Monthly Archives: 1月 2018

評判の良い派遣会社グロップで実際に働いた方の本音

J.T(20歳/男)
高卒ですと中々正社員として働く会社の数が制限されてしまいます。特にわたしのように地方に住んでいる方の場合には、都市部と比べて求人数も少なめですので、どうしても正社員は難しくなっております。その為、派遣会社の中でも評判の良かったグロップに登録して派遣社員として働く事にしました。紹介してもらった派遣先は、正社員雇用を前提にしてくれていましたので、派遣社員から半年で正社員になる事ができました。グロップには感謝しています。

N.N(35歳/男)
33歳の時になぜだか会社に行こうとすると熱が出るようになってしまった為、会社を退社し実家で療養していました。ストレスが原因との事でした。体調も良くなったので社会復帰しようと思ったのですが、いきなり正社員として働くのが不安だったので、人材派遣会社のグロップに登録し、最初は派遣スタッフとして働く事に決めました。グロップは、色々なジャンルの会社を紹介してくれたので、以前とはまったく違ったジャンルの仕事をする会社で働けています。

Y.N(29歳/女)
以前の職歴を活かして再就職活動をしていたのですが、なかなか正社員として合格できなかったので、間が空いてしまうよりかは、まずは派遣スタッフとして働く事に決めました。グロップでは、自分では見つける事ができなかったような条件のよい派遣先をいくつも紹介してもらい、その中からもっとも条件の良い会社を選びました。お給料もこだわったので前職と比べても遜色ないレベルで働けております。グロップを選んで本当に良かったです。

Y.S(42歳/男)
会社の業務縮小で、自分がこれまでしていた業務ではなく営業に回される事になりました。自分はたとえお給料が下がっても同じジャンルの仕事がしたかったので、退社し人材派遣会社のグロップに登録して、同業種のお仕事を探してもらいました。グロップは流石に評判の人材派遣会社だけあって、かなりの数の会社を紹介してもらう事ができました。あまりに多かったので選ぶのが大変だったくらいです。今では、派遣社員ながらも自分の好きなジャンルのお仕事をさせて頂いております。

Y.O(34歳/男)
妻が体調を崩しがちだったので、なるべく家にいる事ができるようにと、前職を退社し残業がなく、休みがしっかりとしている会社に転職しようと思いました。正社員の求人が見つかるまで時間をかけていることができなかったので、つなぎで派遣スタッフとして働きました。その際に利用していたのが人材派遣会社のグロップです。グロップで紹介してもらった会社は、正社員雇用を意識してくれていた会社でしたので、今では派遣社員から正社員として働いております。

H.A(35歳/男)
人材派遣会社を選ぶ時には、やはり自分が希望しているジャンルの会社をいかに紹介してもらえるかだと言えます。一見すると同じような人材派遣会社ですが、登録してみるとかなり内容が異なっているのがわかります。色々と登録してみて最も良かったのが、テレビコマーシャルなども評判になっている派遣会社のグロップです。グロップは、とにかく紹介してくれる量が多く、クオリティも高かったので、しっかりと選ぶ事ができました。

A.U(32歳/男)
人材派遣会社はいくつもあり、わたし自身もこれまで5つの人材派遣会社に登録してきましたが、その中でも派遣会社のグロップは別格でした。紹介してくれる会社の数はもちろん、色々なジャンルの会社に精通していたので、他業種で働きたいという要望も叶えてもらう事ができました。今ではその会社で正社員として働くことができております。複数の人材派遣会社を見比べたからこそ分かったメリットだと思います。

Y.Y(51歳/女)
結婚してから50歳になるまでずっと専業主婦で生きてきました。一家を養ってくれている夫には大変感謝しているのですが、自分でも働いてお金を稼ぎたいという気持ちが強くありました。夫に相談した所、最初は派遣スタッフとして働いた方が残業や休みなどの面で働きやすいというアドバイスを貰いましたので、派遣会社のグロップに登録しました。グロップに紹介してもらった会社は、自宅からも近く初心者の方を育てるカリキュラムがしっかりとしていたので助かりました。

Y.O(36歳/男)
前職の無理がたたって身体を壊してしまい療養しておりました。その為、次に入る会社は、しっかりと完全週休二日が確保できている事、残業が当たり前で無い事を中心に探しました。自分だけでは見つけることが困難だったので、思い切って派遣会社のグロップに登録してみました。担当してくれたアドバイザーの方は、以前も同じような要望があったらしく、こちらの要望以上の会社を何社も紹介してもらいました。お蔭で今ではストレスフリーで働けております。

M.N(28歳/女)
以前の会社は非常にお給料が良かったのですが、休日出勤や残業、飲み会が多くプライベートの時間が少なくて大変でした。結婚をしてから夫に負担をかける事も多くなったので、夫が昇給したタイミングで会社を辞めて、もっとプライベートの時間をしっかりと確保できる会社を選ぶようにしました。派遣会社のグロップに登録したのですが、非常に真剣に相談に乗って下さり、今ではきっちり定時で帰宅する事ができるようになりました。

人材派遣の面接日程の連絡に対する返信の方法とは?

人材派遣の面接日程のお知らせには必ず返信します


人材派遣の面接の日程のお知らせが来たとしても、必ず返信しなければならないのか迷うことも多いです。

日程のお知らせにわざわざ返信しなければならないのか迷うかもしれませんが、やはり基本的には面接の日程のお知らせには返信をしてください。

ただし、なかには返信不要と書かれているものもあります。

返信不要と書かれているものの返信するのがマナーだと思われるかもしれませんが、返信不要と書かれているのであれば返信は必要ありません。

しかし返信不要と書かれていないのであれば、連絡をもらった時点でできるだけ早く返信するようにしてください。

ましてや日程のお知らせが届いているにもかかわらず、一切返信をしないというのは相手に対してとても失礼なことになりますので注意してください。

就活専用のメールアドレスを作っておくのも便利です

普段の生活の中で使用しているメールアドレスとは別に就活専用のメールアドレスを準備しておくのがおすすめです。

人材派遣の面接において日程のお知らせのメールが届いていても、普段使用しているアドレスでは見逃してしまうことがあるのです。

普段使用しているアドレスには、さまざまなメールが届くと思います。

迷惑メールなども含め放置していると、気がついた時が100件以上溜まっているということもあるでしょう。

そのような中に人材派遣の面接日程のお知らせメールが来ているとしても、気がつかずにそのまま返信しない、ということにもなりかねません。

人材派遣の面接の日程が記載されているメールに返信しなければ、場合によっては面接の辞退だと思われてしまうこともあります。

もちろん面接を受ける気がしっかりあったとしても、返信していなければ辞退ととられても仕方がありません。

そのような理由からも就活専用のメールアドレスを準備しておくことで、大切なメールを見逃すことなくしっかりと確認することができます。

人材派遣の面接の日程を知らせるメールの返信は言葉遣いに注意です


人材派遣会社の面接の担当者と日程などメールでのやり取りを行う場合には、正しい言葉遣いができているのか、間違えやすい言葉を使っていないかなど注意してください。

基本的に人材派遣会社の面接の担当者に日程など返信する場合には、お世話になっておりますという言葉から始まります。

これは社会人であれば基本的なことですので、必ず押さえておいてください。

また相手からなにかを確認された場合や、同意を求められているような場合には了解です、などと言った言葉を使わないようにしてください。

了解しました、了解ですという言葉はとてもカジュアルな言い回しになりますので、人材派遣会社の面接担当者に対して使用する言葉ではありません。

基本はかしこまりました、承知いたしましたです。

人材派遣会社の面接の日程を知らせるメールへの返信などにおいてはそこまで深く考える必要はありません。

社会人として最低限のマナーのあるメールの内容にすれば良いだけですので、注意しておいてください。

返信はすぐにが基本です

人材派遣会社の面接の日程を知らせるメールに対して返信をするのであれば、できるだけ早くが鉄則です。

面接の日程を知らせるメールへの返信だけではなく、人材派遣会社から届いたメールにはすぐに返信をするようにしてください。

人材派遣会社の面接を受けるのはあなただけではなく、複数の応募者がいます。

人材派遣会社の面接担当者はこれらの応募者の面接スケジュールを管理していますので、連絡が遅ければなかなか予定を組むことができません。

しかし返信が早ければ担当者にとって負担がかなり軽減されます。

面接直前になってもなかなか連絡が取れないような場合には、非常に困ることになりますので、やはり印象も良くありません。

人材派遣会社でまだ面接を受けているわけでもないのに、返信が遅いだけで印象が悪くなってしまうこともあるのです。

そのようなことになってしまうないためにも、自分が不利にならないために少しでも早く連絡をするようにしてください。

(まとめ)人材派遣の面接日程の連絡に対する返信の方法とは?

1.人材派遣の面接日程のお知らせには必ず返信します
人材派遣の面接日程のお知らせが来ているのであれば、必ず返信をしてください。

面接の日程のお知らせが届いているのに無視をするようなことがあれば、人材派遣の面接で非常に不利になります。

2.就活専用のメールアドレスを作っておくのも便利です
人材派遣の面接の日程が記載されているメールに気づかなければ、返信するのを忘れてしまうこともあります。

そのようなことを防ぐためにも、人材派遣の面接の日程が記載されているメールに必ず返信できるよう就活専用のアドレスを準備しておきましょう。

3.人材派遣の面接の日程を知らせるメールの返信は言葉遣いに注意です
人材派遣会社の面接の日程を知らせるメールに対して返信をする場合には、社会人として恥ずかしくない最低限のマナーを押さえた内容にしてください。

あまりにも失礼な言葉遣いをしてしまえば、マイナスのイメージを与えてしまうことになります。

4.返信はすぐにが基本です
人材派遣会社の面接の日程を知らせるメールが届いている場合、できるだけ早く返信するのは基本です。

面接の日程を知らせるメールだけではなく、人材派遣会社からの連絡にはできるだけ早く返信をするということが基本になるので覚えておきましょう。