Author Archives: writer_gr7856

人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです


人材派遣の仕事を探すと、派遣といえども面接が行われることが多いです。

人によっては、一度に複数の会社に応募し、一気に仕事を探していこうという方もいます。

そうして面接の日取りが決まりますが、都合によりその日に面接を受けられない事もあるでしょう。

理由としては、例えば、体調が優れない、他の会社の面接が入った、などあります。

または、当日寝坊して、面接の時間に間にあわないということもあるでしょう。

ここで、面接日程調節をしてもらえる理由は、自分の印象を悪くしない理由は何かと、当事者は考えます。

ただ会社側としては、面接に来られない理由は、どうでもよいというのが本音です。

会社にとっては、その日に面接に来られないとう事実だけがあるのです。

面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください

面接が苦手という人に多いのが、緊張してしまって面接官の質問に答えられない、面接に行く前から心配して緊張し眠れない、ということです。

まずは、面接官の質問に対する答えですが、完璧にも流ちょうにも話す必要はないです。

いくら読み聞かせるぐらい上手く話せても、中身がないと面接を通過するのは難しく、多少言葉に詰まっても、言いたいことを言うことを考えましょう。

面接官だってあなただって人間なので、失敗はあり、完璧に全部を出来る人はいません。

心理学によると、多少失敗した方が好感度が上がりやすく、人間味が出ます。

話す中身が大切なので、上手く話すことよりも、何を話すかを考えましょう。

言葉に詰まらず、流ちょうに話すということは考えなくて良いです。

途中でミスをしてしまっても、好感度が上がるというぐらいに考えると、緊張も薄れていき、面接は怖くない苦手でないと思えるようになります。

また、面接官があなたのことをどう思うか、どう評価するかなどの、考えても把握できないことは考えない方が、緊張しにくくなります。

第一印象を少し良くしてみましょう


自分の容姿に自信がない、第一印象が悪くなる、面接官があまり興味をなさそうにしているなど、このような傾向があれば、第一印象を良くしてみましょう。

第一印象で悪くなると、その後面接が終わるまでイメージは引きずり、面接官が印象を変えることは少ないです。

印象が悪そうだと自分で思いこむと、自然と面接は苦手だと思ってしまいます。

まずは、清潔な格好をして身なりを整え、口臭を発生させない、フケを出さない、ひげは剃るなど体を綺麗にします。

また、太っている方であれば、痩せる努力をしましょう、
太っている方より痩せている方の方が、印象が良いのは間違いなく、痩せるには断食などいくつか方法があります。

面接を受けるときに印象を良くする方法はあります。

話すときははっきりと大きな声を出す、挨拶はしっかりと行う、きっちりと朗らかな表情を作り、こわばるニヤニヤするなどはしないようにします。

当日のスーツなどの服は、シワや汚れがなく、悪臭がない綺麗な服を着ていきましょう。

動作によって自分に自信を付けてみましょう

自分に自信がないので、面接では売り込みをできず、落ちてしまいそうと思い、面接が苦手と思う方もいます。

面接はあなただけでなく、他の人も受けにくることもありますが、ほとんど誰でも実力差はありません。

言い換えれば、その会社で採用になるのは、自信があり自信に満ちあふれているかも1つの要素です。

もしも自信がないのであれば、自信があるフリをすれば良いです。

心理学では、人は力強い動作をすると、気持ちが高ぶり、心が奮い立ち自信が持てると言います。

心理学の実験では、胸を張って背筋を伸ばす、拳を数秒力強く握る、マッスルポーズを取るなどすると、自信が出るとわかっています。

力強く振る舞うと、行動に引っ張られて気持ちが奮い立たせられ、自信が持てるのです。

面接に応用するとなれば、背筋を伸ばし姿勢を整える、大きな声で話す、相手の目を見て話す、身振り手振りを使う、話す前に拳を握るなどあります。

ただ自信を持とうとして、相手を睨みつけるようなことはしてはいけません。

(まとめ)人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

1.苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです
面接が苦手という方は、受ける前から怖い場所だとイメージし、ネガティブになっていることがあります。

面接に対するイメージを変えて、普通の場所であり、自分は大丈夫だと思い浮かべてみましょう。

2.面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください
面接は流ちょうに話そう、失敗無く話そうとすると、緊張して苦手意識がまします。

人間は失敗するものであり、多少失敗しても、ミスしないことよりも、どのようなことを話すか中身を考えましょう。

3.第一印象を少し良くしてみましょう
面接が苦手という方は、自分の印象を変えて良くしてみましょう。

清潔な身なりにする、話すときは大きな声ではっきり話す、表情を良くするなどすると面接官の受ける印象が変わります。

4.動作によって自分に自信を付けてみましょう
自信が無く面接が苦手と感じている方は、動作により自信を付けましょう。

拳を握る、背筋を伸ばす、大きな声で話すなどの事を行うと、自然と気持ちが奮い立たせられ、自信が沸いてきます。

派遣会社のグロップで働く人たちの評判の声を集めました

A.K(31歳/女)
私は、以前工場でお仕事をしていたのですが、オフィスワークをしてみたいという気持ちがありました。次は事務系の仕事をしたいと思い、派遣で仕事を探してみることにしたのです。派遣会社はたくさんあって、どこが良いかなどはわかりませんでした。ただ、評判のいいところはグロップというところで、仕事情報を見たら良さそうなところがいくつかありました。まず、グロップに電話して、後日事務所で登録をしてお仕事も紹介してもらいました。現在、事務系の仕事をさせていただいてます。

M.N(50歳/女)
接客や営業の仕事をしていましたが、対面の仕事ではない工場系の仕事をしたくて派遣会社のグロップに登録しました。グロップでは、工場系の仕事が豊富に揃っていて候補はいくつもでてきました。工場見学ができるそうなので、気になる工場の見学をすべて終えたら、どこの工場にしようか決めたいと思います。まだ、決めている最中ですが仕事の求人がたくさんあるので、いろんな職にチャレンジしてみたいなと思いました。

S.N(34歳/女)
現在パートで事務関係の仕事をしていますが、追加で清掃系のお仕事もしたいなと思い、派遣の仕事をしてみようと思いました。グロップでは、単発のお仕事を紹介していて、清掃系のお仕事紹介があったので、応募してみようと思っています。今、事務の仕事をしていても、Wワークの仕事もグロップでは探していただけるのでありがたいです。いろいろ不安があっても、相談に乗ってくれたり良い案を考えてくれたりと、いろんな提案をしてもらえるのでおすすめです。

C.K(19歳/女)
今は、アルバイトしかしていないのですが、もう一つ仕事先を増やそうと思いいくつかの派遣会社に登録しました。中でも、一番親切に話を聞いてくれたのは派遣会社のグロップでした。スタッフさんの教育が良いところだなと思って、グロップの優先度が高くなりました。お構いなしで相談事もできるので、気持ち的にも楽になります。単発でできる仕事をいくつか終えていっていますが、ずっとグロップで単発のお仕事を紹介してもらってます。

Y.M(37歳/男)
現場の仕事をしていましたが、いろいろあって辞める事になりました。次の仕事も身体を動かすような工場系の仕事が良くて、派遣会社のグロップでは工場系の仕事もたくさん揃っているときいたので、電話してみました。電話の時にも要件を聞いてくれて、今度事務所で登録の手続きといくつか工場の求人情報を提供してくれるとのことでした。意外とはやく仕事が決まりそうで安心しています。素早い対応に感謝しています。

T.Y(21歳/男)
保育士の資格を持っているのにも関わらず、保育系の仕事をしたことがありません。資格を活かせる仕事探そうと思って、ネットで評判だと言われている、派遣会社のグロップに登録してみることにしました。事務所に行ったとき、コーディネーターさんに相談したら、保育関係の仕事をすぐに紹介してくれて、こんなに求人がでているんだなと思いました。いくつか紹介してもらった中から候補をだして、職場見学にいけると聞いたので、職場見学をしてから場所を決めたいと思います。

K.W(36歳/男)
最近仕事を辞めたばかりで、仕事の無い期間が続いてしまうのが嫌でした。とりあえず、派遣会社にでも登録しておこうと思い、評判の良い派遣会社を探しました。いくつも出てきたので、上から3つの派遣会社に登録して、対応や、仕事の豊富さで1件に絞ろうと思ったのです。対応が一番早くて、対話が親切なのは派遣会社のグロップでした。ここは、僕の相談事もしっかり聞いてくれて、自分に合った仕事を紹介してくれました。グロップにして良かったです!

T.N(33歳/男)
ずっと音楽関係の仕事をしてきました。そろそろ音楽を引退しようと思い、仕事探しをしようと思ったときに、まず派遣会社に登録しようと思ったのです。友人から「派遣会社ならグロップがおすすめだよ!」と言われたので、登録してみることにしました。電話してみると、グロップのコーディネーターさんはすごく丁寧な口調で対応してくれました。次回事務所にてお話をする予定ですが、電話の時点でも「こんな仕事がありますよ。」と紹介してくれたので、仕事も早く決まりそうな感じで良い印象でした。

A.Y(27歳/男)
現在、派遣会社のグロップでお仕事を紹介してもらい、工場内でチルド商品の梱包やピッキングをする仕事をしています。僕は、派遣でもシフト制の仕事が良くて、月給ではなく時給の仕事をしたかったのです。その旨をグロップのコーディネーターさんに相談していました。すると、いくつか仕事を紹介してくれました。グロップには求人情報が豊富だなと感じました。その中から現在の仕事を選んだわけですが、期間満了もなく、シフト制でずっと続けてられるのでありがたいです

T.J(45歳/男)
派遣会社のグロップで紹介してもらった期間社員のお仕事をしています。現在は、営業系の仕事をしているのですが、私はオフィスワークに憧れています。もうすぐで営業の仕事も期間満了となるので、グロップのスタッフさんに次の仕事について相談しました。グロップのスタッフさんはいつでも親身になって話を聞いてくれます。仕事の紹介も早いです。私がグロップに仕事を紹介してもらって約10年経ちますが、こんなに長く続けられているのは、対応が良くて安心感があるからなんだなと思います。

人材派遣の面接に適したネクタイはありますか?

面接では、落ち着いた柄のネクタイが適しています


人材派遣の面接を受けるにしても、それ相当の相応しい格好があります。

これは、仕事をするにあたって、あなたがマナーを守り、仕事に相応しい格好や身だしなみをしてきているか、面接では見た目なども見て採用するかどうか判断します。

仕事でも色々職種がありますが、それぞれに相応しい服装や、決められた制服というものがあります。

多くの仕事では、普通はネイルはせずに業務をこなしていき、ネイルはお客様などに対し、不快な印象を与えることがあります。

このために、人材派遣であっても、面接を受けるならば、ネイルはしていかない方が無難と言えるでしょう。

もしも、数日前にネイルサロンに行ってネイルをしてもらったというなら、ジェルなどは落として、普通の爪にして面接に行った方が良いです。

奇抜や独特のデザインは避けたほうが無難です

人材派遣の面接で、着ていくときのネクタイの選び方として、基本となるのはシンプルにするということです。

中には奇抜なデザイン、独特のデザインにして、印象づけたいという方もいるかもしれません。

しかし、奇抜である独特であるというのは、第一印象においては、マイナスになることが多く、就職活動における面接では不利になる可能性が高いです。

もちろん、ネクタイの柄だけで、不採用となることはありませんが、あなたに対する印象が悪いと、あなたの話全体の内容も悪く捉えられてしまうかもしれません。

例えば、ピンク色である、金色や銀色をあしらっているなど、またはキャラクターの模様が入っているなどのネクタイは避けた方が良いでしょう。

あくまでスーツと合わせて服装を整えるという考えで、スーツと合うようなシンプルな色や柄のネクタイを選びましょう。

ネクタイの結び方が少し不格好だ、長さが多少釣り合っていない、などはあまり気にする必要はありません。

清潔で落ち着きのあるデザインが望ましいです

面接に使うネクタイを選ぶときのポイントとしては、清潔感があることで、清潔であることは、社会人としてのマナーです。

歯を磨き口臭を発生させないなど、相手に不快な思いをさせないために、清潔にして身なりを整えます。

ネクタイも同じであり、清潔感のあるシンプルなデザインを選びましょう。

これは、面接を落ち着いた雰囲気で、穏やかに進めるという意味もあります。

濃い青や青系のネクタイを選ぶと、スーツの色と合い、統一感も出るでしょう。

柄は、ストライプやチェック、または無地が主張せずシンプルすぎずに、面接に良いと言えます。

ただネクタイは、実際に首につけて装着してみないと、実感がわかりません。

スーツとの兼ね合いもあるので、購入するときは、スーツを来て、実際にネクタイをつけてみましょう。

ネクタイの色でも、濃い薄いがあり、少し色が違うだけでも、スーツとのバランスが違ってきます。

明るい色を選べば全体的に元気な印象を、暗めの色を選べば落ち着いた印象になります。

色と柄で印象は変わります


面接で使うネクタイは、ある程度どのような色や柄が良いか決まっています。

しかし、その色や柄それぞれによっても、相手に与える印象が違い、どのような雰囲気にしたいかで選ぶと良いでしょう。

青や紺にストライプにすると、スマートでシャープな印象になり、知的であるなどアピールできます。

これが色をエンジに変えると、情熱的でやる気のある人物に見えてきます。

グレーに小紋柄にすると、落ち着いた印象となりますが、これは地味すぎるので、会社によっては印象の残らない人物になり、無難すぎるときもあり、その企業カラーを調べてから選ぶべきです。

ネクタイのデザインと言うと、ストライプもあり、これもどの色を選ぶかで印象が変化します。

黄色は明るく元気に見える、青はフレッシュに見える、水色はさわやかな印象になります。

ただしネクタイのデザインでも、大きすぎるストライプや、大きな水玉柄は、おおざっぱなイメージを与えます。

逆に模様などが沢山並んだデザインのネクタイは、ごちゃごちゃしており、相手に対する印象が悪くなりやすく、面接では避けた方が無難です。

(まとめ)人材派遣の面接に適したネクタイはありますか?

1.面接では、落ち着いた柄のネクタイが適しています
人材派遣の面接を受けるときでも、スーツを着ることが多く、ネクタイはあった方が無難です。

柄としては、派手すぎず独特でないデザインのネクタイを付けていくようにしましょう。

2.奇抜や独特のデザインは避けたほうが無難です
面接でのネクタイは、奇抜や独特なデザインにすると、面接官の印象は悪いことがあります。

スーツと合わせて整えるという考えで、シンプルな柄を選ぶようにすると良いでしょう。

3.清潔で落ち着きのあるデザインが望ましいです
面接でつけていくネクタイは、清潔感がありシンプルなデザインのものを選びます。

濃い青や紺などの色であり、ストライプやチェック、無地などのシンプルなデザインが良いでしょう。

4.色と柄で印象は変わります
ネクタイの色と柄によっても、相手に与える印象が違ってきます。

黄色は明るく見える、水色はさわやかに見えるなどあり、どのような印象にしたいかで、色や柄を選ぶと良いです。

評判の良い派遣会社グロップで働く人や働いていた人たちの声

A.Y(25歳/男)
高校を卒業してからアルバイトやパートの経験しかなかったので、正社員になってみようと思ったのですが勇気がなかったので、派遣会社に登録して派遣の仕事から始めようと思いました。派遣会社についてもあまり知らなかったので、ネットで評判のグロップという派遣会社に登録してみました。グロップのコーディネーターさんが1から10まで丁寧に派遣のお仕事について教えてくれたので、安心感を得ることができました。グロップには求人が豊富にあるので、いろいろ紹介してもらおうと思います。

Y.S(45歳/女)
ずっと正社員で秘書の仕事をしていましたが、今月いっぱいで仕事を辞める事になりました。歳のことも考えると、今後正社員で仕事をするのは厳しいとみているので、派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうのが手っ取り早いと考えました。一早く仕事を決めることができる派遣会社はグロップだと友人に言われていたので、グロップに電話してみました。グロップのコーディネーターさんは対応が早く、用件を聞かれたので話すと、すぐにいくつかの仕事を紹介してくれました。この中から仕事を決めさせていただこうと思います。

A.S(40歳/女)
子供がいるのでずっとパートでお仕事をしていたのですが、派遣会社で働いてみようと思っています。いろいろ検索してみると、評判が良いとされているのは派遣会社のグロップで、そちらに登録してみました。事務の仕事をしていたのですが、時間に融通の利く仕事をしたいと伝えたらすぐにいくつかの仕事を紹介してくれました。主婦が働けるような時間帯の仕事も用意されていて、しかも土日休みなのでいいなと思っています。グロップのい仕事の豊富さにびっくりです。

R.Y(29歳/女)
ずっと正社員で秘書の仕事をしていましたが、今月いっぱいで仕事を辞める事になりました。歳のことも考えると、今後正社員で仕事をするのは厳しいとみているので、派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうのが手っ取り早いと考えました。一早く仕事を決めることができる派遣会社はグロップだと友人に言われていたので、グロップに電話してみました。グロップのコーディネーターさんは対応が早く、用件を聞かれたので話すと、すぐにいくつかの仕事を紹介してくれました。この中から仕事を決めさせていただこうと思います。

S.O(50歳/女)
今まで働いていた飲食店が無くなってしまうので、新しい仕事をさがさないといけなくなりました。もう50歳なので、正社員は厳しいと思い登録していた派遣会社のグロップに相談することにしました。グロップのコーディネーターさんは親切且つ丁寧に相談に乗ってくれて、私でもできるような仕事を紹介してくれました。この早い対応には驚いています。今の仕事を退職してからも直ぐに新しい仕事をできるとなると焦りも無いので、スムーズに物事が進められてとても嬉しいです。グロップで良かった!

K.W(50歳/男)
働いていた会社を退職したばかりで、仕事探しをしていたのですがなかなか見つかりませんでした。そんなときに出会ったのが派遣会社のグロップです。50歳の私でもできる仕事はありますかと聞くと、こんなのやこんなのがありますよと紹介してくれました。派遣となると支払い関係は心配です。でも、グロップのコーディネーターさんが1から10まで説明をしてくれたので安心しました。迷いなく仕事を決めることができたのです。現在では、清掃スタッフの仕事をしています。

T.Y(35歳/男)
派遣会社は短期の仕事も紹介しているので、短期間でお金の欲しい私にはあっているかなと思っています。給料が週払いの仕事を紹介してもらいたく、ネットから派遣会社のグロップに登録したら電話がかかってきたので用件を話しました。グロップのコーディネーターさんが素早く手続きしてくれて、いくつか仕事を用意しておくので近々グロップに来てくださいと言われました。グロップに行ったら、仕事確定まで進めてもらえてすぐに仕事ができることになったので、安心しました。

H.S(37歳/男)
地方で暮らしていますが、グロップさんの紹介案件は幅が広く好きな職場を選びやすいので助かっています。他の派遣会社だと、どうしても数が少なかったり、給与をはじめとした待遇面でマッチできなかったりすることも多いのですが、ここであれば安心です。さらに、派遣先に通い始めた後もサポートしてくれるので、ちょっとした問題が発生しただけでも調整してくれるのもありがたいところ。おかげで、どの派遣先でもストレスなく働けています。

Y.A(32歳/男)
趣味で平日に時間を作りたいと考えて、グロップの派遣に登録しています。最初は、決まった曜日で休みの摂れる派遣先の希望を出していましたが、半年以上勤務すれば有給が取得できるという話を聞いて、それならばと土日休みで半年以上働ける場所をお願いしました。現在は、希望通りに紹介いただいた派遣先で、9か月目。念願の有給を取得しての趣味の時間づくりができてとても満足しています。年次休暇もあると伺っているので、このまま長期で勤務できればいいなと思っています。

F.T(24歳/男)
コーディネーターさんの評判が良いため、グロップさんに登録して働くようになりました。事務職での応募でしたが、相談をしているうちに、私がやりたい仕事はコミュニケーションをしながら成果に繋げるものだということに気づかせてくれて、必要な資格やキャリアパスについてもアドバイスがもらえたのに感激しています。まさか、ここまで手厚くサポートしてくれるとは思っていなかったし、おかげでなんとなく働いていたこれまでと違って、目的意識が持てるようになりました。

人材派遣の面接の内容や目的はどんなものですか?

面接は人材を見極めるためにその内容を決めています


人材派遣の会社でも、採用を希望すると、多くの場合面接を行います。

書類選考を通過し、面接にこぎ着ければ、ここをクリアすれば、ほぼ採用確実と見て間違いないでしょう。

内容としては、基本は自己PRと志望動機を聞くこととなり、会社に志望動機のみの場合もあり、さらにいくつか些細な質問を、面接に来た方に行います。

面接を行う目的というと、やはり応募者のスキルや性格などを見極めるためであり、自社にマッチした人材か面接で確認します。

履歴書や職務経歴書だけでは、どうしてもつたわらない部分が出てきます。

実際に話して見ないとわからない、その人物の内面などを、面接で見ていくのです。

面接に臨む方にとっては、その会社へのアピールの場所ともない、重要な場面です。

応募者の個性を知るのも目的のひとつです

人材派遣会社で行う面接の目的の1つとして、応募者の個性を知ることです。内容内容
質問して答えを聞きコミュニケーション能力を確かめるのはもちろん、ストレスへの耐性、仕事への熱意や価値観、その他書類でわからなかったことを聞きます。

履歴書や職務経歴書に書かれたことを、面接でさらに掘り下げて聞き、具体的にしていきます。

応募者は、どのような仕事に取り組んできたか、今までにどのような資格やスキルを身につけたか、それが応募先の会社でどのように役立つかアピールできます。

企業と応募者の意識を一致させる場となりますが、言い換えれば、私はこんなことが出来て、会社の役に立つと、売り込める場でもあるのです。

これは、自己PRや志望動機で、自分を売り込める内容となっており、その他の面接官からの質問は、あなたの性格やスキルを知るためです。

そのために、採用されるかどうかは、自己PRと志望動機がもっとも重要とも言えるでしょう。

面接対策を行うならば、この2つを中心に考えていきます。

志望動機は必ず聞かれます


面接で必ずと言っていいほど聞かれる内容というと、志望動機です。

履歴書にも志望動機は書きますが、面接では、さらに深く内容を掘り下げて、詳しく志望動機を聞きます。

志望動機を聞く理由としては、やはり、自社で働く熱意がどれぐらいあるのか、どのように仕事に対し考えているのか聞くためです。

例えば、志望動機で、待遇の良い会社だから、家から近かったからなどだと、面接官は大して熱意のない、適当に会社を選んで来たんだなと思われてしまいます。

言い換えれば、もっと待遇の良い会社に行ったら、もっと家から近い会社に行けばいいんじゃないですか、と思われるのです。

そのために、志望動機は、その会社でなければいけないという動機を考えないとなりません。

会社の業務内容や理念が素晴らしかったから、職場環境が秀でていたからなど、出来るだけオンリーワンの理由を考えると良いでしょう。

応募した会社に採用されるには、志望動機がとても重要で、適当な理由を考えてはいけません。

ミスマッチを防ぐためでもあります

人材派遣の仕事に限らず、多くの仕事では、採用後にすぐ辞めてしまう人が多いです。

特に正社員以外の、アルバイトや派遣となると、気軽に仕事が出来るので、正社員よりもすぐ辞める方が多いです。

そのために、面接では、社風や仕事内容、そして応募者の志望動機やスキルなどにギャップがないかを見ていき、採用して長く働いてくれるか見ていきます。

履歴書など書類では、前職までの内容やスキルを確認し、面接では、さらに業務をこなせるだけのスキルがあるか、仕事に対する熱意はあるか見ていくのです。

たとえば、仕事では英語が必須なのに英語の話せない方、実務経験3年以上と募集したのに未経験の方など、会社の求める人材と剥離した人は、書類選考ですぐ落とされます。

面接までたどり着けたという方は、会社で働いてもらっても、問題なさそうだと考えられているのです。

そのために、面接では、どのような仕事をしたいか、配属先の希望はあるのかなど、業務について深く入り込んだ内容を聞かれることもあります。

さらには、残業が多い、休みが少ない、ハードな仕事などで、業務がきついですが、働けますか?というような事も聞かれる場合があります。

あなたもミスマッチをなくすために、応募段階で、募集要項をよく見ておいた方が良いでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接の内容や目的はどんなものですか?

1.面接は人材を見極めるためにその内容を決めています
面接では、自己PRや志望動機などの他に、いくつかの質問がされます。

行う目的としては、面接に来た方の、性格やスキルなどを見極めるためであり、自社にマッチしているか確認します。

2.応募者の個性を知るのも目的のひとつです
面接では、応募した人物の個性を知るために行います。

面接官が質問することにより、コミュニケーション能力や仕事への熱意など、会社で十分に働ける人物か見ていきます。

3.志望動機は必ず聞かれます
面接を行うと、応募者の志望動機を聞き、どれぐらい会社で働きたいのか確かめます。

その会社でないといけないというぐらいの志望動機を言うのが良く、適当な理由だと、あまり熱意がないと思われます。

4.ミスマッチを防ぐためでもあります
面接に来た方が、会社で働くのに、業務内容や社風と剥離していないか、ミスマッチを確認します。

面接では、深く突っ込んで話して確認し、業務をするのは難しいだろうと思われると、不採用になります。

Uターンもお任せ。地元密着と評判のグロップで仕事を探した人の体験談です。

O.S(40歳/女)
夫は次男で、あちらのご両親はご長男が見てくれています。こちらは私が一人っ子なので、家族そろって私の地元に帰ってきました。夫婦そろって、環境のいいところで子どもを育てたかったというのもあります。とはいえ問題になるのは仕事ですが、うちは二人ともグロップで就職を決めました。私は派遣で、夫も今は派遣ですが、正社員へのあっせんもある職場です。人生にはいろいろな転機がありますが、仕事探しを支援してくれる会社があるのはいいですね。

K.R(23歳/男)
就職は地元でというのが、両親との約束でした。僕自身も地元に友達が多いので、こちらの方が楽しく過ごせるので、その点は問題ありません。でも仕事がなあと愚痴っていたら、両親からグロップを紹介されました。母の友達がここで仕事を探してもらって、地元大手に入社できたとかで。期待半ばで相談してみたら、けっこういい会社を紹介してもらえて驚いています。担当さんがつてを持っているのが強いですね。

S.J(19歳/女)
グロップに登録してよかった! 私は高卒ですが、卒業してからはしばらくバイトで過ごしていました。でもこのままじゃ不安だと思い、グロップに登録してみることに。すると、地元でもけっこう知られた会社を紹介してくれて、最初はダメだと思いました。実績とかないですしね。でも、派遣会社を通すと、すぐ面接なんですよね。普通就活だと、最初は書類じゃないですか。親も喜んでくれる会社で働けて、今はとても幸せです。

N.M(31歳/女)
専門職からの転職です。専門職とはいえ、給料は安いし、激務なので転職を決めました。でも、一般企業での就職活動はしたことがないので、とりあえず派遣会社に登録することに。いろいろあって迷いましたが、地元で働けると評判のグロップを選びました。女性の給料で、一人暮らしは無理だと思ったので、実家から通えるところが条件だったのですが。今は前職より給料もよくて、これなら念願の一人暮らしもできそうかな?

K.J(45歳/男)
いろいろあって今は独身です。前に勤めていた会社もやめたので、実家のあるこちらの地方で職を探すことにしました。地方なので、給料も安いでしょうが、いざとなれば実家もあるのでなんとかなるかと。しかしグロップさんで紹介してくれる会社は、それなりのものが多く、給与面での不安も吹き飛びました。キャリア面での相談にも乗ってくれ、希望通りの転職ができたので満足です。現場で働いている人から、説得力のある説明が聞けたのはメリットでした。

F.T(38歳/男)
地元で家を建てました。これまで夫婦二人で三人の子供を育てていたのですが、真ん中の子が病気になったので、生活に無理が出るように。両親もまだ若いので、助けてもらうつもりでの引越しです。転職先は、引越し前からいくつかの人材派遣の会社で探していました。結果、グロップさんで決めたのですが、決め手はコミュニケーション密だったことと、転職先の社風に詳しかったからです。安心して働ける先が見つかったので、頑張りたいと思います。

O.H(29歳/男)
グロップへの登録は、友達からの紹介で決めました。いろんな職場を紹介してくれるし、仕事もたくさんあるというので。あと、地元の企業に強いという評判もききました。実際に担当の人に話を聞いていると、地方でもいろいろな仕事があることがわかります。私は大学でこちらに来て、卒業後もここで仕事をしていたのですが、地元の人にコネがあるわけではありません。そういう点では、地元密着型のグロップさんで仕事を探せたのはよかったですね。

N.E(33歳/男)
それまで、地元でも結構有名な企業で働いていました。誰でも知っている会社ですが、この会社、実はとっても給料が安いんですよね。ですので、30になる前にみんな転職してしまいます。グロップには、先に転職した人の紹介で登録させてもらいました。実際に転職してみて、働きやすい会社に出会えたからだそうです。グロップさんはこちらの事情もよく知っていて、登録するとすぐに紹介してもらえました。

T.A(31歳/男)
登録の面接で、グロップの担当さんに「前の会社ブラックだったんです」と言ったら、「わかります」って。笑いました。グロップの担当者さんは、自分の場合は若い人だったのですが、話しやすいですね。就職って、けっこうプライベートに関わることってあるじゃないですか。何でも相談できる担当者って、何気に重要だと思います。自分の場合、担当さんがブラック企業の評判をよく知ってくれていて、いろいろ配慮してくれました。今度はホワイトな会社を紹介してもらえてラッキーです。

A.H(50歳/女)
もともとキャリア志向の女です。長い間子育てで仕事を離れ、家庭に引きこもっていましたが、子供が手を離れたのでまた思い切り働きたいと考えてグロップに登録しました。50で思い切り働きたいなんて、笑われるかと思いましたが、けっこうそういう人多いみたいですね。家から近く、グロップの派遣さんも多い会社で働かせてもらうことになりました。面談では、条件をはっきり言うほうがいいと思います。

人材派遣の面接ではネックレスをつけても問題ない?

面接では上品なネックレスのみつけてOKです


人材派遣の面接は、基本的にネックレスなどのアクセサリーは必要ないという考え方です。

しかし新卒の就活生のように絶対NGではないので、人材派遣先企業との面接でネックレスをつける場合は控えめで上品なデザインのものを選びましょう。

チェーンが太かったり濃いゴールドや、ペンダントトップが大きかったり派手な色のネックレスは人材派遣の面接にふさわしくないので注意しましょう。

人材派遣の面接の理想的な服装はスーツかオフィスカジュアルなので「私服でお越しください」とある場合も基本はオフィスカジュアルを意味します。

そのため、ネックレスも遊びに行くときに着けるようなカジュアルすぎるものや、派手なものはNGです。

人材派遣の面接では社会人のマナーやTPO、当日の服装を考慮しながら、女性らしく目立たないデザインのネックレスのみつけましょう。

ネックレスの許容範囲は控えめでTPOをわきまえていることです

派遣先との面接ではつけて問題ないネックレスがあります。

許容範囲はチェーンが細いものや、ペンダントトップが小さいものです。

色の許容範囲はチェーンはシルバー、ペンダントトップは透明や淡いピンクや黄色などです。

人材派遣の面接にNGなネックレスは、太いチェーンや長いチェーン、派手な色のチェーンやペンダントトップです。

カジュアルすぎるものやお辞儀をした時に揺れるものも避け、目立たないデザインを選ぶことが大切です。

新卒の就職活動ではネックレスなどは原則NGですが、社会人経験者や年齢を重ねた人が人材派遣の面接を受ける場合は絶対にNGではありません。

フレッシュなイメージよりも、清潔感を意識しながらTPOをわきまえた格好をして「社会人として信用できる」「安心して一緒に仕事ができる」と面接担当者に伝わることが大切です。

社会人として違和感のない範囲内ならネックレスも問題ありません。

人材派遣の面接でつけるネックレスはあくまでも常識の範囲内でという部分が重要なので、つけていても仕事の妨げにならない小ぶりのものを選びましょう。

「私服でお越しください」の場合も派手なネックレスは避けましょう


ネックレスの許容範囲について解説しましたが、派遣先との面接に「私服でおこしください」とある場合、私服=カジュアルと考えてネックレスを選んでいいのかについて説明します。

人材派遣の面接に「私服でお越しください」とある場合は、オフィスカジュアルを意味します。

オフィスカジュアルは会社の中でも違和感なく、そのまま仕事が出来る格好です。

遊びいくようなカジュアルすぎる服装やネックレス、派手な服装やネックレスはだめです。

人材派遣の面接では「安心して仕事を任せられるか」「ルールを守って働いてくれそうか」などを見るため、個性を出しすぎる必要はありません。

オフィスカジュアルは清楚でしっかりした印象を意識して、ネックレスをつける場合は必ず小ぶりの上品なものにしましょう。

アパレル業界など私服で面接する人材派遣の企業の場合、服装やアクセサリーに対する許容範囲は広くなります。

しかし、カジュアルすぎる格好はふさわしくありません。

ネックレスも派手な物や過剰につけることは避けて、ブランドイメージや服装に合わせて選びましょう。

面接にふさわしい服装はスーツかオフィスカジュアルです

人材派遣面接でのネックレスの選び方について説明してきましたが、基本的な服装は大丈夫でしょうか。

人材派遣の面接でネックレスを合わせる基本の服装は、スーツやオフィスカジュアルが理想的です。

派遣先との面接で着るスーツは、リクルートスーツである必要はありません。

職歴によっては違和感が出る場合もあるので、リクルートスーツしか持っていない場合は、シャツを色つきやデザイン性のあるものにすると新卒の雰囲気が減ります。

オフィスカジュアルは、社内でそのまま違和感なく働けることと、上司や取引先の人に会っても恥ずかしくない恰好であることがポイントです。

白など淡い色のシャツの上にジャケットを羽織り、紺やベージュなど落ち着いた色のシンプルなボトムを選びましょう。

人材派遣の面接では基本的な服装をふまえたうえで、なるべくシャツから見えない様に控えめなネックレスをつけましょう。

面接では「社会人として信用できそうだ」「安心して仕事を任せられる」と担当者に信用してもらうことが大切なので、清潔感と控えめを意識して身だしなみを整えましょう。

(まとめ)人材派遣の面接ではネックレスをつけても問題ない?

1.面接では上品なネックレスのみつけてOKです
人材派遣の面接にネックレスは必要ではありませんが、小ぶりで上品なものなら面接でつけても問題ありません。

ビジネスシーンにふさわしくない長いチェーンや目立つものなどは避けましょう。

2.ネックレスの許容範囲は控えめでTPOをわきまえていることです
人材派遣の面接では控えめなネックレスをつけるなど、TPOをわきまえた格好をすることが大切です。

ネックレスの許容範囲は、細いシルバーのチェーンに目立たない色のペンダントトップなど、控えめで上品なものです。

3.「私服でお越しください」の場合も派手なネックレスは避けましょう
私服やオフィスカジュアルなど面接の恰好によらず、派手なネックレスを付けるなど個性の出し過ぎは印象が悪くなる恐れがあります。

人材派遣の面接ではネックレスなどのアクセサリーは付け過ぎず、必要最小限にとどめた方が無難です。

4.面接にふさわしい服装はスーツかオフィスカジュアルです
人材派遣の面接の基本的な服装はスーツかオフィスカジュアルです。

スーツかオフィスカジュアルできちんとした身だしなみを整えたうえで、小ぶりで控えめなネックレスを出来る限り外側から目立たない様につけましょう。

派遣会社のグロップを利用した際の口コミや評判

A.N(36歳/女)
正社員で働いていた会社を最近辞めたので、新しい職を探そうと思い、現在評判になっている派遣会社のグロップに登録をしてみました。以前働いていた会社について、グロップのコーディネーターさんに話ながら新しい職場選びをしました。話の流れ的にはどんな仕事が向いているのかを見極めて、仕事の紹介をしてくれるので、非常にスムーズにやりたい仕事を見つけることができました。コーディネーターさんの手助けに感謝しています。

Y.M(38歳/女)
仕事をするうえで、自分にとっての条件がありました。その条件に合った仕事を探していましたが、なかなか見つからなかったのでどうしようかと考えていたときに、友人にグロップという派遣会社を紹介してもらいました。派遣会社を使うのは初めてだったので不安がありましたが、グロップのコーディネーターさんが丁寧に1から10まで説明してくれたお陰で安心してお仕事紹介をしてもらうことができました。自分に合った条件の仕事がこんなに早く決まると思っていなかったので、すぐに見つかって良かったなと思います。

E.Y(20歳/女)
私は経理の資格を持っています。しかし、一度も経理の仕事をしたことがありません。資格を持っているのに活かせていないのはどうなのかなと思い始めてきたので、経理の資格を活かしたいと思い、派遣会社を使うことにしました。検索していたら、人気だという派遣会社のグロップをみつけました。とりあえず登録してみたら、電話がかかってきたので用件を伝えると、経理のお仕事を紹介できるといわれたので、今度、詳しく話を聞いてみることに決めました。自分自身で探すよりも早く見つけることができるのは、効率が良いです。

A.Y(44歳/男)
最近働いていた会社を辞めました。この歳になって会社を辞めてしまうと、正社員で就職し直すのは大変なこともわかっていました。でも、何かしら仕事をしていないとみっともないので派遣の仕事をすることにしました。最近話題の派遣会社グロップが評判が良かったので、電話をして要件を話したら私にできる仕事が全然あると聞いたので、グロップに登録して話を聞いてくることにしました。職に就けるということで、安心しました。グロップのコーディネーターさんに感謝しています。

H.K(28歳/女)
今まで就職もせずにずっとバイトでしか仕事をしてこなかったので、そろそろ真面目に働こうと思ったときにPCで見つけたのが、評判が良いとされている派遣会社のグロップでした。やりたい仕事とかは特に無いのですが、給料はいくらぐらいで休みが週休2日ある仕事が良いなという条件はあります。それも含めてグロップに電話して聞いてみたところ、電話の時点でこんな仕事がありますと紹介してくださったので、実際に話を聞きにいってみようかと思いました。

M.S(50歳/男)
以前は事務のお仕事をしていました。ですが、働いていた会社が倒産してしまい、職をなくしてしまったのです。焦っていたら、友人が派遣会社のグロップが良いよと紹介してくれました。友人もグロップで仕事を探し現在も働いているそうです。事務職というのは変えたくないので、それを含めて相談してみようと思いました。まずは、PCから派遣会社グロップの登録をしようと思います。話をしに行くときは、要件や条件をまとめて行くとスムーズだと聞いたので、そのようにしようと思います。

Y.Y(49歳/男)
人と接する仕事が苦手なので、工場の仕事を探してみようと思い派遣会社のグロップへ登録をしました。グロップのコーディネーターさんはすぐに対応をしてくれて、工場系の仕事をいくつか紹介してくれました。その中で、職場見学をしてみて自分が働きやすそうでかつ働きたいと思った職場に決めようと思いました。職が決まってからもコーディネーターさんがフォローし続けてくれるのは良いなと思いました。

H.S(40歳/女)
現在の仕事は週休2日制ですが、土日のお休みで残業も少ない仕事に変えようかなと思っています。自分で仕事を探すのは時間が掛かりそうなので、今回は派遣という形で仕事をしようと思いました。でも、どこの派遣会社が良いのか知らなかったので、PCで検索していたら評判が良いとされている派遣会社のグロップを見つけました。初めての電話の際も、即座に対応してくれるようなので、まず、電話での対応を確かめてから登録して仕事探しに励もうと思っています。

Y.S(26歳/女)
最近、派遣会社のグロップに登録をしました。派遣の仕事は支払い関係がしっかりなっていないイメージでした。しかし、グロップのコーディネーターさんは支払い関係や仕事内容についてしっかりと細かく説明してくださいました。特に私は、短い期間でお金をもらいたかったので、その事もお伝えしたら週払いの対応をしてくれました。ここまで対応してくださる派遣会社は無いのではないでしょうか。対応力が良いグロップに感謝しています。

K.I(45歳/女)
どこの派遣会社が良いのか全く分からず、複数の派遣会社に登録していました。その中でも一番電話対応が良かったのがグロップのコーディネーターさんでした。工場で梱包などの軽作業を希望していたのですが、いくつかの会社をあげていただき、さらに一社一社について細かく説明をして下さいました。その中でも自分が一番合いそうな会社を選ぶことができ、現在はそちらで働かせていただいています。もうすぐで契約満期になるので、またグロップで仕事を探そうと考えています。

人材派遣先の面接はノースリーブを着てもいい?

ノースリーブで面接に行くことは、人材派遣の会社に対して失礼な可能性があります


夏場やクールビズ、「普段着でおこしください」と案内がある場合でも、ノースリーブで人材派遣先の企業へ面接に行ってはいけません。

人材派遣の面接ではノースリーブは失礼に当たるので、肩を隠せる半袖や長袖の着用が望ましいです。

どうしてもノースリーブを着用する場合は上着を羽織りましょう。

人材派遣の派遣先企業の面接担当者は「安心して一緒に仕事ができるかどうか」を判断します。

その判断に見た目や服装は重要です。

だらしない服装や派手で奇抜な服装、露出度の高い服装は、信頼性や協調性や、仕事へ取り組む姿勢を疑われる要因になります。

人材派遣の面接で時間・場所・場合を考慮したビジネスシーンにふさわしい服装をすることで、社会人としてのマナーや仕事へのやる気をアピールする機会にもなります。

露出度の高い服装は避けましょう

人材派遣の派遣先企業との面接で避けるべき服装の一つに、露出度の高い服装があります。

ミニスカートや胸元が大きく開いたトップス、ノースリーブも露出度の高い服装に該当します。

そのため、ノースリーブは面接にふさわしくない服装になります。

人材派遣の企業との面接で露出度の高い服装をすると、プライベートとのけじめがないだらしない人や、社会人としての常識が無い人といった印象になって「この人に仕事をお願いして大丈夫なのか?」といった、不安や不信感を会社側に与える可能性があります。

見た目から、企業で働く大人としての常識やマナーがあることが伝わる服装を心がけましょう。

「上着を脱がない」という前提で、インナーとしてならノースリーブを着用しても問題ありません。

半袖や長袖の場合は人材派遣の会社で面接担当者に「上着をお脱ぎください」と言われたら上着を脱いでも構いませんが、ノースリーブの場合は脱ぐと失礼にあたるので脱がない様に注意しましょう。

理想はジャケット着用やスーツスタイルです


人材派遣の企業との面接にふさわしくない服装について説明しましたが、反対に派遣先企業との面接にふさわしい服装について説明します。

社会人としての常識があることを知ってもらうために、人材派遣先との面接はスーツやジャケットを着用して行くことが理想的です。

限られた時間で行われる人材派遣の面接は、第一印象で「信頼できそうな人だ」「安心して仕事をお願いできる」という好印象を持ってもらうことが今後の勤務に結びつきます。

信頼されるためには質問への受け答えや態度と同様に、良識ある服装も判断材料の一つになります。

夏場や「クールビズでおこしください」と案内されていても、ノースリーブだけで人材派遣先の面接へ行ってはいけません。

夏はどうしても汗をかきます。

汗でスーツが着崩れたり清潔感が損なわれない様、面接会場や会社の前までは手でジャケットを持って、ノースリーブで移動します。

早めに面接会場へ到着し、汗が引いてからジャケットに袖を通しましょう。

夏の暑い時期にノースリーブ1枚やブラウス1枚でなく、爽やかに清潔感を保ってスーツやジャケットを着こなしている人は好印象を残せます。

「普段着でお越しください」でもノースリーブのみはNGです

人材派遣の企業との面接で「普段着でお越しください」と案内されている場合も、ノースリーブ1枚で面接に行ってはいけません。

派遣先の企業との面接における「普段着」とは、オフィスカジュアルを意味します。

オフィスカジュアルは、「そのまま出勤して仕事ができる恰好」や「企業内で上司や取引先に会っても失礼に当たらない恰好」です。

具体的には、ブラウスやシャツにジャケットやカーディガンを羽織ります。

面接にふさわしくない服装と同様に、露出が高い服装や派手で奇抜な服装はオフィスカジュアルでもNGです。

そのため、露出度の高い「ノースリーブのみ」は、オフィスカジュアルに該当しないと考えた方が無難です。

人材派遣の企業の面接では、ノースリーブの上にカーディガンやジャケットを羽織るなどして肩が露出しないようにしましょう。

カーディガンを羽織る場合、ロングカーディガンは面接に不向きなので腰周辺に裾がくるベーシックなカーディガンを羽織ります。

ただし、実際に人材派遣の企業で働きだしてからはノースリーブのみで勤務が可能な場合もあります。

オフィスカジュアルは会社や職種によって該当する恰好が違います。

派遣先の企業によっては「ノースリーブもオフィスカジュアルに当てはまる」と考えるところもあるかもしれないので、社風や現場の雰囲気、同僚の服装に合わせましょう。

(まとめ)人材派遣先の面接はノースリーブを着てもいい?

1.ノースリーブで面接に行くことは、人材派遣の会社に対して失礼な可能性があります
人材派遣先の企業の面接にはノースリーブで行かず、必ず上着を羽織って肩を隠しましょう。

夏場や「私服OK」と案内がある面接でも、ノースリーブはふさわしくありません。

信頼して仕事を任せて貰える様、TPOを考えた服装で面接に臨みましょう。

2.露出度の高い服装は避けましょう
ノースリーブなど露出度の高い恰好は人材派遣先との面接にふさわしくありません。

社会人としてのマナーがない人という印象を与えて信頼性が落ちる可能性があります。

面接官の前で上着を脱がなければ、インナーとしてノースリーブを着ることは可能です。

3.理想はジャケット着用やスーツスタイルです
大人として常識があると分かるスーツやジャケットの着用は、人材派遣先の企業の面接に適した恰好です。

クールビズ可の場合も、持参したジャケットを汗が引いてから羽織るなどして、ノースリーブのみで面接に行かない様に注意しましょう。

4.「普段着でお越しください」でもノースリーブのみはNGです
面接の「普段着OK」は露出度を抑えたきちんとしたオフィスカジュアルを意味するので、「普段着OK」の面接にノースリーブはふさわしくありません。

ノースリーブもオフィスカジュアルとする企業もあるので、働き始めてからは派遣先の社風に合わせましょう。

アドバイザーの能力も評判につながるグロップの口コミ

M.F(19歳/女)
最近工場で働くのはどうなんだろうと興味を覚えるようになりました。前職があまりマッチしていなかったことが大きな部分ですが、社会経験も少なく、どこが良いかわからなかったのです。友人からグロップの評判を聞いたので登録してみたわけですが、いろいろな工場勤務について説明をいただけました。すぐに希望するような工場も見つかったので、今では安定して働くことができています。経験がなくても見つけてくれたのですから、本当にいい選択ができたといえるでしょう。

J,K(35歳/男)
グロップの紹介してくれた企業で働いていますが、今ではとても満足しています。最初は不安もありました。評判は良くても、自分で実感できなければ信用はできないでしょう。ところが、紹介してもらったのは有名企業でしたし、楽しく働くことができています。支援もしっかりと整備されているため、何事も安心して働けるのは大きいでしょう。休みを含めて自分のペースも守ることができていますので、楽しく働ける環境にあると実感しています。

F.B(30歳/男)
以前、仕事をしていた派遣会社は、給料が月払いだったのですが、どうも怪しい雰囲気が出てきました。週払いを相談したところ、けんもほろろに断られたわけです。実際にいつでも仕事があるわけではないということもあったので、短期間働けるところを探してグロップを見つけました。週払いの相談にも乗ってもらえましたし、すぐにでも働きはじめられたのは評判通りでびっくりです。ここまで安定しているのであれば、もっと長期のスパンで働きたいと思っています。

M.S(39歳/女)
女性が働きやすい職場ですと簡単に書かれているのが派遣の業界でしょう。実際にはそんなこともなく、単なる軽作業というだけがほとんどでした。グロップに登録したのもそんなことでしたが、いろいろと仕事を紹介してもらい、本当に働きやすい職場を見つけることができたのです。これもアドバイザーの方がしっかりと話を聞いてくれたからでしょう。マッチングのミスが起こらないようにするという意味でも、評判通り高い能力を持っていることは間違いないはずです。

K.S(32歳/女)
仕事に対するこだわりが人一倍強い方で、なかなか仕事もうまくいきませんでした。希望が強くあることが悪いと思っていなかったのですが、ミスマッチの原因が自分にあることもよく知っていたのです。そんな中で、グロップの評判があまりに良かったので登録してみました。ここでもミスマッチが起きるのだろうと思っていたのですが、アドバイザーがしっかりしているせいか、本当に満足できる仕事が見つかり、今ではすっかり安心して働いています。

T.K(48歳/男)
会社が事業に失敗したこともあって、仕事を見つけなければいけなくなりました。会社都合での退職でしたが、できるだけ早く働きたいというのが本心だったこともあり、派遣会社のグロップに登録しました。正直だめ元という気持ちも強かったのですが、評判通りあっという間に仕事を紹介していただいたことで、自分にマッチしそうな職場も見つけることができたのです。前の職場より安定して働けるようになりましたので、将来に不安もなくなりました。

N.S(49歳/女)
福利厚生もですが、給料がしっかりしている職場を探していました。グロップに登録したのも、そういった評判をよく見かけたからです。半分は疑心暗鬼でしたが、実際には、福利厚生がしっかりとしていて、給料も満足度の高いレベルでした。休みもとれるようになっていましたので、心配なく働けるのは大きなところになるでしょう。派遣会社もいろいろとありますが、他よりもとびぬけた能力と可能性を持っている派遣業者だと思っています。

E.E(32歳/女)
仕事とプライベートはしっかりと分けたいと思っていました。ごちゃまぜになることや、どちらかを犠牲にしてしまうことも多くありますが、グロップに登録してみると、線引きをはっきりさせて、わけて働けるようになったのです。評判通りアドバイザーの方が話を聞いてくれ、ぴったりと当てはまった仕事を見つけてくれたのも大きいところでしょう。実際に残業があったりもしますが、それも納得できるものになっているため、大変満足しています。

J.F(29歳/男)
アドバイザーのサポートという面で、グロップは評判通りですし、とびぬけていると感じています。こちらの相談をしっかりと聞いて判断もしてくれますし、そこから希望の仕事を探してくれるからです。その数も多く、ここまで見つけられるのかといった量になるのはびっくりでしょう。希望を持っている場合には、派遣会社の中でもとびぬけた待遇の中で働くことができると思っています。特に他の派遣業者で働いたことがある人なら、この違いがわかることでしょう。

J.E(48歳/女)
給料と休みの兼ね合いは、大変難しいものです。派遣会社で働く場合には、さらに難しいところになってくるでしょう。給料を取れば休みなどないというのは、半ば常識的なところです。ところが、グロップの場合には、これは常識ではありません。両方保てるのは、驚きですが、これも評判通りというところになるでしょう。職場としても環境がそろっていますし、設備もしっかりしている職場を紹介してもらえていますので、本当に満足しています。

1 2 3 6