Monthly Archives: 10月 2015

人材派遣の面接、あがり症の人がとるべき対策とは?

大事な場面になると、とても緊張してしまうあがり症の人は、いざ人材派遣会社の面接に行く際、どうにか対策を練りたいと思うでしょう。

あがり症の程度にもよりますが、うまく話せなくなってしまったり、折角の自分のアピールポイントをうまく披露できなかったりすると、もったいないですよね。

人材派遣会社のサイドも、できればあなたの良いところをたくさん見たいと思っていますから、あがり症が原因で面接を失敗してしまうのは、お互いの本意ではないのです。

そんなあがり症の人は、対策の大前提として、まず「緊張は決して悪いものではない」ということを知っておいてください。

人材派遣会社をはじめとして、面接では、むしろ適度な緊張感が必要なのです。
そして、その緊張によってあなたの良いところが潰されてしまわないよう、あがり症の人は、より念入りに面接の練習をじっくり行っておきましょう。

相手と自分だけを意識するようにしよう

あがり症の対策あがり症の人は、どうしても緊張が強くなってしまい、本来の実力を発揮できないシーンが多くなってしまいますよね。

人材派遣会社の面接でも同様で、本当だった披露できるはずだった良いところを見せられないかもしれないと思ってしまう人は多いです。

緊張したらどうしよう、という不安が、余計に新たな緊張を煽ってしまっている可能性もあるのです。
しかしそんなことを言われたところで、意識してしまうのは仕方がないですから、ここは効率の良い対策を考えましょう。

まず、自分と相手しか見ないようにすることは重要です。
人材派遣会社との面接は、決してステージではありません。
あなたの魅力を伝える場所という意味は持っていますが、他に大勢の観客がいるわけではないのです。

相手の人材派遣会社のメンバーが複数人であったり、場合によってはこちらの登録者側も複数人の面接形式をとられることもありますが、トークセッションの場を設けられているわけではありませんし、その場にいる他の登録者は、あなたの面接内容に点数をつけてジャッジする人ではありません。

質問をしている相手と、質問を返す自分のたった二人しかいないと思うように心がけるだけで、かなり負担は減っていきますよ。

緊張している姿はメリットにもなる

人材派遣会社の人は、あなたのスキルや経歴はもちろんのこと、面接ではあなたの人間性をチェックしています。

何かと緊張してしまうあがり症の人は、それを強みだと思ってみてください。
緊張をしているということは、イコールその場に気合を入れているということです。

失敗したくないと思っているから緊張をするわけですから、それだけその人材派遣会社の面接に真剣に臨んでいると言うアピールになります。

そして、あがり症で失敗しないために、たくさん練習をしたことは、あなたの面接の完成度を自然と上昇させてくれます。

そのため、あなたの一生懸命さは、面接で向かい合っている相手にきちんと届きます。
自分の経歴やスキルなどの自己紹介、オーソドックスな質疑応答をはじめとして、様々な質問に答えられるよう、シミュレーションを徹底しておきましょう。

希望している勤務先の志望動機や、今後の自分のワークスタイルなど、理想もきちんと固めておけると良いですね。

リラックス効果をセットにしよう

リラックスする為に面接の質疑応答や自己アピールだけではなく、練習では様々な動作も繰り返し取り組んでおきましょう。

たとえば、いざ人材派遣会社の面接室に入るときの、ドアの開け方や挨拶のお辞儀、着席方法や履歴書を渡す動作などです。

絶対に必要になって来る所作はいくつもあるので、これらを繰り返し練習しておくと良いでしょう。

普段スーツやヒール、ネクタイなどを着用し慣れていない人であれば、それらを実際に身に着けて練習してみるのも良いですね。

相手がいればより本番に近いシチュエーションになりますが、一人でも大丈夫ですよ。
その場に人材派遣会社の相手がいることを想像して、本番と同じ感覚を持って取り組んでみてください。

練習で何度もその動作を繰り返すことで、慣れという安心がセットになってあなたになじみます。
慣れはやがてリラックス効果にも繋がりますから、あなたのあがり症をふとしたところで落ち着かせてくれるキーアイテムになってくれるかもしれません。
練習という対策の中では、こういった仕込みもできることを覚えておいてください。

人材派遣の面接、あがり症の人がとるべき対策とは?

1.緊張はして当たり前!入念な練習が物を言う
人材派遣会社の面接の際、あがり症の人がとるべき対策は、とにかく練習を重ねることです。緊張は決して悪いものではありませんから、質問と返答の練習をはじめとして、模擬面接を重ねておくと良いでしょう。

2.相手と自分だけを意識するようにしよう
人材派遣会社の面接では、基本的に自分と相手の二人しかいないのだということを忘れないようにしてください。これだけで、あがり症対策の第一歩を踏み出せる場合も少なくないのです。

3.緊張している姿はメリットにもなる
あがり症のあなたが面接で緊張している姿は、人材派遣会社の人から見れば、それだけ真剣に面接に臨んでいるというアピールになります。基本的な対策を繰り返しやっておけば、そのスタイルはむしろ強みになる場合もあります。

4.リラックス効果をセットにしよう
実際に人材派遣会社の面接でとるであろう行動を込みで、練習を繰り返しておくのがおすすめです。お辞儀や入退室の動作に慣れることで、リラックス効果に結び付けられる場合もありますから、良い対策のひとつになるかもしれません。

評判からわかるグロップの強みとは?

T.Nさん(46歳/男性
子供の教育費にお金がかかるので、ダブルワークに良い仕事がないかと、グロップに登録しました。

40代の男が副業で簡単にできるような仕事なんて、どんな仕事が分からなかったからです。しかし、グロップで適性診断などを受け、意外にも販売業に向いていることが分かり、今は1週間に4日ほど販売店で働いています。

売った分だけ成績になって給料も上がるので遣り甲斐があります。自分でも知らなかった自分を見つけてくれ、グロップにとても感謝しています。

Y.Gさん(27歳/男性)
僕は大学を卒業してから定職に就かず、フリーターで何とか生活をしていました。

でも、それではいけないと思い、同級生の間で評判が高かったグロップで働くことにしました。長いフリーター生活のおかげで、色々な仕事を体験していたので、派遣社員として色々な会社に派遣されるのは全く苦ではなく、楽しいくらいです。

もう少し色々な会社で働いてみて、ゆくゆくは紹介派遣で正社員を目指したいです。

A.Sさん(30歳/女性)
子供がまだ小さいので、在宅でできる仕事はないかと探していました。少しでも家計の足しにできたらいいなと思ったからです。

でも、なかなか見つけることができませんでした。そんな時に、ママ友が紹介してくれたのがグロップです。派遣会社が在宅ワークの人材まで扱っているとは知りませんでした。

担当のスタッフの方がとても良くサポートしてくれるので、マイペースで仕事ができています。とても有難いです。

R.Kさん(44歳/男性)
人材派遣会社なら、こんな自分にも仕事をくれるのではないかと思い、藁をも掴む思いでグロップに登録しました。

まだ住宅ローンもかなり残っているので、焦っていたのです。失業保険も残り僅かとなり、このままでは家も手放さなければならないと思っていました。

でも、グロップの方が、親身になって私に合う仕事を探してくれ、すぐに斡旋してくれたので、本当に助かりました。

こんな私にも、研修を受けさせてくれて、改めてビジネスマナーなどを勉強でき、とても参考になりました。グロップはとても良い会社だと思います。

K.Sさん(26歳/女性)
大学生の頃からグロップでアルバイトをしていたので、卒業後もお世話になろうと決めていました。

グロップはとてもフレンドリーな会社で働きやすいからです。それに、大企業に派遣されてバリバリ仕事をしている先輩もたくさんいて、私もそうなりたいと思いました。

グロップの良いところは、スキルをきちんと身に付けさせてくれることです。最後まできっちりと面倒を見てくれるので、とても安心です。グロップと出会えて本当に良かったです。

U.Hさん(22歳/男性)
大学の就活で失敗して、就職浪人もしたくなかったので、グロップで働くことにしました。

最初は自分もやる気がなかったのですが、グロップの研修などを受ける内にモチベーションが上がってきて、今では大学でも人気が高かった大企業へ派遣されています。

時々、落ち込むこともありますが、グロップのスタッフが何でも相談に乗ってくれるので、挫折しないで済んでいます。グロップで働いていなかったら、とっくに挫折していたかもしれません。グロップで働けて良かったです。

E.Aさん(33歳/男性)
俳優になりたいという夢を捨て切れず、劇団で活動しながらできる仕事を探していました。

いつまでも夢を追っている30代の男には世間の風当たりも強く、良い仕事になかなか恵まれなかったのですが、友人にグロップを教えてもらってからは、仕事にも遣り甲斐を持てるようになりました。

劇団ももちろん大切ですが、グロップのスタッフのおかげで、仕事も楽しいです。サポート体制が充実しているところがグロップの最大のメリットです。

E.Oさん(42歳/女性)
40代を超えたあたりで、体力が落ちてきて、それまでしていた仕事がきつくなってきました。それで、人材派遣で働こうと思い、友人が働いていたのでグロップを選びました。

友人から福利厚生も受けられるし、優良企業で働けると聞いていたからです。

体力に自信がなかったので、事務や軽作業の仕事が希望だったのですが、担当者の方が希望通りの仕事を見つけてくれて、本当に助かりました。歳だからって、諦めてはいけませんね。

I.Iさん(23歳/男性)
人材派遣会社から大企業へ就職できるという話を聞き、グロップに登録しました。

グロップでは事前研修でしっかりとビジネスマナーなどを指導してくれるし、必要なスキルも教えてくれるので、専門学校みたいです。

紹介予定派遣を利用すれば、契約終了後に正社員になれるので、当初の目的を叶えるべく、現在は色々な企業で経験を積んでいます。毎日が勉強の連続で新鮮です。もっとスキルやキャリアを身に付けて、大企業に就職したいです。

K.Nさん(26歳/男性)
大学の就活は本当に大変で、回りのみんなに差をつけられるばかり。どうすれば良いのか困っていたら、友達が一緒にグロップに登録しようと誘ってくれました。

グロップには新卒派遣という制度があって、実際に派遣社員として働きながら、自分に合った仕事を見つけるという、新しい就活方法です。

これなら、給料を貰いながら仕事を探せるので、焦る必要もなく、じっくり探せます。担当者の人がいつも見守ってくれるというのも心強いところです。絶対に良い仕事を見つけられると信じて頑張っています。

人材派遣の面接では腕時計はなぜ必要?

面接での腕時計人材派遣の面接というのは、派遣会社がコーディネートしてくれて、当日も派遣会社からコーディネーターや営業社員が同行してくれます。

そのため、普通の面接よりも緊張感がなくなり、小さな失敗をすることが多くなる場合があります。特に持ち物では、忘れ物をしないようにして、慌てないようにしましょう。

近年では、腕時計をする人が減ってきていますが、これも面接の時には必要なアイテムとなります。
携帯電話の普及で、それを時計がわりにする人が多くなりましたが、ビジネスや正式なシーンでは携帯電話やスマートフォンなどを開いて見るのはマナー違反となります。

会場で面接を待っている間なども時間を確かめるのは、腕時計を持参してそれを利用し、携帯電話やスマートフォンをチラチラと見るのは避けましょう。

人材派遣で必要となる持ち物とは

人材派遣の面接は、前もって人材派遣会社の方でセッティングされており、応募者の情報を記した書類が派遣先に届けられていることが多くなります。

履歴書や職務経歴書などの面接必須アイテムも派遣会社を通して送られているため、あまり多くの持ち物を要求されることはないでしょう。

しかし、派遣先企業や人材派遣会社から言われたものだけではなく、自分の機転によって準備しておきたい持ち物もあります。

それを忘れることで、意外な失点につながることもあるため、注意が必要です。

指示される持ち物

人材派遣会社からのアドバイスや派遣会社を通して派遣先企業が持ち物を指示してくることがあります。

忘れ物をすると、面接がスムーズに進まないだけでなく、印象が悪くなり、不採用となることもあるため、最低限守りたいものです。

最初に提出する書類がまだ派遣先に届けられていない場合にはこれらを準備することとなります。履歴書や職務経歴書などです。

さらに、丁寧な派遣会社であれば、メモできるように筆記用具や手帳などの細かい指示もしてくれます。

派遣会社を通して派遣先と連絡をすることになるため、派遣会社の連絡先の書いてある資料を持っていくことも必要です。

指示されない持ち物

指示されないけれど、一般的なビジネスにおいて欠かせないものの中に腕時計があります。
腕時計は携帯電話で時間を知ることが出来るようになって、使わない人も増えていますが、応募者には是非持っていて欲しいものとなります。

腕時計をしていないと、時間を知るすべは会場の時計か自分の携帯電話のどちらかになります。

ビジネスにおいて「時は金なり」です。時間を気にせずに面接を受けたいなどという言い訳は通用しません。

腕時計をして人材派遣の面接を受ける

人材派遣の面接では、コーディネーターや営業社員のお膳立てが行き届いており、つい甘えがちですが、自主性を持って臨むためにも持ち物の準備など、できることはきちんとしておきましょう。

まずは腕時計などビジネスの現場における必要なものを身につけて、準備万端で面接を受けることが大切です。

腕時計は印象を変える

腕時計一つでそんなに変わらない、そう思いがちな人は考えを改めるべきです。腕時計をしていることによって、ビジネスの自覚を見ることができるためです。

むしろ反対に、””腕時計をしていない″ことによってビジネスへの意気込みや責任感の欠如を見出される恐れがあるといっても良いでしょう。

特に年輩者にとっては、携帯電話で時間を見る若者の姿は心地よく感じられない可能性が高くなります。

人材派遣の面接にしていきたい腕時計

人材派遣の面接においては、応募者はチャレンジャーです。
そのため、必要なものをもって行くことだけでなく、シーンに合ったものを選んで行くくらいの慎重さがあっても無駄ではありません。

人材派遣の面接では、ビジネスの素養が問われます。抜かりなく、適した持ち物で、好印象を残しましょう。

ビジネスに必要不可欠な腕時計も、どんなものでもしていれば良いということではありません。

時計は高価なものもありますから、お金がなくて買えないという人もいるでしょう。
しかし、高いものやブランド品などの腕時計は派手さなど悪印象を与えることもあるので、安くても全く問題はないのです。

しかも面接に適した腕時計を用意すれば、その後の就業の時も使えますので、無駄になりません。

面接に合う腕時計

面接に合う腕時計は、シンプルなデザインで、ベルトに柄などが入っていないことが条件です。

多機能のアウトドア用のものは、不必要な上にスーツに合いません。

男性ならば、黒や茶のベルトで、女性なら華美な印象を与えないようなカラーで光る石やチャームなどが少ないものを選びます。

アラームや音の出やすいものは必ず止めておきます。

人材派遣の面接では腕時計はなぜ必要?

1.人材派遣の面接では腕時計をして
人材派遣の面接では腕時計をして行くことは意外と大切です。時間を確かめるために携帯電話などを見すぎるのはマナー違反となって、悪印象を与えてしまうためです。時計は時計として持ち歩き、面接現場で携帯を見過ぎないようにします。

2.人材派遣で必要となる持ち物とは
人材派遣での面接は、持ち物をあらかじめ指示されることが多くなります。しかしそれ以外に自分の判断でもって行く必要のあるものもあります。腕時計は指示されませんが、ビジネスには欠かせないアイテムです。

3.腕時計をして人材派遣の面接を受ける
腕時計をしていることはビジネスの現場では当然のことと見られています。携帯電話を時計がわりにすることを好ましく思わない人もいるためです。誰に言われなくとも腕時計はきちんとしていくことが必要です。

4.人材派遣の面接にしていきたい腕時計
人材派遣の面接には、その場に合った腕時計をしていきましょう。派手なものや高級品ではなく、機能もごく一般的なものが適しています。うるさく音の出ないような機能、デザインを選んでさりげなく身につけましょう。