Category Archives: 面接の豆知識

人材派遣の面接はツーブロックでも問題ない?

人材派遣の面接でツーブロックは控えた方がいいでしょう


男性のヘアスタイルで人気のあるツーブロックですが、人材派遣の面接では控えた方がいいでしょう。
ツーブロックというのはトップの髪は長めでサイドと襟足を短くしたヘアスタイルです。

モデルや俳優がしているヘアスタイルで人気のある髪型です。
そのため多くの男性がしている髪型でもあります。

しかし人材派遣の面接となると、注意しなければなりません。
なぜならツーブロックは遊び人、軽い、個性が強すぎるなどといった印象を持つ人もいるからです。

ただしオシャレでこだわりがある、個性を出していていい、といった好印象にとらえられる場合もあります。

両極端な印象を与えてしまう髪型は、特定の企業であれば問題ないかもしれませんが、固いイメージの企業や年配の方が多く若者のオシャレを受け入れられない、という気風の企業ではNGとなってしまうでしょう。

人材派遣では、どういった企業に派遣されるかは面接の時点では分かりません。
面接ではどのような企業においても配属されるヘアスタイルであることが大事です。

人材派遣の面接では好印象を与える髪型にしましょう


ツーブロックといっても長さや短くする範囲、場所によって印象が変わります。
髪型がツーブロックであっても個性的すぎず、刈り上げなどをしていない場合は、さわやかで好印象を与えるケースもあります。

それであれば、問題はないでしょう。
面接で印象づけることは大切なことですが、それは話の内容であり外見ではありません。

いくらオシャレでも、人材として活かせる人でなければ安心して企業に派遣することはできません。
人材派遣の面接で個性を出すという点をはき違えないようにしましょう。

人材派遣の面接における髪型は、さわやかで好印象を与えることが大事です。
ツーブロックなどの髪型にも注意が必要ですが、髪の色にも注意しましょう。

男性は黒髪にしておきましょう。
営業職などはとくに茶髪ではいけない、という企業もあります。

人材派遣の面接では髪の色にも注意しましょう。

人材派遣の面接は希望する職種に合った服装で行きましょう

人材派遣の面接では、「服装は自由です」という場合もあります。
人材派遣の会社によって、その意味はいろいろです。

本当に服装はどのような恰好をしていても面接の合否には関係せず、話してみた印象で決める、という人材派遣会社もあれば、「服装自由」と言っておいて、その人の社会人としての判断力を見る、というケースもあります。

無難なのはスーツ、もしくはオフィスカジュアルです。
ジーンズや短パンは避けた方がいいでしょう。

希望する職種が営業職やホテル・百貨店での接客業・管理職希望などといった場合は、スーツで行くのが望ましいでしょう。

一方で製造業や運送業など希望する場合は、カジュアルな格好でもマイナスにはならないでしょう。

人材派遣の面接において服装も注意すべき点ですが、清潔感が重要です。
スーツを着用していても、袖や襟が汚れていては清潔な印象とは言えません。

靴も泥がついていないか確認し、きれいにしてから面接にのぞみましょう。

髪型をはじめ身だしなみには細かい点まで配慮しましょう

特定の企業の面接と比べると人材派遣の面接の方が、緊張が緩む人もいるでしょう。
たしかに人材派遣の面接では、スーツでなくてはならない、ということもありません。

髪型も個性を重視する企業への派遣を希望するなら、マイナスになるとは限りません。
しかし人材派遣の面接においても配慮したいのは、清潔感です。

髪型や服装の乱れは心の乱れにつながると考えられます。
どのような職種や企業に派遣を希望するとしても、清潔感のない髪型、服装はNGです。

ヒゲはきちんと剃る、髪は寝癖などがないか確認する、シャツにシワがないか確認する、といった点や靴下にも配慮しましょう。

スーツを着用するなら、白いソックスではなく黒やネイビー、グレーなどの靴下を履くのは常識です。
スーツに合わせた色の靴下を履くようにしましょう。

また普段カバンを持たない人でも、A4サイズの書類が入るくらいのカバンを持つようにしましょう。
帰りに書類などを渡されることもあります。

社会人としての常識を身だしなみで判断されることもありますので、細かい点まで配慮することが大事です。

(まとめ)人材派遣の面接はツーブロックでも問題ない?

1.人材派遣の面接でツーブロックは控えた方がいいでしょう
ツーブロックはオシャレで好印象を持たれる場合と、遊び人といった悪い印象を与えてしまう場合があります。

人材派遣の面接ではどういった企業においても好印象を与えるヘアスタイルが望ましいでしょう。

2.人材派遣の面接では好印象を与える髪型にしましょう
面接では外見の個性ではなく、内容における印象が大事です。

あまり個性的すぎる髪型は避けるようにしましょう。
また髪型だけではなく、髪の色も黒髪にしておくことが大事です。

3.人材派遣の面接は希望する職種に合った服装で行きましょう
面接の服装は自由、といった人材派遣の面接はスーツかオフィスカジュアルがお勧めです。

希望する職種が固めであればスーツがいいでしょう。
希望する職種によって、どの程度のカジュアルがいいか、固めがいいかを判断することが大事です。

4.髪型をはじめ身だしなみには細かい点まで配慮しましょう
人材派遣の面接に行く際には、靴下の色・カバンなど細かい点まで配慮することが大事です。

シャツのシワや靴の汚れなどもキレイにして、清潔感のある身だしなみをしましょう。

人材派遣で面接に受かるコツはあるの?

人材派遣も通常の企業の面接と同様に挑みましょう

7_1
人材派遣の面接だからといって、簡単に受かることができるという安易なイメージを持つのは間違いです。
派遣だとは言っても企業側からすれば、自分の会社で働く人はきちんと厳選したいという考えを持っているでしょう。

そのため面接などを行って、自分の企業に合った人材なのかというのをチェックしていきます。
なので簡単な面接だと思わずに、自分をしっかりとアピールするということを忘れないことが大切です。

服装などと言った見た目はもちろんですが、聞かれたことにしっかりと受け答えが出来るように事前に聞かれる質問なども想定してどう答えるのか決めておくと安心して面接に挑むことができるでしょう。

人材派遣の面接は2回あるケースがあります

面接というのは緊張するものですから1回で済んで欲しいものです。
しかしながら人材派遣で働くという場合は面接が2回あるケースもあるので把握しておきましょう。

まず1回目の面接は、人材派遣をしてくれる派遣会社に登録するための面接で、比較的簡単な面接だとも言われています。

そして人材派遣の登録が済んでも、その後派遣会社から紹介してもらう企業との顔合わせて面接が行われることがあるため、面接が2回になってしまうことがあるのです。

人材派遣会社に登録をする場合であっても、よい印象を与えるために面接で気を付けるべき最低限の面に関しては気を付けるようにしましょう。

また企業との顔合わせについては、そこで働けるかどうかを決めるものになりますのでとくに力を入れておきたい部分です。

企業側から採用したいと思われるようにするためにも、この企業との顔合わせと称される面接には気をつけるべき点を理解して準備を万端にしてから臨むようにすることをおすすめします。

顔合わせという言葉に油断は禁物です

顔合わせと聞くと、面接だとは思わないという方もいらっしゃるでしょう。

企業側との顔合わせと聞いて会社の上司や人事担当の人と話すだけだと思っていても行ってみると実は企業との面接だったなんて最悪のケースも考えられます。

だからこそ、人材派遣という形態で働くときに顔合わせという言葉を聞いたら面接が行われるものだと考えた方が安心です。

しっかりと面接準備が出来ていないと、面接でよい結果を残せず自分が働きたいと思った企業であっても、企業側からお断りの返事がくるという良くないケースも考えられます。

そのような最悪の結果を防ぐためにも顔合わせが決まった時には、その企業の特徴を掴むためにホームページを見るなどしてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

そうすれば面接の際に、どのような受け答えをすればよいのかという点に関しても想定しやすいでしょう。

顔合わせと聞いて面接の準備をしっかりと出来ていれば、紹介した企業で働くチャンスを逃すということも大幅に減らすことができるはずです。

面接に落ちてしまう人には理由があります

7_2
面接を受ける場合、普通の企業に就くときと同様に受かりたいという気持ちで面接を受けるはずです。
しかしながら、面接が上手くいかないと企業から断られてしまうことがあるのが現実でもあります。

では面接によって落ちてしまう場合はどのような理由が挙げられるのかご紹介します。

・質問にしっかりと答えられない
・身だしなみがしっかりしていない
・志望動機などがない
・仕事に対するモチベーションが感じられない
などと言った理由が一般的です。

こういった理由というのは、面接のときの印象や受け答えなどでそう捉えられてしまうので身だしなみや態度には気を付けなければいけません。

またほかの理由として嘘をついたり約束の時間を守らないなどというものもありますが、その点に関しては面接だけに限ったことではないので一般常識を理解している人であれば守ることができるはずです。

面接に受かるためにも、落ちてしまう要因となる理由を覚えておいて面接をする側にマイナスの印象を与えないように気を付けましょう。

(まとめ)人材派遣で面接に受かるコツはあるの?

1.人材派遣も通常の企業の面接と同様に挑みましょう
人材派遣の面接だからと言って簡単に面接に受かるという安易な考えはおすすめしません。

自分が働きたいと思う企業で働けるようにするためにも服装や受け答えの対策をしておきましょう。

2.人材派遣の面接は2回あるケースがあります
人材派遣で働く場合、派遣会社の面接と派遣される企業側との顔合わせと呼ばれる面接で2回受けなければいけないことがあります。

とくに企業側との顔合わせに関してはしっかりとした状態で臨むようにしましょう。

3.顔合わせという言葉に油断は禁物です
顔合わせをすると聞いて、本当に顔合わせだと思い込むのはあまり良くないことです。

顔合わせ=面接だと考えるようにしてその日までに面接の準備をしっかりとしておきましょう。

4.面接に落ちてしまう人には理由があります
企業との顔合わせと称されている面接に受けてしまう理由として挙げられるものはいくつかあります。

面接に受かるためにもその点を把握しておいて、受かれるような態度で挑むようにしましょう。

人材派遣の面接は手ぶらでいいのか?

ビジネスバッグを持って行くべきです

7_1
人材派遣の面接では手ぶらでいくと、働く意欲が低いと見なされます。
手ぶらで行き履歴書を紙袋に入れて持って行く、などというのは良くないです。

そのために人材派遣の面接であっても手ぶらで行くべきではなく、ビジネスバッグを持って行くようにしましょう。

人材派遣の面接に行く場合は、多くの方はスーツを着用していきますので、着用するスーツの色などに合わせたビジネスバッグを持って行くとベストです。

セカンドバッグやリュックなどではなく、ビジネスバッグを持参しましょう。
定番のものとしては、色は黒であり、デザインは無地であり、A4ファイルが入る大きさのビジネスバッグです。

そして出来れば床においても倒れないような、底が安定しているタイプがよいです。

このようなビジネスバッグに、履歴書や筆記用具などを入れて、面接会場に持って行きましょう。

手ぶらでは志望動機が低いと見なされる可能性があります

面接ではどうしても、その人物の内面を十分に見ることは出来ず、見た目で判断される部分も大きいです。

服装や清潔であるかどうか、このようなことでももちろんその人物を判断されますが、面接に手ぶらで行くというのも、面接官の印象は良くありません。

最近では町中でハンドバッグ1つで歩くOLや、手ぶらのサラリーマンなどを見かけ、スマートな印象を受けます。

しかしそれは町中のことであり、これから仕事をもらおうとしにいく面接の場では不適切です。

これはいくら立派なスーツを着ていたとしても、手ぶらであればその時点で、採用の確率は低くなってしまいます。

面接のために何も用意していないというようにも見えてしまいますので、なおさら良くないです。

第一印象が大切なので、面接ではスーツを着ていくのはもちろんのこと、スーツに似合ったビジネスバッグを持って行きましょう。

邪魔にならない程度の小さめのバッグでよいので、履歴書が折らずに入るぐらいのものを用意しましょう。
そのほかに必要と思う物も持参しておくとよいです。

先に書類を送付していても鞄は持参すべきです

面接によっては、先に履歴書などを送付し、書類はすべて面接前に提出するという場合もあるでしょう。

そのような時は、すでに書類は送っているので、面接当日は手ぶらでよいと考えてはいけません。

中には手ぶらでいいと考える面接官もいますが、ビジネスバッグを持って行くのと持っていかないのでは、やはり面接官への受ける印象が変わってきます。

さらにはハンカチや携帯電話など持ち物があるのに鞄は持たず、それらをスーツに入れて歩くとがちゃがちゃ音がしては、さらに印象が悪くなります。

ビジネスバッグと同じように、面接にはメモ用紙も持って行った方が良く、これもスーツに入れるのではなくバッグに入れて持ち歩くべきです。

働く意欲があるかどうかという意味では、面接中に内容をメモしたりする人もいますので、出来れば気になることはメモを取ると、面接官には意欲のある方だと印象づけられます。

このようなことから、面接にはメモ用紙と筆記用具も用意して持って行くのがベストでしょう。

手ぶらでは面接をスマートに行えないでしょう

7_2
ビジネスバッグなどの鞄を持っていかないということは、面接に必要な道具はすべて袋などに入れるか、スーツのポケットなどに入れて持参して、面接に臨むということになります。

もしも何かメモしないといけないようなことが出た場合に、スーツからメモ用紙を取り出して、筆記用具も取り出しメモするのは印象が良くありません。

一見するとスマートに見えますが、面接官はそのように見てくれません。

メモぐらいならまだ何とかなるとしても、もしも面接官から資料などを渡された場合はどう対応するでしょうか?

A41枚ぐらいの資料なら折りたたんで胸ポケットなどにしまうことは可能ですが、分厚い会社の資料などを渡されると、手に持って帰るしかありません。

これは誰から見ても不格好であり、大変だらしなく見えます。
会社を出るまで手に持ったままでいないといけないので、他の社員にもあまりよい印象は与えないでしょう。

このようなことがありますでの、あらゆるケースを想定して対応できるように、面接ではビジネスバッグを持って行くようにしましょう。

(まとめ)人材派遣の面接は手ぶらでいいのか?

1.ビジネスバッグを持って行くべきです
人材派遣の面接であっても、ビジネスバッグを1つ持って行くべきです。

それに履歴書や筆記用具などを入れておき、そうすれば履歴書は汚れずに済み、面接で何かあったときに対応できるのでよいのです。

2.手ぶらでは志望動機が低いと見なされる可能性があります
面接では第一印象や外見で、その人物を判断されることも多いです。

そこで面接に何も持たず手ぶらで行くということは、志望動機が低いと見なされてしまい、面接官の受ける印象は悪くなります。

3.先に書類を送付していても鞄は持参すべきです
もしも面接前に履歴書などの書類を会社に送付していたとしても、面接当日はビジネスバッグを持って行きましょう。

その方が面接官への印象が良くなり、働く意欲もあるというように見てもらえます。

4.手ぶらでは面接をスマートに行えないでしょう
もしも面接で手ぶらで行った場合は、面接官から分厚い資料を渡されると、それは手に持って帰らないとなりません。

それは大変だらしなく見えますので、そうならないようにビジネスバッグは必ず持って行きましょう。

人材派遣の面接は当日キャンセルしちゃいけない?

緊急の用事ならば可能ではありますが、基本的には避けましょう

fa75fa2d68e06abb34a1f13420bf3b44_s
人材派遣に限った話ではなく、正社員の面接でもパートやアルバイトの面接についても同じことが言えますが、アポを当日キャンセルすることは基本的には不可能です。

家族が危篤で向かわなければならない、親戚などの身内の不幸が重なってしまったために面接ではなくそちらを優先しなければならないなど、緊急の用事がある場合には当日キャンセルすることも可能ではありますが、あまり好まれるようなことではありませんので、キャンセルしない努力を最大限に行うことが必要となります。

自分勝手に申し込むだけ申し込んでおいて、それではいざ面接の日取りについての話になると、その日は遊ぶ予定が既に入っていたから避けたいなどと再び勝手を持ち出す。

これではよい企業、よい仕事との出会い、チャンスはますます手元から遠のいてしまうことになり、自分のためにもなりません。

面接の当日キャンセルは多くの人に迷惑をかけることになります

マナーの定義付けは難しいものですが、この言葉の一要素に「他人に迷惑がかかるかどうか」という意味合いやニュアンスが含まれることはたしかで、面接を当日キャンセルすることはこういった意味でのマナー違反に通ずる部分もあります。

つまりもともとあった予定がドタキャンされてしまったのと同じで、キャンセルする側は自分なりの用事が済ませられるかもしれませんが、相手は予定を大幅に変更しなければならず、これを嫌う人がいても当然です。

また友人関係の間ならばまだしも、社会人との付き合いの中でドタキャンをしてしまうと、まずは面接を入れていた企業の計画を大幅に変更させることになってしまいますし、派遣会社としてもビジネスパートナーである企業との付き合いが変化してしまうため迷惑がかかることになります。

企業側としては本来行うはずだった仕事ができなくなってしまったことによって不利益が発生してしまいますし、派遣会社としてもリスクを背負わなければならなくなるため、当日キャンセルはできる限りしないべきであると言えます。

当日キャンセルをする場合は、すぐに関係者に事情を説明してお詫びをしましょう

e25b35fdffeab18f4b9e39565a2f56d2_s
関係者に迷惑がかかるため、できる限りキャンセルしないように努力はするべきですが、それでも不測の事態は起こり得ます。

それでは当日キャンセルをしたい場合にはどのような行動を取ればよいのでしょうか。
真っ先に行うべきなのは、関係者に連絡をして事情を説明するということです。

お詫びをすることも勿論重要ではありますが、事情を説明すれば分かってくれるかもしれませんし、新たにチャンスをくれる可能性もあります。

それでは面接の予定を繰り上げてみますか、という話が出ることもありますし、担当者の目に有能な人材と映ったならば多少の融通は利かせてくれるかもしれません。

連絡の方法については電話を選んだ方がよいでしょう。

メールは定期的に読むことになるものの、必ずリアルタイムで送った瞬間に読まれるものではありませんので、電話で派遣会社の担当者に話すべきです。

派遣の場合は派遣会社にも迷惑がかかる可能性があります

人材派遣会社に登録して企業を紹介してもらった上で面接を受けるのは、正社員やアルバイトの面接のように企業と自分の二者間で行われるものではなく、そこに人材派遣会社も含めた三者間での話し合いになるため、通常とは少し異なります。

二者間の問題であれば、これもあってはいけない話ではありますが、連絡を取らずに面接に行かなくても今後その企業と付き合うことはありませんので問題も発生しにくいのですが、人材派遣会社を含めた三者間の場合には人材派遣会社と企業の間の信頼関係もあるため、嫌だからといったような身勝手な理由で面接を避けてしまうと大きな問題が発生してしまいがちです。

自分ではなく他の人を雇うだろうからいいだろう、といった身勝手な考えは、自分と登録している人材派遣会社との関係も悪化させることにもつながりますので注意しなければなりません。

(まとめ)人材派遣の面接は当日キャンセルしちゃいけない?

1.緊急の用事ならば可能ではありますが、基本的には避けましょう
面接の当日キャンセルは緊急の用事が割り込みで入ってきた場合のみ可能ではありますが、基本的にはキャンセルすることはできないので注意しましょう。

自分の都合ですべてが決まるなどということはあり得ません。

2.面接の当日キャンセルは多くの人に迷惑をかけることになります
面接を当日キャンセルすることはビジネスマナーに反することになります。

約束が守られていた場合に本来するべきだった仕事ができなくなれば、企業側としても不利益につながるため、キャンセルは可能な限りするべきではありません。

3.当日キャンセルをする場合は、すぐに関係者に事情を説明してお詫びをしましょう
もしも当日キャンセルをしなければならない状況の場合には、まず真っ先に派遣会社の担当者と先方へ連絡を取って事情を説明する必要があります。メールではなく電話を用いて連絡を入れましょう。

4.派遣の場合は派遣会社にも迷惑がかかる可能性があります
派遣会社から企業へと派遣されて働く前に行われる面接は、正社員やアルバイトの面接のように二者間での話ではなく、自分と企業と派遣会社との三者間での話となるため、少し特殊です。

人材派遣の面接で得意なことを聞かれたら?

はっきり自分の得意なこと・長所を伝えましょう

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-150415282144
人材派遣の面接で得意なこと・長所について聞かれることがあります。

その時はまず、「私の得意なことは○○です。」 「私の長所は○○です。」 「私は○○には自信があります。」とはっきりと結論を伝えましょう。

そうすることで面接官は、話の要点をつかむことが出来ます。
ですがここで注意したい点は表現が抽象的だと自分の得意なことや長所が伝わりません。

たとえば「私の得意なことは周りに合わせられることです。」

これだけだと協調性があるのか、それとも決定できない人なのか分かりづらく、得意なこと・長所が伝わりにくく感じます。

人材派遣の面接ではこれらに具体的な言葉を加えて説明すると、より一層あなたの良い点が引き出されるでしょう。

例:「私の得意なことは周りに合わせられることです。物事を成し遂げるために周りの人と協力することが出来ます。」
このように具体的な言葉を加えることで、面接官はあなたの長所を把握しやすくなります。

人材派遣の面接ではあいまいな表現ではなく、具体的な言葉で自分の得意なことを説明しましょう。

活躍できる人材かどうかを確認する意図があります

人材派遣の面接でなぜ得意なこと・長所を聞かれるのでしょうか?
それはその人が活躍できる人物かどうか確認したいという意図があります。

どの会社にも今求めている人材があるので、「得意なことは何ですか」という質問を通して、会社が求めている人材に合っているかを見極めたいのです。

ではどのように答えられるのでしょうか?

自分の得意なこと・長所を述べればいいのですが、方向性が違ってしまうと何の意味もありません。

ここでいう得意なこと・長所は、その会社が求めていることです。
会社によっては求めていることが全く違うことがあるでしょう。

求めていること、つまり仕事の資質と能力の種類にもいろいろあります。

たとえば自己制御力・積極性・チャレンジ精神・創造力・実行力・状況判断力・問題解決能力・コミュニケーション能力・協調性などです。

ですから会社の求めていることを理解したうえで、自分のアピールする部分を決める必要があります。

会社の求めていることを完全に理解するのは難しいかもしれませんが、会社の仕事を理解することによってある程度推測することはできるかもしれません。

たとえば営業職であれば「コミュニケーション能力」「対人関係力」が求められてきます。

このように会社の求められていることを勉強して、得意なこと・長所を考えましょう。

得意なこと・長所を話すときにはセットで話しましょう

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-lig_soregaichibandaijis
人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所を聞かれた時に、まず結論を伝えることは先ほど話しました。

そのときに得意なこと・長所が分かる少しのエピソードも加えて話してください。
このエピソードと一緒に自分の得意なこと・長所を話さないと、面接官はそれが本当なのか分かりません。

たとえば自分の友人が○○を特技と言っても、それがいかにすごいことでも見るまでは信用しないのと同じです。

人材派遣の面接官に信用してもらうためには、それが分かる具体的なエピソードが必要になります。

ではどのように伝えればよいのでしょうか?

・どんなことにチャレンジしたのか?
・それを達成するためにどんな努力をしたのか?
・どんな成果があったか?
・そのことから何を学び・得たのか?

この構成で話すなら、人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所を生き生きと伝えられるはずです。

さらにこの得意なこと・長所をどのように会社で活かすことが出来るかも伝えましょう。

会社としては、この人がどのように貢献してくれるのかが最も重要です。

自分の得意なこと・長所を活かして○○○のように働きたいということを伝えることができます。
このように相手に自分の得意なこと・長所がイメージしやすいように話しましょう。

アピールする得意なこと・長所は発揮されているものにしましょう

人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所を伝えるときは、すでに自分が何度も行っていること・発揮出来ていることにしましょう。

面接に来る人の中には、会社が求めることを意識しすぎてあまり得意ではないことを無理矢理アピールする人がいます。

ですがそれはあたかもこじつけのように聞こえますし、かっこよく作られたエピソードもやがて質問によってばれてしまうでしょう。

最初は答えられていてもやがて止まってしまうこともあるかもしれません。
無理矢理アピールしても、評価されるわけではないのであまりよいとは言えません。

ですから人材派遣の面接で自分の得意なこと・長所をアピールするときは、本当にあるエピソードにしましょう。

面接官の心を動かすのは、自分が何度も行っていること・発揮出来ていること、つまり本当の得意なこと・長所です。

たとえば「何かを継続する力」が得意な人は、今までの歩みのなかで「継続する力」が必要な場面があったことでしょう。
是非自分の得意なこと・長所を振り返ってみて本当のエピソードを探してください。

(まとめ)人材派遣の面接で得意なことを聞かれたら?

1.はっきり自分の得意なこと・長所を伝えましょう
人材派遣の面接で得意なことを聞かれたら、まずは面接官に話の要点が伝わるように話しましょう。

そのときにはあいまいな表現ではなく、具体的な言葉を使って自分の得意なこと・長所を説明しましょう。

2.活躍できる人材かどうかを確認する意図があります
ただ自分の得意なこと・長所を述べるのではなく、その会社の求めていることを理解できるように勉強しましょう。

それを理解したうえで自分のアピールする部分を決めることにしましょう。

3.得意なこと・長所を話すときにはセットで話しましょう
自分の得意なこと・長所を話すときはセットでエピソードも話しましょう。

そしてそれを活かしてどのように会社で貢献できるかも伝えるようにします。
そうすると相手は自分の得意なこと・長所をイメージしやすくなります。

4.アピールする得意なこと・長所は発揮されているものにしましょう
面接でアピールする得意なこと・長所は実際に発揮されているものにしましょう。

無理矢理アピールしても評価されません。
自分の人生を振り返って本当の長所を見つけましょう。

人材派遣の面接で趣味を聞かれた時の答え方は?

人材派遣の面接で趣味を聞かれたら、志望職種に発展していくことができるような答え方ができる趣味を回答しましょう

ddab98c23d53bb6bf73e95de4cb58097_s
人材派遣の面接で趣味は何ですか?と聞かれた場合、希望する職種と関連がある趣味や志望動機に繋がる話に発展できる趣味を回答しましょう。

面接では色々な質問がされますから、採用につながる答え方をしたいと思うでしょう。

どのような趣味を答えてもいいですし、素直に本当の自分の趣味を答えてもいいのですが、やはり本当の趣味であっても答え方によっては採用が見送りになる場合があります。

リスクがかかってくる趣味もありますので、回答をするときには十分注意をする必要があるのです。

正直に答えない方がいい印象の悪い趣味

人材派遣の面接では色々なことが決まれますが、「あなたの趣味は何ですか」という質問もあります。

この時に正直に答えない方がいい印象の悪い趣味もあるのです。

もちろん印象の悪い趣味をしているからと言って不採用になるわけではありませんが、面接の場ではわざわざ素直に答える必要はないのです。

たとえばあなたに趣味がギャンブルだったとします。
面接官に対してギャンブルが趣味だと答えれば、採用に影響が出てくる場合もあるでしょう。

またお酒を飲むことが趣味ですと言うのも避けたほうがよい答え方の一つです。

お酒を飲み過ぎて業務に支障が出るかもしれないと余計な心配をされてしまいますので、この場合も採用を見送られる可能性が出てきます。

しかしソムリエの資格を取得して、いろいろなワインを楽しむことが趣味ですなどという答え方をすれば、面接官の印象も異なってきます。

お酒を浴びるほど飲むと言うイメージはなく、賢く優雅にお酒を楽しんでいるという印象に取れるのです。

たとえマイナスに取られそうな趣味であってもいい方一つで印象を変えることはできるのですが、あまり進んで印象の良くない趣味を言うべきではありません。

面接官に好印象を与えられる趣味を考えましょう

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s
人材派遣の面接時に答えないほうがよい悪い印象を与えてしまう趣味もありますが、その反対に好印象を与えることができる趣味もあります。

それはどのような趣味なのでしょうか?

【スポーツ関係の趣味】
スポーツ関係の趣味はどのようなスポーツであっても、よい印象を与えることができます。

「休日にはジョギングをしています」「仲間と一緒にバスケットボールをしています」などと答えたり、「ヨガをすることが趣味でヨガスタジオに通っています」「定期的にジムに行って体を鍛えています」などと答えると健康的でさわやかなイメージがありますので、印象はかなりいいでしょう。

また仲間と一緒にスポーツをすることは人付き合いもよく、コミュニケーション能力も高いと感じられます。

人材派遣会社での業務に向いていると思われる可能性もあるのです。

【アクティブな趣味】
「休日になると海に行って釣りをすることが趣味です」などとアクティブな趣味を答えることも印象がよいです。
海に行くことでリフレッシュできるので仕事へのやる気や意欲もさらに高められますなどと答えれば完璧です。

【知的な趣味】
読書や囲碁・将棋・チェスなど知的な趣味も印象がよいです。

ただしあまり深掘りをされるとウソがばれる可能性もあるので、まったくやったこともないチェスや囲碁などを趣味ですと答えることは止めておいた方がよいでしょう。

仕事と関連する趣味を答えましょう

趣味を聞かれたとき、仕事と関連させて答えればかなり印象はよいでしょう。
人材派遣の面接で趣味を聞いてくる面接官は本当に応募者の趣味が知りたいわけではありません。

応募者の人柄を知るため「趣味は何ですか?」という質問を通じて見極めようとしているのです。

その中で仕事に関連した趣味を答えればかなり印象が良くなるので、採用に繋がりやすくなるでしょう。

たとえば「休日には色々なカフェをめぐることが好きです。

カフェでくつろいでリラックスすることで体も心もリセットできるのでまた仕事を頑張ろうと言う気持ちに切り替えられるのです」などと答えてもいいでしょう。

あまりにも悪い印象を受ける趣味ではない限り、どのような趣味を言っても大丈夫ですし、趣味の内容によって採用不採用に響くことはありません。

自分の人柄をアピールする機会となるので、面接前にどのような答え方をするのかを準備しておきましょう。

(まとめ)人材派遣の面接で趣味を聞かれた時の答え方は?

1.人材派遣の面接で趣味を聞かれたら、志望職種に発展していくことができるような答え方ができる趣味を回答しましょう
人材派遣の面接ではいろいろな質問がなされます。

趣味は何ですか?と聞かれた場合、希望する職種に発展していくことができるような趣味を答えれば面接官に対しての印象が良くなるでしょう。

2.正直に答えない方がいい印象の悪い趣味
人材派遣の面接時に「あなたの趣味は何ですか?」と聞かれた場合、印象の悪い趣味を答えれば不採用となる可能性もあります。

ギャンブルをする、お酒を飲むなどあまりよい印象に取られない趣味は答えるべきではありません。

3.面接官に好印象を与えられる趣味を考えましょう
人材派遣の面接時に「趣味は何ですか?」と聞かれて好印象を与える答え方があります。

スポーツ関係の趣味や読書などの知的な趣味、釣りなどのアクティブな趣味は、健康的でさわやかですから印象がよいです。

4.仕事と関連する趣味を答えましょう
趣味が何であるか、ということが合否に響くことはほとんどないでしょうが、仕事に関連した趣味を答えれば印象がよいので人材派遣の面接で好印象を面接官に与えることができます。

人材派遣の面接でスーツストライプは不適切なの?

人材派遣の面接にはスーツストライプではなくリクルートスーツを着用しましょう

bbd1fe407737442e0dc10348da480f30_s
人材派遣の面接には黒のリクルートスーツを着用するのが望ましいでしょう。
リクルートスーツの色は黒でも紺でも問題はありません。

暗めの色であればきちんとした印象を与えることができます。
ただしスーツストライプは、面接に適しているとは言い難いです。

オシャレにこだわりたいから、他の人とは一線を画したいからという思いがある人もいるでしょうが、面接のときには無難な無地のリクルートスーツを選びましょう。

女性の場合でスカートスーツにする場合にはタイトスカートを選びます。
ジャージのような素材やシフォン生地のスカートはカジュアルに偏ってしまいますので適しません。

遊びではないと言うことを意識してスーツを選びましょう。

面接のスーツは清潔と誠実さが必要

人材派遣の面接に行くときのスーツは清潔感が感じられるものにしましょう。
さらに誠実さが現れていれば、なおさらよいです。

服装はその人の第一印象を大きく左右します。
不潔な感じがする人に対してはよい印象はありません。

きちんとした身なりを整えて人材派遣の面接に臨むことで、面接官にはよい印象を与えますし、自分自信を奮い立たせることもできるので、一石二鳥です。

ファッション業界の面接であれば、多少着こなしにも個性的な一面を見せることも必要になってきますが、人材派遣の面接では個性を前面に押し出す必要はありません。

無難なリクルートスーツで面接に臨みましょう。
スーツの色に悩む人もいるでしょうが、黒色でも紺色でもあなたに似合っているのであれば何色でもかまいません。

面接に行く前日までにはスーツのしわがないように、ワイシャツの襟がよれたり汚れたりしていないかをきちんとたしかめて、準備をしておきましょう。

面接で着用するスーツのポイント

da3d2eb0a975f0c025a53ff419ce430b_s
面接時に着用するスーツのポイントをしっかりと押さえておきましょう。
面接官に対してよい印象を与えるためにも、スーツ選びからが大切になってきます。

【スーツの色は】
スーツの色は黒でも紺でもかまいません。
シンプルで落ち着いた色が望ましいです。

ストライプにすればオシャレ度が増すし、面接時だけでなくその後も使えると思う人もいるようですが、人材派遣の面接を受ける時のスーツは無地にしましょう。

ほとんど目立たない程度ならストライプでもかまいませんが、ムリをしてスーツストライプにすることはありません。

【2つボタンか3つボタンか!?】
スーツには2つボタンと3つボタンがあります。
これはどちらでも自分の好きな方を選べばいいでしょう。

ボタンが多い少ないで印象は変わりません。

【ワイシャツは】
ワイシャツもスーツと同じくらい大切ですので、しわがないようにきちんとアイロンをかけておきましょう。

アイロンが苦手な場合にはあらかじめクリーニングに出しておくことをおすすめします。

ワイシャツの色も派手な色は避けてください。
白色のワイシャツであれば清潔感もありますし、何も問題はありません。

薄い水色などであれば多少色が付いたワイシャツでも大丈夫です。

【靴は】
オシャレは足元からと言いますが、靴は意外と見られています。
汚れがないようにきちんとお手入れをしておきましょう。

靴底がすり減っているようなボロボロの靴ではだらしなさを感じてしまいます。
はきつぶしたような靴しかない場合は、新しく靴を購入しておきましょう。

服装で目立つ必要はありません

面接のスーツはリクルートスーツが無難ですが、黒色でなければならないと決まっているわけではありません。

しかしわざわざストライプスーツなどにして個性を出して、面接官に眉をひそめられるリスクを冒しても面接でプラスにはなりえないでしょう。

それどころか社会人としてのマナーが欠落していると思われてマイナスになってしまうかもしれません。
服装で他の人との違いを強調して目立つ必要はないのです。

面接を受けるところによって柔軟な服装でもかまわない場合もあります。

アパレルやファッション業界などを面接するのであれば、個性を出したほうがよいので、リクルートスーツでは逆に地味になりすぎですし、型にはまりすぎていると感じられマイナスになる可能性もあります。

しかし公務員や銀行員など世間一般で言うお堅い職業の面接の場合には、リクルートスーツのような無難なスーツで面接に行くべきなのです。

人材派遣の面接を受けるのであれば、それに見合った服装をして臨みましょう。
みんなと同じでは嫌だと言う考え方は必要ないのです。

冒険をすることなく無難なスーツが正しい選択です。

(まとめ)人材派遣の面接でスーツストライプは不適切なの?

1.人材派遣の面接にはスーツストライプではなくリクルートスーツを着用しましょう
スーツストライプはオシャレで目立ちますが、人材派遣の面接には不適切です。

真面目できちんとした印象を与えることができるよう、リクルートスーツにしておくと無難でしょう。
カジュアルすぎないことを意識して服装を選ぶことが大切です。

2.面接のスーツは清潔と誠実さが必要
面接時のスーツ選びで大切なのは、清潔感があることと誠実さがあることです。

人材派遣の面接では個性的である必要はありません。
色は何色でもかまいませんので、しわのないきれいなリクルートスーツが理想です。

3.面接で着用するスーツのポイント
ストライプのスーツであれば面接後にも使いまわせるうえオシャレに見えると思われるかもしれません。

しかし面接ではオシャレさよりもきちんとしていることをアピールすることが大切です。
ポイントを押さえて好印象を目指しましょう。

4.服装で目立つ必要はありません
業種によっては個性的なファッションが求められる場合もありますが、一般的には黒のリクルートスーツが一番間違いのない服装です。

社会人としてのマナーがあることを面接官に示す意味でも、スーツには気を遣いましょう。

人材派遣の面接はストレス耐性がチェックされている?

人材派遣の面接でストレス耐性が高い人が求められている

3af5d98d38a31625d9aa27cfcf185fef_s
人材派遣の面接ではスキルや経歴のほかに、ストレス耐性を重視して採用を決める企業も増えています。
仕事をしていく上で必要なスキルは高いにこしたことはありません。

しかしどれだけスキルが高い人でも、ストレス耐性が低い人は仕事を続けられずに辞めてしまうことがあります。
派遣社員であっても、働いている人間に急に辞められてしまうのは企業にとって大きなダメージです。

そうならないために、面接であらかじめストレス耐性があるかどうかをチェックしている企業が増えている傾向にあります。

仕事におけるスキルや人柄には大きな問題がないのに、面接で断られる場合にはストレス耐性がないと判断されたのかもしれません。

ストレス耐性は人材派遣で働くこと以外に、これからの人生に大きく影響します。
日頃からストレス耐性を上げるために意識を変えていくことも大切です。

ストレス耐性が低いと思われる人について

人材派遣で働くうえでストレス耐性の高さが重要視されていることが分かりました。
それではストレス耐性が低いと思われる人にはどのような傾向があるのでしょうか?

短い期間での転職を繰り返している場合、ストレス耐性が低いと取られる可能性があります。
転職する理由は人それぞれですが、入社して2年前後の転職を繰り返す人は人間関係のストレス耐性が低い傾向にあります。

仕事を初めてすぐは仕事に慣れるので精一杯ですが、1年も経てば仕事にも慣れて今度は人間関係を築いていく時期になります。

そこで人間関係を築くことにつまずきストレスとなって転職を考える人は、大体2年前後で仕事を辞めることが多いのです。
また仕事そのものへのストレスに耐えられない人も、短い期間で仕事を辞めてしまうことがあります。

転職した人すべてストレス耐性が低いわけではありませんが、会社から見ると採用してもすぐに辞められるリスクがある人と思われてしまうのです。

人材派遣で働く場合、住所などの情報は開示されませんが職歴は伝わります。
過去に転職を繰り返している人は、転職理由を正直に伝えながらも現在はしっかりと働く意思があることを伝える工夫が必要になります。

人材派遣の面接でストレス耐性についての答え方のポイント

人材派遣であってもストレス耐性が高い人が求められています。
面接でもストレス耐性に強いかどうか聞かれることがあります。

「ストレスに強いか?」と訊ねられたとき、どのように答えるのがよいのかをご紹介します。

ストレス耐性を問われたとき答えてはいけない回答があります。
「ストレスをまったく感じません」といった内容です。

多かれ少なかれストレスを感じるものなので、ストレスをまったく感じないといった答えは嘘くさく思われてしまいます。

ストレスに強いと答える場合、どうしてストレスに強いのか理由も答えられるようにしましょう。
たとえば失敗しても自分が成長するきっかけであると前向きに考えるようにしているなどです。

逆に「ストレスに弱いのでよく薬を飲んでいます」などマイナスな回答も当然NGです。
しかしストレスに強いと答えることは嘘になってしまいます。

ストレスに弱いという自覚がある人は、ストレスをコントロールするために日頃から工夫していることなども伝えるとよいでしょう。

たとえば身体を動かしてストレス発散をして引き摺らないようにしているなどです。
また過去に困難を乗り越えて、成長したエピソードがあれば合わせてアピールするとよいでしょう。

たとえばつらくても仲間と協力してなにかを成し遂げたエピソードは、ストレス耐性の高さだけでなく、仲間との協調性をアピールすることもできます。

ストレス耐性を上げる方法三つ

e3068d10f9628de496cb9d42631d38ea_s
ストレス耐性が人材派遣の面接で重要なことが分かりました。
実際にストレス耐性を身に付けるにはどうしたら良いのでしょうか?

まずつらいことを我慢してストレス耐性を鍛えるという考え方は間違っています。
ストレスを我慢して自分の中に溜め込むことは、精神面と身体面の両方の不調に繋がります。

身体を壊してしまっては元も子もありません。

ストレス耐性は、日常生活の工夫であげることができます。
その方法を三つほど紹介します。

【セロトニンの分泌を促す】
脳内に分泌されるセロトニンという物質は、心身の安定に作用するもので幸せホルモンと呼ばれています。
セロトニンの分泌が多いと、ストレスを感じにくくなります。

セロトニンの分泌を増やす方法としては、タンパク質を摂る・太陽を浴びる・身体を動かす・スキンシップを行うなどがあります。

【考え方を変える】
ストレス耐性が高い人とそうでない人の違いは、考え方によるものが大きいです。

たとえば他人からの指摘に腹を立てる人より、成長できるきっかけであると前向きに受け止めるように考えられる人はストレスを感じにくいです。

後ろ向きに考えてしまうところを前向きに捉えられる人は、ストレス耐性が高い人です。

【ストレス発散の場を作る】
仕事をしていれば多かれ少なかれストレスを感じるものです。
自分の気付かないところでストレスが溜まっていることもあります。

ストレス耐性が高い人は、自分なりのストレス解消法を持っています。

(まとめ)人材派遣の面接はストレス耐性がチェックされている?

1.人材派遣の面接でストレス耐性が高い人が求められている
ストレス耐性は人材派遣で働くうえでも重要視されてきています。

派遣社員であっても、突然辞められたら困るためストレス耐性が高い人が求められています。
スキルが高くてもストレス耐性が低いことで不採用になる可能性もあります。

2.ストレス耐性が低いと思われる人について
ストレス耐性が低いと判断される理由として、転職回数の多さが挙げられます。

短い期間での転職を繰り返していると、職場になじむまでのストレスに耐えられない人と思われる可能性があります。

3.人材派遣の面接でストレス耐性についての答え方のポイント
面接でストレス耐性について問われたら、正直に答えながらもフォローしましょう。

根拠なくストレスに強いといっても、嘘くさく思われる可能性があります。
相手を納得させられる理由を考えておきましょう。

4.ストレス耐性を上げる
ストレス耐性は工夫すれば上げていくことができます。

少しずつでも取り入れてストレス耐性を上げていきましょう。
ストレス耐性を上げるには体を動かすことや考え方を少し変えてみることなどが有効です。

人材派遣の面接で即日連絡はあるの?

人材派遣の面接後は即日連絡も多いです

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s
人材派遣の登録でコーディネーターとの面接や簡単な適性検査などが行われますが、それをクリアした後の動きが分からないという人は多いものです。

人材派遣の会社では、自分がサイトなどからエントリーする方法の他に、コーディネーターからおすすめのお仕事を紹介されることもあります。

こうした連絡は、即日来ることもありますし、しばらくしてから来ることもあります。

しかし登録の面接が終わってから間もない期間は、盛んに紹介してもらえるケースが多いようです。

いわゆる「旬」のようなもので、コーディネーターも新規登録者のためにより多く仕事を紹介して、できるだけ早く決めようとしてくれます。

そのため即日連絡で紹介をしてもらえることは多くなりますし、面接が終わってそのまま紹介先の検討が始まるという場合もあります。

人材派遣は登録後すぐに勝負を決めます

人材派遣会社ではひとりひとりに担当のコーディネーターがついてくれます。

最初の面接の時に出会ったコーディネーターがその担当となることが多いのですが、コーディネーターはどれだけ多くの派遣先と派遣社員を結びつけるかが問われています。

そのため登録面接を行った人に対しても、すぐに派遣先を検討し始めることは当然です。

また思うようにマッチングが進んでいない派遣先にその人が合うようであれば、すぐにでも話を進めたいため、即日連絡やその場での紹介というスピーディーな対応も十分にありえます。

派遣会社に依頼する派遣先は概ね急いで人員を確保したいというところばかりなので、人材派遣会社の方でも早く決めて派遣先を安心させたいものなのです。

即日連絡をもらえたのであれば、その派遣先はまだサイトなどで出回っていない情報の場合もあり、競争率も低くなっている可能性があります。

そのためそうした出会いは大切に検討してみたいものです。

人材派遣会社の方も、即日連絡で良い返事をもらえることで、その人の働きたい気持ちを受け取ることができるでしょう。

人材派遣会社はスピードが命です

人材派遣会社にはたくさんの派遣先からの要請があります。

派遣先では、比較的速いスピードで新しい人材を必要としていることが多く、派遣会社では、紹介できそうな派遣社員をいち早く確保したいと考えているものです。

そのため派遣会社から面接後即日連絡を受け取った場合には、できるだけ早く返事をすることが大切です。

人材派遣会社では、一般的に派遣先からの依頼後2週間程度で話をまとめたいと考えています。

もちろん長くかかるところもありますが、急いで人材を集める目的で派遣会社を利用する会社は多く、その場合のタイムリミットは2週間くらいとなります。

その2週間の間にエントリーする人を集めて、選考して、派遣先との面談・打ち合わせまでに持っていく必要があるということです。

また面接に来た新しい人材が働く意欲を十分に持っている間に紹介しておきたいということもあります。

登録してもなかなか仕事が決まらないと、その人のモチベーションが下がってしまうためです。

人材派遣で働く時には、派遣会社の思いまで読み取って動くと効率よくお仕事を探すことができるかもしれません。

人材派遣会社に登録したらこちらから即日連絡も必要です

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s
人材派遣会社との面接が終わると、一段落した気持ちになりがちですが、その際に他の人よりも一歩リードする工夫も必要です。

とくに早くお仕事を始めたい時や自分の希望している職種や業種に対して自分のスキルに不安がある場合には、大切となります。

人材派遣会社からの紹介の連絡もありますが、こちらからのアプローチとして連絡を積極的に取ることはやる気のアピールにもなりますし、新しく入ったお仕事の情報を早めにキャッチするためにも有効です。

面接が終わったばかりの時期やサイトからエントリーした時などには、こちらから紹介の進捗状況を尋ねてみるとよいでしょう。

アクションを起こしたらすぐに動くことが大切です。
エントリーをしたら、即日連絡をしてみて自分を売り込みます。

もしも自分のエントリーしたものがうまくいかなくても、新しく入ったお仕事を紹介してもらえることもあります。

コーディネーターはひとりで多くの担当を持っているため、他の人と差をつけるためにはこちらからの動きも必要となることがあるのです。

近くに店舗や窓口があれば、そこに直接出向いて頻繁に顔を見せるのも、良い方法です。

(まとめ)人材派遣の面接で即日連絡はあるの?

1.人材派遣の面接後は即日連絡も多いです
人材派遣の面接後はコーディネーターから即日連絡や面接からそのままお仕事の紹介を受けることもあります。

登録から間もない期間は紹介が盛んに行われることが一般的です。

2.人材派遣は登録後すぐに勝負を決めます
人材派遣会社の登録面接が終わると、すぐにその人に合う派遣先の検討を始めます。

即日連絡をもらえた場合には、派遣先も急いでいることがあるため、すぐに話が進むケースや競争率が低くて有利なケースもあります。

3.人材派遣会社はスピードが命です
人材派遣会社では急いで人材を求めている派遣先を持っているものです。

そのため限られた時間を有効に使わなければならず、速いスピードで話を進めるために即日連絡で紹介することが多くなります。

4.人材派遣会社に登録したらこちらから即日連絡も必要です
人材派遣会社へのアピールとして、こちらから即日連絡をとってみるのも一つのアイデアです。

連絡を密にすることで、紹介の進捗状況や新しいお仕事情報を得ることもできて、有利に進められそうです。

人材派遣での面接で尊敬する人を聞かれたら?

なぜ尊敬しているのかの理由が大事

1c81e115e315018f8344899abe3c3178_s
人材派遣の面接の時に尊敬する人を聞かれたら、誰にするかより、なぜ尊敬するのかを明確にすることが大切です。

いざ面接の時に尊敬する人を聞かれると、あれこれ迷うかもしれません。

その会社の社長のことを調べてその人のことをあげればいいのか、あるいは歴史上の人物なのか選択肢は多岐にわたります。

では誰を挙げるのが正解なのでしょうか?
誰にするかの正解はありません。

極端な話誰でもいいと言えるかもしれません。
面接官が注目しているのは、なぜその人のこと尊敬しているのかという理由です。

尊敬する理由を知ることよって、その人がどんなところに感銘を受ける人なのか、人間性が垣間見られるからです。

ですから面接官の反応を気にしてあれこれ悩むよりは、自分が本当にすごいと思う人と、その理由を挙げるほうがよいでしょう。

人材派遣の面接に臨む前の心構え

人材派遣で紹介された派遣先での面接で注意すべきポイントとは何でしょうか?
まずは社会人としてのマナーです。

一般的なマナーが守れない人を是非とも採用したいと思う企業は少ないでしょう。

ではどのように自分の社会人としてのマナーを示せるでしょうか?
第一印象を決めるのは服装でしょう。

スーツであるならほこりなどをきちんと払い、清潔感のある着こなしをしましょう。

また靴に注目している面接官も多いと言われます。しっかりと磨いて面接に臨みましょう。

いざ面接が始まると、面接官からいろいろな質問をされます。
答えに迷うこともあるのかもしれませんが、はきはきと答えることを心がけましょう。

質問に対してどのように答えるかで、対人関係のコミュニケーションスキルが見られている事があります。

何を言っているかわからないようにぼそぼそ答えるのではなく、はっきりと話すことで好印象を与えましょう。

まずはこうした基本的な事を意識して面接に臨めば、よい印象のうちに面接を進めやすくなるでしょう。

尊敬する人として答える正解はあるのか

491343f3375968151deacf5c33e9ec50_s
人材派遣の面接の際にたびたび聞かれるのが、尊敬している人は誰ですか?という質問です。

あらためて聞かれると、少々戸惑うかもしれません。

すごいと思う人はいても、人材派遣の面接の場にふさわしいだろうかとか、誰を挙げれば面接官の印象がいいのかなど、あれこれと考えてしまいがちだからです。

もしも面接官も尊敬している人物を挙げる事ができれば、印象も良くなるかもしれませんが、あらかじめ面接官の好みを知ることは不可欠です。

ですから誰を挙げれば印象がいいかを考えるより、自分が素直にすごいと思っている人を挙げるのが良いでしょう。

たとえば自分の父親はいかがでしょうか?
自分の父親に関して素直に尊敬できる理由を挙げましょう。

自分を今まで育ててくれた事、役に立ったアドバイス、自分が働くことになって知った父親の大変さなど、今までの経験から説得力のある理由を挙げる事ができます。

また同じように今までの人生の中で実際に関わってきた人たちであれば、具体的なエピソードも添えて上手く答える事ができるかもしれません。

たとえばお世話になった学校の先生や、携わってきたスポーツなどの中で知り合った人たちなどが挙げられます。

自分が影響を受けた理由を加える事で、より興味深い回答となるでしょう。

著名人を挙げる時

著名人を尊敬する人に挙げる場合も、どんな事を尊敬する理由に挙げるかは非常に大切です。

たとえばスポーツ選手の場合、そのストイックな姿勢であるとか、怪我に見舞われながらも諦めずにチャレンジし続ける姿勢などを挙げる事ができるかもしれません。

また歴史上の人物であれば、自分が感銘を受けた、その成し遂げた業績をまずは簡単に説明できます。

そしてなぜそのような業績を挙げる事ができたと思うのか、自分なりの分析を添えることもできます。

もう少し発展させるなら、こうした尊敬する人たちに影響を受けて、こんなことを心がけているとか、こういう人でありたいという自分の目標を加えるなら、長所のアピールや、セールスポイントへとつなげることも可能でしょう。

面接官がする質問に対して、ただ答えるだけでなく、より会話的に話が発展していくようであれば、コミュニケーションスキルもアピールできます。

このように尊敬する人を答える中にも、踏まえておくべきコツは多数存在します。
こうしたコツを思いに止めて、面接に臨みましょう。

(まとめ)人材派遣での面接で尊敬する人を聞かれたら?

1.なぜ尊敬しているのかの理由が大事
尊敬する人に誰を挙げるのかは面接の時の悩みどころかもしれません。

しかし誰を挙げるかではなく、大切なのは尊敬する理由です。
自分が素直にすごいと思う人を挙げましょう。

2.人材派遣の面接に臨む前の心構え
面接に臨む前に心がけておくことがあります。

些細な事に思えるかもしれませんが、心がけひとつで第一印象が変わってくることもあるのです。
その幾つかのポイントをご紹介します。

3.尊敬する人として答える正解はあるのか
尊敬する人は誰かという質問に何と答えるのがいいのでしょうか?

結論を言うと、誰を挙げるかよりもなぜ尊敬しているのかという理由が大事です。
肉親や自分の今ままでの人生で関わった人なら説得力のある理由を述べる事ができます。

4.著名人を挙げる時
尊敬する人に著名人を挙げることもできます。

その際には、その著名人の業績だけでなく、それを成し遂げられた理由として考えられる点を加えると効果的です。
自分もそんな人を目指して意識している点を加えると、自己アピールにも繋がるでしょう。

1 2 3 4