Category Archives: 会社の歴史

人材派遣の面接でおさえておくべき基本とは?

自分のアピールポイント、外せない条件をきちんと伝える

アピールポイント人は人生の中でいくつもの面接を受けるものです。
進学の際の面接、仕事の面接など様々ですが、とりわけ仕事の面接を受ける時には緊張するものです。

その場で自由に話そうと思っていてもなかなかうまく伝えられないことが多いので多くの人が前もって良い準備をして面接にのぞんでいます。
中には面接を成功させるためにプロの指導を受ける人もいるくらいです。

人材派遣の面接の場合その時点ですぐに就職、就業先の面接を受けるわけではないかもしれませんが、自分を売り込み仕事を得るという点では同じです。

特に種々の仕事の中から紹介される人材派遣会社の面接では自分のアピールポイントや外せない条件などを明確に伝えることが基本になります。

面接の目的

そもそも面接とはなにを目的におこなわれるものなのでしょうか。

面接の目的
十分な知識があるかどうかは筆記試験で知ることができます。

十分な技術があるかどうかは実技試験で試すことができます。

それでも仕事を決める時に面接がまったくないということはほとんどありません。

面接ではその人がどのような人物かを知ることが目的であり、履歴書に書いてある内容を答え合わせする場ではないのです。
それで基本プロフィールの紹介意外に、相手側は自分のことを人間として知ろうとしているということを意識してコミュニケーションをとるように心がけましょう。

もちろん条件や資格などが職に適合していることは大事ですが、やはりどこの会社も人間的に信頼できる人、安心できる人、魅力ある人を職場に加えたいと思うものです。

もちろん意識的にカリスマ性を演出するというわけではなく、自分自身をきちんと紹介し相手に良い印象を持ってもらうことは重要です。

人材派遣の面接の場合基本的に他のクライアントへ人材を紹介するのが前提ですから、より一層人柄にも気を配って企業に紹介できる人材を見つけたいと思っています。

自分をアピールすることの大切さ

自分をアピールさて、面接で自分という人間を相手に紹介するときに過度なセルフプロデュースはかえって相手に不安感を与えてしまうかもしれません。その一方で自分をしっかりアピールすることも大切です。

基本的に日本人は自分をガンガンアピールすることは苦手な国民かもしれません。
謙虚なことを言い、自分を下げることが美徳とされる文化があります。

それであまりに大きなことを言うアピールの仕方はしないほうがいいかもしれませんが、適度に自信を持って自分を売り込むことは必要です。

「苦手だけど頑張ります」や「何もできないんですがやる気はあります」というセリフは面接官からすると頼もしい響きはないので、もう少しポジティブな表現をする必要があるでしょう。

例えば「ほとんどやったことがないです」よりは「少しですが経験があります!」という方が相手に与える印象はだいぶ違ってくるはずです。

よくある笑い話で、できないことを出来ると言い切って面接を受かってその後頑張りましたというエピソードを聞くことがありますが、基本的に嘘に近い発言は避けましょう。
「経験は無いのですが、仕事を覚えるのは早い方です」など正直でありながら、自分に関するポジティブな情報を入れていくほうが賢明でしょう。

面接でコミュニケーション能力を証明する

人は同僚としてどんな人物を好む傾向があるのでしょうか?能力がずば抜けて高い人でしょうか?人間性が良い人でしょうか?
もちろん全くお仕事ができないような人はどこの会社でも困りますが、人間関係を良好に保てないような人は同じくらい困ります。

人材派遣会社はクライアント企業に良い人材を紹介する上でこうした人間関係をしっかり構築していけそうかどうかも注目しています。
もちろんお笑い芸人なみにトーク力があることを求めているわけではなく、シャイな人間を否定しているわけではありません。

ただ常識的に社会活動をしていき、職場での人間関係をきちんとやっていけるレベルは求めています。
それで人材派遣の面接の時は自分が社会人としてきちんとコミュニケーションをとれる人間であることを証明するように心がけましょう。

人と話すことが元来苦手であれば、この点で余分の努力を払う必要があるかもしれませんが、こうした能力は今もこの先も役に立つものなので、少しでも自分をレベルアップさせられるように頑張りたいものです。

人材派遣の面接でおさえておくべき基本とは?

1.自分のアピールポイント、外せない条件をきちんと伝える
人材派遣の面接では自分のアピールできるポイントや、これだけは外せない条件というものを明確に伝えておく必要があります。基本をおさえて面接にのぞむことによってスムーズにお仕事に入れるでしょう。

2.面接の目的
面接の目的は基本的なプロフィールを確認するだけではなく、その人がどんな人物なのかを判断するための場です。

人材派遣会社はクライアント企業へ人材を紹介するわけですから、みなさんの人柄には当然注目をしています。

3.自分をアピールすることの大切さ
日本人は自分をアピールするということが苦手な人が多いかもしれませんが、謙虚でありながらも自分という人間をしっかり売り込む必要があります。

もちろん嘘になってしまうようなアピールの仕方がないように気をつけましょう。

4.面接でコミュニケーション能力を証明する
どの職場でも人間関係を友好的に築いていける能力は大切になってきます。

面接の場はそうした社会人としてのコミュニケーション能力を証明する機会でもありますので、この点で最大限の努力を払う価値があるでしょう。

岡山の食材でもてなすグロップの飲食事業

現在のビジネスシーンにおいてアウトソーシングは当たり前となりました。グロップはアウトソーシングビジネスを行っていますが、それと同時に飲食事業を行っています。アウトソーシングと飲食事業の組み合わせは意外と思われるかも知れません。

しかし、どちらもお客様を満足させるという意味では同じこと。グロップではアウトソーシングで培ったノウハウで飲食事業を行っています。

「和風居酒屋あかり」をついにオープン

和風居酒屋あかりアウトソーシングサービスを導入する企業は数多くあります。グロップはアウトソーシングサービスを提供する立場として成長を遂げた企業です。

しかし、これからも同じ業種を続けているだけで良いのでしょうか?決してそのようなことはありません。そこで、グロップは飲食事業に乗り出すことにしたのです。

アウトソーシングと飲食に共通点があるのか?と考える方もいるかも知れません。しかし、このふたつには大きな共通点があるのです。

アウトソーシングは人材によってクライアントを満足させますが、それと同じように飲食は料理でお客様を満足させます。つまり、誰かを満足させるという点において共通しているのです。

グロップはこれまでのビジネスで培ったノウハウを注ぎ込み、岡山駅前に「和風居酒屋あかり」をオープンしました。駅から徒歩7分という好立地にあるため地域住民はもちろんのこと、出張者や観光客なども訪れる人気店となっています。また、週末はもちろんのこと平日の夜も客足が途絶えることはありません。

岡山の食材をふんだんに使ったメニュー

現在、日本の食の世界では「地産地消」がキーワードとなっています。これは、その土地で採れた食材をその土地で食すという意味で、食の理想的な形と言えるのです。和食居酒屋あかりでも同様のことが行われており、地元である岡山県で採れた肉、魚、野菜をふんだんに使ったメニューを取り揃えています。

特におすすめの食材はサワラでしょう。新鮮なサワラが手に入るため、お造りやタタキは絶品です。ほかのエリアでもサワラを食べることは出来ますが、本当に新鮮なサワラはその何杯も味わい深いもの。一度はお試しください。そのほかにサワラの卵を炊いた玉子焼きなど一風変わったメニューもあります。

サワラのほかに岡山県はママカリという魚が有名ですが、もちろんこちらも揃えています。岡山県にはママカリをこんがりと焼いて酢醤油に漬けるという伝統的な調理方法があり、こちらを小鉢で提供しています。

これはお酒や白いご飯に非常に合うもので、「ママ(御飯)をカリ(借り)に行くほどおいしい」ということからママカリと名付けられました。特に秋のママカリは脂が乗っているのでおすすめです。

岡山の食材と地酒を楽しむ

岡山の地酒そのほかの人気フードメニューとして、岡山県産鶏の黒七味焼きがあります。特製の醤油タレで照り焼きにした岡山県産の鶏に黒七味が振りかけられており、お酒との相性はバツグンです。そのほかに備前晴れ豚を使用した、とろとろ煮も人気メニューとなっています。

これは柚子胡椒で味付けをされており、角煮とは一味違う美味しさがあります。岡山県産濃厚卵入り黄ニラ雑炊、倉敷名物のぶっかけうどんなど、岡山県の食材を生かしたメニューはほかにも数多くあります。

和風居酒屋あかりはフードメニューだけではありません。ドリンクメニューにも力を入れています。岡山の食材とベストな組み合わせと言えば、やはり岡山の地酒です。常に10銘柄の地酒が用意されており、シーズン限定の地酒もあります。

そのほかに他県の地酒もあり、日本酒にこだわりのある方も満足出来るでしょう。
また、日本酒だけでなく岡山産の焼酎も取り揃えています。そのほかにビールやウイスキーなどのアルコール類、ソフトドリンクも用意しています。

こだわりの座席でくつろぐ

居酒屋において大切なものはメニューだけではありません。座席がイマイチでは飲み会が盛り上がらないもの。しかし、和食居酒屋あかりは座席にもこだわりが見られます。

ソファー席や掘りごたつ席など足を伸ばしてリラックス出来、デートで二人きりの時間を過ごしたいのであれば円卓席がおすすめです。雰囲気のあるカウンターも人気の座席で、目の前で料理人の手さばきを見ることが出来ます。シーンに合わせて選びましょう。

また、大人数の宴会コースも容易にしており、忘年会や新年会だけでなくイベントの打ち上げや送別会、歓迎会などで利用することが出来ます。リーズナブルなプランから豪華なプランまで揃っているため、予算に合わせてコースを選んでください。

グロップはアウトソーシングで培ったノウハウを飲食事業に生かして、和食居酒屋あかりをオープンしました。岡山県産のサワラやママカリ、地鶏などを使用したメニューはここでしか味わうことが出来ません。

また、岡山県の地酒も揃っており、フードとの相性はバツグンです。座席にもこだわりがあるため、シーンに合わせて選びましょう。

グロップのデザイン・印刷事業で広告戦略

企業のイメージというのは、消費者にとって大きな意味を持ち、商品やサービスの比較、選択においてその効果を発揮します。

消費者にとっての企業イメージの判断基準は実にあいまいで、企業の数値的で現実的な実力、技能よりもホームページや広告、イメージキャラクターなどの視覚的なものを優先しがちです。企業は消費者へのアピールとして、数値的な健全性を示すとともに、視覚的なイメージを向上するための努力も求められています。

自社のイメージアップを効果的に行うためには、新しく印象的なキャラクターやロゴ、ホームページの視覚的インパクト、広告などを常に追求しなくてはいけません。自社内でのデザインや製作が難しい場合には、外部の専門的技術を取り入れることも必要となります。

株式会社グロップのデザイン・印刷事業は、こうした自社内では十分な効果の得られるデザインを作成できない企業に対して、企画からデザイン作成、さらに販促物などの印刷までを一手に引き受けることができます。デザインから実際の印刷物まで作成できるため、スムーズに自社アピールの流れを作ることができるのです。

グロップのデザイン

デザイン株式会社グロップでは、デザイン・印刷事業として、クライアント企業の広告戦略を支援し、より効果的で斬新な企画提案を行っています。

デザイン・印刷事業の中心となって業務を行っているのは、グループ企業である株式会社クレスという会社で、広告、販促ツール、コミュニケーション戦略を多角的、そして総合的にプロデュースすることができます。

広告デザインでは、アイデア、企画の段階からプランナー、ディレクターとの綿密な打ち合わせによってクライアント企業のもっともアピールしたい効果を引き出し、それをより戦略的にデザインしていきます。

クライアントの求める要望に対して新進気鋭のデザイナーが、先端のトレンドを意識しつつも遊び心を持った楽しさと魅力あふれる作品を作り出します。

コンセプトからコピー、デザインを提供して、多様化する現代の広告デザインの中でも高品質なブランディング創造を目指します。

自社キャラクターの制作においては、専属のキャラクターデザイナーによって生み出されたオリジナルキャラクターの作成からノベルティやダイレクトメールなどの販促企画まで手がけ、総合的に作成したデザインを活かせる提案もしています。

グロップの印刷事業

デザインから印刷まで行うグロップだからこそ、広告戦略をより現実的で効果の高いものへと昇華させることができます。

印刷事業では、グロップの得意とするラインソーシングやロジスティクスサービス事業で培ったノウハウを活かして、生産性と安全性の高い方法で顧客アピールとコミュニケーション戦略を可能にしました。

デザイン事業で手がけた斬新でインパクトのある作品の良さを最大限に活かす印刷技術によってクライアントの企業イメージをより鮮明に形作ります。特殊な刷色技術や複雑なデザインの表現などが可能なため、企画段階で提示した作品イメージを繊細に表現できます。

使用する材料には地球環境への配慮がなされており、再生紙やベジタブルインキの使用などで社会的にも信頼ができます。仕上がった印刷物、販促物は、さらに封入、封かん作業、発送準備をグロップで行うことができます。

厳格で繊細な個人情報の保護、管理のもと、大量で煩雑な作業を担います。デザインからメーリングまでをトータルで行うことができるため、手続きに手間がかからず、コストダウンも可能です。

すべての顧客アピールをグロップで

現代の広告戦略、顧客とのコミュニケーション手段は、紙媒体だけでなく、インターネットを使ったものを利用することが増えてきました。

紙やWebなど複数のメディアを活かして顧客アピールをするクロスメディアで、年齢層やライフスタイルの差を超えたコミュニケーションが可能となり、さらに顧客拡大が可能となっています。

また、デザインされた印刷物のデジタル化、データの取り込みによって、インターネット上でこれらを閲覧することもできるようになっています。

デジタル世代の若い人たちへのアピールによって新規顧客の獲得も期待できます。常に新しい戦略と時代のニーズを追い求めるグロップだから、スキのない顧客アピールができるのです。

グロップのデザイン・広告事業では、コンセプトの模索やデザイン企画だけでなく、販促物の印刷や配送業務までをトータルにこなすことができます。

デザインを明確に再現できる印刷技術と効果的な戦略によって広告と顧客アピールが冴えわたり、さまざまな販促グッズや販促企画の提案で企業の魅力を広めることができます。

紙媒体だけでなくデジタルにも対応しているため、郵送からネット配信まで幅広く多くの人々の目に触れるようにできます。グロップの広告で、無駄のないメディアの利用と積極的な顧客の取り込みを始めましょう。

グロップの人材紹介で最適なマッチングを

企業において、人材の確保はその企業の将来の発展に大きく関わる大きなポイントとなります。企業は人を育てますが、最終的には人が企業を作っていくのです。

社内の雰囲気から、新しい商品、サービス、プロジェクトのアイデアなどまで、そこに集まるひとりひとりの社員によって作られるといっても過言ではありません。

そんな重要性の高い人材確保ですが、全ての企業で成功するとは言えない難しい取り組みでもあります。効率よく求人をかけて応募者を募り、その中から優秀な社員を得ようとすると、必ずそのノウハウが必要となります。

たくさんの応募者を得られる求人の方法から、そのなかで企業の必要としている人材を選ぶ方法まで、ひとつひとつの段階において有効な方法を知らないままでやみくもに人材を採用するということは、それまでのコストの浪費もさながら、採用した後の教育や既存社員との適合など、さまざまな面でトラブルや時間的ロスのリスクを抱えることにもなります。

株式会社グロップには、こうしたリスクを回避して、企業として求める人材をスムーズに獲得できるノウハウがあります。グロップの人材紹介では、スキルや資格などの外的な資質だけでなく、個人個人の持つ性格や将来の展望などのソフト面まで見つめた採用の提案を可能としています。

グロップの人材紹介の求めるもの

株式会社グロップでは、自社の中心事業としての人材サービスと人材の育成を得意分野として、企業の人材確保のためのノウハウを豊富に持っています。

人材派遣事業では、幅広い募集、採用の手法を活かして、効率の良い人材確保を実現してきました。

その中で人材紹介にも力を入れており、企業の求人募集を助け、優秀でその企業にマッチした人材をより効率的に採用へと結びつけるお手伝いを行います。

グロップでは、人材を企業の中心として考え、スタッフ一人ひとりを大切にしています。人材こそが会社を成長させるものとして、ともに成長できる環境を整えています。

その考え方は、クライアント企業の人材にも同様に生かされ、企業の原動力となれるような人材との出会いを実現させるための徹底的なサポートをします。

企業における人と働きは、スキルや資格、学歴だけで決まるものではありません。いくら優秀と思われる人材であっても、その企業に合わない場合には実力を十分に発揮することはできません。

そのため、グロップの人材コンサルティングでは、スキルや資格だけでなく、その人の適性や性格、仕事に求めるものなどを丁寧にリスニングして、総合的なマッチングを行います。企業の求める人物像を具体的に明らかにして、人の持つ本質的なものまでを見極めた上での紹介を行います。

そのため、採用後も企業との齟齬が少なく、高いモチベーションを持って意欲的に働くことができ、企業はその人の実力を生かすことができるようになります。また、これによって、離職者も少なくすることができるため、求人コストを無駄にすることがなくなります。

グロップの人材紹介の方法

株式会社グロップの人材紹介コンサルティングは、クライアント企業の採用に対する思いや必要性、どのような人材を求めるかなどのヒアリングから始まります。

求める人材の人間性や将来にわたってどのように働いて欲しいか、といった点は、企業の中で実際に人が働くにあたって大きく影響を及ぼします。社内が協力して事業を推進したり、良い雰囲気を作ったりするためには、社風や社内のイメージに合った人材が必要不可欠となります。

こうしたヒアリングを重ねて、企業の求める人物像が明らかになったあと、人材のマッチングや選考を行っていきます。書類選考や面接のアドバイス、サポートも行い、採用までの企業の不安を解消します。

効率よくコストダウンを目指して

株式会社グロップの人材紹介におけるメリットは、より良い人材を確保することができることだけでなく、それによって採用後の人材リスクとコストを抑えることにもあります。

効率的に優秀で企業にマッチした人材を得ることが出来るため、集中的で短期的な求人で効果を生むことができ、その後の人材流出を避けることにもつなげられます。

また、低コストでの人材募集を行いたい企業については、インターネットの求人サイトを利用することもできます。

サイトを利用した求人では、必要に応じて有料サービスを投じて最小限のコストで効率的に人を集めるのに便利です。

グロップが行っている人材紹介

人材紹介は、人材を集め、派遣やアウトソーシングを行う株式会社グロップの真骨頂です。そのため、人材紹介コンサルティングでは丁寧で多角的な人材選びの手法を駆使したサービスを受けることができます。

能力だけでない人間性まで見つめたグロップのマッチングで、企業は優秀かつやる気のある人材を得ることができ、その人とともに成長することができる環境を作ることが出来るのです。

企業の発展と人材育成に成功するためには、こうしたノウハウと丁寧なサポートを得て、より効果的な人材採用を可能にすることが必要となります。

グロップのラインソーシングで効率化と生産性を上げる

物づくりを生業としている事業主の皆様にとって製品は命です。その製造過程は製品に命を吹き込む重要な作業であり、最も大切な家庭となります。

外部にその一部、または全部を委託するということは非常に重要な決断となります。そんな重要な過程をお客様の立場となって考えていくラインソーシングがグロップにはあります。

通常のアウトソーシングにはなかった作業工程の請負という形で対応するラインソーシングでは、グロップスタッフのモチベーションをアップさせることにより、クライアントの満足を追求します。

単なる外部委託ではなく、クライアント企業のパートナーとしてともに成長できる仕事を成り遂げることになるでしょう。

作業ラインをアウトソーシングする際の問題点

作業ラインのアウトソーシングメーカーにとっての製品の製作過程というのは、核とも言える重要な部分ですが、全ての工程を自社で賄うことができないこともあります。

製作販売が期間限定であったり季節商品であったりと、恒久的に生産を続けない場合には新たに社員を増やすことも難しくなりますし、売り上げ次第で増やしたラインのコストが経営を圧迫することもあります。

そのため、作業ラインを外部に委託するアウトソーシングを選択する企業が増えていますが、アウトソーシングにも問題がないわけではありません。

アウトソーシングでは、社員の中に外部から派遣された人材が入り混じって作業を行うことが一般的であり、人間関係が複雑化します。

さらにクライアント側社員と外部の派遣スタッフ同士の間にモチベーションの差が生じることもあり、協力体制がうまく働かないこともあります。スタッフを管理するクライアント側社員は人間関係の調整や指導に追われることになり、時間的なロスにもつながります。

グロップのラインソーシングの魅力

グロップのラインソーシンググロップのラインソーシングは、一般のアウトソーシングと比較して、請け負った作業ラインへの責任が大きくなっています。作業ラインをまるごと請け負うことで命令系統をすっきりとさせて、スタッフ管理から責任を持ってグロップのスタッフが行います。

人員の管理、指導から納期やスケジュール管理、品質、コストに至るまで、一連の流れを請け負い、責任を持って指導にあたります。クライアントはスタッフの管理や作業工程について頭を悩ますことなく、自社の業務に専念することができます。

社員とグロップ社員との業務の住み分けを明らかにすることができるため、作業ラインの人材との人間関係を気にすることなく、お互いに自分の責任と業務に専念できるのです。

作業ラインの請負は、工程の一部分のラインから全工程をトータルで請け負うことまで、クライアントの求めるやり方、規模に応じて柔軟な対応が可能です。

また、事業フィールドを幅広く持っているため、数多くのクライアントの役立つラインソーシングを実現します。

一人一人が仕事に熱意を

グロップの派遣スタッフはものづくりに高い技術と意欲、責任を持って作業にあたります。作業ラインの全てを担うため、一連の作業の流れを全て工程内でスケジューリングでき、スタッフ同士も連携をとりやすくなります。

一人一人に責任が与えられて、意欲を持って作業に当たります。常にQCDを意識した働きを実践し、クライアントの製品のクオリティ、コスト、納期を守ります。クライアントからの信頼を得ること、さらにクライアントが顧客から信頼を得ることを目指すのが最終目的です。

人材派遣とともに人材の育成にも力を入れているグロップは、スタッフを大切に育成しており、充実した研修制度によって生産工程の基本となる5S教育や安全衛生教育を始めとした高い意識付けと責任感ある行動を取れる人材を育てています。

スタッフ自身も研修と実践の中で自らの成長を感じることができ、成長に応じて段階的に与えられる責任によって高いモチベーションが維持されているのです。

グロップのラインソーシングは、こうしてクライアントの満足とともにそこで働くスタッフ達の充実した作業と成長も成し遂げることができます。

人を成長させる、グロップのラインソーシング

グロップのラインソーシングによって、クライアント企業だけでなく、そこで働くスタッフ自身も成長を遂げることができます。

クライアント企業にとって大切な生産ラインの工程をスタッフ管理から納品まで全て請け負うため、ラインソーシングに課せられた責任は大きなものになります。

しかし、その分派遣されたスタッフは大きなやりがいを見出すことができるのです。

クライアントはそんなやる気と責任に溢れるスタッフに工程をすっかり任せることができるため、安心して他の業務に当たることができます。派遣社員の指導や人間関係のトラブルを抱える心配もありません。

ラインをまるごと依頼できるグロップのラインソーシングは、クライアントの手を煩わすことがないばかりか、責任感とやる気を持ったスタッフによる作業によって業務の効率アップに貢献することができるのです。

これまでのノウハウを生かしたグロップの飲食事業

ビジネスシーンにて当たり前となっているアウトソーシングサービスですが、グロップもそのひとつです。

アウトソーシングを通じて蓄積されたノウハウがあるため、お客さんのニーズに合わせた飲食事業を展開しています。岡山で採れた食材と岡山の地酒があるため、より味わうことが出来るでしょう。

また、もこだわりを感じる座席も人気です。

ノウハウを注ぎ込んだ和風居酒屋あかり

これまでのノウハウを生かして現在のビジネスシーンにおいてアウトソーシングは欠かせないものです。アウトソーシングサービスを行う企業は多数存在しますが、グロップもそのひとつです。これだけアウトソーシングが一般的になると、ただ人材を派遣するだけで良いのでしょうか?

それだけでは生き残ることは出来ません。社会のニーズを分析しなければ人材派遣業は成り立たないのです。そのため、グロップにはアウトソーシングで培ったアイデアや工夫などのノウハウがあります。

こういったノウハウはアウトソーシング以外でも役立つもので、グロップは飲食事業にも進出しています。

それが「和風居酒屋あかり」です。ここは岡山駅から徒歩で約7分という好立地にあることから、地元民はもちろんのこと、遠方からの出張者や観光客なども数多く脚を運んでいます。

アウトソーシングによってニーズの流れを読むノウハウがあるため、お客さんの要望に応える店作りで人気となっています。そのため、週末だけでなく平日の夜も多くのお客さんで賑わっています。

岡山の食材を生かした料理の数々

その土地で採れた食材をその土地で食すという地産地消が話題となっていますが、和食居酒屋あかりでも同様のことが行われています。そのため、岡山県で採れた肉、魚、野菜をふんだんに使ったメニューが提供されています。

岡山ではさまざまな魚が水揚げされていますが、特に美味しいのはサワラです。

そのため、新鮮なサワラを使用したタタキ、サワラの卵を甘辛く炊いた玉子焼きなどが人気メニューとなっています。そのほかにサワラのお造り、下津井蛸などもあります。

岡山を代表する魚はサワラだけではありません。ママカリも人気となっています。岡山に古くから伝わる調理方法は、まるごと焼いた後に酢醤油に漬けて味を染み込ませています。これはママカリという別名があり、自分の家の飯では足りずよその家の飯を借りなければならないほど美味しい、という意味を持っています。

ママカリとは土地によって別の名前があり、ワチ、ハラカタ、ハダラなどと呼ばれています。岡山へ足を運んだ際、一度は食べたい料理がママカリです。

岡山の食材には岡山の地酒が合う

岡山の食材和風居酒屋あかりで提供されるメニューは、岡山の食材を中心に使用したものです。こうした岡山の食材に合うのは岡山の地酒でしょう。お互いの味を引き立てる要素を持っており、より高い味わいを楽しむことが出来ます。

岡山の地酒は常時10銘柄用意されており、そのほかに他県の有名銘柄も10銘柄以上用意されています。

さらに、春先や秋口に出荷される限定の日本酒もあります。そのほかに焼酎が約70銘柄あり、もちろん岡山焼酎も用意されています。もちろんウイスキーやビール、ワインなど、スタンダードなドリンクも用意されています。

岡山の食の魅力は魚と酒だけではありません。岡山産の晴れ豚を冷しゃぶにしたサラダも人気で、噛む度に口の中に甘みが広がります。焙煎ゴマドレッシングとの相性もバツグンです。

甘辛いタレをかけた備前晴れ豚のとろとろ煮も人気となっています。京都から取り寄せた香りの良い黒七味をふりかけた岡山県産鶏の焼き物、ブランド牛である千屋牛のステーキも人気メニューです。

岡山県産濃厚卵入り黄ニラ雑炊、倉敷名物ぶっかけうどんなどのメニューも充実しているため、お酒だけでなく食事を楽しんでも良いでしょう。

座席に対してもこだわりが感じられる

いくら食材やお酒にこだわりがあったとしても、環境が整っていなければすべて台無しになってしまいます。和風居酒屋あかりでは随所にこだわりがあり、雰囲気のあるカウンターは特に人気シートとなっています。

目の前で料理人の腕を見ながら味わうメニューの数々は絶品です。そのほかにソファー席、掘りごたつなどがあり、シーンに合わせた座席選びが可能となっています。

大人数での宴会にも対応しているため、忘新年会シーズンには多くのお客さんで賑わっています。

宴会ではリーズナブルなプランから豪華なプランまで、予算に合わせたコースが用意されています。さらに追加料金で飲み放題にすることも可能です。

グロップはアウトソーシングサービスを行う企業ですが、これを通じてさまざまな工夫やアイデアを蓄えています。こういったノウハウを生かして飲食事業にも挑戦しています。

和食居酒屋あかりがその事業で、岡山産のサワラやママカリを提供しており、人気メニューとなっています。さらに、岡山の食材とベストマッチする岡山の地酒があるため、より味わいを楽しむことが出来ます。

グロップの顧問アウトソーシングで固定概念を砕く

大企業が大企業たる所以は長い年月をかけて作り上げた独自の経営ノウハウにあります。

便宜の上では資本金や出資している総額が3億円以上で従業員数が300人以上などの定義付けがされていますが、大企業の本質はこれらのようなただの数字ではありません。

どのようにして、継続的に利益を出しているのかが重要なのです。

どの企業も事業を行うことでノウハウを蓄積していくことになりますが、それでも長い時間をかけてこれを培ってきた大企業のレベルにまで達することはそうそうありません。

だからこそ大企業と中小零細企業の間には格差が生まれているのです。

近年では運営ノウハウを、高レベル人材を採用することで培っていこうという動きが出てきています。

自社で試行錯誤を重ねて長い年月を費やすよりも、有能な人材を獲得した方がコストパフォーマンスに優れ、また短期間で習得も可能であることから、人材獲得に動いた方が合理的であるという判断によってこの動きがなされるようになりました。

しかし有能な人材は大企業に抱えられているため、なかなかヘッドハンティングは成功できません。そこでお勧めなのが、グロップが提供する顧問アウトソーシングサービスです。

活躍が期待できる顧問の獲得

活躍が期待できる顧問ヘッドハンティングはなかなかできるものではありませんが、条件さえ整っていればこれを行うことも可能です。

その条件とは、OB人材を顧問とするということです。東証一部上場しているような大企業で役員や部長をしているような方でも、年齢には適いません。

定年を迎えたらたとえ有能で必要とされていたとしても退職をしなければなりませんので、こうして手が空いた人材を会社に取り入れてしまおうという動きこそが顧問アウトソーシングとなります。

顧問となるのは、いずれも大企業でその手腕を発揮していた方々となり、大企業のノウハウも取り込むことが可能となります。

経験豊富な方を顧問に迎え、現在の会社の弱点を補うのも良いですし、強みを更に伸ばしていくのも良いでしょう。いずれにせよ会社に大きな恩恵をもたらしてくれることに間違いありません。

固定概念を一新

新卒の学生を採用した場合には風通しが良くなり、社内の雰囲気が変わると言われていますが、新卒の方はその会社の風土や考え方に染めやすいし染められやすいという特徴も持っているため、これでは固定概念が変化することはありません。

顧問を迎え入れることの利点は、これまで会社の中で当たり前だと思っていたこと、つまり固定概念を一新できるという点にあります。

同業種の大企業ではどのような取り組みが行われているのか、またどのようなシステムによって運営されているのか、助言をいただけることになりますので、社内に新しい風が巻き起こることに間違いありません。

良い風習は当然これからも継続して行っていくべきですが、しかし運営に悪影響を与えるような風習は改善していくべきです。

最も由々しき問題は、悪い風習が固定概念として社員に定着してしまっている点にあります。定着してしまえば、たとえ悪いと思っていてもなかなか改善するのは難しく、結局泥沼化してしまうことにつながってしまうものです。

顧問として有能な人材を獲得すれば、そういった改善点を次々に見つけ出してくれることになりますので、会社にとっては良いきっかけにつながるのです。

営業に大きく影響

顧問のアウトソーシング商品やサービスが売れなければ会社は運営していけませんし、これから先成長することもありません。

それなりの販売網を確立していた場合には、基盤は固まっているとは言えますが、成長していけるというわけではありません。

将来的に企業として成長していくためには販売網を拡大していくことが必要となります。しかしこれはなかなかできるものではありません。

顧問のアウトソーシングでは勿論これまで営業という仕事の第一線で活躍してきた方も獲得することも可能です。これまで大企業で仕事をしてきた顧問の方々は人脈が広く、これを活用することで営業活動を広げていくことも可能です。

既存の顧客以外の新たな顧客獲得は企業が成長する上で必要不可欠ですが、これを顧問となる人の人脈を使っていとも簡単に成し遂げられる可能性を秘めているのが顧問アウトソーシングの利点でもあります。

これまでは取引ができなかった企業でも、「あの人がいるのなら」という具合に付き合いを始めてくれる所も多いのです。

このように人脈を活用して、これまで多くの企業が当サービスを利用することにより高利益を上げてきました。中には前年比1.5倍以上もの利益を出した企業もあります。

顧問アウトソーシングサービスの魅力

現在では定年でもまだまだ現役として仕事ができる人材も増えてきており、彼らを活用できるのがグロップが手掛ける顧問アウトソーシングサービスの最大の魅力でもあります。

社内に新しい風が必要である、または何か成長のとっかかりが必要だと感じたら、ぜひ当サービスを活用してみてください。

グロップの歴史と幅広い事業展開

グロップは岡山県に本部を置くアウトソーシングサービス会社ですが、そこへ至るまでには歴史があります。その誕生から成長するきっかけ、現在の動きなどを紹介します。

さらに、グロップは幅広い事業展開をしており、アウトソーシングサービスにとどまらない存在となっています。代表的なものは飲食、ペット、教育などとなっており、どれも大きな結果を出しています。

グロップの誕生とその歴史

グロップの歴史現在のビジネスシーンにおいてアウトソーシングは欠かせないものです。岡山県に本部を置くグロップもアウトソーシングサービスを行っており、各企業から大きな信頼を得ています。

ここまで信頼を得るには長い歴史があり、元々ベネッセコーポレーションをサポートする業務を行うために誕生しました。昭和63年には本社社屋が完成し、平成8年には現在の社名に変更されました。

その後は全国各地に支社をオープンさせ、上海やソウル、ホーチミンなど海外進出も果たしています。これからのグローバルな社会に対応した企業と言えるでしょう。

海外進出を果たすまでに成長しましたが、その根底には「トリプルウィン」という考えがあります。このトリプルとはグロップ、クライアント、スタッフを指しており、この3つに利益をもたらすという意味を持っています。

この3つの内のひとつだけに利益が出ても意味が無いのです。関わっているものすべてが幸せになることで、ここまで会社を大きくすることが出来ました。

幅広いジャンルへのアウトソーシング

幅広いジャンルへ日本には数多くのアウトソーシングサービスがありますが、ひとつのジャンルのみがほとんどです。しかし、グロップのアウトソーシングは幅広いジャンルに人材を派遣しています。

社会人経験の浅いスタッフはオフィスサービス、営業、販売などの業種に派遣をしており、専門的なスキルを持ったスタッフは保育士や介護士などの業種に派遣をしています。

そのほかに機械オペレーターや組立作業などの製造業にも派遣を行っています。これだけのジャンルに対応したアウトソーシングサービスは珍しいことで、これもトリプルウィンの考えが根底にあるからでしょう。スタッフへのサポート体制も整っています。

アウトソーシングというスタイルの働き方もありますが、正社員というスタイルもあります。そういったスタッフには、正社員登用を前提として契約である紹介予定派遣にも対応しています。不況の時代であることから正社員雇用は難しいとされていますが、紹介予定派遣であればスムーズに正社員雇用が出来るでしょう。

和風居酒屋あかりをオープン

グロップはニーズの流れを読むことでここまで拡大することが出来ました。その中でさまざまなノウハウを蓄積しており、それを生かした飲食事業として和風居酒屋あかりをオープンしました。

和風居酒屋あかりは岡山駅から徒歩で約7分という好立地にあるため、地元のサラリーマンはもちろんのこと、出張者や観光客も数多く脚を運んでいます。

岡山産の食材にこだわりを持っており、特にサワラのタタキなどは人気となっています。さらに、岡山の名産品であるママカリ料理もあり、こんがりと焼いたママカリを酢醤油に漬けたものは、お酒との相性がバツグンです。

お酒にもこだわりがあり、常時10銘柄の岡山の地酒を用意しており、岡山産の食材を生かした料理と楽しんでください。そのほかに他県の地酒も豊富に用意しているので、日本酒好きにはたまらないでしょう。もちろん、ビールやウイスキー、女性に人気のワインなども揃っています。
雰囲気のあるカウンター席から広い座敷まであるので、カップルから大人数での忘新年会にも対応しています。

人間のパートナーであるペット事業

グロップの事業はこれだけに終わらず、ペット事業にも進出しています。ペットは古くから人間のパートナーであり家族で、人間の生活を豊かにしてくれる存在です。そういったペットのためにオープンしたのがchou-chou(シュシュ)です。

シュシュは岡山店と倉敷店があり、チワワやトイプードルなどの小型犬専門のペットショップです。店内のケージの中には可愛らしい小型犬が並び、それを眺めるだけでも癒されることでしょう。

ペットフードにもこだわりがあり、人間が口にしても安全なものが並んでいます。飼い主としてはペットに安全なものを食べてもらいたいと考えています。そのため、こういったペットフードはありがたいものです。

さらに、トリミングサービスもあり、ヘアカットをしながら体調のチェックもすることが出来ます。炭酸泉や泥パックなどがあり、ペットのストレス発散や毛質をサラサラにする効果があります。同じスタッフが対応してくれるため、安心して任せることが出来ます。

ベネッセコーポレーションのサポート会社として誕生したグロップは、国内のみならず上海やソウル、ホーチミンなど海外へも進出をしています。アウトソーシングサービスが中心で、オフィスサービス、製造業、専門職などへ幅広く人材を派遣しています。そのほかに飲食業やペット業にも進出しています。

伝統のあるグロップ。その社史と企業目的とは

大きく成長してきた企業にはそれなりの歴史があります。

日本を代表し世界を相手に事業を展開している企業でも最初から大きな企業だったわけではありません。ここでは、人材派遣やラインソーシングなど様々な事業を展開している株式会社グロップがどのように事業拡大してきたかなどについてご紹介します。

グロップ事業拡大の歴史や社史

企業へ就職することを考えた時、誰もが安心できる会社、信頼できる企業を選ぼうとするのではないでしょうか。

また、企業の信頼性をはかる目安としてその会社の歴史や事業拡大の経緯を知るというのは悪いことではありませんし、やはり長期に渡って経営を続けてきた企業、安定して事業を拡大してきた組織には信頼が置けるものです。

今現在日本に拠点を置く企業で、誰もが知る大企業となり得た会社の多くは古くから経営を続けてきた歴史があり、それが信頼の裏付けとなっているのも事実です。

株式会社グロップは昭和50年に前身となる組織が興された企業で、元々ベネッセコーポレーションの前身企業から業務委託される形でスタートしました。昭和63年には本社社屋が完成し、破竹の勢いで各地にオフィスを展開していきます。

平成8年には現在の社名である株式会社グロップに変更され、平成15年にはベネッセコーポレーションより家庭教師事業の営業譲渡を受けました。長期に渡って経営してきた企業の底力はもちろん、スムーズに事業拡大してきた手腕も特筆すべきことです。

事業所の展開

事業の展開本社しか持たない企業と各地に数多くの事業所、営業所を展開する企業がある場合、多くの方は後者の方をより信頼できる企業と考えるのではないでしょうか。

もちろん、事業所が多いからといって企業の業績が必ずしも良いとは限りませんし、優良な会社であるという保証もありませんが、それでも信頼性という面では大きな意味があると言えます。

多彩な事業を展開している株式会社グロップもまた全国各地に事業所を構える企業の一つです。平成12年には津山や高松、倉敷に営業所を新たに開設し、翌年にも京都や姫路に営業所を新設しました。

それ以降も着実に国内の至る地域に事業所を展開し続け、現在では日本各地にグロップの事業所が存在します。

日本国内に数多くのオフィスや営業所を展開しているグロップですが、特筆すべきは海外にもオフィスを構えていることです。上海やソウル、ホーチミンにもオフィスがあり、グローバルなビジネスを繰り広げていますし、これからも更に海外へ進出する可能性もあります。

事業目的に則ったオフィス展開

事業目的にあったオフィス全国に数多くの事業所を展開する株式会社グロップは海外にも複数のオフィスを構えており、多角的な事業展開を行っていることで知られていますが、何故これほどまでに多くの事業所を各地に展開することになったかをご存じの方は少ないのではないでしょうか。

営業所やオフィスを各地に構えるというのは当然のことながらコストがかかります。しかし、株式会社グロップは企業の経営目的に則ってこれだけ多くのオフィスを展開しているのです。
様々なソリューションサービスを展開しているグロップですが、サービスの利用をしたいと考えても本社しかないような状態だと遠方の方は利用することができません。

遠方の方が利用しようとするとどうしても細かいディスカッションができなかったり、詳細な擦り合わせもできなくなってしまったりします。

そうした利用者のニーズに応えるため、グロップでは全国至る地域に事業所やオフィスを展開しているのです。こうすることで利用者と直接顔を突き合わせ、細かい部分まで話を突き詰めることが可能となるのです。

トリプルウィンについて

お互いが利益を得ることを「ウィンウィンの関係」と言い表します。企業同士の取引においても「ウィンウィン」でないと長続きすることはありませんし、この関係が続けば続くほどお互い良い方向にビジネスが進むことになるのです。

株式会社グロップが提唱する企業目的の一つに「トリプルウィン」があります。トリプルウィンによって発展し続けることが企業の在り方であり、誰もがグロップで働いて良かったと思える企業になることを目的として掲げています。

では、トリプルウィンとは一体何なのか、ということですが、これは仕事を依頼する利用者とそれに対応する働き手、サービスを提供するグロップの三者が利益を得ることを表しています。つまり、誰か一人が得をするのでなく、利用者と働き手とグロップみんなが幸せにならなければいけないと説いているのです。

三者がそれぞれ幸せや充実感を覚えることができれば関係は長続きしますし、お互いに成長していくことも可能となるでしょう。

これがグロップの掲げるトリプルウィンという企業姿勢なのです。長年培ってきたノウハウや信頼を武器にこれからも益々発展を続けていくであろうグロップですから、将来性も抜群の企業と言えるのではないでしょうか。