Category Archives: 面接の豆知識

グロップの評判は?口コミから見るグロップの人材派遣

J.U(女性/25歳)
休日、給料、仕事内容といったライフワークバランスを整えたくて、転職先を探していました。最初は正社員で自分の条件を満たす場所を探していたのですが、なかなか上手く見つかりませんでした。そんな時、自分の身の回りでも評判がよかったグロップと出会いました。担当者の方が丁寧に対応してくださり、いまでは自分の希望にぴたりと合う働き方ができています。今思えば、当時の自分は視野が狭くなっていたので、グロップに出合ったのがよい転機になったと思っています。


R.Y(男性/37歳)

以前派遣会社を利用していたのですが、あまり良い印象を持つことができませんでした。自分を担当してくれた方はあまり親身になってくれず、あまり自分に合わないような仕事をすることになり、長く続かなかったからです。でも、グロップはそんな派遣会社とは違いました。評判通り、担当者の方は丁寧ですし、終業後のフォローまでしっかりしてくれました。今では、プライベートと仕事のバランスもよく働けていて、非常に満足しています。

E.G(男性/30歳)
自分らしい働き方を求めて、20代の間は職を転々としていました。でもなかなか自分に合う仕事を見つけることができず、途方にくれていたのです。自分一人で悩んでいてもどうにもならず、よい評判を聞いていたグロップに相談してみることにしました。的確なアドバイス・支援をいただくことができ、なぜいままで自分に合う仕事に就けなかったのかを知ることができました。次の仕事を探すときも、グロップに相談しようと思っています。

D.I(男性/26歳)
大学時代に就職活動に失敗し、卒業後もアルバイトを続けていました。一念発起をして再度就職活動をしたものの上手くいかず、どうすればいいのかと思っていたころ、グロップと出会いました。最初は人材派遣に対して疑念を頂いていましたが、懇切丁寧なアドバイスをもらえ、いくつかの選択肢も提示してもらえました。結局、現在は工場系のお仕事をしており、充実した毎日を送っています。評判通りの素晴らしい対応で、将来にも希望が持てるようになってきました。

A.D(女性/29歳)
20代前半で結婚を機に一度社会から離れていました。出産を経て、経済的な事情もあることから、また働き始めたいと思いグロップに相談をしました。久しぶりのお仕事になるため不安も大きかったですが、評判を聞いていた通りグロップはサポート体制が非常に充実しており、安心してお任せすることができたと思います。今は、家庭と両立できる仕事ができていて、バランス良く生活が送れています。もし、子育てがひと段落したら、また違った仕事もしてみたいです。

E.K(男性/34歳)
前職の契約が切れて次の仕事を探している際に、ネットで評判になっていたグロップを見つけて登録してみることにしました。今まで何度か転職をしていますが、やはり仕事は自分の求める条件に合っていないと続かないと思います。休日数や給与、職種などいろいろとわがままを言いましたが、担当の方が丁寧に対応してくださり、今の職場が決まりました。理想的な環境で働けているので、仕事が決まるまでに少し時間はかかりましたが満足しています。

R.O(女性/22歳)
昔からおしゃれやファッションが好きでアパレル関係で働くことにあこがれがあったので、グロップの担当者さんに相談してみました。接客は苦手だったのですが、私のスキルや希望について丁寧に聞き取りをしてくれて、駅の近くで家からも通いやすいところにある事務所で働けることになりました。本当に親身に接してくださって、口コミの評判が良いのも納得です。業務自体は今までと同じような事務ですが、好きなものに関わる仕事ができるのがとてもうれしく、毎日楽しく働いています。

S.K(女性/21歳)
派遣会社を利用するのは初めてで不安だったのですが、評判がよいところなら安心かと思いグロップさんに登録しました。それでも仕事探しについてはわからないことだらけでしたが、担当の人がわからないことや不安なことについては全部優しく教えてくれたのでよかったです。もうすぐ初めての派遣先の契約期間が終わるので新しい仕事を探さなければならないのですが、またグロップさんにお願いしようかと思っています。

G.N(男性/24歳)
大学を卒業してから入った会社がいわゆるグレーで、残業や休日出勤が多くて負担だったので1年半ほど働いて退職しました。今度は時間の自由がきく職場がいいと思い、友人のすすめもあって、評判のよかったグロップに登録することにしました。最初は派遣で働くことに不安はありましたが、話を聞くと福利厚生もしっかりしていて給与も思ったほど悪くなく、安心しました。今は仕事も趣味の時間も充実していますし満足です。

C.D(男性/30歳)
小さな子供がいるので、多少給与が落ちてもきちんと休みのとれる会社で働きたいと思って仕事を探していました。なかなか見つからずに焦っていたのですが、グロップの評判を聞いて登録してみました。担当者が仕事内容や希望の条件のすり合わせをしてくれ、自分で探すよりも良い求人がすぐ見つかったので驚きました。希望通りの条件で働けていますし、家で過ごす時間も増えました。グロップに登録してみてよかったです。

人材派遣会社の面接確認はメールでも良い?

人材派遣会社との面接関係のやり取りは、近年はメールが非常に多くなりました。
これは決して人材派遣会社だけではなく、ビジネスにおける様々なやり取りにメールがとても多く用いられるようになっているのです。

この傾向を考えれば、メールを使用して面接関係のやり取りをすることは、ビジネスマナーの上でも決して失礼なことではありません。

場合によっては、就活サイトや派遣登録サイトなどの外部サイト内にあるメールフォームを使用してのやり取りをすることもあるでしょう。

はじめの面接はむしろこのサイトのメール機能を使用する場合も多いです。

ただし、人材派遣会社が電話を使用して連絡をしてきた場合は、事情が少し変わってくると思いましょう。
基本的には、相手先の企業のやり方に合わせて連絡をするのがマナーです。

合否やスケジュールなど、重要な部分のやり取りはメールではなく、電話という企業は少なくありません。
そういった場合は、相手先のやり方に合わせるのがおすすめです。

適切な言葉遣いが出来るように心がけよう

メール機能を使用して、人材派遣会社とやり取りをする場合は、正しい言葉遣いが出来るようにしてください。
相手のメールの書き方にもよりますが、丁寧でマナーにのっとった書き方が出来るようにしましょう。

相手先によってはフランクな言葉遣いをしてくる担当者もいると思いますが、もちろんこちらは面接のために時間を割いてもらう立場なので、そういった言葉遣いをしてはいけません。

外部サイト内のメールフォームを利用した場合や、ショートメール機能を使用した場合などは、宛名や時候の挨拶などは省略していくパターンもあります。

それも相手に合わせて、社会人としてのマナーを守って行えるようにしましょう。
また、書き文字と話言葉は敬語表現が違ってくる場合もあります。

「貴社」と「御社」は有名な例ですね。
これらの使用分けが正しくできないから不採用になってしまうというケースはそう多くはありませんが、正しく出来ていることであなたの評価をアップさせることは可能です。

スムーズなやり取りが出来るようにしておこう

人材派遣会社の登録面接や、派遣先との面接など、派遣社員として働く際には、いくつかの面接の機会があるでしょう。
それぞれの内容や役割は、企業や場合によって異なります。

面接の雰囲気や時間も差がありますが、ひとつひとつの面接はとても大切なものだと思って臨みましょう。

スケジュールを調整してくれるのは、大抵の場合はあなたが登録することになる人材派遣会社の担当スタッフです。
そのため、予定調節のメールは出来るだけ早く、スムーズに返せるようにしてください。

電話の場合は基本的には人材派遣会社の営業時間内に連絡をするのがマナーですが、メールの場合はそうではありません。
基本的にいつでもチェックできるものですから、極端なことを言えば、深夜時間帯に送信してもマナー違反ではないのです。
しかしそうは言っても、時間の感覚は個人によって違うことも多いので、遅い時間のメール連絡には「夜分に失礼致します」と一言添えられるようにしておきましょう。

日程調整はいくつか候補を出しておこう

人材派遣会社との面接日程を調整する際は、メール本文で候補日を出すことがあるでしょう。
双方の都合を調整するものなので、候補の日付や時間帯はひとつではなく、複数を提示して確認しやすくしておくのがおすすめです。

人材派遣会社サイドが複数の日程を提示してきた場合も同様で、都合がつく日程をすべてピックアップして伝えるようにしましょう。

その中から、最も都合が良い日程を、面接を実施する企業の担当者が出してくれます。

面接後に予定が入っている場合は、面接にかかる目安の時間を担当者に確認しておくようにしましょう。
持ち物や服装も、指定がなければ事前にメールで確認しておくのが無難です。

これは、人材派遣会社への登録面接でも同様ですが、特に派遣先との面接の際も注意するようにしてください。
スケジュールの調整自体は、派遣会社のスタッフが行ってくれる場合がほとんどですが、相手先の事情などをより細かく知りたいときは、その旨も合わせて確認しておきましょう。

派遣先との面接では、人材派遣会社のスタッフはあなたの心強い味方です。面接における注意点や、企業における留意点を知りたいときも、失礼がない程度にメールで確認しておくと良いでしょう。

(まとめ)人材派遣会社の面接確認はメールでも良い?

1.面接先の方法に合わせて対応しよう
人材派遣会社との面接連絡は、メールを使用しても問題ありません。
外部サイト内でのやり取りもあるでしょう。
ただし、相手先が電話を使用してきた場合は、同様の方法でやり取りをするのがおすすめです。

2.適切な言葉遣いが出来るように心がけよう
人材派遣会社とのやり取りにおいて、メールを使用する場合は、状況に応じた正しい言葉遣いが出来るようにしておきましょう。
書き言葉と話し言葉の敬語表現の違いなども使い分けられるようにしておくのがおすすめです。

3.スムーズなやり取りが出来るようにしておこう
人材派遣会社との各種確認メールは、出来るだけ迅速に返せるようにしましょう。
電話の場合は基本的に営業時間内に、メールは深夜でも送って構いませんが、一言お詫びを入れておくのがベストです。

4.日程調整はいくつか候補を出しておこう
人材派遣会社との面接日程は、いくつか候補日を出してメールするようにしましょう。
無効から提示された日程も、可能なものがあればすべてピックアップして送信するようにしてください。

人材派遣会社の面接時、靴下の色はどうするべき?

黒や紺が無難で適切

面接時の靴下人材派遣会社の面接を受ける際は、まず服装から気を付けるようにしておきましょう。

スーツやワイシャツ、ネクタイをはじめとして、髪型も非常に目立つポイントです。適切なものを清潔感を持って着用して、面接にきちんとした状態で臨めるようにしてください。

その上で、意外と注意を怠ってしまう人が多いのは「靴下」です。

普段、リクルートスーツを着用する際、何色の靴下を履いているでしょうか?リクルートパンツを履いていても、意外なシーンで靴下は目に入るものです。

穴が開いているもの、汚れているものは着用しないようにするのは当然のマナーであり、更にビジネスの面接における適切な色のものを使用しているのもとても大切なポイントとなります。
基本的には、黒色か紺色が無難かつ適切な色だと言えるでしょう。

白でも問題はありませんが、リクルートスーツとのバランスを考えると、クールビズが指定されている場合であっても、あまり選ぶ人は多くありませんね。

また、濃い茶色や灰色なども適切な色となっています。
派手な色合いでなくても、目立つ柄が入っているものや、奇抜な柄ものは避けるようにしてください。

出来れば無地のもの、せめてワンポイント程度にとどめておくのが良いでしょう。

ワイシャツやネクタイをきちんと選ぼう

人材派遣会社の面接においてチェックされているのは、まずその人の社会人としての様々なビジネスマナーです。
これをチェックする上で、服装はとにかく重要なポイントとなって来ます。

重要なのは、高額のものを身に着けているかではなく、そのシーンに適したものを身に着けているかどうかです。
ワイシャツやネクタイは、それが顕著に表れるポイントです。

実際に面接をする人材派遣会社の性質にもよりますが、派手すぎるカラーのワイシャツや、目立ちすぎる柄のネクタイなどは避けるようにしましょう。
あなた自身に様々な魅力があったとしても、服装でマイナスポイントがついてしまっては勿体ないですからね。

ワイシャツは無地、あるいはストライプ程度が適切です。
ネクタイはワイシャツの柄やカラーに合ったもので、騒がしい印象が出過ぎないものが良いでしょう。

無地やストライプに加えて、ドットや紋章などの選択肢もあります。
カラーバランスを意識して、まとまりの良いチョイスが出来るように工夫し、面接の前日までにしっかりと着用するものを決定しておくようにしましょう。

シワがないようにきちんとアイロンをかけて、汚れがないように清潔にしておくことも大切です。

髪型にもしっかりこだわろう

人材派遣会社の面接では、当然ながら人柄もよくチェックされます。
人柄をアピールする上で重要なのは表情です。

したがって、面接にはあなたの表情が良く見える髪型で臨むようにしてください。

前髪が目にかからず、さわやかな印象が出るものが良いですね。
その人材派遣会社の取り扱っている業界にもよりますが、あまり派手な髪色にはしない方が良いでしょう。

過度なパーマなども、面接のときは避けた方が良いですね。
実際に派遣されることになったら、派遣先の企業の基準にもしっかりしたがっていく必要があるため、そういったマナーやモラルをわきまえている必要があるのです。

そして、清潔感がある髪型を心がけましょう。
きちんとシャンプーとブローを行い、ビジネスシーンに適したヘアスタイルにまとめていきたいですね。

過度なワックスの使用でベタついていたり、不潔だったりすると、マイナスの印象を抱かれやすくなってしまいます。
女性であれば、肩にかかる髪からは結んだ方がさわやかな印象をだしやすいですよ。

小物にも気を配るようにしよう

小物にも気を配る人材派遣会社の面接には、必ず腕時計をしていくようにしましょう。
スマートフォンなどの端末で普段は時間を確認してしまう人も、面接のようなシーンでは腕時計をつけておきたいところですね。

実際にビジネスのシーンになれば、どうしても腕時計をつけている必要がある場合は多いです。
もちろん職種によりますが、やはり社会人のマナーとして、腕時計を持っておくことはマイナスにはなりません。

更に、面接時には靴にもこだわるようにしましょう。
派手すぎるデザインのものは避けて、落ち着いたリクルートタイプのものを選ぶようにしてください。

女性であれば、適度なヒール感は望ましいですが、ピンヒールのようなシルエットや、高すぎるヒールはかえってファッション性が重視されすぎていると捉えられてしまう可能性もあります。

男性であれば、先端がとがりすぎているようなデザインは避けた方が良いですね。
ひも付きのシンプルなデザインのものが好ましいでしょう。

(まとめ)人材派遣会社の面接時、靴下の色はどうするべき?

1.黒や紺が無難で適切
人材派遣会社の面接において、靴下の色は意外に注意を怠りがちなポイントです。黒色や紺色が一般的であり、濃い茶色や灰色なども許容範囲となっています。柄は無地が無難で良いでしょう。

2.ワイシャツやネクタイをきちんと選ぼう
ワイシャツやネクタイは、人材派遣会社の面接において大きなチェックポイントとなることも多いです。柄やカラーはビジネスに適したものにした上で、バランスをとった組み合わせにしましょう。

3.髪型にもしっかりこだわろう
人材派遣会社の面接を受ける際には、髪型にもこだわるようにしましょう。過度な染色やパーマは避けて、清潔感のある状態にまとめてください。表情が良く見えるようにすることも大切です。

4.小物にも気を配るようにしよう
人材派遣会社の面接では、腕時計や靴のような小物にもこだわるようにしましょう。社会人としてのマナーをしっかりアピールできるように、ビジネスシーンに適したアイテムを身に着けるようにしてください。

人材派遣会社の面接のときの靴の色は?

人材派遣会社面接時の靴の色は黒か濃い茶色

面接時の靴人材派遣会社の面接に行く際に適している靴の色は、黒色か濃い茶色だと言えるでしょう。
これは、スーツにもよく合い、目立ちすぎず、かつ社会人としての適したスタイルだと言えるからです。

素材は一般的には革ですね。ビジネスマンがよく着用しているタイプの革靴を履くようにするのが適しています。

リクルート用の靴を展開しているシューズショップもあるので、思い当たるものがない人は、面接用に新しいものを購入しても良いでしょう。

比較的安価で、ビジネスシーンでも履くことが出来る靴を購入しやすくなっています。

人材派遣会社の面接では、その派遣会社があなたを適切な人材として企業に派遣することが出来るかをチェックされます。
靴の色が派手すぎてしまうと、面接に適したスタイルを選べないということで、合格できない可能性もないわけではありません。

また、デザインも重要です。先がとがっているもの、あまりにスーツに不釣り合いな派手なものなどは避けるようにしてください。面接ではトータルのきっちりしたスタイルが重要です。

靴は色以外にもこだわるべき

人材派遣会社の面接の際に、より適している靴の色はわかりましたね。
しかし、面接時の靴は色だけではなく、手入れにもきちんとこだわっておきたいところになっています。

基本的に、面接時の靴は革靴でしょう。
革靴はぱっと見たときのデザインや素材感もスーツとよく合っており、フォーマルな雰囲気を出してくれるとても便利なアイテムです。

ファッションアイテムとしてもかっちり決めたい日にぴったりですよね。
その一方で、きちんと手入れをないと、すぐに傷んでしまうものでもあります。

商品によってそれぞれ性質は異なっていますが、放置すればその分傷んでしまう可能性が非常に高い素材でもあるのです。
そうでなくても、靴は雨風をはじめとして様々な刺激に日々さらされるため、非常に傷みやすいですし、汚れやすいアイテムでもあります。定期的で丁寧な手入れは必須です。

面接の前の日には、その日着用する予定の靴をきちんとメンテナンスしておきましょう。
プロフェッショナルに依頼するのも良いですが、自宅で簡単にできるケアもおすすめですよ。

靴磨きの専用フキンを使用したり、シューズクリームを使用したりして、適度なツヤを出せるようにしておくのも大切です。

面接のときに服装の徹底が必要な理由とは?

「人材派遣会社の面接はあまり緊張しない」という人は、実は一定数存在しています。
その理由は、「実際にその派遣会社で働くわけではないから」という人が多い傾向があります。

確かに、人材派遣会社とは、そこ自体が志望者が働く企業ではありません。
雇用形態としては、一般的には人材派遣会社に所属こそするものの、実際はそこから派遣されて、様々な企業に出向いて働くことになります。

そのため、実際に一緒に働くことになる人との面接ではないし、採用不採用が細かく規定される前だという認識があるというわけですね。

これ自体は間違った認識ではないのですが、決して正解でもありません。
その理由は至ってシンプルで、人材派遣会社の面接に合格しなければ、その先のどの企業にも派遣してもらえないからです。

人材派遣会社も、ボランティアで人材の架け橋になっているわけではありません。
派遣会社サイドは、企業側のニーズに応えた優秀な人材を派遣することで、企業との契約を結び、利益を得ているのです。

そのため、紹介することが出来ないレベルの人材は、そもそも面接で断られるものです。
第一関門を突破するためには、社会人としての身だしなみを最低限きちんと整えていくべきなのです。

面接時のスタイルは組み合わせも重要

面接時のスタイル人材派遣会社の面接に行く際は、スーツの様々な部分における組み合わせが重要です。

色があるものや模様が入っているアイテムを使用することもあるでしょう。
そういったとき、適度なオシャレ感はプラスポイントとして評価されることもあります。

しかしその一方で、トータルバランスの悪い組み合わせ方は、派手なだけでマナー違反という最悪の評価も得やすくなってしまうのです。
まず、あまりに派手なものは避けるようにしましょう。

男性のワイシャツがピンク色であったり、女性であればメイクが濃すぎたりするのは避けたいですね。その後派遣される職場のスタイルの前に、まずは人材派遣会社の面接です。

クリアするためには、社会人としての常識をわきまえていなければいけません。
基本的に、ストライプのネクタイやシャツなど、柄ものは一点にとどめましょう。派手な色同士のアイテムも組み合わせないようにしてください。

そして、清潔感のあるスタイルも心がけましょう。
落ち着いたヘアスタイルや、シワのないスーツスタイルも大切です。

(まとめ)人材派遣会社の面接のときの靴の色は?

1.人材派遣会社面接時の靴の色は黒か濃い茶色
人材派遣会社の面接では、黒色か濃い茶色の靴を履いていくのが良いでしょう。
あまりに明るい色や、派手なデザインの靴は避けるようにしてください。スーツに合わないものもやめましょう。

2.靴は色以外にもこだわるべき
人材派遣会社の面接前には、靴の手入れもきちんと行っておきましょう。
汚れを落としておくのはもちろんのこと、専用のアイテムで丁寧な磨き、適度なツヤが出来るようにしておけると良いですね。

3.面接のときに服装の徹底が必要な理由とは?
人材派遣会社の面接を重要ではないと感じている人がいますが、それは大きな間違いです。
社会人として適切なスタイルで臨み、面接に合格しなければ、どの企業にも派遣してもらえないからです。

4.面接時のスタイルは組み合わせも重要
人材派遣会社の面接に行く際には、適切なバランスのアイテムを組み合わせるようにしましょう。
派手な色は避けて、柄ものはひとつに絞り、社会人としてのトータル感を大切にしてください。

人材派遣の面接結果は1週間程度は見よう

人材派遣ではいちいち面倒な手順を踏まなければならず、それも派遣会社を通してのやり取りが多いためやきもきすることも多いものです。

人材派遣の面接では、概ねその面接が終わったあとすぐには結果をいただくことができません。

派遣先企業を希望している人がどれくらいの人数いるのかは、ケースバイケースであり、派遣会社でも正確には教えてくれないかもしれませんが、多くの場合には他の希望者との比較検討のために日数が必要になります。

1週間程度待たされることはよくあることで、面接の後はその結果が出るまでは待機することになります。

待機中は他の面接を受けることなどができなくなりますが、ここは正念場です。気持ちを落ち着けて、ゆったりと結果を待ちましょう。

1週間以上返事がないこともありますが、その場合には派遣会社を通して連絡を取ってもらうと良いでしょう。

また、企業によっては結果が分かる時期を面接時などにあらかじめ教えてくれることもあります。

人材派遣の面接結果の出るまでの1週間

人材派遣の面接は、派遣先企業にとっても非常に意味のある大きなことです。そのため、面接を行ってから結果を出すまでに時間がかかることもあります。

人材派遣では、面接まで進めたということは大きな一歩であり、極めて合格に近い位置にいるということですが、きちんと派遣契約が決まるまでは安心できません。

そのため、面接後の待機時間はとても不安な気持ちとなりますが、派遣先企業も慎重な検討を重ねている状態です。

通常では1週間ほど待たされることもあり、そのくらいの期間はこちらからはなんのアクションも起こさずに待機したほうが良いでしょう。

他の希望者との面接日が自分の面接日よりもずっと遅い場合には、さらに時間がかかる可能性も否定できません。即決した場合にも他の面接を終えてから、最終的な結果報告をする場合もあります。

自力での求人応募であれば、面接後から採用まではなんの束縛もありませんが、人材派遣会社を通しての派遣や紹介などの場合には待機中は他の紹介を控えているため、最終的に結論が出るまで全ての希望者を保留にしておくこともあるのです。

1週間以上待たされた場合には、一旦派遣会社に連絡を入れて検討の進行を訪ねても構いません。

人材派遣の面接後に結果を1週間以上待たされたら

人材派遣の面接では、その人となりやコミュニケーションスキルなどのヒューマンスキルを見られます。

履歴書やプロフィールの提出で、技能スキルはある程度クリアしている人だけを面接に進ませており、面接結果は最終的な決定となるため、そこからの検討は慎重になります。

人材派遣のスケジュールや派遣先企業との連絡などの全ては派遣元の会社によってコントロールされているため、結果が待ちきれなくても派遣先に直接尋ねるようなことはしない方が良いでしょう。

1週間以上連絡が来ない場合には、派遣会社を通して連絡をとってもらい、現在の進行状況を聞き出すことも必要です。

企業によってはもともと時間がかかる傾向があったり、担当者の休みや都合によって面接結果の検討自体が滞ったりしていることもあります。

派遣会社の担当者はそういった内部事情も知っている場合がありますし、担当者の事情を聞き出してもらうこともできます。

1週間以上、面接結果が出ないと、不安になりますが、その期間が長いからといって不合格と決まったわけではありません。

結果が出るまでの期間は派遣先企業の都合によるものであり、合否には関係ないこととして認識しておきましょう。

人材派遣の面接結果は数日から1週間がオーソドックス

人材派遣では、面接に至るまでも時間がかかっていることもあるため、面接後に1週間も待たされることが焦りや派遣先企業への思い入れの減退に繋がることもあります。

しかし、一般的な派遣の道程として時間がかかることはよくあることです。
一般的には、コーディネーターからの派遣先企業の紹介や自分の希望の企業を見つけてから社内選考までが数日から1週間程度かかります。

さらに面接日の調整等で時間がかかります。
こうしてやっと面接にこぎつけても、ここでは他の派遣会社の紹介との競合や直接求人を出して行っている面接が並行して行われることなどがあります。

エントリーから時間がかかることは、非常に不本意ですが、実際にはこういったさまざまなことが行われており、仕方ないことでもあります。

早く決定してしまえば数日で結果がもらえるラッキーなケースもありますが、1週間程度かかることは普通のことです。
いくつかの派遣会社を並行させていることを鑑みると、派遣会社選びも良い結果を早く得るためには考えるべきかもしれません。

人材派遣の面接結果は1週間はかかる

1.1週間程度は人材派遣の面接結果の検討期間として
人材派遣の面接は終了後一定の期間中に結果の検討をします。そのために1週間程度は結果待ちの状態となることもあります。他の希望者と比較していることもあるため、結果が出るまで待つことが必要です。

2.人材派遣の面接結果の出るまでの1週間
人材派遣の面接結果が出るまでは概ね1週間程度かかることがあり、他の希望者との面接次第でもっと伸びることもあります。待たされすぎると不安になるので、1週間以上たったら派遣会社を通して様子を聞いてみても良いでしょう。

3.人材派遣の面接後に結果を1週間以上待たされたら
人材派遣の面接結果は最終的な合否に関わっているため、慎重に検討されます。1週間以上結果が出ない場合でも、派遣先企業の事情によって時間がかかっているだけの可能性があります。心配な時は派遣会社にその事情を教えてもらったりすると良いでしょう。

4.人材派遣の面接結果は数日から1週間がオーソドックス
人材派遣ではいくつもの選考段階を経て、実際の派遣が決まります。そのためある程度結果が出るまでに時間がかかることは仕方ないことです。面接に至っても他の派遣会社と競合してしまうこともあり、ここでも結果が出るまでの時間を左右することがあります。

人材派遣の面接、あがり症の人がとるべき対策とは?

大事な場面になると、とても緊張してしまうあがり症の人は、いざ人材派遣会社の面接に行く際、どうにか対策を練りたいと思うでしょう。

あがり症の程度にもよりますが、うまく話せなくなってしまったり、折角の自分のアピールポイントをうまく披露できなかったりすると、もったいないですよね。

人材派遣会社のサイドも、できればあなたの良いところをたくさん見たいと思っていますから、あがり症が原因で面接を失敗してしまうのは、お互いの本意ではないのです。

そんなあがり症の人は、対策の大前提として、まず「緊張は決して悪いものではない」ということを知っておいてください。

人材派遣会社をはじめとして、面接では、むしろ適度な緊張感が必要なのです。
そして、その緊張によってあなたの良いところが潰されてしまわないよう、あがり症の人は、より念入りに面接の練習をじっくり行っておきましょう。

相手と自分だけを意識するようにしよう

あがり症の対策あがり症の人は、どうしても緊張が強くなってしまい、本来の実力を発揮できないシーンが多くなってしまいますよね。

人材派遣会社の面接でも同様で、本当だった披露できるはずだった良いところを見せられないかもしれないと思ってしまう人は多いです。

緊張したらどうしよう、という不安が、余計に新たな緊張を煽ってしまっている可能性もあるのです。
しかしそんなことを言われたところで、意識してしまうのは仕方がないですから、ここは効率の良い対策を考えましょう。

まず、自分と相手しか見ないようにすることは重要です。
人材派遣会社との面接は、決してステージではありません。
あなたの魅力を伝える場所という意味は持っていますが、他に大勢の観客がいるわけではないのです。

相手の人材派遣会社のメンバーが複数人であったり、場合によってはこちらの登録者側も複数人の面接形式をとられることもありますが、トークセッションの場を設けられているわけではありませんし、その場にいる他の登録者は、あなたの面接内容に点数をつけてジャッジする人ではありません。

質問をしている相手と、質問を返す自分のたった二人しかいないと思うように心がけるだけで、かなり負担は減っていきますよ。

緊張している姿はメリットにもなる

人材派遣会社の人は、あなたのスキルや経歴はもちろんのこと、面接ではあなたの人間性をチェックしています。

何かと緊張してしまうあがり症の人は、それを強みだと思ってみてください。
緊張をしているということは、イコールその場に気合を入れているということです。

失敗したくないと思っているから緊張をするわけですから、それだけその人材派遣会社の面接に真剣に臨んでいると言うアピールになります。

そして、あがり症で失敗しないために、たくさん練習をしたことは、あなたの面接の完成度を自然と上昇させてくれます。

そのため、あなたの一生懸命さは、面接で向かい合っている相手にきちんと届きます。
自分の経歴やスキルなどの自己紹介、オーソドックスな質疑応答をはじめとして、様々な質問に答えられるよう、シミュレーションを徹底しておきましょう。

希望している勤務先の志望動機や、今後の自分のワークスタイルなど、理想もきちんと固めておけると良いですね。

リラックス効果をセットにしよう

リラックスする為に面接の質疑応答や自己アピールだけではなく、練習では様々な動作も繰り返し取り組んでおきましょう。

たとえば、いざ人材派遣会社の面接室に入るときの、ドアの開け方や挨拶のお辞儀、着席方法や履歴書を渡す動作などです。

絶対に必要になって来る所作はいくつもあるので、これらを繰り返し練習しておくと良いでしょう。

普段スーツやヒール、ネクタイなどを着用し慣れていない人であれば、それらを実際に身に着けて練習してみるのも良いですね。

相手がいればより本番に近いシチュエーションになりますが、一人でも大丈夫ですよ。
その場に人材派遣会社の相手がいることを想像して、本番と同じ感覚を持って取り組んでみてください。

練習で何度もその動作を繰り返すことで、慣れという安心がセットになってあなたになじみます。
慣れはやがてリラックス効果にも繋がりますから、あなたのあがり症をふとしたところで落ち着かせてくれるキーアイテムになってくれるかもしれません。
練習という対策の中では、こういった仕込みもできることを覚えておいてください。

人材派遣の面接、あがり症の人がとるべき対策とは?

1.緊張はして当たり前!入念な練習が物を言う
人材派遣会社の面接の際、あがり症の人がとるべき対策は、とにかく練習を重ねることです。緊張は決して悪いものではありませんから、質問と返答の練習をはじめとして、模擬面接を重ねておくと良いでしょう。

2.相手と自分だけを意識するようにしよう
人材派遣会社の面接では、基本的に自分と相手の二人しかいないのだということを忘れないようにしてください。これだけで、あがり症対策の第一歩を踏み出せる場合も少なくないのです。

3.緊張している姿はメリットにもなる
あがり症のあなたが面接で緊張している姿は、人材派遣会社の人から見れば、それだけ真剣に面接に臨んでいるというアピールになります。基本的な対策を繰り返しやっておけば、そのスタイルはむしろ強みになる場合もあります。

4.リラックス効果をセットにしよう
実際に人材派遣会社の面接でとるであろう行動を込みで、練習を繰り返しておくのがおすすめです。お辞儀や入退室の動作に慣れることで、リラックス効果に結び付けられる場合もありますから、良い対策のひとつになるかもしれません。

人材派遣の面接では腕時計はなぜ必要?

面接での腕時計人材派遣の面接というのは、派遣会社がコーディネートしてくれて、当日も派遣会社からコーディネーターや営業社員が同行してくれます。

そのため、普通の面接よりも緊張感がなくなり、小さな失敗をすることが多くなる場合があります。特に持ち物では、忘れ物をしないようにして、慌てないようにしましょう。

近年では、腕時計をする人が減ってきていますが、これも面接の時には必要なアイテムとなります。
携帯電話の普及で、それを時計がわりにする人が多くなりましたが、ビジネスや正式なシーンでは携帯電話やスマートフォンなどを開いて見るのはマナー違反となります。

会場で面接を待っている間なども時間を確かめるのは、腕時計を持参してそれを利用し、携帯電話やスマートフォンをチラチラと見るのは避けましょう。

人材派遣で必要となる持ち物とは

人材派遣の面接は、前もって人材派遣会社の方でセッティングされており、応募者の情報を記した書類が派遣先に届けられていることが多くなります。

履歴書や職務経歴書などの面接必須アイテムも派遣会社を通して送られているため、あまり多くの持ち物を要求されることはないでしょう。

しかし、派遣先企業や人材派遣会社から言われたものだけではなく、自分の機転によって準備しておきたい持ち物もあります。

それを忘れることで、意外な失点につながることもあるため、注意が必要です。

指示される持ち物

人材派遣会社からのアドバイスや派遣会社を通して派遣先企業が持ち物を指示してくることがあります。

忘れ物をすると、面接がスムーズに進まないだけでなく、印象が悪くなり、不採用となることもあるため、最低限守りたいものです。

最初に提出する書類がまだ派遣先に届けられていない場合にはこれらを準備することとなります。履歴書や職務経歴書などです。

さらに、丁寧な派遣会社であれば、メモできるように筆記用具や手帳などの細かい指示もしてくれます。

派遣会社を通して派遣先と連絡をすることになるため、派遣会社の連絡先の書いてある資料を持っていくことも必要です。

指示されない持ち物

指示されないけれど、一般的なビジネスにおいて欠かせないものの中に腕時計があります。
腕時計は携帯電話で時間を知ることが出来るようになって、使わない人も増えていますが、応募者には是非持っていて欲しいものとなります。

腕時計をしていないと、時間を知るすべは会場の時計か自分の携帯電話のどちらかになります。

ビジネスにおいて「時は金なり」です。時間を気にせずに面接を受けたいなどという言い訳は通用しません。

腕時計をして人材派遣の面接を受ける

人材派遣の面接では、コーディネーターや営業社員のお膳立てが行き届いており、つい甘えがちですが、自主性を持って臨むためにも持ち物の準備など、できることはきちんとしておきましょう。

まずは腕時計などビジネスの現場における必要なものを身につけて、準備万端で面接を受けることが大切です。

腕時計は印象を変える

腕時計一つでそんなに変わらない、そう思いがちな人は考えを改めるべきです。腕時計をしていることによって、ビジネスの自覚を見ることができるためです。

むしろ反対に、””腕時計をしていない″ことによってビジネスへの意気込みや責任感の欠如を見出される恐れがあるといっても良いでしょう。

特に年輩者にとっては、携帯電話で時間を見る若者の姿は心地よく感じられない可能性が高くなります。

人材派遣の面接にしていきたい腕時計

人材派遣の面接においては、応募者はチャレンジャーです。
そのため、必要なものをもって行くことだけでなく、シーンに合ったものを選んで行くくらいの慎重さがあっても無駄ではありません。

人材派遣の面接では、ビジネスの素養が問われます。抜かりなく、適した持ち物で、好印象を残しましょう。

ビジネスに必要不可欠な腕時計も、どんなものでもしていれば良いということではありません。

時計は高価なものもありますから、お金がなくて買えないという人もいるでしょう。
しかし、高いものやブランド品などの腕時計は派手さなど悪印象を与えることもあるので、安くても全く問題はないのです。

しかも面接に適した腕時計を用意すれば、その後の就業の時も使えますので、無駄になりません。

面接に合う腕時計

面接に合う腕時計は、シンプルなデザインで、ベルトに柄などが入っていないことが条件です。

多機能のアウトドア用のものは、不必要な上にスーツに合いません。

男性ならば、黒や茶のベルトで、女性なら華美な印象を与えないようなカラーで光る石やチャームなどが少ないものを選びます。

アラームや音の出やすいものは必ず止めておきます。

人材派遣の面接では腕時計はなぜ必要?

1.人材派遣の面接では腕時計をして
人材派遣の面接では腕時計をして行くことは意外と大切です。時間を確かめるために携帯電話などを見すぎるのはマナー違反となって、悪印象を与えてしまうためです。時計は時計として持ち歩き、面接現場で携帯を見過ぎないようにします。

2.人材派遣で必要となる持ち物とは
人材派遣での面接は、持ち物をあらかじめ指示されることが多くなります。しかしそれ以外に自分の判断でもって行く必要のあるものもあります。腕時計は指示されませんが、ビジネスには欠かせないアイテムです。

3.腕時計をして人材派遣の面接を受ける
腕時計をしていることはビジネスの現場では当然のことと見られています。携帯電話を時計がわりにすることを好ましく思わない人もいるためです。誰に言われなくとも腕時計はきちんとしていくことが必要です。

4.人材派遣の面接にしていきたい腕時計
人材派遣の面接には、その場に合った腕時計をしていきましょう。派手なものや高級品ではなく、機能もごく一般的なものが適しています。うるさく音の出ないような機能、デザインを選んでさりげなく身につけましょう。

人材派遣の面接で腕まくりはNG?

面接での腕まくり人材派遣会社での仕事を得るまでの道のりとしては、登録時の人材コーディネーターとの面談から始まり、エントリーシートの記入、希望の職種などの聞き取りを終えて、実際の派遣先の紹介となります。

派遣先との面接は、派遣会社を通して設定され、一般の求人応募の面接とは少し違っていますが、お互いのマッチングのために人となりを知り、その人が実際にその企業で役立つのかを見定められる目的は同じです。

そのため、派遣先との面接では身だしなみをきちんとして挑むことが正解となります。

ところが、経験の浅い応募者では、どんな格好がただしいい身だしなみなのかを知らずにいることが多く、面接に合わない姿で受けてしまう人もいます。

面接はどんなものでも、基本的にはフォーマルであることを認識して、正しい服装で受けることが必要です。迷ったときは、冒険せずに控えめにしていたほうが良いのです。

人材派遣の派遣先との面接の目的

人材派遣では、応募者の経歴、経験や資格といったアウトラインは、面接の前の段階で、派遣会社の営業社員などによって伝えられております。そのため、そういった書類だけでは見えてこない適性を知りたいと派遣先企業としては考えるのです。
派遣先との面接
派遣先との面接は、まさにそうした部分を知る重要な機会となり、応募者の身だしなみ、話し方、振る舞いなどで面接官は情報を得ようとします。

話し方や性格は一朝一夕で変えられるものではありませんが、私たちは身だしなみを整えることでそうした部分を強化、補うことができます。

また、身だしなみが整っていないと、良い部分まで曇ってしまいます。

派遣先の面接官が好印象を持つような身だしなみをすることは非常に大切なのです。
汚れやシワはもちろんですが、腕まくりをしたり着崩したりするのも避けたいものとなります。

クールビス期間の人材派遣の面接で腕まくり?

近年、クールビズという取り組みが社会を上げて取り上げられています。

クールビスは、温暖化防止のために企業ができる取り組みで、エアコンの設定温度を控えるためにビジネスパーソンたちの服装を軽装に変えようというものです。

実際に行っている企業は増えてきましたが、人材派遣の派遣先企業との面接においては、クールビズの取り組みをどの程度応募者側が取り入れれば良いか分かりにくいものです。

クールビスと面接

クールビズ期間は5月から10月までとなっており、実に年間の半分を通してクールビズが行える現状では、面接日がクールビズ期間に設定されることも想定しておく必要があります。

人材派遣では、面接の前に比較的多くの派遣先の情報を得ることができます。
そこではソフト面の情報も含まれており、クールビズの情報もあります。

クールビズを行っていて、軽装で面接を受けても良いと言われた場合には、それに応じて対応するべきです。

クールビズであるかどうかが分からない時は、社会や気温がどんなにクールビズらしくても、我慢してスーツを着ていくことが必要です。

クールビズと腕まくり

クールビズの季節には、腕まくりをしたシャツ一枚で過ごすビジネスパーソンの姿をよく見かけます。

しかし、それは働いている時の一時的なものであり、それが正しいクールビズであるということではありません。

そういったビジネスパーソンも、お客様や取引先との面談などでは服装を正します。

ましてや、面接というフォーマルな場面では、腕まくりをしたり、着崩したりすることはないでしょう。

腕まくりはインフォーマル!半ぞでならギリギリセーフ

クールビズに加えて、カジュアルな社風を推進している企業などもあり、ビジネスパーソンの服装は多様化を極めています。

そんな中で、人材派遣の面接を受けるにあたっては、正しいビジネスの服装を知っておくことが大切です。

正しいクールビズ

・シャツは基本的に長袖を着ます。
長袖を腕まくりするのは避け、出来ないのであれば半袖を着ます。
面接などの正式な場では、面接前に直しても、腕まくりを下ろした後のシワが目立つのも避けたいものです。

・ネクタイは有。もしくはネクタイなしでもビシッと襟が立つシャツを。

・スラックスは夏用スーツの下か綿の地味なものを。
ジーンズや外縫いの縫い目のものは出来るだけ避けます。

・靴と靴下は変わらずビジネス用のものを。

以上の点を踏まえて、面接時のクールビズに生かしましょう。

クールビズというとカジュアルなイメージが強くなっていますが、イコールで考えるのは危険です。クールビズは「涼しいビジネスの服装」であって、ビジネスから離れてはいけないのです。

正しいクールビズは、ビジネスらしさを持ちつつも少し涼しい姿ということです。

人材派遣の面接で腕まくりはNG?

1.人材派遣の面接での腕まくりは悪印象
人材派遣の面接は、フォーマルな場として考えて、正しい服装で受けることが望ましく、ビジネスの正しい服装を知ることが大切です。自分が見られていることを意識した服装を心がけましょう。

2.人材派遣の派遣先との面接の目的
派遣先では事前の打ち合わせで得られた応募者の情報によってその人のアウトラインを知ることができますが、実際に会って話す面接での印象によって最終的に働けるかどうかを量ります。身だしなみが悪いことでその印象が悪くなることは避けた方が良いでしょう。

3.クールビス期間の人材派遣の面接で腕まくり?
クールビズの期間の面接では、派遣先企業の希望でクールビズを取り入れた服装で面接に行けることもあります。ただし、それは派遣会社を通して申し入れがあった時のみで、自分で判断してクールビズを行ってはいけません。

4.腕まくりはインフォーマル!半ぞでならギリギリセーフ
面接などの正式な場では、クールビズにも注意が必要です。腕まくりをしていたり、面接時にシャツにシワが残ったりするのは避けたいものです。ビジネスの場に合った服装を忘れないようにしましょう。

1 2 3 4