Category Archives: 面接の豆知識

人材派遣の面接における退職理由でおすすめなのは?

どんな退職理由も人材派遣面接ではプラスの要素に変化させましょう

人材派遣面接でいう退職理由というのは、どうしてもネガティブな内容になってしまいがちですが、ここで重要になるのが退職理由を聞いたことで、この人はきっと今度は辞めないだろうな、と思わせることです。

例えば、人材派遣の面接で退職した理由を聞かれた時に結婚を機に、子供が生まれるのを期に、といった理由にするのがおすすめです。

これはつまり、いつまでも安定していない仕事についていたり、給料の低い仕事についていたりするわけにはいかないということを理由にするということです。

このような退職理由は前向きですし、人材派遣の面接官に対してただマイナスな印象を与えるだけではありません。

辞める理由が漠然とではなく明確にあった、ということをアピールすることにも繋がります。

この理由であれば、正社員として働いていた人でも、アルバイトの人でも誰もが使える退職理由です。

退職理由が聞かれるのには理由があります

就職の面接試験は面接官との対話ですので、面接官はあなたに色々な質問をしてくるでしょう。

なかには言いたくないことや聞かれたくないことを聞いてくる面接官もいますが、基本的には意味があるのです。

そもそも面接で退職理由を聞いてくる理由は、その人がすぐに辞めてしまうような人ではないかどうかを見極めています。

それに対して人間性、コミュニケーション能力を見極めることにも繋がるでしょう。

しかし、同じようなことを理由に、せっかく採用してもすぐに辞めてしまうのではないかを判断しています。

試用期間やトライアルなどを行っている企業も多いですが、そのようなものを行う理由は、すぐに辞めてしまう人なのかどうかを判断するためです。

人を採用するというのはとても手間も時間もかかりますし、なによりコストがかかります。

それにも拘わらずすぐに辞めてしまうというのでは、迷惑極まりないことでしょう。

そのため、人材として、しっかりと長期間働いてくれるのかどうかを確認しているのです。

これだけはダメ!な退職理由は相手を不安にさせる内容です

新しく入社した会社の退職理由になってしまうような退職理由、というのは絶対に言ってはいけません。

家族のため生活のため、ということから退職したというのであれば前向きな退職ですが、どの企業においても発生する可能性のあること、完全に避けることが難しいことが理由となっている退職の場合は、相手に悪い印象を与えやすくなります。

なかでも多いのは人間関係による退職です。

例えばパワハラやセクハラといった人間関係が原因となっている場合には、どの職場でもそういったもの起こり得るものです。

にもかかわらずパワハラやセクハラといったものが原因となって退職したのであれば、仮に採用したとしてもまたすぐに辞めてしまう可能性があると判断されてしまうことがあります。

残業や休日出勤などを退職理由にしてしまうのも良くありません。

派遣の場合はほとんどありませんが、残業や休日出勤といったものが原因となっているのであれば、企業としてはあまり無理をさせてしまうとすぐに辞めてしまうだろう、使いづらい人材であると判断されてしまいます。

退職理由にプラスアルファをしましょう

<a たいと思ったから、というのも良いでしょう。

退職したことを十分にカバーできるほどの理由なのかといえば、少し力不足のように感じるかもしれませんが、次にするのは好きな仕事で、辞める可能性が低いと思ってもらえるでしょう。

と同時に、この仕事は自分にとって好きな仕事である、ということをアピールすることができるのではないでしょうか。

(まとめ)人材派遣の面接における退職理由でおすすめなのは?

1.どんな退職理由も人材派遣面接ではプラスの要素に変化させましょう
退職理由は一般的にはマイナスな要素になりますが、そのマイナス要素も、内容によってはプラスの印象を与えることに繋がります。

退職理由を聞いて面接官が、この人はもう辞めない、ということをアピールするのが重要です。

2.退職理由が聞かれるのには理由があります
退職理由がそもそもどうして聞かれるのかといえば、やはりその人がどのくらい働いてくれるのか、すぐに辞めてしまわないかを確認しています。

すぐに辞めてしまう人なのかどうかを判断しなければ、それは企業にとって大きな損害となってしまうからです。

3.これだけはダメ!な退職理由は相手を不安にさせる内容です
退職理由の中には言わない方が良いものというのがあります。

退職理由の中でも、人間関係などが原因となっている退職は、面接官に対して決して印象が良いものではありませんので言わない方が良いでしょう。

4.退職理由にプラスアルファをしましょう
退職理由だけではなく、プラスアルファすることが重要です。

退職したもののスキルはある、退職したのは好きなことを仕事にしたいから、といったようにアピールすると相手に良い印象をプラスできます。

人材派遣の面接にノーメイクはダメ?

人材派遣の面接をノーメイクで受けるのはダメです

人材派遣会社では登録者の希望条件と合うのかどうかを確認するために、登録会などが行われます。

派遣会社においては服装は自由で良いと言われることも少なくないようですが、やはりスーツを着ていくのが無難です。

服装などはあまり関係ないということから、ノーメイクで面接を受ける人もいるようですが、ノーメイクはやはりあまり良くありません。

メイクというのはそもそも人前に出るときに、自分の印象よりよくするために行うものです。

にもかかわらずノーメイクということは、相手に対して失礼な行為であるととられてしまっても仕方がないからです。

ノーメイクはダメですが、派手すぎるメイクもまた避けたほうがよいでしょう。

あまりにも派手な印象というのは、対応する側にとってあまり良い印象を与えません。

面接では健康的であることをアピールするべきです

面接におけるメイクというのは自分を綺麗に見せたり、可愛く見せたりするために行うわけではありません。

面接においてのメイクの目的というのは、自分を健康的で元気のある人間であるということをアピールするためだと言われています。

例えば、ブラウン系やベージュ系といったナチュラルな雰囲気のメイクがおすすめです。

ただしあまりにも地味な印象を与えてしまうとマイナスなポイントになってしまいますので、ワンポイントでピンクやオレンジといったものを使用するとより顔色が良く見えます。

ちなみにノーメイクというのは外見や恰好などに一切気を使わない、だらしのない人であるというイメージを与えてしまいます。

もちろんプライベートでノーメイクなのは全く問題ありませんが、面接という大切な場面においてノーメイクは良くないのです。

面接なんて適当にこなしておけば良い、と思っている人だと思われても仕方がありません。

人材派遣の面接では清潔感が大事です

人材派遣の面接においては服装やメイクなども比較的ゆるく捉えられることが多いです。

しかしヘアスタイルにおいては、やはり清潔感を重視するということに違いはありません。

ロングヘアなのであれば、一つに結んだりまとめたりするようにして、だらしない印象を与えないようにしましょう。

ただしツインテールなどのヘアスタイルは、社会人としては程遠い印象を与えますので、控えるようにしてください。

パーマをかけているというのは決して悪いことではありません。

しかしパーマにもいくつか種類があり、毛先がボサボサで遊びの多いヘアスタイルは相手に良い印象を与えないので注意してください。

特にしばらく家庭に入っていた人や、外で働いていなかった人というのは自分のヘアスタイルがだらしがないということに気づけずにそのまま面接を受けてしまうこともあります。

思い切って美容師に面接を受ける、ということを伝えて、面接に相応しいヘアスタイルにカットしてもらうのも良いかもしれません。

ヘアスタイルは茶髪でも問題はありません

正社員であれば、茶髪を一切禁止しているという企業もあります。

ただし派遣社員というのは、そこまで厳しくヘアカラーなど制限されていません。

そのため、面接においても茶髪が絶対にダメなのかといえばそんなことはありません。

やはり重要なことは、そのヘアスタイルやカラーが面接官に不潔な印象を与えていないか、自分の魅力を消してしまっていないか、ということなのです。

茶髪でも一色であればまだしも、黒髪とカラーしている部分とが混在しているような派手なものや、一色だとしても金髪に近いようなヘアスタイルというのはあまり印象良くありません。

もちろん、金髪でも仕事におけるスキルが非常に高く、マナーも完璧で、面接での受け答えも文句の付けようがないほどの人であればまず不合格になることはありません。

ただし、派遣される企業によってはヘアスタイル、髪の色を変えるように言われることもあるでしょう。

特に受付業務などを派遣として請け負う場合には、その会社の顔として応接をすることになります。

にもかかわらず金髪や派手な髪の色であれば、その企業の印象が悪くなります。

外部の人が派遣なのか正社員なのかを瞬時に判断することはできませんので、少しでも印象を良くするために黒髪に戻すように言われることもあるかもしれません。

(まとめ)人材派遣の面接にノーメイクはダメ?

1.人材派遣の面接をノーメイクで受けるのはダメです
人材派遣の面接でのノーメイクはいけませんが、派手なメイクもまたいけません。

できるだけナチュラルでなおかつノーメイクではない、という程度のメイクがおすすめです。

2.面接では健康的であることをアピールするべきです
健康的であり元気いっぱいな人間であるということをアピールすることこそ、面接におけるメイクの目的です。

可愛いさ、綺麗さをアピールするためではないのでナチュラルかつワンポイントで明るい色のものを使用するようにしましょう。

3.人材派遣の面接では清潔感が大事です
ヘアスタイルはその人の印象を大きく印象づけるものです。

メイクだけではなくヘアスタイルについても必ず清潔感のある、なおかつ常識のある人であるということをアピールできるものにしなければなりません。

4.ヘアスタイルは茶髪でも問題はありません
ヘアスタイルはもちろん、髪の色が面接においてマイナスのイメージになるのかといえばそんなことはありません。

ただしあまりにも派手すぎるものというのは、面接において不利になることもありますので、落ち着いているものにしておくとよいでしょう。

人材派遣の面接で短所を聞かれた時の答え方は?

短所を改善していることをアピールすべきです


人材派遣の面接で面接官に短所について聞かれた場合の答え方として、ついつい自分の短所を隠そうとしてしまうものです。

短所はできるだけ出さないほうが良いものですが、必ずしも短所を出すのは悪いことなのかといえばそうではありません。

人材派遣の面接では短所の答え方によっては、自分のアピールポイントの一つとして利用することができます。

人と付き合うのが苦手だとしても、人付き合いが苦手だと言えばコミュニケーション能力が不足していると思われるものですが、一人の人とじっくり時間をかけて付き合っていく方が好きだ、などの答え方であれば全く悪い印象を与えることはありません。

むしろ人間関係を構築する上で、前向きに考えることができている人だと思われます。

マイナス面も伝え方ひとつで全く違う印象の与え方ができるのです。

そもそも短所をどう受け止めているかを見られています

面接官が短所を聞く理由というのは何なのか、を考えたことがあるでしょうか。

短所を聞いたところで面接官にとって何もプラスにならないだろう、と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

著しく人としての道を踏み外しているような人なのかどうか、を判断することには繋がりますが、短所よりも実は長所の方が企業にとっては知りたい部分になります。

正確には、短所を知りたいというよりも、その短所をどのように受け止めている人なのかということを判断しているのです。

誰にでも悪い部分やマイナスな部分は絶対にあるものです。

完璧な人間なんてどこを探しても絶対にいません。

自分のマイナスな部分をどれだけ受け入れることができているのか、ということこそが実はその人の価値を見出す上での重要な参考材料となるのです。

そのことを熟知している面接官にとっては、短所を質問してどのように返答してくるのかを確認するのは、面接において欠かすことができないことなのです。

面接の時に短所を回答するなら客観的なものを選びます


弱みや短所は、客観性があるものをできるだけ答えるようにしてください。

そうすることによって説得力がより高くなりますし、客観性があるエピソードをしっかりと踏まえた上でアピールすることによって、人の意見に対して素直に、そしてしっかりと耳を傾けられる人であり、自分のことを十分に理解できている人であるという印象を与えることができます。

主観的な内容というのは、面接官に対してマイナスな面をアピールするという点では適していません。

また、このような短所を相手に伝えるときについ嘘をついてしまう人もいます。

嘘をついてしまうという気持ちもわかりますが、そのような嘘は意外とバレているものです。

数多くの面接を行ってきた面接官にとって、相手が嘘をついているのかそれとも本音で話しているのか、というのは簡単に判断することができるものです。

そのため、その場しのぎの簡単な嘘をついてしまうと、嘘つきであると思われてしまいますし、もちろん面接にも通過できないでしょう。

仕事に関係のないことを言っても意味がありません

自分の短所を伝えるときには、できるだけ仕事には関係ないこと言わないようにしましょう。

例えば女性関係で浮気をしてしまったことがある、逆に浮気をされてしまったことがある、というようなことは、仕事には全く関係のないことです。

自分が浮気されたことや浮気をしてしまったことなどプライベートにおける辛い思い出などを語ったとしても、何の意味もありません。

また金遣いが荒いことを言う必要もありませんし、体型が太っているなどの肉体的な短所をあげるのも、あまりおすすめできません。

先ほども申し上げたように、面接官は短所をどのように乗り越えようとしているのかということに、重きを置いています。

太っているのであれば痩せなさい、そう思うのが普通です。

ましてや太っていることを短所であると自分で理解していながら、ダイエットしようとしないのであれば、それは単なる自己管理のできない人間です。

海外では太っている人は仕事で雇わない、という企業もあるくらいです。

体の管理ができない人間に、良い仕事ができるわけがないと思われてしまうかもしれません。

(まとめ)人材派遣の面接で短所を聞かれた時の答え方は?

1.短所を改善していることをアピールすべきです
自分にとって隠したい部分であっても、伝え方を少し工夫するだけでも相手に与える印象は違ってきます。

マイナスなイメージを与えやすいことも言い方1つでカバーすることもできるのです。

2.そもそも短所をどう受け止めているかを見られています
面接で短所を聞かれる理由は、短所をどのように受け止めているのかを判断するためです。

短所をただ隠すのではなく、どのように克服しようとしているのかを伝えることがとても重要になります。

3.面接の時に短所を回答するなら客観的なものを選びます
どれだけ言いにくいことでも、どれだけ隠したいことでも、面接で嘘をついたところですぐにバレてしまいます。

嘘をつくのではなく、ありのままを伝えると同時に、客観性のある返答をするようにしましょう。

4.仕事に関係のないことを言っても意味がありません
自分の短所を伝える場合には、あくまでも仕事に関係のある内容だけ伝えるようにしましょう。

金銭感覚や体型など必要ないことばかりを話していると、質問の意味もわからない自己管理のできないダメな人だと思われるかもしれません。

人材派遣の面接で沈黙してしまった時の対処法は?

人材派遣会社の面接で沈黙しても焦らないことが第一です


人材派遣会社の面接で沈黙をしてしまう、ということは仕方のないことです。

ここで注意すべきことは、沈黙をしないようにすることではありません。

沈黙をしても焦らないことです。

少し考えれば簡単にわかるような質問でも、沈黙したからといって焦ってパニック状態になってしまうと、答えることができないということもあります。

しかし、焦ってしまう必要はないのです。

多少沈黙したとしてもしっかりと考えた上で、その答えを導き出す、ということが重要になります。

沈黙してパニックになった挙句に、支離滅裂なことを言ってしまうのでは、人材派遣会社の面接官に対しても良いアピールをすることはできません。

大事な場面で緊張してしまう、というのは仕方のないことです。

重要なのは、それをどのように乗り越えるのかであり、面接官もそれをチェックしています。

焦らず、自分の気持ちや言いたいことを冷静に伝えるようにしてください。

人材派遣会社の面接で沈黙したら「許可」をもらいましょう

人材派遣会社の面接において、沈黙をしてしまえば誰もが焦ってしまうことでしょう。

信じられないほど長い沈黙の時間が続き、面接は台無しで絶対に受からないと思ってしまうかもしれません。

しかし人間は、忘れた時や沈黙した時、つまり焦っている時には、必要以上に長い時間が経過していると感じてしまうものですが、実はほんの数秒しか時間は経過していない、ということも珍しくありません。

そのため、沈黙したからといって焦るのではなく、まず沈黙をする許可を面接官からもらうようにしてください。

例えば、少し考える時間をいただけないでしょうか、などと一言相手に伝えるだけで堂々と考えをまとめてから答えることができます。

面接における質疑応答というのは、何もあなたが一方的に話すことでもないですし、面接官が一方的にしゃべるものでもありません。

あくまでも会話のキャッチボールであるということは、絶対に忘れてはならないのです。

沈黙することが良いことだとは言いませんが、だからといっていつまでも沈黙をしている、というのは絶対に避けなければなりません。

沈黙を完全に回避することはできません


人材派遣の面接における沈黙を避ける、というのは実はなかなか難しい問題です。

というのも、沈黙を作らないためには、緊張しやすい性格を変えたり、数え切れないほどの面接の練習を繰り返したりするなど場数を踏む以外に方法はないからです。

また、どれだけ沈黙しないように練習をして、自信を持てたとしても、ちょっとしたトラブルやアクシデントで頭の中が真っ白になってしまい、すぐに沈黙してしまうことも珍しくないのです。

そのような沈黙をしてしまった時に、絶対にしてはならないことがあります。

それは嘘をついたり、知ったかぶりをしたりしてしまうことです。

嘘をついたり、知ったかぶりをしたりしてしまうと、それは面接官にすぐに見透かされてしまいます。

これまで数え切れないほどの人を面接してきた面接官は、あなたの言動や仕草を見ただけでも知ったかぶりをしているのではないか、という疑いを持つのです。

そして、さらに突っ込んだ質問を投げかけられることもありますので、わからないことがあったとしても、知ったかぶりは絶対にしないようにしてください。

わからないことをわからないと正直に伝えることも、良いアピールになるはずです。

人材派遣の面接で沈黙したら焦るよりもまず行動をとりましょう

人材派遣の面接で沈黙をしてしまうのは、誰しもあることですし、必ずしもマイナスの印象を持たれてしまうとは限りません。

むしろ言葉に詰まるというのは、よくあることですが、沈黙によるマイナスの印象を与えてしまったとしても、それを挽回するだけの回答をすれば良いわけです。

例えば質問の意味がわからなかったり、頭の中が真っ白になってしまったりしたら、質問をもう一度聞き返すのでも良いです。

また、それは○○ということでしょうか?などと自分なりに理解をしようとしていることをアピールするのも良いでしょう。

つまり何よりも重要になることは、言葉に詰まってしまったとしても、面接に対して一生懸命取り組んでいる、ということを伝えることなのです。

むしろ、面接自体あなたの本気度や真剣さを判断するために行われているのですから、どうして受かりたいと思っているのか、派遣会社でどのように仕事をしたいと思っているのか、というのは面接にどれだけ真剣に取り組んでいるのかに表されます。

(まとめ)人材派遣の面接で沈黙してしまった時の対処法は?

1.人材派遣会社の面接で沈黙しても焦らないことが第一です
人材派遣会社の面接で沈黙してしまうことは悪いことではなく、むしろその沈黙をどのように乗り越えることができるのか、それを人材派遣会社の面接官は見ているということを忘れないでください。

2.人材派遣会社の面接で沈黙したら「許可」をもらいましょう
人材派遣会社の面接で沈黙をしたとしても、なにより焦ってはいけません。

沈黙をしたら、まずは考える時間をもらうことで、冷静に自分の言葉で話ができるようになります。

3.沈黙を完全に回避することはできません
沈黙を絶対に回避する方法ですが、そのようなものはまずありません。

まず重要になるのは、人材派遣の面接で沈黙したからといって知ったかぶりや嘘をつかないということです。

4.人材派遣の面接で沈黙したら焦るよりもまず行動をとりましょう
人材派遣の面接で沈黙をしたとしても焦らずに、冷静に真剣に面接に取り組みましょう。

真剣な気持ちを伝えることで、仮に沈黙したとしても面接においてマイナスにはなりません。

人材派遣の面接を通過するには御礼の有無が影響する?

面接の通過に御礼のメールは影響します


面接後の御礼は、自分のために時間を割いてくれたことに対する感謝、そして次回の選考に呼んでもらえるよう、自分の志望度合いの高さを企業側に印象付けるためにも御礼は必要です。

まず御礼のメールは絶対に送らなければならないのか、といえばそんな事はありません。

しかし、面接に時間を割いてくれたことに対して御礼の気持ちを持つということはとても素晴らしいことです。

そして、派遣会社は採用した人を企業に派遣しますので、派遣した企業がその人に対して評価した場合、それは派遣会社への評価にもなります。

つまり面接官は派遣しても安心して仕事を任せられる人なのかどうかを吟味しています。

そのうえで、御礼のメールを送るような心遣いの出来る人はとても魅力的なのではなでしょうか。

御礼だけでなく最終自己アピールもできます

緊張してしまったり、頭の中が真っ白になってしまうこともあるでしょうし、言いたいことが言えないこともあるでしょう。

そのような場合には、そのまま何もしないよりも少しでも自分をアピールするために御礼のメールをしておいてください。

そうすると何もしないよりも相手に自分のことを印象づけることができます。

まるで最後の悪あがきのように思われるかもしれませんが、それこそが本当に面接を通過したいという気持ちの表れなのです。

人間は本気になればなるほど緊張し、成功したい、失敗したくないと思うものですし、そんなことは面接官は十分に理解しています。

緊張をして言いたいことが言えなかった時のために、御礼のメールの中で自分の伝えたいことを簡潔にまとめて記載しておくことで、面接通過の後押しになることがあります。

面接は面接自体で全てが決まってしまうのではなく、実は面接の後のこのような心遣い、といったものが重要になることもある、ということをしっかりと頭に入れておくようにしてください。

面接通過のためとはいえ心のない御礼は無意味です


その人材派遣会社には絶対に受かりたい!という志望度の高い会社に対しては、面接の後にしっかりとメールを送っておいてください。

つまりこのように自分の気持ちが強い場合、失敗した場合、最後のひと押しの場合など受かりたい気持ちが強ければ強いほどこのようなメールを送るべきなのです。

人材派遣会社に対して送る御礼のメールですが、1番してはいけないことがあります。

それはただメールを送るのが当然、メールは送らなければならない、という就職活動の1つの決まり事のように気持ちのこもっていないメールを送ることです。

人事担当者や面接官に対して、まるでテンプレートをそのまま貼り付けたようなメールを送ってしまうと、それは相手に対して非常に失礼になります。

そのようなメール受け取るのは、百戦錬磨の面接官です。

もちろんそのような気持ちのこもってない上辺だけの感謝のメールなどすぐに気づきます。

また、誤字脱字がたくさんあるメールなどもダメです。

御礼の気持ちを伝えたい、相手に少しでも良い印象与えたいと思っているにもかかわらず、誤字脱字だらけのメールを送ってしまうのは絶対にいけません。

相手に気持ちを伝えたい、という気持ちがあれば誤字脱字のチェックなどは当然行うはずです。

しかし、そのような訂正をせずにそのままメールを送ってしまうのは、相手にとって失礼であり、なおかつあなたのがさつな一面が出てしまいます。

御礼の連絡は簡潔にすることがポイントです

なんとしても面接を通過したいという気持ちばかりが先走ってしまい、本来であれば言わなくても良いような内容まで書いてしまうことがあります。

その結果、何が伝えたいのか分からずに、支離滅裂な文字数ばかりの多い御礼メールになってしまう可能性があるのです。

面接の中で話した志望動機などを断片的に書くのであれば良いのですが、1から10まで全て書き出しても何も意味がありません。

また、御礼メールを書いている中で気持ちが盛り上がってきてしまい、その会社への熱い気持ちをまるでラブレターのように永遠と書き続けしまう方もいます。

確かに面接を通過したいという気持ちが前面に出ている点においては決して悪いことではありませんが、面接官も暇ではありません。

そのためダラダラと長い文章で、意味が伝わりにくい、誤字脱字の多い御礼のメールなどを送るぐらいであれば、何も送らないほうが良いでしょう。

どれだけ良いことが書かれていたとしても、その内容が支離滅裂で長い文章では読む気持ちだけでなく、採用する気持ちすら失せてしまう可能性があります。

(まとめ)人材派遣の面接を通過するには御礼の有無が影響する?

1.面接の通過に御礼のメールは影響します
面接後の御礼をすることができる、ということはそれだけ心遣いのできる人、派遣先の企業に派遣をしても安心な人であると判断されることが多く、面接通過に大きく関係してくることがあります。

2.御礼だけでなく最終自己アピールもできます
人材派遣の面接で通過しやすくするには、面接の御礼の連絡をしてください。

面接のために時間を割いてくれたことに対する御礼の気持ちをメールで伝えることは、面接の通過に影響することがあります。

3.面接通過のためとはいえ心のない御礼は無意味です
面接通過のために御礼のメールをする場合には、せっかくのメールがマイナスな要素になってしまうことがないようにしましょう。

心のないメールや誤字脱字の多いメールには注意してください。

4.御礼の連絡は簡潔にすることがポイントです
御礼のメールの内容が人材派遣会社への熱い気持ちでいっぱいになるのは悪いことではありません。

しかし、熱い気持ちが強すぎて内容が支離滅裂、長過ぎるといったときは、印象が悪くなることもあるので簡潔にするのがポイントです。

人材派遣の面接はツーブロックでも問題ない?

人材派遣の面接でツーブロックは控えた方がいいでしょう


男性のヘアスタイルで人気のあるツーブロックですが、人材派遣の面接では控えた方がいいでしょう。

ツーブロックというのはトップの髪は長めでサイドと襟足を短くしたヘアスタイルです。

モデルや俳優がしているヘアスタイルで人気のある髪型です。

そのため、多くの男性がしている髪型でもあります。

しかし、人材派遣の面接となると、注意しなければなりません。

なぜなら、ツーブロックは遊び人、軽い、個性が強すぎるなどといった印象を持つ人もいるからです。

ただし、オシャレでこだわりがある、個性を出していていい、といった好印象にとらえられる場合もあります。

両極端な印象を与えてしまう髪型は、特定の企業であれば問題ないかもしれませんが、固いイメージの企業や、年配の方が多く若者のオシャレを受け入れられない、という気風の企業ではNGとなってしまうでしょう。

人材派遣では、どういった企業に派遣されるかは面接の時点では分かりません。

面接ではどのような企業においても配属されるヘアスタイルであることが大事です。

人材派遣の面接では好印象を与える髪型にしましょう


ツーブロックといっても長さや短くする範囲、場所によって印象が変わります。

髪型がツーブロックであっても個性的すぎず、刈り上げなどをしていない場合は、さわやかで好印象を与えるケースもあります。

それであれば、問題はないでしょう。

面接で印象づけることは大切なことですが、それは話の内容であり外見ではありません。

いくらオシャレでも、人材として活かせる人でなければ安心して企業に派遣することはできません。

人材派遣の面接で個性を出すという点をはき違えないようにしましょう。

人材派遣の面接における髪型は、さわやかで好印象を与えることが大事です。

ツーブロックなどの髪型にも注意が必要ですが、髪の色にも注意しましょう。

男性は特に黒髪にしておきましょう。

営業職などは特に茶髪ではいけない、という企業もあります。

人材派遣の面接では髪の色にも注意しましょう。

人材派遣の面接は希望する職種に合った服装で行きましょう

人材派遣の面接では、「服装は自由です」という場合もあります。

人材派遣の会社によって、その意味はいろいろです。

本当に服装はどのような恰好をしていても面接の合否には関係せず、話してみた印象で決める、という人材派遣会社もあれば、「服装自由」と言っておいて、その人の社会人としての判断力を見る、というケースもあります。

無難なのはスーツ、もしくはオフィスカジュアルです。

ジーンズや短パンは避けた方がいいでしょう。

ただし、希望する職種が営業職やホテル、百貨店での接客業、管理職希望などといった場合はスーツで行くのが望ましいでしょう。

一方で、製造業や運送業など希望する場合は、カジュアルな格好でもマイナスにはならないでしょう。

人材派遣の面接において服装も注意すべき点ですが、清潔感が重要です。

スーツを着用していても、袖や襟が汚れていては清潔な印象とは言えません。

靴も泥がついていないか確認し、きれいにしてから面接にのぞみましょう。

髪型をはじめ身だしなみには細かい点まで配慮しましょう

特定の企業の面接と比べると人材派遣の面接の方が、緊張が緩む人もいるでしょう。

確かに人材派遣の面接では、スーツでなくてはならない、ということもありません。

髪型も個性を重視する企業への派遣を希望するなら、マイナスになるとは限りません。

しかし人材派遣の面接においても配慮したいのは、清潔感です。

髪型や服装の乱れは心の乱れにつながると考えられます。

どのような職種や企業に派遣を希望するとしても、清潔感のない髪型、服装はNGです。

ヒゲはきちんと剃る、髪は寝癖などがないか確認する、シャツにシワがないか確認する、といった点や靴下にも配慮しましょう。

スーツを着用するなら、白いソックスではなく黒やネイビー、グレーなどの靴下を履くのは常識です。

スーツに合わせた色の靴下を履くようにしましょう。

また、普段カバンを持たない人でも、A4サイズの書類が入るくらいのカバンを持つよういしましょう。

帰りに書類などを渡されることもあります。

社会人としての常識を身だしなみで判断されることもありますので、細かい点まで配慮することが大事です。

(まとめ)人材派遣の面接はツーブロックでも問題ない?

1.人材派遣の面接でツーブロックは控えた方がいいでしょう
ツーブロックはオシャレで好印象を持たれる場合と、遊び人、といった悪い印象を与えてしまう場合があります。

人材派遣の面接ではどういった企業においても好印象を与えるヘアスタイルが望ましいでしょう。

2.人材派遣の面接では好印象を与える髪型にしましょう
面接では外見の個性ではなく、内容における印象が大事です。

あまり個性的すぎる髪型は避けるようにしましょう。

また、髪型だけではなく、髪の色も黒髪にしておくことが大事です。

3.人材派遣の面接は希望する職種に合った服装で行きましょう
面接の服装は自由、といった人材派遣の面接はスーツかオフィスカジュアルがお勧めです。

希望する職種が固めであればスーツがいいでしょう。

希望する職種によって、どの程度のカジュアルがいいか、固めがいいかを判断することが大事です。

4.髪型をはじめ身だしなみには細かい点まで配慮しましょう
人材派遣の面接に行く際には、靴下の色、カバンなど細かい点まで配慮することが大事です。

シャツのシワや靴の汚れなどもキレイにして、清潔感のある身だしなみをしましょう。

人材派遣で面接に受かるコツはあるの?

人材派遣も通常の企業の面接と同様に挑みましょう

7_1
人材派遣の面接だからといって、簡単に受かることができるという安易なイメージを持つのは間違いです。

派遣だとは言っても企業側からすれば、自分の会社で働く人はきちんと厳選したいという考えを持っているでしょう。

そのため面接などを行って、自分の企業に合った人材なのかというのをチェックしていきます。

なので簡単な面接だと思わずに、自分をしっかりとアピールするということを忘れないことが大切です。

服装などと言った見た目はもちろんですが、聞かれたことにしっかりと受け答えが出来るように事前に聞かれる質問なども想定してどう答えるのか決めておくと安心して面接に挑むことができるでしょう。

人材派遣の面接は2回あるケースがあります

面接というのは緊張するものですから1回で済んで欲しいものです。

しかしながら人材派遣で働くという場合は面接が2回あるケースもあるので把握しておきましょう。

まず、1回目の面接は人材派遣をしてくれる派遣会社に登録するための面接で、比較的簡単な面接だとも言われています。

そして、人材派遣の登録が済んでもその後派遣会社から紹介してもらう企業との顔合わせて面接が行われることがあるため面接が2回になってしまうことがあるんです。

人材派遣会社に登録をする場合であっても、いい印象を与えるために面接で気を付けるべき最低限の面に関しては気を付けるようにしましょう。

また、企業との顔合わせについてはそこで働けるかどうかを決めるものになりますので特に力を入れて置きたい部分です。

企業側から採用したいと思われるようにするためにも、この企業との顔合わせと称される面接には気をつけるべき点を理解して準備を万端にしてから臨むようにすることをおすすめします。

顔合わせという言葉に油断は禁物です

顔合わせと聞くと、面接だとは思わないという方もいらっしゃるでしょう。

企業側との顔合わせと聞いて会社の上司や人事担当の人と話すだけだと思っていても行ってみると実は企業との面接だったなんて最悪のケースも考えられます。

だからこそ、人材派遣という形態で働くときに顔合わせという言葉を聞いたら面接が行われるものだと考えた方が安心です。

しっかりと面接準備が出来ていないと、面接で良い結果を残せず自分が働きたいと思った企業であっても企業側からお断りの返事がくるという良くないケースも考えられます。

そのような最悪の結果を防ぐためにも顔合わせが決まった時には、その企業の特徴を掴むためにホームページを見るなどしてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

そうすれば面接の際にどのような受け答えをすれば良いのかと言う点に関しても想定しやすいでしょう。

顔合わせと聞いて面接の準備をしっかりと出来ていれば紹介した企業で働くチャンスを逃すということも大幅に減らすことができるはずです。

面接に落ちてしまう人には理由があります

7_2
面接を受ける場合、普通の企業に就くときと同様に受かりたいという気持ちで面接を受けるはずです。

しかしながら、面接が上手くいかないと企業から断られてしまうことがあるのが現実でもあります。

では面接によって落ちてしまう場合はどのような理由が挙げられるのかご紹介します。

・質問にしっかりと答えられない
・身だしなみがしっかりしていない
・志望動機などがない
・仕事に対するモチベーションが感じられない
などと言った理由が一般的です。

こういった理由というのは、面接のときの印象や受け答えなどでそう捉えられてしまうので身だしなみや態度には気を付けなければいけません。

また、ほかの理由として嘘をついたり約束の時間を守らないなどというものもありますがその点に関しては面接だけに限ったことではないので一般常識を理解している人であれば守ることができるはずです。

面接に受かるためにも、落ちてしまう要因となる理由を覚えておいて面接をする側にマイナスの印象を与えないように気を付けましょう。

(まとめ)人材派遣で面接に受かるコツはあるの?

1.人材派遣も通常の企業の面接と同様に挑みましょう
人材派遣の面接だからと言って簡単に面接に受かるという安易な考えはおすすめしません。

自分が働きたいと思う企業で働けるようにするためにも服装や受け答えの対策をしておきましょう。

2.人材派遣の面接は2回あるケースがあります
人材派遣で働く場合、派遣会社の面接と派遣される企業側との顔合わせと呼ばれる面接で2回受けなければいけないことがあります。

特に企業側との顔合わせに関してはしっかりとした状態で臨むようにしましょう。

3.顔合わせという言葉に油断は禁物です
顔合わせをすると聞いて本当に顔合わせだと思い込むのはあまり良くないことです。

顔合わせ=面接だと考えるようにしてその日までに面接の準備をしっかりとしておきましょう。

4.面接に落ちてしまう人には理由があります
企業との顔合わせと称されている面接に受けてしまう理由として挙げられるものはいくつかあります。

面接に受かるためにもその点を把握しておいて、受かれるような態度で挑むようにしましょう。

人材派遣の面接は手ぶらでいいのか?

ビジネスバッグを持って行くべきです

7_1
人材派遣の面接では手ぶらでいくと、働く意欲が低いと見なされます。

手ぶらで行き履歴書を紙袋に入れて持って行く、などというのは良くないです。

そのために人材派遣の面接であっても手ぶらで行くべきではなく、ビジネスバッグを持って行くようにしましょう。

人材派遣の面接に行く場合は、多くの方はスーツを着用していきますので、着用するスーツの色などに合わせたビジネスバッグを持って行くとベストです。

セカンドバッグやリュックなどではなく、ビジネスバッグを持参しましょう。

定番のものとしては、色は黒であり、デザインは無地であり、A4ファイルが入る大きさのビジネスバッグです。

そして出来れば床においても倒れないような、底が安定しているタイプがよいです。

このようなビジネスバッグに、履歴書や筆記用具などを入れて、面接会場に持って行きましょう。

手ぶらでは志望動機が低いと見なされる可能性があります

面接ではどうしても、その人物の内面を十分に見ることは出来ず、見た目で判断される部分も大きいです。

服装や清潔であるかどうか、このようなことでももちろんその人物を判断されますが、面接に手ぶらで行くというのも、面接官の印象は良くありません。

最近では町中でハンドバッグ1つで歩くOLや、手ぶらのサラリーマンなどを見かけ、スマートな印象を受けます。

しかしそれは町中のことであり、これから仕事をもらおうとしにいく面接の場では不適切です。

これはいくら立派なスーツを着ていたとしても、手ぶらであればその時点で、採用の確率は低くなってしまいます。

面接のために何も用意していないというようにも見えてしまいますので、なおさら良くないです。

第一印象が大切なので、面接ではスーツを着ていくのはもちろんのこと、スーツに似合ったビジネスバッグを持って行きましょう。

邪魔にならない程度の小さめのバッグで良いので、履歴書が折らずに入るぐらいのものを用意しましょう。

そのほかに必要と思う物も持参しておくと良いです。

先に書類を送付していても鞄は持参すべきです

面接によっては、先に履歴書などを送付し、書類はすべて面接前に提出するという場合もあるでしょう。

そのような時は、すでに書類は送っているので、面接当日は手ぶらでよいと考えてはいけません。

中には手ぶらでいいと考える面接官もいますが、ビジネスバッグを持って行くのと持っていかないのでは、やはり面接官への受ける印象が変わってきます。

さらにはハンカチや携帯電話など持ち物があるのに鞄は持たず、それらをスーツに入れて歩くとがちゃがちゃ音がしては、さらに印象が悪くなります。

ビジネスバッグと同じように、面接にはメモ用紙も持って行った方が良く、これもスーツに入れるのではなく、バッグに入れて持ち歩くべきです。

働く意欲があるかどうかという意味では、面接中に内容をメモしたりする人もいますので、出来れば気になることはメモを取ると、面接官には意欲のある方だと印象づけられます。

このようなことから、面接にはメモ用紙と筆記用具も用意して持って行くのがベストでしょう。

手ぶらでは面接をスマートに行えないでしょう

7_2
ビジネスバッグなどの鞄を持っていかないということは、面接に必要な道具はすべて袋などに入れるか、スーツのポケットなどに入れて持参して、面接に臨むということになります。

もしも何かメモしないといけないようなことが出た場合に、スーツからメモ用紙を取り出して、筆記用具も取り出しメモするのは印象が良くありません、
一見するとスマートに見えますが、面接官はそのように見てくれません。

メモぐらいならまだ何とかなるとしても、もしも面接官から資料などを渡された場合はどう対応するでしょうか?
A41枚ぐらいの資料なら折りたたんで、胸ポケットなどにしまうことは可能ですが、分厚い会社の資料などを渡されると、手に持って帰るしかありません。

これは誰から見ても不格好であり、大変だらしなく見えます。

会社を出るまで手に持ったままでいないといけないので、他の社員にもあまり良い印象は与えないでしょう。

このようなことがありますでの、あらゆるケースを想定して対応できるように、面接ではビジネスバッグを持って行くようにしましょう。

(まとめ)人材派遣の面接は手ぶらでいいのか?

1.ビジネスバッグを持って行くべきです
人材派遣の面接であっても、ビジネスバッグを1つ持って行くべきです。

それに履歴書や筆記用具などを入れておき、そうすれば履歴書は汚れずに済み、面接で何かあったときに対応できるので良いのです。

2.手ぶらでは志望動機が低いと見なされる可能性があります
面接では第一印象や外見で、その人物を判断されることも多いです。

そこで面接に何も持たず手ぶらで行くということは、志望動機が低いと見なされてしまい、面接官の受ける印象は悪くなります。

3.先に書類を送付していても鞄は持参すべきです
もしも面接前に履歴書などの書類を会社に送付していたとしても、面接当日はビジネスバッグを持って行きましょう。

その方が面接官への印象が良くなり、働く意欲もあるというように見てもらえます。

4.手ぶらでは面接をスマートに行えないでしょう
もしも面接で手ぶらで行った場合は、面接官から分厚い資料を渡されると、それは手に持って帰らないとなりません。

それは大変だらしなく見えますので、そうならないようにビジネスバッグは必ず持って行きましょう。

人材派遣の面接は当日キャンセルしちゃいけない?

緊急の用事ならば可能ではありますが、基本的には避けましょう

fa75fa2d68e06abb34a1f13420bf3b44_s
人材派遣に限った話ではなく、正社員の面接でもパートやアルバイトの面接についても同じことが言えますが、アポを当日キャンセルすることは基本的には不可能です。

家族が危篤で向かわなければならない、親戚などの身内の不幸が重なってしまったために面接ではなくそちらを優先しなければならないなど、緊急の用事がある場合には当日キャンセルすることも可能ではありますが、あまり好まれるようなことではありませんので、キャンセルしない努力を最大限に行うことが必要となります。

自分勝手に申し込むだけ申し込んでおいて、それではいざ面接の日取りについての話になると、その日は遊ぶ予定が既に入っていたから避けたいなどと再び勝手を持ち出す。

これでは良い企業、良い仕事との出会い、チャンスはますます手元から遠のいてしまうことになり、自分のためにもなりません。

面接の当日キャンセルは多くの人に迷惑をかけることになります

マナーの定義付けは難しいものですが、この言葉の一要素に「他人に迷惑がかかるかどうか」という意味合いやニュアンスが含まれることは確かで、面接を当日キャンセルすることはこういった意味でのマナー違反に通ずる部分もあります。

つまり元々あった予定がドタキャンされてしまったのと同じで、キャンセルする側は自分なりの用事が済ませられるかもしれませんが、相手は予定を大幅に変更しなければならず、これを嫌う人がいても当然です。

また友人関係の間ならばまだしも、社会人との付き合いの中でドタキャンをしてしまうと、まずは面接を入れていた企業の計画を大幅に変更させることになってしまいますし、派遣会社としてもビジネスパートナーである企業との付き合いが変化してしまうため迷惑がかかることになります。

企業側としては本来行うはずだった仕事ができなくなってしまったことによって不利益が発生してしまいますし、派遣会社としてもリスクを背負わなければならなくなるため、当日キャンセルはできる限りしないべきであると言えます。

当日キャンセルをする場合は、すぐに関係者に事情を説明してお詫びをしましょう

e25b35fdffeab18f4b9e39565a2f56d2_s
関係者に迷惑がかかるため、できる限りキャンセルしないように努力はするべきですが、それでも不測の事態は起こり得ます。

それでは当日キャンセルをしたい場合にはどのような行動を取れば良いのでしょうか。

真っ先に行うべきなのは、関係者に連絡をして事情を説明するということです。

お詫びをすることも勿論重要ではありますが、事情を説明すれば分かってくれるかもしれませんし、新たにチャンスをくれる可能性もあります。

それでは面接の予定を繰り上げてみますか、という話が出ることもありますし、担当者の目に有能な人材と映ったならば多少の融通は利かせてくれるかもしれません。

連絡の方法については電話を選んだ方が良いでしょう。

メールは定期的に読むことになるものの、必ずリアルタイムで送った瞬間に読まれるものではありませんので、電話で派遣会社の担当者に話すべきです。

派遣の場合は派遣会社にも迷惑がかかる可能性があります

人材派遣会社に登録して企業を紹介してもらった上で面接を受けるのは、正社員やアルバイトの面接のように企業と自分の二者間で行われるものではなく、そこに人材派遣会社も含めた三者間での話し合いになるため、通常とは少し異なります。

二者間の問題であれば、これもあってはいけない話ではありますが、連絡を取らずに面接に行かなくても今後その企業と付き合うことはありませんので問題も発生しにくいのですが、人材派遣会社を含めた三者間の場合には人材派遣会社と企業の間の信頼関係もあるため、嫌だからといったような身勝手な理由で面接を避けてしまうと大きな問題が発生してしまいがちです。

自分ではなく他の人を雇うだろうからいいだろう、といった身勝手な考えは、自分と登録している人材派遣会社との関係も悪化させることにもつながりますので注意しなければなりません。

(まとめ)人材派遣の面接は当日キャンセルしちゃいけない?

1.緊急の用事ならば可能ではありますが、基本的には避けましょう
面接の当日キャンセルは緊急の用事が割り込みで入ってきた場合のみ可能ではありますが、基本的にはキャンセルすることはできないので注意しましょう。

自分の都合で全てが決まるなどということはあり得ません。

2.面接の当日キャンセルは多くの人に迷惑をかけることになります
面接を当日キャンセルすることはビジネスマナーに反することになります。

約束が守られていた場合に本来するべきだった仕事ができなくなれば、企業側としても不利益につながるため、キャンセルは可能な限りするべきではありません。

3.当日キャンセルをする場合は、すぐに関係者に事情を説明してお詫びをしましょう
もしも当日キャンセルをしなければならない状況の場合には、まず真っ先に派遣会社の担当者と先方へ連絡を取って事情を説明する必要があります。メールではなく電話を用いて連絡を入れましょう。

4.派遣の場合は派遣会社にも迷惑がかかる可能性があります
派遣会社から企業へと派遣されて働く前に行われる面接は、正社員やアルバイトの面接のように二者間での話ではなく、自分と企業と派遣会社との三者間での話となるため、少し特殊です。

人材派遣の面接で得意なことを聞かれたら?

はっきり自分の得意なこと・長所を伝えましょう

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-150415282144
人材派遣の面接で得意なこと・長所について聞かれることがあります。

その時はまず、「私の得意なことは○○です。」 「私の長所は○○です。」 「私は○○には自信があります。」とはっきりと結論を伝えましょう。

そうすることで面接官は、話の要点をつかむことが出来ます。

ですが、ここで注意したい点は表現が抽象的だと自分の得意なことや長所が伝わりません。

例えば、「私の得意なことは周りに合わせられることです。」

これだけだと協調性があるのか、それとも決定できない人なのか分かりづらく、得意なこと・長所が伝わりにくく感じます。

人材派遣の面接ではこれらに具体的な言葉を加えて説明すると、より一層あなたの良い点が引き出されるでしょう。

例:「私の得意なことは周りに合わせられることです。物事を成し遂げるために周りの人と一致協力することが出来ます。」
このように具体的な言葉を加えることで、面接官はあなたの長所を把握しやすくなります。

人材派遣の面接ではあいまいな表現ではなく、具体的な言葉で自分の得意なことを説明しましょう。

活躍できる人材かどうかを確認する意図があります

人材派遣の面接でなぜ得意なこと・長所を聞かれるのでしょうか?
それはその人が活躍できる人物かどうか確認したいという意図があります。

どの会社にも今求めている人材があるので、「得意なことは何ですか」という質問を通して、会社が求めている人材に合っているかを見極めたいのです。

ではどのように答えられるのでしょうか?

自分の得意なこと・長所を述べればいいのですが、方向性が違ってしまうと何の意味もありません。

ここでいう得意なこと・長所は、その会社が求めていることです。

会社によっては求めていることが全く違うことがあるでしょう。

求めていること、つまり仕事の資質と能力の種類にもいろいろあります。

例えば、自己制御力、積極性、チャレンジ精神、創造力、実行力、状況判断力、問題解決能力、コミュニケーション能力、協調性などです。

ですから、会社の求めていることを理解したうえで、自分のアピールする部分を決める必要があります。

会社の求めていることを完全に理解するのは難しいかもしれませんが、会社の仕事を理解することによってある程度推測することはできるかもしれません。

例えば、営業職であれば「コミュニケーション能力」 「対人関係力」が求められてきます。

このように会社の求められていることを勉強して、得意なこと・長所を考えましょう。

得意なこと・長所を話すときにはセットで話しましょう

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-lig_soregaichibandaijis
人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所を聞かれた時に、まず結論を伝えることは先ほど話しました。

そのときに得意なこと・長所が分かる少しのエピソードも加えて話してください。

このエピソードと一緒に自分の得意なこと・長所を話さないと、面接官はそれが本当なのか分かりません。

例えば、自分の友人が○○を特技と言っても、それがいかにすごいことでも見るまでは信用しないのと同じです。

人材派遣の面接官に信用してもらうためには、それが分かる具体的なエピソードが必要になります。

ではどのように伝えれば良いのでしょうか?

・どんなことにチャレンジしたのか?
・それを達成するためにどんな努力をしたのか?
・どんな成果があったか?
・そのことから何を学び・得たのか?

この構成で話すなら、人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所を生き生きと伝えられるはずです。

さらにこの得意なこと・長所をどのように会社で活かすことが出来るかも伝えましょう。

会社としては、この人がどのように貢献してくれるのかが最も重要です。

自分の得意なこと・長所を活かして○○○のように働きたいということを伝えることができます。

このように相手に自分の得意なこと・長所がイメージしやすいように話しましょう。

アピールする得意なこと・長所は発揮されているものにしましょう

人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所を伝えるときは、すでに自分が何度も行っていること・発揮出来ていることにしましょう。

面接に来る人の中には、会社が求めることを意識しすぎてあまり得意ではないことを無理矢理アピールする人がいます。

ですがそれはあたかもこじつけのように聞こえますし、かっこよく作られたエピソードもやがて質問によってばれてしまうでしょう。

最初は答えられていてもやがて止まってしまうこともあるかもしれません。

無理矢理アピールしても、評価されるわけではないのであまり良いとは言えません。

ですから人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所をアピールするときは、本当にあるエピソードにしましょう。

面接官の心を動かすのは、自分が何度も行っていること・発揮出来ていること、つまり本当の得意なこと・長所です。

例えば「何かを継続する力」が得意な人は、今までの歩みのなかで「継続する力」が必要な場面があったことでしょう。

是非自分の得意なこと・長所を振り返ってみて本当のエピソードを探してください。

(まとめ)人材派遣の面接で得意なことを聞かれたら?

1.はっきり自分の得意なこと・長所を伝えましょう
人材派遣の面接で得意なことを聞かれたら、まずは面接官に話の要点が伝わるように話しましょう。

そのときにはあいまいな表現ではなく、具体的な言葉を使って自分の得意なこと・長所を説明しましょう。

2.活躍できる人材かどうかを確認する意図があります
ただ自分の得意なこと・長所を述べるのではなく、その会社の求めていることを理解できるように勉強しましょう。

それを理解したうえで自分のアピールする部分を決めることにしましょう。

3.得意なこと・長所を話すときにはセットで話しましょう
人材自分の得意なこと・長所を話すときはセットでエピソードも話しましょう。

そしてそれを活かしてどのように会社で貢献できるかも伝えるようにします。

そうすると相手は自分の得意なこと・長所をイメージしやすくなります。

4.アピールする得意なこと・長所は発揮されているものにしましょう
面接でアピールする得意なこと・長所は実際に発揮されているものにしましょう。

無理矢理アピールしても評価されません。

自分の人生を振り返って本当の長所を見つけましょう。

1 2 3