Monthly Archives: 9月 2017

高い評判を持つグロップで働ている人たちの声を集めました

T.T(45歳/女)
今まで勤めていた会社が経営悪化によりリストラされました。まだ40代ですし、息子の学費を稼ぐためにも働かなければなりますせんでした。一先ず正社員雇用を狙えるよう派遣社員として働くことになりました。派遣会社はネットの評判が良かったグロップに登録しました。前職で培ったスキルを中心に求人先を紹介してもらい尚且つ、いろいろと親身になってサポートして下さったので非常に助かっています。

R.S(19歳/男)
高校を卒業して就職したものの、自分がやりたい仕事ではないと気付き先月一杯で退職しました。次の就職先を見つけるまでのつなぎとして派遣社員として働くことにし、派遣会社のグロップに登録しました。グロップでは、様々な求人を取り扱っており、その中に自分がやりたい仕事があったので早速応募しました。キャリアが浅い私のようなものでも、グロップの担当者は親身にサポートしてくれるので、登録して正解だったと思います。

K.M(27歳/男)
以前勤めていた会社が零細企業で、給与も低く賞与もない状態でしたので転職することにしました。どの企業も正社員枠を募集していなかったため、派遣会社で有名なグロップに登録し、派遣社員として働くことにしました。登録後すぐにグロップのアドバイザーと面談し、就業先に求める条件等を話しました。すべての要望は叶えることができませんでしたがそれに近しい会社を紹介してもらうことができました。以前に比べて給与がアップしたのが非常に嬉しく登録して良かったです。

D.K(32歳/女)
娘が小学校に入り、これから学費が必要になってくるであろうと考え専業主婦から派遣社員として働くことを決めました。ただ娘はまだ小さいので、時間の融通が利く職場を条件にグロップの担当者の人と話を進めてきました。約1週間程が経った頃に私が最も希望していた会社を紹介してもらい、現在その職場で働けています。希望通りの職場を紹介してもらったグロップには感謝しかありません。担当者の方もいろいろとご相談に乗ってくれるのでグロップは高く評価したいです。

Y.W(21歳/女)
専門学校を卒業するものの就職先が見つからず途方に暮れています。ネットで調べたり友人と話をしていく内にグロップの事を知りました。グロップは評判高い派遣会社として口コミで書かれたり友人が口にしていたため、登録することにしました。登録後、担当者の方とヒアリングを行い専門学校で学んだことや、やりたい仕事などを話しこれらにマッチにした求人を紹介してもらいました。今は、派遣社員から正社員へと雇用形態が変わったのでグロップに出会えてい本当に良かったと思っております。

Y.T(24歳/男)
大学を卒業し、新卒入社としてこれまで働いてきた会社に慣れてきたという時に実家にいる母親が病気になり看病する必要になったため地元に帰ることになりました。地元で就職先を探すものの、母親の看病の時間も確保する必要があるため派遣社員になることにしました。登録先はテレビCMで知ったグロップに登録し、私が求めていた条件にマッチする派遣先を複数提示してもらうことができました。提示した中から給与や勤務時間、母親の看病に対しての同意してもらえる会社を選び働いています。

H.K(52歳/男)
近年、長時間労働や休日出勤などでまともに体を休めることができずうつ病になってしまいました。そのため昨年末に会社を退職しました。現在、うつ病の症状が改善したので肉体的・精神的に負担のかからない会社を紹介してもらえるよう派遣会社のグロップに登録しました。グロップは、以前勤めていた会社で実際に派遣社員として働く人から聞き紹介してもらいました。グロップでは、これまでの経緯に基づいた内容の仕事を紹介してくれますので、私みたいな境遇に近い人はお勧めできます。

M.O(40歳/女)
高校に進級した息子が大学受験を目標に頑張っており、学費を稼ぐためにも私も働くことにしました。ただ、これまで15年間専業主婦としてやってきた身なのでいきなり社会人となるのはかなり不安がありましたが、グロップではそんな不安を抱いている人でも安心して働き口を探すことができました。グロップの担当者の方は、求人紹介以外にも公私混同でいろいろと相談に乗ってくださるのが非常にありがたかったです。

R.K(39歳/男)
来年40代となりますが、現在は派遣社員として働いています。派遣社員になる前は、正社員として働いていましたが会社の経営悪化により倒産してしまい直ぐにでも働ける会社を探していたのですが、正社員枠が見つかりませんでした。これまで派遣社員として働くことに抵抗があったのですが、グロップに紹介していただいた会社では、働きながらも資格の勉強ができる会社だったのでやりがいを感じています。最近では、働きぶりが社内で評価されたこともあって正社員雇用のお話もいただいたりと仕事に対するモチベーションが向上しました。

A.S(35歳/男)
以前、勤めていた会社では何のために働いているのかが分からなくなってしまい、自身を成長させるためにも違う業種に挑戦しようと決意しました。ただ35歳なので、正社員枠が非常に厳しいと判断し派遣社員から正社員を目指そうと考え、派遣会社で評判の良かったグロップに登録しました。グロップでは、仕事内容や疑問点などを分かりやすく説明してくれるので非常に助かっています。まだ働き先は迷っていますが今度応募しようと思います。また、グロップのことを知人にも話してみようと思います。

人材派遣面接で寝坊してしまったらまずは電話連絡?

人材派遣面接で寝坊したらとにかく急いで電話連絡が最優先です


大切な面接で寝坊してしまった場合、ついついそのまま逃げ出してしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、まずはとにかく電話連絡をします。

連絡するよりもまずはとにかく会場に急いで、事情を話すべきだと思われるかもしれませんが実はそうではありません。

というのも面接はあなた一人が受けるものではなく、複数人が面接を受け、それらはすべて順番が決まっています。

急いで電話をして遅れるという事を伝えれば、もしかすると面接の順番を最後に回してもらえるかもしれません。

そのため、ついやけくそになってしまうことなく、とにもかくにもまずは電話で連絡をしたうえで、遅れても必ず会場には行くことを伝えてください。

言い訳を言ってはいけません

寝坊してしまったのであれば少しでも被害を少なくするために、寝坊したということを隠してしまいたいと思う人も多いでしょう。

何かしら言い訳をすればごまかすことができるのかもしれないと思う気持ちも分かります。

しかし、絶対に下手な言い訳はしないでください。

体調が悪くなった、交通機関のトラブルが起きた、などといった言い訳をしてしまうのは絶対にいけません。

体調が悪くなったとすれば、それはこの数分間の間に体調が悪くなったのではなく朝起きた時から体調が悪いはずです。

にもかかわらず会場に無断で遅れてくるということは、体調が悪く会場に行くことができない可能性があるにも関わらず連絡の一つもしない人であると思われてしまいます。

また交通機関のトラブルはインターネットで少し検索をするだけで簡単にわかります。

それが嘘か本当かはすぐにバレてしまうもので、嘘がばれてしまった時ほど印象を悪くしてしまうことはありません。

寝坊しても諦めてはいけません

仮に寝坊したとしても余計な言い訳をせず、本気で謝罪をしようという気持ちがあれば、面接を受けることができ、内定をもらえる可能性もあります。

どのような場面においても窮地に追い込まれている自分を救い出すことができるのは一生懸命さと誠意さです。

寝坊してしまったことによって面接に行けなかった、それはもう過ぎてしまったことです。

次にするべきことは嘘をつくわけでもなく、言い訳をするわけでもなく、一刻も早く面接を受けるために会場に行くことです。

それはつまり自分がその人材派遣で何としても働きたいという気持ちの表れでもあります。

本気で人材派遣会社で働きたいと思うのであれば、どれだけ時間がかかってしまったとしても会場で面接を受けようと思うものです。

その意思を伝えるためにも謝罪の電話、そして一刻も早く会場に行くために急ぐことが重要なのです。

電話をした時点で面接は受けられない、採用することはない、というのであれば諦めてください。

もちろん、断られたからといってふてくされるのではなく、面接に行くことができなかったことを誠心誠意謝罪しましょう。

絶対に寝坊しないためにできることがあります


面接に寝坊してしまった場合には対処方法がいくつかあることはご説明しました。

しかし、やはりなんといっても面接に寝坊をしないということが何よりも重要です。

面接に寝坊しないためにできること、それは確実に起きられるようにすることです。

基本的に人材派遣会社での面接というのは朝早くや、夕方に行われることはなく、午前10時から14時の間に行われることが多いです。

そのため面接が行われる日まで、早寝早起きを徹底して目覚まし時計がなくても確実に目が覚めるまで自分の体内時計をコントロールしておくことも重要です。

人材派遣の面接が行われるにもかかわらず、前日は大量にお酒を飲んで寝不足の状態で明け方にやっと眠った、なんてことがあれば当然寝坊してしまうリスクが大幅にアップしてしまいます。

本気で面接を受けたい、絶対に寝坊したくないと思うのであればしっかりと寝坊せずに済むように努力をすることが重要なのです。

それでもまだまだ不安なのであれば、面接当日だけ目覚まし時計を10個セットするなど出来る限りの努力をしましょう。

(まとめ)人材派遣面接で寝坊してしまったらまずは電話連絡?

1.人材派遣面接で寝坊したらとにかく急いで電話連絡が最優先です

面接で寝坊してしまった場合には、何よりもまずは電話で連絡をします。

電話連絡をすれば面接の順番を変更してもらうことができたり、遅れたとしても必ず会場に行くという意思を伝えることができたりします。

2.言い訳を言ってはいけません

寝坊してしまった場合にはついつい言い訳をしてその場を丸く収めようとしてしまいがちですが、そのような嘘はすぐにバレてしまいます。

下手な言い訳は余計に自分の印象を悪くしてしまうことに繋がります。

3.寝坊しても諦めてはいけません

面接に寝坊してしまったとしても、その人材派遣会社で働きたいという気持ちを伝える方法はあります。

誠心誠意謝罪をしたうえで、まだ面接を受けられるのであれば会場まで大急ぎで向かいましょう。

4.絶対に寝坊しないためにできることがあります

面接に寝坊しないためには体内時計をコントロールしたり目覚まし時計を10個セットしたりするなど、今の自分にできることを全て行うようにしてください。

本当に面接に遅刻したくないと思うのであれば、そのような努力は当然のことです。