Monthly Archives: 7月 2017

評判の高い派遣会社グロップの理由

H.Y(43歳/女)
子どもが高校生になり、自分の時間が確保できるようになってので、この機に短い時間でも収入を得ることができる仕事を探していたところ、友人からグロップが良いと聞きました。また、ネットの口コミからも高い評判を受けているので登録し、自分の条件に見合った会社を選んでいただきました。紹介された会社は未経験で不安が一杯でしたが、研修制度がしっかりしており丁寧に教えていただけるので、安心して働くことができております。

A.R(47歳/女)
寿退社して早20年が経ち、子どもも大学生となったので、改めて働きたいと主人に相談したら、グロップという派遣会社がオススメと教えてもらいました。なんでも、主人が働く職場にグロップで紹介された社員の方がいて、グロップに関して色々と聞いていたみたいです。実際に登録して担当者の方とお話をしたのですが、自分が希望していた勤務時間や給与などをしっかり配慮した会社を選んでもらいました。今は職場にも馴染め楽しい日々を過ごしています。

E.M(51歳/女)
これまで派遣社員として働いてきたのですが、給与面や残業などで不満が募り、別の派遣会社に登録しようと思い、ネットの口コミが良かったグロップに登録しました。最初は、口コミの情報は半信半疑だったのですが、いざ担当アドバイザーの方と話をすると、こちらのスキルや条件に沿った会社を次々と提供してもらいました。今までの派遣会社と比べ物にならない程の丁寧な対応でビックリしました。今は、紹介してもらった会社に勤めており、充実した毎日を送れております。

U.R(42歳/男)
製造関係の会社に勤めているものの、異業種でさらなるキャリアアップをしてみたいと思いました。年齢的に正社員雇用は難しいと考えたので、派遣社員としてやっていこうと思い、インターネットで派遣会社について調べていくとグロップに辿り着きました。口コミ等からも高評価を伺えたので、登録を行いました。いざ、担当者と面談すると、私が希望していた会社を紹介してもらい、そこで実際に働くことができており、グロップには大変満足しています。

T.M(23歳/男)
以前、登録していた派遣会社では、担当者との連絡ができず、新しい派遣会社に登録しようと探していたところグロップを見つけました。評価が高いことで知られていたので、登録を行い担当者に自分のやってみたい仕事内容やスキルの話をすると、それに沿った会社をいくつか紹介してもらいました。実際に、現場に入り不安がありましたが、担当者の方との連絡は頻繁にできているので、登録して正解でした。

B.F(19歳/女)
以前、データ入力などの事務関係の仕事を務めていましたが、結婚を機に会社を退職しました。ですが、最近また社会に出て働きたいなという思いが強くなり、人材派遣会社で有名なグロップに登録を行いました。グロップならすぐに仕事を始められる職場が見つかり、自分のスキルが活かせる職場が見つかるので、非常に満足しています。今の派遣先も、事務関係を中心とした仕事に携わっているので、スキルを磨けてすごく充実しています。

R.O(43歳/女)
グロップは、担当者が丁寧なサポートをやってくれるのが魅力の一つです。自分はグロップに登録する前にも派遣会社で仕事していましたが、その時の担当者の対応が荒々しかったです。派遣社員をモノのように扱われる始末だったので、グロップに登録しました。先にも述べましたが、グロップは非常に親切で、あるごとに気を遣ってくれます。給与や待遇も申し分ないです。もっと早くからグロップに登録すればと良かったと思いました。

A.N(19歳/男)
毎日同じ業務の繰り返しで嫌気が差し、不満だらけだったので会社を辞めてしまいました。グロップは、ネットで情報収集をし、その評判の高さに目を引かれて登録しました。いざ、担当アドバイザーと話を進めていくと、給与や待遇、どういった業種で働きたいのかなど自分の希望する条件を聞き、それに見合った会社を紹介されました。まだまだ若いので、正社員雇用は十二分にあるとアドバイスもいただき、嬉しかったです。

H.N(48歳/男)
年齢が年齢で、正社員としての転職は考えていませんでした。ただ少しでも自分の条件に沿った仕事ができればと思い、評判の高かったグロップに登録しました。登録後は、担当者の方から様々な仕事を紹介していただいたことに関しては驚きを隠せませんでした。また、働くからにはやっぱり働き甲斐のある仕事と自分が提示した条件に少しでも近い仕事に就けたことに大変満足しております。グロップは、評判通りの派遣会社でした。

R.M(29歳/男)
何年経っても一向に給与が上がらなかったので、思い切って転職しようと思い評判の高いグロップに登録することにしました。実際に登録してみて分かったことは、評判通り給与や福利厚生なども充実しており、やりがいのある仕事ばかりでした。また、グロップの担当者の方の対応も丁寧に紹介してもらい、分かりやすかったです。今では、紹介してもらった会社の正社員として日々精進しており、やりがいのある仕事に就けて充実した毎日を過ごせています。グロップに登録して本当に良かったです。

人材派遣の面接にノースリーブは不適切なの?

私服がOKだとしても人材派遣の面接にノースリーブは印象を下げてしまう可能性があります


面接や企業説明会の際に、服装を指定しない企業は増えてきました。

求人倍率も上昇している現在では、求職者の負担にならないような施策をとっている企業が多く、そのひとつが服装であり「私服OK」な企業が増えている理由なのです。

ただし、これはあくまでも常識の範囲内というのが通説です。

女性の場合は、ノースリーブのような露出度が高い服だと、人事担当者の方からの印象が低くなってしまう可能性があります。

人材派遣の面接で服装に迷った場合には、派遣会社のスタッフ・アドバイザーに問い合わせしてみるのが一番効率的だといえるでしょう。

派遣会社のスタッフは、その企業のことも知っている方ですので、どれくらいの服装やマナーを求めているのかの目安になるかもしれません。

そのまま働けるような服装を心掛けましょう

人材派遣の面接の際の服装で、覚えておいたほうが良いことは、「このまま働ける」くらいの服装にするということです。

人材派遣の場合は、新卒や正社員の雇用と違い、採用から勤務スタートまでタイムラグも少なく、面接をしている人事担当の方も「この人がここで働く姿」を想像しているものです。

そのため、かしこまりすぎず、カジュアル過ぎない、その会社・仕事にあった服装がどんなものかをイメージして選ぶ必要があります。

ノースリーブくらいの露出度が高く、カジュアルな服装になってしまうと、「この人はうちの会社でうまく働くことができるのか」と不安になってしまう採用担当者の方もいることでしょう。

そのため、事務職ならば、落ち着いたシャツスタイルにして、工場などの場合は、もう少しカジュアルながらも袖のついたTシャツやポロシャツくらいにしておくと、相手からの印象を損なわずにすむでしょう。

アパレルの場合にはカジュアルな服装も認められがちです


ここまでは、カジュアル過ぎない服装なほうが望ましいというお話をしてきました。

ただし、その理由は「働く会社にマッチングしている」からというものです。

それでは、ここからはカジュアルな服装でも認められがちな企業について解説していきます。

カジュアルな服装で人材派遣の面接を受けても認められやすい業種があります。

それは、アパレル業界です。

特にショップのスタッフなど、店頭でお客さんと関わるお仕事をする職種の場合は、ファッションセンスが採用の基準となるケースもあります。

若い方を対象としたブランドの場合は、店員さんへあこがれを持っているお客さんも多いため、そういったカジュアルな服装のほうがむしろ「働く姿」を想像しやすいのです。

ただし、カジュアルさは認められやすいですが、ノースリーブ自体が認められるとは限りません。

アパレルの派遣を受ける場合にも、ノースリーブに薄いシャツを羽織る、ストールをまとうなどの重ね着をしておくほうが確実だといえるでしょう。

小物なども華美なものは避けましょう

人材派遣の面接の際には、なるべく目立たない服装の方が望ましいです。

その理由は、服装がマイナスな要因になる危険性はありますが、プラス要素に働くというケースはそこまで多くないためです。

派遣の面接では、求職者の能力を判断する材料を集めています。

そのなかの一つが「服装マナー」なのです。

先述のショップ店員のように、ファッションセンスが能力という場合もありますが、ほとんどの場合は、服装については「マナーが守られているものならば特に問題ない」程度にしかとらえていません。

そのため、できるだけ悪目立ちしないように意識しましょう。

また、服装については無難なシャツスタイルにしたとしても忘れがちなのが、バッグやアクセサリーなどの小物類です。

これらは、普段から使っているものをそのままつけていくことがほとんどのため、派手な格好が好きという方は、ついつい派手なものを持っていきがちです。

そのため、なるべく華美なものは避ける意識をしましょう。

アクセサリー・時計については、むしろ付けないくらいのほうが良いかもしれません。

このように人材派遣の面接は、企業に合わせて華美でない服装を意識することが大切なのです。

(まとめ)人材派遣の面接にノースリーブは不適切なの?

1.私服がOKだとしても人材派遣の面接にノースリーブは印象を下げてしまう可能性があります
人材派遣の面接の場合には、リクルートスーツを着る必要のあるケースはほとんどありません。

ただし、ノースリーブくらい露出度が高いと、印象を下げてしまう可能性があるため、アドバイザーやスタッフと確認して服装を決めましょう。

2.そのまま働けるような服装を心掛けましょう
人材派遣の面接では、そのまま働くことができるかのような服装が望ましいです。

面接を受けている人が「うちの会社で働いている姿を想像できるか」を、採用基準としていることも多いため、過度にカジュアル・フォーマルにならない服装を心掛けましょう。

3.アパレルの場合にはカジュアルな服装も認められがちです
アパレル業界の場合は、お店・ブランドのタイプによってカジュアルさが認められやすいです。

ただし、ノースリーブ自体が認められているというわけではありませんので、不安だという方は、重ね着をしておくほうが印象を損なってしまう可能性は低いです。

4.小物なども華美なものは避けましょう
服装を意識しても、ついつい忘れがちなのがアクセサリー・バッグ類です。

普段使っているものが派手すぎると感じたら、それらは身につけずに面接へ行く、もしくは面接の際には外しておくようにしたほうが良いかもしれません。