Category Archives: 面接の豆知識

人材派遣の面接で熱意をどう伝えれば良いの?

熱意を伝える基本は志望動機にあります

人材派遣の面接で熱意を伝える方法は、実は決して難しくはありません。

次のポイントを意識したうえで志望動機をしっかりと伝えるようにしましょう。

どうしてその人材派遣会社を選ぼうと思ったのか、どのような企業に派遣されて、どのように働きたいと思っているのかを伝えてください。

また、目標があればそれを伝えるのも良いですが、どんな内容でもとにかく細かく伝えてください。

「がんばって働きたいです!」のようにあまりにも漠然とした目標、熱意では決して相手には伝わりません。

「御社は○○などの企業に派遣を行っているので、○○で事務として働き、スキルアップしていきたい」など細かい情報を踏まえてアピールすると熱意があると捉えてもらえます。

熱意を伝えるには褒めるのが基本です

人材派遣会社はじめ、どのような企業でも受験者の熱意がどのくらいなのか、ということをとても重要視しています。

しかし熱意を伝えてほしい企業と裏腹に、熱意を伝えることが重要だと思っている人はあまり多くないのです。

本気で自分の会社に入りたい人、自分の人材派遣会社で働きたいと思っている人を求めているのですから、求めている人物像に該当しなければ、やはりいつまでも人材派遣会社で働くことはできません。

熱意を伝える方法はいくつかありますが、最も簡単な方法はやはり企業を褒めることです。

業績が良いですね、上場しているからすごいですねなどと適当な褒め方ではいけません。

どのような商品を開発していて、どのようなことに力を入れているからすごいと思っている、ということを細かく伝えることで人材派遣会社をはじめ、企業の面接官もきっと嬉しくなるはずです。

面接問答集を見て選んだような言葉ではなく、その企業の情報をしっかりと調べたからこそわかる言葉で褒めるようにしてください。

熱意は表情と抑揚で伝えます

具体的に自分の志望動機などを伝えたとしても、それが相手の心に届かなければ意味がありません。

どれだけ細かい内容で、しっかりと調べていることが伝わったとしても、面接官の心にまで届かなければ結局は意味がないのです。

そこで、話す内容によって、表情や抑揚をつけてみてください。

相手にどのように受け取って欲しいと思っているのかを十分に考えてください。

例えば真剣に自分の熱意を伝えたいと思っているにもかかわらず、笑顔でヘラヘラして伝えてもなにも意味がありません。

熱意を伝えたいのであればやはり真剣な表情で、少し低い声で話すのが理想的です。

もちろん大きな声で一生懸命話すのも良いのですが、あまりにも大きな声で畳み掛けるように話をしているとただ暑苦しい人だと思われてしまいます。

面接はただ自分の気持ちを伝えるだけではなく、面接官に対して気持ちを届けられるかどうかが何よりも重要ですので、間違ったアピールの方法で自分の評価を下げてしまっては意味がありません。

面接官に質問することは決意の表れです


どのような面接においても最後の質問には「何か分からない点や質問はありますか」など面接官からの問いかけで終わります。

もちろんここで特にないと終わるのも良いのですが、実はここは熱意を伝える上で最高のアピールポイントです。

その人材派遣会社がどのような企業で活躍できるのか、入社してからすぐに働けるのか、などすぐにでも働きたいということを伝えたり、自分が活躍できるのが待ち遠しいという気持ちをアピールしたりするのもおすすめです。

何も聞きたいことがないにもかかわらず、無理して質問する必要はないと思われるかもしれません。

しかし、面接の最後で何か自分の気持ちをアピールできるチャンスがあれば、そのチャンスをみすみす逃してはいけません。

アピールできるポイントが最後まで利用し、面接官に対して自分の気持ちをしっかりと伝えられるようにしておいてください。

それだけでも、他の人との差別化をはかることに繋がります。

(まとめ)人材派遣の面接で熱意をどう伝えれば良いの?

1.熱意を伝える基本は志望動機にあります
人材派遣の面接で熱意を伝えるなら、志望動機を詳しく伝えることが重要です。

どうしてこの人材派遣を選んだのか、どのように働きたいのかなどを、漠然とではなく詳細に説明することで相手にしっかりと熱意を伝えることができます。

2.熱意を伝えるには褒めるのが基本です
人材派遣会社に自分の熱意を伝えるのであれば、その人材派遣会社の良い部分を褒めるようにしましょう。

褒めるのは良いのですが適当な褒め方ではなく、できるだけ細かい部分を褒めるようにすると、より良いアピールになります。

3.熱意は表情と抑揚で伝えます
志望動機などを伝えるのであれば、相手の心にしっかりと届くように表情や抑揚にも意識してください。

話の内容に合う表情、声の大きさなどを意識して話すことで、相手の心に届きやすくなります。

ただ大きな声で元気良く話をすれば良いわけではないのです。

4.面接官に質問することは決意の表れです
人材派遣の面接で面接官から質問はないですか?と聞かれた時には、自分の熱意を最大限にアピールしてください。

何もありませんと答えるのももちろん悪いことではありませんが、自分の熱意をアピールできるにも関わらずそれを無駄にしてしまっています。

人材派遣の面接では熱意をどのように伝えるべき?

面接で熱意を伝える時こそ冷静に

何としても人材派遣会社の面接を通過したいと思うのであれば、人材派遣会社の面接において自分の熱意をしっかりと伝える必要があります。

しかし、人材派遣の面接において自分の熱意を伝えるときに、ついつい力を入れすぎてしまい抽象的な表現ばかりを使ってしまうことがあります。

とにかく頑張ります、必死で仕事に取り組みます、などといった具体的ではない内容ばかりを力強く熱弁しても実は熱意は伝わりにくいのです。

どのように行動したのかが熱意の大きさにつながります

自分がどれだけその人材派遣会社の面接に通過したいと思っているのか、というのを力強く伝えるのはもちろん悪いことではありませんが、それだけでは不十分です。

その人材派遣会社がどのような企業に人材を派遣しているのか、どのような職種が多いのかなど企業のホームページでの研究をしておきましょう。

そしてその人材派遣会社が他の人材派遣会社と比較したときに、どのような違いがあるのかということもしっかりと確認しておいてください。

これはどれだけの熱意を持っているのか、ということにもつながりますし同時に、志望動機の一つとして武器にすることができます。

本気であればあるほどその派遣会社の事を調べたいと思うのは当然のことですので、よく調べていればよく調べているほど熱意が強いと判断してくれます。

口先だけで頑張る、一生懸命働くなどと言ったとしても、それは面接官の心に届くほど大きなものではないのです。

実際に働いている自分を想像しておくことが重要です

人材派遣会社の面接を通過して実際に働きたい、と思ってるのであれば自分がその派遣会社で働いている姿はある程度はイメージできていると思います。

それは良いことも悪いことも同じように、イメージしておくべきです。

例えばその人材派遣会社で働いている自分を想像した時に「自分はこのようなスキルを持っている、このような資格を持っているから派遣先の企業ではこのように働きたいと思っています!」と言ったように具体的なイメージができているかは、その人がどのくらいの熱意を持っているのかに繋がります。

また自分にはこのような弱点があるので、人材派遣会社に入った時のことを考えてどのような不安を抱いているのかも正直に伝えましょう。

ただしその場合には自分の弱点をどのように克服するつもりなのか、どうすれば克服できると思っているのかも必ず伝えるようにしてください。

ちょっと弱点を探すだけでは、マイナスのイメージを与えるだけになってしまいます。

自分が実際に働いていることをしっかりとイメージできている人は、それだけ真剣に面接に取り組んでいると判断してもらえます。

熱意を伝えたいからといって支離滅裂にならないようにしましょう

自分がどのように働きたいと思っているのか、どのような理由で働きたいと思っているのかを伝えるのは簡単なことではありません。

そして自分の気持ちが大きくなればなるほど、言葉にするのは難しいものです。

しかしだからといって話をしている内容が支離滅裂であったり、結局最後まで結論に至らず話ばかりが長くなってしまうのであれば意味がありません。

どれだけ熱い思いを心の中に秘めていたとしても、それを言葉にしてうまく伝えることができなければ、面接官には何も伝わりません。

ただし自分の思っていることを上手に伝えられなくなるほどに強い気持ちがある、ということだけは伝わるかもしれませんが、それはある意味マイナスなポイントになることもあります。

一生懸命になったり夢中になると頭がうまく働かずにパニックになってしまう可能性がある、ということを見透かされてしまいます。

それは単なるマイナスのイメージにしかなりませんので、熱意を持っているのは良いことですし、大きな武器になります。

だからこそ冷静になって自分が何を伝えたいのかということを話しを始める前に一度整理してから、ゆっくりで良いので気持ちを伝えていきましょう。

(まとめ)人材派遣の面接では熱意をどのように伝えるべき?

1.面接で熱意を伝える時こそ冷静に
人材派遣の面接で本気で熱意を伝えたいのであれば、抽象的な表現ばかりを使っても意味がありません。

具体的ではない内容ばかりを熱弁するのでは、熱意は伝わらず空回りしてしまいます。

2.どのように行動したのかが熱意の大きさにつながります
人材派遣会社の面接で熱意を伝えるためには、その派遣会社のことをどれだけ知っているのかということが重要です。

下調べをしたのかはその熱意の大きさを表すううえで重要な判断基準になります。

3.実際に働いている自分を想像しておくことが重要です
実際に自分がその派遣会社でどのように働きたいと思っているのか、どのように役立つをと思っているのか、といった具体的なイメージを伝えるようにします。

イメージしていることが具体的であればあるほど、面接官に対してのイメージは良くなります。

4.熱意を伝えたいからといって支離滅裂にならないようにしましょう
熱い気持ちを持っていることはとても良いことですが、それを言葉にして伝えることが出来なければ意味がありません。

自分の熱意を伝える前に一旦落ち着いて考えを整理したうえで言葉にしていきましょう。

人材派遣面接で寝坊してしまったらまずは電話連絡?

人材派遣面接で寝坊したらとにかく急いで電話連絡が最優先です


大切な面接で寝坊してしまった場合、ついついそのまま逃げ出してしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、まずはとにかく電話連絡をします。

連絡するよりもまずはとにかく会場に急いで、事情を話すべきだと思われるかもしれませんが実はそうではありません。

というのも面接はあなた一人が受けるものではなく、複数人が面接を受け、それらはすべて順番が決まっています。

急いで電話をして遅れるという事を伝えれば、もしかすると面接の順番を最後に回してもらえるかもしれません。

そのため、ついやけくそになってしまうことなく、とにもかくにもまずは電話で連絡をしたうえで、遅れても必ず会場には行くことを伝えてください。

言い訳を言ってはいけません

寝坊してしまったのであれば少しでも被害を少なくするために、寝坊したということを隠してしまいたいと思う人も多いでしょう。

何かしら言い訳をすればごまかすことができるのかもしれないと思う気持ちも分かります。

しかし、絶対に下手な言い訳はしないでください。

体調が悪くなった、交通機関のトラブルが起きた、などといった言い訳をしてしまうのは絶対にいけません。

体調が悪くなったとすれば、それはこの数分間の間に体調が悪くなったのではなく朝起きた時から体調が悪いはずです。

にもかかわらず会場に無断で遅れてくるということは、体調が悪く会場に行くことができない可能性があるにも関わらず連絡の一つもしない人であると思われてしまいます。

また交通機関のトラブルはインターネットで少し検索をするだけで簡単にわかります。

それが嘘か本当かはすぐにバレてしまうもので、嘘がばれてしまった時ほど印象を悪くしてしまうことはありません。

寝坊しても諦めてはいけません

仮に寝坊したとしても余計な言い訳をせず、本気で謝罪をしようという気持ちがあれば、面接を受けることができ、内定をもらえる可能性もあります。

どのような場面においても窮地に追い込まれている自分を救い出すことができるのは一生懸命さと誠意さです。

寝坊してしまったことによって面接に行けなかった、それはもう過ぎてしまったことです。

次にするべきことは嘘をつくわけでもなく、言い訳をするわけでもなく、一刻も早く面接を受けるために会場に行くことです。

それはつまり自分がその人材派遣で何としても働きたいという気持ちの表れでもあります。

本気で人材派遣会社で働きたいと思うのであれば、どれだけ時間がかかってしまったとしても会場で面接を受けようと思うものです。

その意思を伝えるためにも謝罪の電話、そして一刻も早く会場に行くために急ぐことが重要なのです。

電話をした時点で面接は受けられない、採用することはない、というのであれば諦めてください。

もちろん、断られたからといってふてくされるのではなく、面接に行くことができなかったことを誠心誠意謝罪しましょう。

絶対に寝坊しないためにできることがあります


面接に寝坊してしまった場合には対処方法がいくつかあることはご説明しました。

しかし、やはりなんといっても面接に寝坊をしないということが何よりも重要です。

面接に寝坊しないためにできること、それは確実に起きられるようにすることです。

基本的に人材派遣会社での面接というのは朝早くや、夕方に行われることはなく、午前10時から14時の間に行われることが多いです。

そのため面接が行われる日まで、早寝早起きを徹底して目覚まし時計がなくても確実に目が覚めるまで自分の体内時計をコントロールしておくことも重要です。

人材派遣の面接が行われるにもかかわらず、前日は大量にお酒を飲んで寝不足の状態で明け方にやっと眠った、なんてことがあれば当然寝坊してしまうリスクが大幅にアップしてしまいます。

本気で面接を受けたい、絶対に寝坊したくないと思うのであればしっかりと寝坊せずに済むように努力をすることが重要なのです。

それでもまだまだ不安なのであれば、面接当日だけ目覚まし時計を10個セットするなど出来る限りの努力をしましょう。

(まとめ)人材派遣面接で寝坊してしまったらまずは電話連絡?

1.人材派遣面接で寝坊したらとにかく急いで電話連絡が最優先です

面接で寝坊してしまった場合には、何よりもまずは電話で連絡をします。

電話連絡をすれば面接の順番を変更してもらうことができたり、遅れたとしても必ず会場に行くという意思を伝えることができたりします。

2.言い訳を言ってはいけません

寝坊してしまった場合にはついつい言い訳をしてその場を丸く収めようとしてしまいがちですが、そのような嘘はすぐにバレてしまいます。

下手な言い訳は余計に自分の印象を悪くしてしまうことに繋がります。

3.寝坊しても諦めてはいけません

面接に寝坊してしまったとしても、その人材派遣会社で働きたいという気持ちを伝える方法はあります。

誠心誠意謝罪をしたうえで、まだ面接を受けられるのであれば会場まで大急ぎで向かいましょう。

4.絶対に寝坊しないためにできることがあります

面接に寝坊しないためには体内時計をコントロールしたり目覚まし時計を10個セットしたりするなど、今の自分にできることを全て行うようにしてください。

本当に面接に遅刻したくないと思うのであれば、そのような努力は当然のことです。

人材派遣の面接でノックするのは何回?

人材派遣の面接ではノックは3回しましょう


人材派遣会社の面接で入室する際は3回ドアノックをして、面接官が「どうぞお入りください」と返した後に「失礼いたします」と言ってから入室しましょう。

就職・転職活動の面接でもドアノックの回数は同じく3回ですので覚えておくと便利です。

公的な場所でドアノックをする時は4回と決まっていますが、ビジネスの場合はドアノックを3回に省略しても問題はありません。

しかし、ノックの回数によっては失礼にあたることがあります。

ビジネスマナーがなっていないことが伝われば、面接に大きく不利に働いてしまいますし、不信感を抱かれてしまいます。

面接官に不愉快に思われてしまわないよう、しっかりと覚えておきましょう。

ドアをノックする回数によって意味が違うので覚えておきましょう

ドアノックの回数は「プロトコールマナー」というルールがあります。

「プロトコールマナー」とは、様々な国の文化や宗教を超えた交流をスムーズに行うために決めたルールのことです。

これにより、ドアノックの回数は下記のように決められています。

▲2回
主にトイレの空室確認をするときなどに使われます。

▲3回
家族、友人などの親しい人の家や部屋などをノックするときに使われます。

▲4回
マナーを遵守するオフィシャルな場所でドアをノックするときに使われます。

人材派遣会社の面接で入室する際は、4回ノックしてしまっても問題はありません。

4回だとノックの数が長く感じることもあるため、3回でも大丈夫でしょう。

しかし、ノックを2回しかしなかった場合、入室から印象が悪くなってしまうことはもちろん「企業にこの人を派遣していいのか心配だな」と思われてしまい、お仕事を紹介してくれる範囲が狭まってしまう可能性があります。

ドアノックの回数はしっかり頭に入れておきましょう。

また、海外へ出張するときや、外国人のお客様を相手にするときなど海外標準の厳しいビジネスマナーが必要とされる場合は、3回ではなく4回ドアノックをします。

これらのことを覚えておくと「マナーに精通している人」という印象を相手に与えることができます。

「プロトコールマナー」は面接以外でも使えますのでしっかり覚えておくと良いでしょう。

ドアを叩く強さははっきり聞こえるようにノックしましょう

ドアをノックする際にドアを叩く力は面接官にはっきり聞こえるようにノックをしましょう。

手は軽くグーにして手の甲が自分側にし、ドアノックをする指は中指か人差し指を使って手首を振りあげるようにノックをしましょう。

自分の目の高さぐらいでノックをするといいでしょう。

ドアをノックする力が弱い場合、中にいる面接官がノックの音が聞こえづらくて気づかないことがあるからです。

もし弱くドアノックをして面接官の反応がなかった場合は、もう一度3回ノックしましょう。

逆にドアをノックする力が強すぎると、面接官に乱暴な印象を与えてしまったり、威圧感を与えてしまったりするので注意しましょう。

緊張してしまうとどうしてもノックする力加減がコントロールできなくなってしまうことがあります。

深呼吸し落ち着いてからノックをするといいでしょう。

そしてノックする時はゆっくり「コン、コン、コン」と3回ノックすることを意識して行いましょう。

ドアが開いている場合もノックを忘れずにしましょう


面接で使用する部屋のドアが既に開いていて、これから入室するという場合は、開いているドアの正面に立ってしっかり3回ノックをしてから入室しましょう。

面接官がいる空間に入るので、面接官に入っていいのか合図で確認をするためです。

ドアをノックしないでそのまま入室するとマナー違反となってしまいますので、注意しましょう。

また、ドアノックは一般常識でもありますので面接以外にも様々なシーンで役に立ちます。

しっかり覚えておきましょう。

面接をする部屋の中に面接官がいないことが分かっていても3回ノックをすることを忘れずにしなければなりません。

入室のタイミングから面接官はしっかり見ています。

ドアノックをしっかりできれば、入室から印象が良く、しっかりマナーが身についている人だということを面接官にアピールできます。

人材派遣会社はマナーがしっかり身についている人にお仕事を紹介したいものですから、どのようなことにも対応できるように事前に入室の練習をするといいでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接でノックするのは何回?

1.人材派遣の面接ではノックは3回しましょう
入室する時は3回ドアノックをしてから入室しましょう。

オフィシャルな場では4回というマナーがありますが、3回でも問題はありません。

ですが、ドアノックの回数によっては失礼に当たることがありますので注意が必要です。

2.ドアをノックする回数によって意味が違うので覚えておきましょう
基本は3回ですが、4回ノックして入室しても問題ありません。

2回ノックして入室した場合、トイレの空室確認という意味になってしまいますので注意しましょう。

また、海外の人やビジネスマナーに詳しい人などに会う際は4回ノックしましょう。

3.ドアを叩く強さははっきり聞こえるようにノックしましょう
ノックする手を軽くグーにして、中指か人差し指を使ってゆっくりはっきりと聞こえるようにドアノックをしましょう。

中にいる面接官の反応がない場合は、もう一度ゆっくり3回ノックすると良いです。

4.ドアが開いている場合もノックを忘れずにしましょう
ドアが開いている場合は、開いているドアの正面に立って3回ノックしましょう。

面接する部屋に誰もいないことがわかっている場合も3回ノックしましょう。

どちらもドアをノックしないまま入室しないように注意することが大切です。

人材派遣の面接にノースリーブは不適切なの?

私服がOKだとしても人材派遣の面接にノースリーブは印象を下げてしまう可能性があります


面接や企業説明会の際に、服装を指定しない企業は増えてきました。

求人倍率も上昇している現在では、求職者の負担にならないような施策をとっている企業が多く、そのひとつが服装であり「私服OK」な企業が増えている理由なのです。

ただし、これはあくまでも常識の範囲内というのが通説です。

女性の場合は、ノースリーブのような露出度が高い服だと、人事担当者の方からの印象が低くなってしまう可能性があります。

人材派遣の面接で服装に迷った場合には、派遣会社のスタッフ・アドバイザーに問い合わせしてみるのが一番効率的だといえるでしょう。

派遣会社のスタッフは、その企業のことも知っている方ですので、どれくらいの服装やマナーを求めているのかの目安になるかもしれません。

そのまま働けるような服装を心掛けましょう

人材派遣の面接の際の服装で、覚えておいたほうが良いことは、「このまま働ける」くらいの服装にするということです。

人材派遣の場合は、新卒や正社員の雇用と違い、採用から勤務スタートまでタイムラグも少なく、面接をしている人事担当の方も「この人がここで働く姿」を想像しているものです。

そのため、かしこまりすぎず、カジュアル過ぎない、その会社・仕事にあった服装がどんなものかをイメージして選ぶ必要があります。

ノースリーブくらいの露出度が高く、カジュアルな服装になってしまうと、「この人はうちの会社でうまく働くことができるのか」と不安になってしまう採用担当者の方もいることでしょう。

そのため、事務職ならば、落ち着いたシャツスタイルにして、工場などの場合は、もう少しカジュアルながらも袖のついたTシャツやポロシャツくらいにしておくと、相手からの印象を損なわずにすむでしょう。

アパレルの場合にはカジュアルな服装も認められがちです


ここまでは、カジュアル過ぎない服装なほうが望ましいというお話をしてきました。

ただし、その理由は「働く会社にマッチングしている」からというものです。

それでは、ここからはカジュアルな服装でも認められがちな企業について解説していきます。

カジュアルな服装で人材派遣の面接を受けても認められやすい業種があります。

それは、アパレル業界です。

特にショップのスタッフなど、店頭でお客さんと関わるお仕事をする職種の場合は、ファッションセンスが採用の基準となるケースもあります。

若い方を対象としたブランドの場合は、店員さんへあこがれを持っているお客さんも多いため、そういったカジュアルな服装のほうがむしろ「働く姿」を想像しやすいのです。

ただし、カジュアルさは認められやすいですが、ノースリーブ自体が認められるとは限りません。

アパレルの派遣を受ける場合にも、ノースリーブに薄いシャツを羽織る、ストールをまとうなどの重ね着をしておくほうが確実だといえるでしょう。

小物なども華美なものは避けましょう

人材派遣の面接の際には、なるべく目立たない服装の方が望ましいです。

その理由は、服装がマイナスな要因になる危険性はありますが、プラス要素に働くというケースはそこまで多くないためです。

派遣の面接では、求職者の能力を判断する材料を集めています。

そのなかの一つが「服装マナー」なのです。

先述のショップ店員のように、ファッションセンスが能力という場合もありますが、ほとんどの場合は、服装については「マナーが守られているものならば特に問題ない」程度にしかとらえていません。

そのため、できるだけ悪目立ちしないように意識しましょう。

また、服装については無難なシャツスタイルにしたとしても忘れがちなのが、バッグやアクセサリーなどの小物類です。

これらは、普段から使っているものをそのままつけていくことがほとんどのため、派手な格好が好きという方は、ついつい派手なものを持っていきがちです。

そのため、なるべく華美なものは避ける意識をしましょう。

アクセサリー・時計については、むしろ付けないくらいのほうが良いかもしれません。

このように人材派遣の面接は、企業に合わせて華美でない服装を意識することが大切なのです。

(まとめ)人材派遣の面接にノースリーブは不適切なの?

1.私服がOKだとしても人材派遣の面接にノースリーブは印象を下げてしまう可能性があります
人材派遣の面接の場合には、リクルートスーツを着る必要のあるケースはほとんどありません。

ただし、ノースリーブくらい露出度が高いと、印象を下げてしまう可能性があるため、アドバイザーやスタッフと確認して服装を決めましょう。

2.そのまま働けるような服装を心掛けましょう
人材派遣の面接では、そのまま働くことができるかのような服装が望ましいです。

面接を受けている人が「うちの会社で働いている姿を想像できるか」を、採用基準としていることも多いため、過度にカジュアル・フォーマルにならない服装を心掛けましょう。

3.アパレルの場合にはカジュアルな服装も認められがちです
アパレル業界の場合は、お店・ブランドのタイプによってカジュアルさが認められやすいです。

ただし、ノースリーブ自体が認められているというわけではありませんので、不安だという方は、重ね着をしておくほうが印象を損なってしまう可能性は低いです。

4.小物なども華美なものは避けましょう
服装を意識しても、ついつい忘れがちなのがアクセサリー・バッグ類です。

普段使っているものが派手すぎると感じたら、それらは身につけずに面接へ行く、もしくは面接の際には外しておくようにしたほうが良いかもしれません。

人材派遣の面接における退職理由でおすすめなのは?

どんな退職理由も人材派遣面接ではプラスの要素に変化させましょう

人材派遣面接でいう退職理由というのは、どうしてもネガティブな内容になってしまいがちですが、ここで重要になるのが退職理由を聞いたことで、この人はきっと今度は辞めないだろうな、と思わせることです。

例えば、人材派遣の面接で退職した理由を聞かれた時に結婚を機に、子供が生まれるのを期に、といった理由にするのがおすすめです。

これはつまり、いつまでも安定していない仕事についていたり、給料の低い仕事についていたりするわけにはいかないということを理由にするということです。

このような退職理由は前向きですし、人材派遣の面接官に対してただマイナスな印象を与えるだけではありません。

辞める理由が漠然とではなく明確にあった、ということをアピールすることにも繋がります。

この理由であれば、正社員として働いていた人でも、アルバイトの人でも誰もが使える退職理由です。

退職理由が聞かれるのには理由があります

就職の面接試験は面接官との対話ですので、面接官はあなたに色々な質問をしてくるでしょう。

なかには言いたくないことや聞かれたくないことを聞いてくる面接官もいますが、基本的には意味があるのです。

そもそも面接で退職理由を聞いてくる理由は、その人がすぐに辞めてしまうような人ではないかどうかを見極めています。

それに対して人間性、コミュニケーション能力を見極めることにも繋がるでしょう。

しかし、同じようなことを理由に、せっかく採用してもすぐに辞めてしまうのではないかを判断しています。

試用期間やトライアルなどを行っている企業も多いですが、そのようなものを行う理由は、すぐに辞めてしまう人なのかどうかを判断するためです。

人を採用するというのはとても手間も時間もかかりますし、なによりコストがかかります。

それにも拘わらずすぐに辞めてしまうというのでは、迷惑極まりないことでしょう。

そのため、人材として、しっかりと長期間働いてくれるのかどうかを確認しているのです。

これだけはダメ!な退職理由は相手を不安にさせる内容です

新しく入社した会社の退職理由になってしまうような退職理由、というのは絶対に言ってはいけません。

家族のため生活のため、ということから退職したというのであれば前向きな退職ですが、どの企業においても発生する可能性のあること、完全に避けることが難しいことが理由となっている退職の場合は、相手に悪い印象を与えやすくなります。

なかでも多いのは人間関係による退職です。

例えばパワハラやセクハラといった人間関係が原因となっている場合には、どの職場でもそういったもの起こり得るものです。

にもかかわらずパワハラやセクハラといったものが原因となって退職したのであれば、仮に採用したとしてもまたすぐに辞めてしまう可能性があると判断されてしまうことがあります。

残業や休日出勤などを退職理由にしてしまうのも良くありません。

派遣の場合はほとんどありませんが、残業や休日出勤といったものが原因となっているのであれば、企業としてはあまり無理をさせてしまうとすぐに辞めてしまうだろう、使いづらい人材であると判断されてしまいます。

退職理由にプラスアルファをしましょう

<a たいと思ったから、というのも良いでしょう。

退職したことを十分にカバーできるほどの理由なのかといえば、少し力不足のように感じるかもしれませんが、次にするのは好きな仕事で、辞める可能性が低いと思ってもらえるでしょう。

と同時に、この仕事は自分にとって好きな仕事である、ということをアピールすることができるのではないでしょうか。

(まとめ)人材派遣の面接における退職理由でおすすめなのは?

1.どんな退職理由も人材派遣面接ではプラスの要素に変化させましょう
退職理由は一般的にはマイナスな要素になりますが、そのマイナス要素も、内容によってはプラスの印象を与えることに繋がります。

退職理由を聞いて面接官が、この人はもう辞めない、ということをアピールするのが重要です。

2.退職理由が聞かれるのには理由があります
退職理由がそもそもどうして聞かれるのかといえば、やはりその人がどのくらい働いてくれるのか、すぐに辞めてしまわないかを確認しています。

すぐに辞めてしまう人なのかどうかを判断しなければ、それは企業にとって大きな損害となってしまうからです。

3.これだけはダメ!な退職理由は相手を不安にさせる内容です
退職理由の中には言わない方が良いものというのがあります。

退職理由の中でも、人間関係などが原因となっている退職は、面接官に対して決して印象が良いものではありませんので言わない方が良いでしょう。

4.退職理由にプラスアルファをしましょう
退職理由だけではなく、プラスアルファすることが重要です。

退職したもののスキルはある、退職したのは好きなことを仕事にしたいから、といったようにアピールすると相手に良い印象をプラスできます。

人材派遣の面接にノーメイクはダメ?

人材派遣の面接をノーメイクで受けるのはダメです

人材派遣会社では登録者の希望条件と合うのかどうかを確認するために、登録会などが行われます。

派遣会社においては服装は自由で良いと言われることも少なくないようですが、やはりスーツを着ていくのが無難です。

服装などはあまり関係ないということから、ノーメイクで面接を受ける人もいるようですが、ノーメイクはやはりあまり良くありません。

メイクというのはそもそも人前に出るときに、自分の印象よりよくするために行うものです。

にもかかわらずノーメイクということは、相手に対して失礼な行為であるととられてしまっても仕方がないからです。

ノーメイクはダメですが、派手すぎるメイクもまた避けたほうがよいでしょう。

あまりにも派手な印象というのは、対応する側にとってあまり良い印象を与えません。

面接では健康的であることをアピールするべきです

面接におけるメイクというのは自分を綺麗に見せたり、可愛く見せたりするために行うわけではありません。

面接においてのメイクの目的というのは、自分を健康的で元気のある人間であるということをアピールするためだと言われています。

例えば、ブラウン系やベージュ系といったナチュラルな雰囲気のメイクがおすすめです。

ただしあまりにも地味な印象を与えてしまうとマイナスなポイントになってしまいますので、ワンポイントでピンクやオレンジといったものを使用するとより顔色が良く見えます。

ちなみにノーメイクというのは外見や恰好などに一切気を使わない、だらしのない人であるというイメージを与えてしまいます。

もちろんプライベートでノーメイクなのは全く問題ありませんが、面接という大切な場面においてノーメイクは良くないのです。

面接なんて適当にこなしておけば良い、と思っている人だと思われても仕方がありません。

人材派遣の面接では清潔感が大事です

人材派遣の面接においては服装やメイクなども比較的ゆるく捉えられることが多いです。

しかしヘアスタイルにおいては、やはり清潔感を重視するということに違いはありません。

ロングヘアなのであれば、一つに結んだりまとめたりするようにして、だらしない印象を与えないようにしましょう。

ただしツインテールなどのヘアスタイルは、社会人としては程遠い印象を与えますので、控えるようにしてください。

パーマをかけているというのは決して悪いことではありません。

しかしパーマにもいくつか種類があり、毛先がボサボサで遊びの多いヘアスタイルは相手に良い印象を与えないので注意してください。

特にしばらく家庭に入っていた人や、外で働いていなかった人というのは自分のヘアスタイルがだらしがないということに気づけずにそのまま面接を受けてしまうこともあります。

思い切って美容師に面接を受ける、ということを伝えて、面接に相応しいヘアスタイルにカットしてもらうのも良いかもしれません。

ヘアスタイルは茶髪でも問題はありません

正社員であれば、茶髪を一切禁止しているという企業もあります。

ただし派遣社員というのは、そこまで厳しくヘアカラーなど制限されていません。

そのため、面接においても茶髪が絶対にダメなのかといえばそんなことはありません。

やはり重要なことは、そのヘアスタイルやカラーが面接官に不潔な印象を与えていないか、自分の魅力を消してしまっていないか、ということなのです。

茶髪でも一色であればまだしも、黒髪とカラーしている部分とが混在しているような派手なものや、一色だとしても金髪に近いようなヘアスタイルというのはあまり印象良くありません。

もちろん、金髪でも仕事におけるスキルが非常に高く、マナーも完璧で、面接での受け答えも文句の付けようがないほどの人であればまず不合格になることはありません。

ただし、派遣される企業によってはヘアスタイル、髪の色を変えるように言われることもあるでしょう。

特に受付業務などを派遣として請け負う場合には、その会社の顔として応接をすることになります。

にもかかわらず金髪や派手な髪の色であれば、その企業の印象が悪くなります。

外部の人が派遣なのか正社員なのかを瞬時に判断することはできませんので、少しでも印象を良くするために黒髪に戻すように言われることもあるかもしれません。

(まとめ)人材派遣の面接にノーメイクはダメ?

1.人材派遣の面接をノーメイクで受けるのはダメです
人材派遣の面接でのノーメイクはいけませんが、派手なメイクもまたいけません。

できるだけナチュラルでなおかつノーメイクではない、という程度のメイクがおすすめです。

2.面接では健康的であることをアピールするべきです
健康的であり元気いっぱいな人間であるということをアピールすることこそ、面接におけるメイクの目的です。

可愛いさ、綺麗さをアピールするためではないのでナチュラルかつワンポイントで明るい色のものを使用するようにしましょう。

3.人材派遣の面接では清潔感が大事です
ヘアスタイルはその人の印象を大きく印象づけるものです。

メイクだけではなくヘアスタイルについても必ず清潔感のある、なおかつ常識のある人であるということをアピールできるものにしなければなりません。

4.ヘアスタイルは茶髪でも問題はありません
ヘアスタイルはもちろん、髪の色が面接においてマイナスのイメージになるのかといえばそんなことはありません。

ただしあまりにも派手すぎるものというのは、面接において不利になることもありますので、落ち着いているものにしておくとよいでしょう。

人材派遣の面接で短所を聞かれた時の答え方は?

短所を改善していることをアピールすべきです


人材派遣の面接で面接官に短所について聞かれた場合の答え方として、ついつい自分の短所を隠そうとしてしまうものです。

短所はできるだけ出さないほうが良いものですが、必ずしも短所を出すのは悪いことなのかといえばそうではありません。

人材派遣の面接では短所の答え方によっては、自分のアピールポイントの一つとして利用することができます。

人と付き合うのが苦手だとしても、人付き合いが苦手だと言えばコミュニケーション能力が不足していると思われるものですが、一人の人とじっくり時間をかけて付き合っていく方が好きだ、などの答え方であれば全く悪い印象を与えることはありません。

むしろ人間関係を構築する上で、前向きに考えることができている人だと思われます。

マイナス面も伝え方ひとつで全く違う印象の与え方ができるのです。

そもそも短所をどう受け止めているかを見られています

面接官が短所を聞く理由というのは何なのか、を考えたことがあるでしょうか。

短所を聞いたところで面接官にとって何もプラスにならないだろう、と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

著しく人としての道を踏み外しているような人なのかどうか、を判断することには繋がりますが、短所よりも実は長所の方が企業にとっては知りたい部分になります。

正確には、短所を知りたいというよりも、その短所をどのように受け止めている人なのかということを判断しているのです。

誰にでも悪い部分やマイナスな部分は絶対にあるものです。

完璧な人間なんてどこを探しても絶対にいません。

自分のマイナスな部分をどれだけ受け入れることができているのか、ということこそが実はその人の価値を見出す上での重要な参考材料となるのです。

そのことを熟知している面接官にとっては、短所を質問してどのように返答してくるのかを確認するのは、面接において欠かすことができないことなのです。

面接の時に短所を回答するなら客観的なものを選びます


弱みや短所は、客観性があるものをできるだけ答えるようにしてください。

そうすることによって説得力がより高くなりますし、客観性があるエピソードをしっかりと踏まえた上でアピールすることによって、人の意見に対して素直に、そしてしっかりと耳を傾けられる人であり、自分のことを十分に理解できている人であるという印象を与えることができます。

主観的な内容というのは、面接官に対してマイナスな面をアピールするという点では適していません。

また、このような短所を相手に伝えるときについ嘘をついてしまう人もいます。

嘘をついてしまうという気持ちもわかりますが、そのような嘘は意外とバレているものです。

数多くの面接を行ってきた面接官にとって、相手が嘘をついているのかそれとも本音で話しているのか、というのは簡単に判断することができるものです。

そのため、その場しのぎの簡単な嘘をついてしまうと、嘘つきであると思われてしまいますし、もちろん面接にも通過できないでしょう。

仕事に関係のないことを言っても意味がありません

自分の短所を伝えるときには、できるだけ仕事には関係ないこと言わないようにしましょう。

例えば女性関係で浮気をしてしまったことがある、逆に浮気をされてしまったことがある、というようなことは、仕事には全く関係のないことです。

自分が浮気されたことや浮気をしてしまったことなどプライベートにおける辛い思い出などを語ったとしても、何の意味もありません。

また金遣いが荒いことを言う必要もありませんし、体型が太っているなどの肉体的な短所をあげるのも、あまりおすすめできません。

先ほども申し上げたように、面接官は短所をどのように乗り越えようとしているのかということに、重きを置いています。

太っているのであれば痩せなさい、そう思うのが普通です。

ましてや太っていることを短所であると自分で理解していながら、ダイエットしようとしないのであれば、それは単なる自己管理のできない人間です。

海外では太っている人は仕事で雇わない、という企業もあるくらいです。

体の管理ができない人間に、良い仕事ができるわけがないと思われてしまうかもしれません。

(まとめ)人材派遣の面接で短所を聞かれた時の答え方は?

1.短所を改善していることをアピールすべきです
自分にとって隠したい部分であっても、伝え方を少し工夫するだけでも相手に与える印象は違ってきます。

マイナスなイメージを与えやすいことも言い方1つでカバーすることもできるのです。

2.そもそも短所をどう受け止めているかを見られています
面接で短所を聞かれる理由は、短所をどのように受け止めているのかを判断するためです。

短所をただ隠すのではなく、どのように克服しようとしているのかを伝えることがとても重要になります。

3.面接の時に短所を回答するなら客観的なものを選びます
どれだけ言いにくいことでも、どれだけ隠したいことでも、面接で嘘をついたところですぐにバレてしまいます。

嘘をつくのではなく、ありのままを伝えると同時に、客観性のある返答をするようにしましょう。

4.仕事に関係のないことを言っても意味がありません
自分の短所を伝える場合には、あくまでも仕事に関係のある内容だけ伝えるようにしましょう。

金銭感覚や体型など必要ないことばかりを話していると、質問の意味もわからない自己管理のできないダメな人だと思われるかもしれません。

人材派遣の面接で沈黙してしまった時の対処法は?

人材派遣会社の面接で沈黙しても焦らないことが第一です


人材派遣会社の面接で沈黙をしてしまう、ということは仕方のないことです。

ここで注意すべきことは、沈黙をしないようにすることではありません。

沈黙をしても焦らないことです。

少し考えれば簡単にわかるような質問でも、沈黙したからといって焦ってパニック状態になってしまうと、答えることができないということもあります。

しかし、焦ってしまう必要はないのです。

多少沈黙したとしてもしっかりと考えた上で、その答えを導き出す、ということが重要になります。

沈黙してパニックになった挙句に、支離滅裂なことを言ってしまうのでは、人材派遣会社の面接官に対しても良いアピールをすることはできません。

大事な場面で緊張してしまう、というのは仕方のないことです。

重要なのは、それをどのように乗り越えるのかであり、面接官もそれをチェックしています。

焦らず、自分の気持ちや言いたいことを冷静に伝えるようにしてください。

人材派遣会社の面接で沈黙したら「許可」をもらいましょう

人材派遣会社の面接において、沈黙をしてしまえば誰もが焦ってしまうことでしょう。

信じられないほど長い沈黙の時間が続き、面接は台無しで絶対に受からないと思ってしまうかもしれません。

しかし人間は、忘れた時や沈黙した時、つまり焦っている時には、必要以上に長い時間が経過していると感じてしまうものですが、実はほんの数秒しか時間は経過していない、ということも珍しくありません。

そのため、沈黙したからといって焦るのではなく、まず沈黙をする許可を面接官からもらうようにしてください。

例えば、少し考える時間をいただけないでしょうか、などと一言相手に伝えるだけで堂々と考えをまとめてから答えることができます。

面接における質疑応答というのは、何もあなたが一方的に話すことでもないですし、面接官が一方的にしゃべるものでもありません。

あくまでも会話のキャッチボールであるということは、絶対に忘れてはならないのです。

沈黙することが良いことだとは言いませんが、だからといっていつまでも沈黙をしている、というのは絶対に避けなければなりません。

沈黙を完全に回避することはできません


人材派遣の面接における沈黙を避ける、というのは実はなかなか難しい問題です。

というのも、沈黙を作らないためには、緊張しやすい性格を変えたり、数え切れないほどの面接の練習を繰り返したりするなど場数を踏む以外に方法はないからです。

また、どれだけ沈黙しないように練習をして、自信を持てたとしても、ちょっとしたトラブルやアクシデントで頭の中が真っ白になってしまい、すぐに沈黙してしまうことも珍しくないのです。

そのような沈黙をしてしまった時に、絶対にしてはならないことがあります。

それは嘘をついたり、知ったかぶりをしたりしてしまうことです。

嘘をついたり、知ったかぶりをしたりしてしまうと、それは面接官にすぐに見透かされてしまいます。

これまで数え切れないほどの人を面接してきた面接官は、あなたの言動や仕草を見ただけでも知ったかぶりをしているのではないか、という疑いを持つのです。

そして、さらに突っ込んだ質問を投げかけられることもありますので、わからないことがあったとしても、知ったかぶりは絶対にしないようにしてください。

わからないことをわからないと正直に伝えることも、良いアピールになるはずです。

人材派遣の面接で沈黙したら焦るよりもまず行動をとりましょう

人材派遣の面接で沈黙をしてしまうのは、誰しもあることですし、必ずしもマイナスの印象を持たれてしまうとは限りません。

むしろ言葉に詰まるというのは、よくあることですが、沈黙によるマイナスの印象を与えてしまったとしても、それを挽回するだけの回答をすれば良いわけです。

例えば質問の意味がわからなかったり、頭の中が真っ白になってしまったりしたら、質問をもう一度聞き返すのでも良いです。

また、それは○○ということでしょうか?などと自分なりに理解をしようとしていることをアピールするのも良いでしょう。

つまり何よりも重要になることは、言葉に詰まってしまったとしても、面接に対して一生懸命取り組んでいる、ということを伝えることなのです。

むしろ、面接自体あなたの本気度や真剣さを判断するために行われているのですから、どうして受かりたいと思っているのか、派遣会社でどのように仕事をしたいと思っているのか、というのは面接にどれだけ真剣に取り組んでいるのかに表されます。

(まとめ)人材派遣の面接で沈黙してしまった時の対処法は?

1.人材派遣会社の面接で沈黙しても焦らないことが第一です
人材派遣会社の面接で沈黙してしまうことは悪いことではなく、むしろその沈黙をどのように乗り越えることができるのか、それを人材派遣会社の面接官は見ているということを忘れないでください。

2.人材派遣会社の面接で沈黙したら「許可」をもらいましょう
人材派遣会社の面接で沈黙をしたとしても、なにより焦ってはいけません。

沈黙をしたら、まずは考える時間をもらうことで、冷静に自分の言葉で話ができるようになります。

3.沈黙を完全に回避することはできません
沈黙を絶対に回避する方法ですが、そのようなものはまずありません。

まず重要になるのは、人材派遣の面接で沈黙したからといって知ったかぶりや嘘をつかないということです。

4.人材派遣の面接で沈黙したら焦るよりもまず行動をとりましょう
人材派遣の面接で沈黙をしたとしても焦らずに、冷静に真剣に面接に取り組みましょう。

真剣な気持ちを伝えることで、仮に沈黙したとしても面接においてマイナスにはなりません。

人材派遣の面接を通過するには御礼の有無が影響する?

面接の通過に御礼のメールは影響します


面接後の御礼は、自分のために時間を割いてくれたことに対する感謝、そして次回の選考に呼んでもらえるよう、自分の志望度合いの高さを企業側に印象付けるためにも御礼は必要です。

まず御礼のメールは絶対に送らなければならないのか、といえばそんな事はありません。

しかし、面接に時間を割いてくれたことに対して御礼の気持ちを持つということはとても素晴らしいことです。

そして、派遣会社は採用した人を企業に派遣しますので、派遣した企業がその人に対して評価した場合、それは派遣会社への評価にもなります。

つまり面接官は派遣しても安心して仕事を任せられる人なのかどうかを吟味しています。

そのうえで、御礼のメールを送るような心遣いの出来る人はとても魅力的なのではなでしょうか。

御礼だけでなく最終自己アピールもできます

緊張してしまったり、頭の中が真っ白になってしまうこともあるでしょうし、言いたいことが言えないこともあるでしょう。

そのような場合には、そのまま何もしないよりも少しでも自分をアピールするために御礼のメールをしておいてください。

そうすると何もしないよりも相手に自分のことを印象づけることができます。

まるで最後の悪あがきのように思われるかもしれませんが、それこそが本当に面接を通過したいという気持ちの表れなのです。

人間は本気になればなるほど緊張し、成功したい、失敗したくないと思うものですし、そんなことは面接官は十分に理解しています。

緊張をして言いたいことが言えなかった時のために、御礼のメールの中で自分の伝えたいことを簡潔にまとめて記載しておくことで、面接通過の後押しになることがあります。

面接は面接自体で全てが決まってしまうのではなく、実は面接の後のこのような心遣い、といったものが重要になることもある、ということをしっかりと頭に入れておくようにしてください。

面接通過のためとはいえ心のない御礼は無意味です


その人材派遣会社には絶対に受かりたい!という志望度の高い会社に対しては、面接の後にしっかりとメールを送っておいてください。

つまりこのように自分の気持ちが強い場合、失敗した場合、最後のひと押しの場合など受かりたい気持ちが強ければ強いほどこのようなメールを送るべきなのです。

人材派遣会社に対して送る御礼のメールですが、1番してはいけないことがあります。

それはただメールを送るのが当然、メールは送らなければならない、という就職活動の1つの決まり事のように気持ちのこもっていないメールを送ることです。

人事担当者や面接官に対して、まるでテンプレートをそのまま貼り付けたようなメールを送ってしまうと、それは相手に対して非常に失礼になります。

そのようなメール受け取るのは、百戦錬磨の面接官です。

もちろんそのような気持ちのこもってない上辺だけの感謝のメールなどすぐに気づきます。

また、誤字脱字がたくさんあるメールなどもダメです。

御礼の気持ちを伝えたい、相手に少しでも良い印象与えたいと思っているにもかかわらず、誤字脱字だらけのメールを送ってしまうのは絶対にいけません。

相手に気持ちを伝えたい、という気持ちがあれば誤字脱字のチェックなどは当然行うはずです。

しかし、そのような訂正をせずにそのままメールを送ってしまうのは、相手にとって失礼であり、なおかつあなたのがさつな一面が出てしまいます。

御礼の連絡は簡潔にすることがポイントです

なんとしても面接を通過したいという気持ちばかりが先走ってしまい、本来であれば言わなくても良いような内容まで書いてしまうことがあります。

その結果、何が伝えたいのか分からずに、支離滅裂な文字数ばかりの多い御礼メールになってしまう可能性があるのです。

面接の中で話した志望動機などを断片的に書くのであれば良いのですが、1から10まで全て書き出しても何も意味がありません。

また、御礼メールを書いている中で気持ちが盛り上がってきてしまい、その会社への熱い気持ちをまるでラブレターのように永遠と書き続けしまう方もいます。

確かに面接を通過したいという気持ちが前面に出ている点においては決して悪いことではありませんが、面接官も暇ではありません。

そのためダラダラと長い文章で、意味が伝わりにくい、誤字脱字の多い御礼のメールなどを送るぐらいであれば、何も送らないほうが良いでしょう。

どれだけ良いことが書かれていたとしても、その内容が支離滅裂で長い文章では読む気持ちだけでなく、採用する気持ちすら失せてしまう可能性があります。

(まとめ)人材派遣の面接を通過するには御礼の有無が影響する?

1.面接の通過に御礼のメールは影響します
面接後の御礼をすることができる、ということはそれだけ心遣いのできる人、派遣先の企業に派遣をしても安心な人であると判断されることが多く、面接通過に大きく関係してくることがあります。

2.御礼だけでなく最終自己アピールもできます
人材派遣の面接で通過しやすくするには、面接の御礼の連絡をしてください。

面接のために時間を割いてくれたことに対する御礼の気持ちをメールで伝えることは、面接の通過に影響することがあります。

3.面接通過のためとはいえ心のない御礼は無意味です
面接通過のために御礼のメールをする場合には、せっかくのメールがマイナスな要素になってしまうことがないようにしましょう。

心のないメールや誤字脱字の多いメールには注意してください。

4.御礼の連絡は簡潔にすることがポイントです
御礼のメールの内容が人材派遣会社への熱い気持ちでいっぱいになるのは悪いことではありません。

しかし、熱い気持ちが強すぎて内容が支離滅裂、長過ぎるといったときは、印象が悪くなることもあるので簡潔にするのがポイントです。

1 2 3