんネクタイの柄だけで、不採用となることはありませんが、あなたに対する印象が悪いと、あなたの話全体の内容も悪く捉えられてしまうかもしれません。

たとえばピンク色である、金色や銀色をあしらっているなど、またはキャラクターの模様が入っているなどのネクタイは避けた方がよいでしょう。

あくまでスーツと合わせて服装を整えるという考えで、スーツと合うようなシンプルな色や柄のネクタイを選びましょう。

ネクタイの結び方が少し不格好だ、長さが多少釣り合っていない、などはあまり気にする必要はありません。

清潔で落ち着きのあるデザインが望ましいです

面接に使うネクタイを選ぶときのポイントとしては、清潔感があることで、清潔であることは社会人としてのマナーです。

歯を磨き口臭を発生させないなど、相手に不快な思いをさせないために、清潔にして身なりを整えます。

ネクタイも同じであり、清潔感のあるシンプルなデザインを選びましょう。

これは面接を落ち着いた雰囲気で、穏やかに進めるという意味もあります。

濃い青や青系のネクタイを選ぶと、スーツの色と合い、統一感も出るでしょう。

柄は、ストライプやチェック、または無地が主張せずシンプルすぎずに、面接によいと言えます。

ただネクタイは、実際に首につけて装着してみないと、実感がわかりません。

スーツとの兼ね合いもあるので、購入するときは、スーツを来て、実際にネクタイをつけてみましょう。

ネクタイの色でも濃い薄いがあり、少し色が違うだけでも、スーツとのバランスが違ってきます。

明るい色を選べば全体的に元気な印象を、暗めの色を選べば落ち着いた印象になります。

色と柄で印象は変わります


面接で使うネクタイは、ある程度どのような色や柄が良いか決まっています。

しかしその色や柄それぞれによっても、相手に与える印象が違い、どのような雰囲気にしたいかで選ぶとよいでしょう。

青や紺にストライプにすると、スマートでシャープな印象になり、知的であるなどアピールできます。

これが色をエンジに変えると、情熱的でやる気のある人物に見えてきます。

グレーに小紋柄にすると、落ち着いた印象となりますが、これは地味すぎるので会社によっては印象の残らない人物になり、無難すぎるときもあり、その企業カラーを調べてから選ぶべきです。

ネクタイのデザインというと、ストライプもあり、これもどの色を選ぶかで印象が変化します。

黄色は明るく元気に見える、青はフレッシュに見える、水色はさわやかな印象になります。

ただしネクタイのデザインでも、大きすぎるストライプや大きな水玉柄は、おおざっぱなイメージを与えます。

逆に模様などが沢山並んだデザインのネクタイは、ごちゃごちゃしており、相手に対する印象が悪くなりやすく、面接では避けた方が無難です。

(まとめ)人材派遣の面接に適したネクタイはありますか?

1.面接では、落ち着いた柄のネクタイが適しています
人材派遣の面接を受けるときでも、スーツを着ることが多く、ネクタイはあった方が無難です。

柄としては、派手すぎず独特でないデザインのネクタイを付けていくようにしましょう。

2.奇抜や独特のデザインは避けたほうが無難です
面接でのネクタイは、奇抜や独特なデザインにすると、面接官の印象は悪いことがあります。

スーツと合わせて整えるという考えで、シンプルな柄を選ぶようにするとよいでしょう。

3.清潔で落ち着きのあるデザインが望ましいです
面接でつけていくネクタイは、清潔感がありシンプルなデザインのものを選びます。

濃い青や紺などの色であり、ストライプやチェック、無地などのシンプルなデザインがよいでしょう。

4.色と柄で印象は変わります
ネクタイの色と柄によっても、相手に与える印象が違ってきます。

黄色は明るく見える、水色はさわやかに見えるなどあり、どのような印象にしたいかで、色や柄を選ぶとよいです。

評判のよい派遣会社グロップで働く人や働いていた人たちの声

A.Y(25歳/男)
高校を卒業してからアルバイトやパートの経験しかなかったので、正社員になってみようと思ったのですが勇気がなかったので、派遣会社に登録して派遣の仕事から始めようと思いました。
派遣会社についてもあまり知らなかったので、ネットで評判のグロップという派遣会社に登録してみました。
グロップのコーディネーターさんが1から10まで丁寧に派遣のお仕事について教えてくれたので、安心感を得ることができました。
グロップには求人が豊富にあるので、いろいろ紹介してもらおうと思います。

Y.S(45歳/女)
ずっと正社員で秘書の仕事をしていましたが、今月いっぱいで仕事を辞める事になりました。
歳のことも考えると、今後正社員で仕事をするのは厳しいとみているので、派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうのが手っ取り早いと考えました。
一早く仕事を決めることができる派遣会社はグロップだと友人に言われていたので、グロップに電話してみました。
グロップのコーディネーターさんは対応が早く、用件を聞かれたので話すと、すぐにいくつかの仕事を紹介してくれました。
この中から仕事を決めさせていただこうと思います。

A.S(40歳/女)
子供がいるのでずっとパートでお仕事をしていたのですが、派遣会社で働いてみようと思っています。
いろいろ検索してみると、評判がよいとされているのは派遣会社のグロップで、そちらに登録してみました。
事務の仕事をしていたのですが、時間に融通の利く仕事をしたいと伝えたらすぐにいくつかの仕事を紹介してくれました。
主婦が働けるような時間帯の仕事も用意されていて、しかも土日休みなのでいいなと思っています。
グロップのい仕事の豊富さにびっくりです。

R.Y(29歳/女)
ずっと正社員で秘書の仕事をしていましたが、今月いっぱいで仕事を辞める事になりました。
歳のことも考えると、今後正社員で仕事をするのは厳しいとみているので、派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうのが手っ取り早いと考えました。
一早く仕事を決めることができる派遣会社はグロップだと友人に言われていたので、グロップに電話してみました。
グロップのコーディネーターさんは対応が早く、用件を聞かれたので話すと、すぐにいくつかの仕事を紹介してくれました。
この中から仕事を決めさせていただこうと思います。

S.O(50歳/女)
今まで働いていた飲食店が無くなってしまうので、新しい仕事をさがさないといけなくなりました。
もう50歳なので、正社員は厳しいと思い登録していた派遣会社のグロップに相談することにしました。
グロップのコーディネーターさんは親切且つ丁寧に相談に乗ってくれて、私でもできるような仕事を紹介してくれました。
この早い対応には驚いています。
今の仕事を退職してからも直ぐに新しい仕事をできるとなると焦りも無いので、スムーズに物事が進められてとても嬉しいです。グロップで良かった!

K.W(50歳/男)
働いていた会社を退職したばかりで、仕事探しをしていたのですがなかなか見つかりませんでした。
そんなときに出会ったのが派遣会社のグロップです。
50歳の私でもできる仕事はありますかと聞くと、こんなのやこんなのがありますよと紹介してくれました。
派遣となると支払い関係は心配です。
でもグロップのコーディネーターさんが1から10まで説明をしてくれたので安心しました。
迷いなく仕事を決めることができたのです。
現在では、清掃スタッフの仕事をしています。

T.Y(35歳/男)
派遣会社は短期の仕事も紹介しているので、短期間でお金の欲しい私にはあっているかなと思っています。
給料が週払いの仕事を紹介してもらいたく、ネットから派遣会社のグロップに登録したら電話がかかってきたので用件を話しました。
グロップのコーディネーターさんが素早く手続きしてくれて、いくつか仕事を用意しておくので近々グロップに来てくださいと言われました。
グロップに行ったら、仕事確定まで進めてもらえてすぐに仕事ができることになったので、安心しました。

H.S(37歳/男)
地方で暮らしていますが、グロップさんの紹介案件は幅が広く好きな職場を選びやすいので助かっています。
他の派遣会社だと、どうしても数が少なかったり、給与をはじめとした待遇面でマッチできなかったりすることも多いのですが、ここであれば安心です。
さらに派遣先に通い始めた後もサポートしてくれるので、ちょっとした問題が発生しただけでも調整してくれるのもありがたいです。
おかげで、どの派遣先でもストレスなく働けています。

Y.A(32歳/男)
趣味で平日に時間を作りたいと考えて、グロップの派遣に登録しています。
最初は、決まった曜日で休みの摂れる派遣先の希望を出していましたが、半年以上勤務すれば有給が取得できるという話を聞いて、それならばと土日休みで半年以上働ける場所をお願いしました。
現在は、希望通りに紹介いただいた派遣先で、9か月目。念願の有給を取得しての趣味の時間づくりができてとても満足しています。
年次休暇もあると伺っているので、このまま長期で勤務できればいいなと思っています。

F.T(24歳/男)
コーディネーターさんの評判がよいため、グロップさんに登録して働くようになりました。
事務職での応募でしたが、相談をしているうちに、私がやりたい仕事はコミュニケーションをしながら成果に繋げるものだということに気づかせてくれて、必要な資格やキャリアパスについてもアドバイスがもらえたのに感激しています。
まさか、ここまで手厚くサポートしてくれるとは思っていなかったし、おかげでなんとなく働いていたこれまでと違って、目的意識が持てるようになりました。

人材派遣の面接の内容や目的はどんなものですか?

面接は人材を見極めるためにその内容を決めています


人材派遣の会社でも、採用を希望すると、多くの場合面接を行います。

書類選考を通過し、面接にこぎ着ければ、ここをクリアすれば、ほぼ採用確実と見て間違いないでしょう。

内容としては、基本は自己PRと志望動機を聞くこととなり、会社に志望動機のみの場合もあり、さらにいくつか些細な質問を、面接に来た方に行います。

面接を行う目的というと、やはり応募者のスキルや性格などを見極めるためであり、自社にマッチした人材か面接で確認します。

履歴書や職務経歴書だけでは、どうしてもつたわらない部分が出てきます。

実際に話して見ないとわからない、その人物の内面などを、面接で見ていくのです。

面接に臨む方にとっては、その会社へのアピールの場所ともない、重要な場面です。

応募者の個性を知るのも目的のひとつです

人材派遣会社で行う面接の目的の1つとして、応募者の個性を知ることです。内容内容
質問して答えを聞きコミュニケーション能力を確かめるのはもちろん、ストレスへの耐性、仕事への熱意や価値観、その他書類でわからなかったことを聞きます。

履歴書や職務経歴書に書かれたことを、面接でさらに掘り下げて聞き、具体的にしていきます。

応募者は、どのような仕事に取り組んできたか、今までにどのような資格やスキルを身につけたか、それが応募先の会社でどのように役立つかアピールできます。

企業と応募者の意識を一致させる場となりますが、言い換えれば、私はこんなことが出来て、会社の役に立つと、売り込める場でもあるのです。

これは、自己PRや志望動機で、自分を売り込める内容となっており、その他の面接官からの質問は、あなたの性格やスキルを知るためです。

そのために、採用されるかどうかは、自己PRと志望動機がもっとも重要とも言えるでしょう。

面接対策を行うならば、この2つを中心に考えていきます。

志望動機は必ず聞かれます


面接で必ずと言っていいほど聞かれる内容というと、志望動機です。

履歴書にも志望動機は書きますが、面接では、さらに深く内容を掘り下げて、詳しく志望動機を聞きます。

志望動機を聞く理由としては、やはり、自社で働く熱意がどれぐらいあるのか、どのように仕事に対し考えているのか聞くためです。

たとえば志望動機で、待遇の良い会社だから、家から近かったからなどだと、面接官は大して熱意のない、適当に会社を選んで来たんだなと思われてしまいます。

言い換えれば、もっと待遇の良い会社に行ったら、もっと家から近い会社に行けばいいんじゃないですか、と思われるのです。

そのために、志望動機は、その会社でなければいけないという動機を考えないとなりません。

会社の業務内容や理念が素晴らしかったから、職場環境が秀でていたからなど、出来るだけオンリーワンの理由を考えるとよいでしょう。

応募した会社に採用されるには、志望動機がとても重要で、適当な理由を考えてはいけません。

ミスマッチを防ぐためでもあります

人材派遣の仕事に限らず、多くの仕事では、採用後にすぐ辞めてしまう人が多いです。

とくに正社員以外の、アルバイトや派遣となると、気軽に仕事が出来るので、正社員よりもすぐ辞める方が多いです。

そのために面接では、社風や仕事内容、そして応募者の志望動機やスキルなどにギャップがないかを見ていき、採用して長く働いてくれるか見ていきます。

履歴書など書類では、前職までの内容やスキルを確認し、面接でさらに業務をこなせるだけのスキルがあるか、仕事に対する熱意はあるか見ていくのです。

たとえば仕事では英語が必須なのに英語の話せない方、実務経験3年以上と募集したのに未経験の方など、会社の求める人材と剥離した人は、書類選考ですぐ落とされます。

面接までたどり着けたという方は、会社で働いてもらっても、問題なさそうだと考えられているのです。

そのために面接では、どのような仕事をしたいか、配属先の希望はあるのかなど、業務について深く入り込んだ内容を聞かれることもあります。

さらには残業が多い・休みが少ない・ハードな仕事などで、「業務がきついですが、働けますか?」というような事も聞かれる場合があります。

あなたもミスマッチをなくすために、応募段階で募集要項をよく見ておいた方がよいでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接の内容や目的はどんなものですか?

1.面接は人材を見極めるためにその内容を決めています
面接では、自己PRや志望動機などの他に、いくつかの質問がされます。

行う目的としては、面接に来た方の、性格やスキルなどを見極めるためであり、自社にマッチしているか確認します。

2.応募者の個性を知るのも目的のひとつです
面接では、応募した人物の個性を知るために行います。

面接官が質問することにより、コミュニケーション能力や仕事への熱意など、会社で十分に働ける人物か見ていきます。

3.志望動機は必ず聞かれます
面接を行うと、応募者の志望動機を聞き、どれぐらい会社で働きたいのか確かめます。

その会社でないといけないというぐらいの志望動機を言うのが良く、適当な理由だと、あまり熱意がないと思われます。

4.ミスマッチを防ぐためでもあります
面接に来た方が、会社で働くのに、業務内容や社風と剥離していないか、ミスマッチを確認します。

面接では、深く突っ込んで話して確認し、業務をするのは難しいだろうと思われると、不採用になります。

Uターンもお任せ。地元密着と評判のグロップで仕事を探した人の体験談です。

O.S(40歳/女)
夫は次男で、あちらのご両親はご長男が見てくれています。
こちらは私が一人っ子なので、家族そろって私の地元に帰ってきました。
夫婦そろって、環境のいいところで子どもを育てたかったというのもあります。

とはいえ問題になるのは仕事ですが、うちは二人ともグロップで就職を決めました。
私は派遣で、夫も今は派遣ですが、正社員へのあっせんもある職場です。
人生にはいろいろな転機がありますが、仕事探しを支援してくれる会社があるのはいいですね。

K.R(23歳/男)
就職は地元でというのが、両親との約束でした。
僕自身も地元に友達が多いので、こちらの方が楽しく過ごせるので、その点は問題ありません。

でも仕事がなあと愚痴っていたら、両親からグロップを紹介されました。母の友達がここで仕事を探してもらって、地元大手に入社できたとかで。期待半ばで相談してみたら、結構いい会社を紹介してもらえて驚いています。
担当の方がつてを持っているのが強いですね。

S.J(19歳/女)
グロップに登録してよかった! 私は高卒ですが、卒業してからはしばらくバイトで過ごしていました。
でもこのままじゃ不安だと思い、グロップに登録してみることにしました。

すると地元でもけっこう知られた会社を紹介してくれました。最初は実績とかないのでダメだと思いました。
普通就活だと最初は書類審査から始まりますが、派遣会社を通すとすぐ面接になります。
親も喜んでくれる会社で働けて、今はとても幸せです。

N.M(31歳/女)
専門職からの転職です。専門職とはいえ給料は安いし、激務なので転職を決めました。
でも一般企業での就職活動はしたことがないので、とりあえず派遣会社に登録することにしました。

いろいろあって迷いましたが、地元で働けると評判のグロップを選びました。
女性の給料で、一人暮らしはムリだと思ったので、実家から通えるところが条件だったのですが。
今は前職より給料もよくて、これなら念願の一人暮らしもできそうかな?

K.J(45歳/男)
いろいろあって今は独身です。前に勤めていた会社もやめたので、実家のあるこちらの地方で職を探すことにしました。
地方なので、給料も安いでしょうが、いざとなれば実家もあるのでなんとかなるかと。

しかしグロップさんで紹介してくれる会社は、それなりのものが多く、給与面での不安も吹き飛びました。
キャリア面での相談にも乗ってくれ、希望通りの転職ができたので満足です。現場で働いている人から、説得力のある説明が聞けたのはメリットでした。

F.T(38歳/男)
地元で家を建てました。これまで夫婦二人で三人の子供を育てていたのですが、真ん中の子が病気になったので、生活にムリが出るようになりました。
両親もまだ若いので、助けてもらうつもりでの引越しです。転職先は、引越し前からいくつかの人材派遣の会社で探していました。
結果、グロップさんで決めたのですが、決め手はコミュニケーション密だったことと、転職先の社風に詳しかったからです。
安心して働ける先が見つかったので、頑張りたいと思います。

O.H(29歳/男)
グロップへの登録は、友達からの紹介で決めました。
いろんな職場を紹介してくれることや、地元の企業に強いという評判も聞きました。

実際に担当の人に話を聞いていると、地方でもいろいろな仕事があることがわかります。
私は大学でこちらに来て、卒業後もここで仕事をしていたのですが、地元の人にコネがあるわけではありません。
そういう点では、地元密着型のグロップさんで仕事を探せたのはよかったですね。

N.E(33歳/男)
それまで、地元でも結構有名な企業で働いていました。誰でも知っている会社ですが、実はとっても給料が安いんです。
ですので、30になる前にみんな転職してしまいます。

グロップには、先に転職した人の紹介で登録させてもらいました。
実際に転職してみて、働きやすい会社に出会えたからだそうです。
グロップさんはこちらの事情もよく知っていて、登録するとすぐに紹介してもらえました。

T.A(31歳/男)
登録の面接で、グロップの担当さんに「前の会社ブラックだったんです」と言ったら、「わかります」って。笑いました。
グロップの担当者さんは、自分の場合は若い人だったのですが、話しやすいですね。

就職は結構プライベートに関わることがあり、何でも相談できる担当者は重要だと思います。
自分の場合、担当者の方がブラック企業の評判をよく知ってくれていて、いろいろ配慮してくれました。
今度はホワイトな会社を紹介してもらえてラッキーです。

A.H(50歳/女)
もともとキャリア志向でした。長い間子育てで仕事を離れ、家庭に引きこもっていましたが、子供が手を離れたのでまた思い切り働きたいと考えてグロップに登録しました。

50で思い切り働きたいなんて、笑われるかと思いましたが、けっこうそういう人多いみたいですね。
家から近く、グロップの派遣さんも多い会社で働かせてもらうことになりました。
面談では、条件をはっきり言うほうがいいと思います。

1 2 3 7