Monthly Archives: 6月 2018

Uターンもお任せ。地元密着と評判のグロップで仕事を探した人の体験談です。

O.S(40歳/女)
夫は次男で、あちらのご両親はご長男が見てくれています。こちらは私が一人っ子なので、家族そろって私の地元に帰ってきました。夫婦そろって、環境のいいところで子どもを育てたかったというのもあります。とはいえ問題になるのは仕事ですが、うちは二人ともグロップで就職を決めました。私は派遣で、夫も今は派遣ですが、正社員へのあっせんもある職場です。人生にはいろいろな転機がありますが、仕事探しを支援してくれる会社があるのはいいですね。

K.R(23歳/男)
就職は地元でというのが、両親との約束でした。僕自身も地元に友達が多いので、こちらの方が楽しく過ごせるので、その点は問題ありません。でも仕事がなあと愚痴っていたら、両親からグロップを紹介されました。母の友達がここで仕事を探してもらって、地元大手に入社できたとかで。期待半ばで相談してみたら、けっこういい会社を紹介してもらえて驚いています。担当さんがつてを持っているのが強いですね。

S.J(19歳/女)
グロップに登録してよかった! 私は高卒ですが、卒業してからはしばらくバイトで過ごしていました。でもこのままじゃ不安だと思い、グロップに登録してみることに。すると、地元でもけっこう知られた会社を紹介してくれて、最初はダメだと思いました。実績とかないですしね。でも、派遣会社を通すと、すぐ面接なんですよね。普通就活だと、最初は書類じゃないですか。親も喜んでくれる会社で働けて、今はとても幸せです。

N.M(31歳/女)
専門職からの転職です。専門職とはいえ、給料は安いし、激務なので転職を決めました。でも、一般企業での就職活動はしたことがないので、とりあえず派遣会社に登録することに。いろいろあって迷いましたが、地元で働けると評判のグロップを選びました。女性の給料で、一人暮らしは無理だと思ったので、実家から通えるところが条件だったのですが。今は前職より給料もよくて、これなら念願の一人暮らしもできそうかな?

K.J(45歳/男)
いろいろあって今は独身です。前に勤めていた会社もやめたので、実家のあるこちらの地方で職を探すことにしました。地方なので、給料も安いでしょうが、いざとなれば実家もあるのでなんとかなるかと。しかしグロップさんで紹介してくれる会社は、それなりのものが多く、給与面での不安も吹き飛びました。キャリア面での相談にも乗ってくれ、希望通りの転職ができたので満足です。現場で働いている人から、説得力のある説明が聞けたのはメリットでした。

F.T(38歳/男)
地元で家を建てました。これまで夫婦二人で三人の子供を育てていたのですが、真ん中の子が病気になったので、生活に無理が出るように。両親もまだ若いので、助けてもらうつもりでの引越しです。転職先は、引越し前からいくつかの人材派遣の会社で探していました。結果、グロップさんで決めたのですが、決め手はコミュニケーション密だったことと、転職先の社風に詳しかったからです。安心して働ける先が見つかったので、頑張りたいと思います。

O.H(29歳/男)
グロップへの登録は、友達からの紹介で決めました。いろんな職場を紹介してくれるし、仕事もたくさんあるというので。あと、地元の企業に強いという評判もききました。実際に担当の人に話を聞いていると、地方でもいろいろな仕事があることがわかります。私は大学でこちらに来て、卒業後もここで仕事をしていたのですが、地元の人にコネがあるわけではありません。そういう点では、地元密着型のグロップさんで仕事を探せたのはよかったですね。

N.E(33歳/男)
それまで、地元でも結構有名な企業で働いていました。誰でも知っている会社ですが、この会社、実はとっても給料が安いんですよね。ですので、30になる前にみんな転職してしまいます。グロップには、先に転職した人の紹介で登録させてもらいました。実際に転職してみて、働きやすい会社に出会えたからだそうです。グロップさんはこちらの事情もよく知っていて、登録するとすぐに紹介してもらえました。

T.A(31歳/男)
登録の面接で、グロップの担当さんに「前の会社ブラックだったんです」と言ったら、「わかります」って。笑いました。グロップの担当者さんは、自分の場合は若い人だったのですが、話しやすいですね。就職って、けっこうプライベートに関わることってあるじゃないですか。何でも相談できる担当者って、何気に重要だと思います。自分の場合、担当さんがブラック企業の評判をよく知ってくれていて、いろいろ配慮してくれました。今度はホワイトな会社を紹介してもらえてラッキーです。

A.H(50歳/女)
もともとキャリア志向の女です。長い間子育てで仕事を離れ、家庭に引きこもっていましたが、子供が手を離れたのでまた思い切り働きたいと考えてグロップに登録しました。50で思い切り働きたいなんて、笑われるかと思いましたが、けっこうそういう人多いみたいですね。家から近く、グロップの派遣さんも多い会社で働かせてもらうことになりました。面談では、条件をはっきり言うほうがいいと思います。

人材派遣の面接ではネックレスをつけても問題ない?

面接では上品なネックレスのみつけてOKです


人材派遣の面接は、基本的にネックレスなどのアクセサリーは必要ないという考え方です。

しかし新卒の就活生のように絶対NGではないので、人材派遣先企業との面接でネックレスをつける場合は控えめで上品なデザインのものを選びましょう。

チェーンが太かったり濃いゴールドや、ペンダントトップが大きかったり派手な色のネックレスは人材派遣の面接にふさわしくないので注意しましょう。

人材派遣の面接の理想的な服装はスーツかオフィスカジュアルなので「私服でお越しください」とある場合も基本はオフィスカジュアルを意味します。

そのため、ネックレスも遊びに行くときに着けるようなカジュアルすぎるものや、派手なものはNGです。

人材派遣の面接では社会人のマナーやTPO、当日の服装を考慮しながら、女性らしく目立たないデザインのネックレスのみつけましょう。

ネックレスの許容範囲は控えめでTPOをわきまえていることです

派遣先との面接ではつけて問題ないネックレスがあります。

許容範囲はチェーンが細いものや、ペンダントトップが小さいものです。

色の許容範囲はチェーンはシルバー、ペンダントトップは透明や淡いピンクや黄色などです。

人材派遣の面接にNGなネックレスは、太いチェーンや長いチェーン、派手な色のチェーンやペンダントトップです。

カジュアルすぎるものやお辞儀をした時に揺れるものも避け、目立たないデザインを選ぶことが大切です。

新卒の就職活動ではネックレスなどは原則NGですが、社会人経験者や年齢を重ねた人が人材派遣の面接を受ける場合は絶対にNGではありません。

フレッシュなイメージよりも、清潔感を意識しながらTPOをわきまえた格好をして「社会人として信用できる」「安心して一緒に仕事ができる」と面接担当者に伝わることが大切です。

社会人として違和感のない範囲内ならネックレスも問題ありません。

人材派遣の面接でつけるネックレスはあくまでも常識の範囲内でという部分が重要なので、つけていても仕事の妨げにならない小ぶりのものを選びましょう。

「私服でお越しください」の場合も派手なネックレスは避けましょう


ネックレスの許容範囲について解説しましたが、派遣先との面接に「私服でおこしください」とある場合、私服=カジュアルと考えてネックレスを選んでいいのかについて説明します。

人材派遣の面接に「私服でお越しください」とある場合は、オフィスカジュアルを意味します。

オフィスカジュアルは会社の中でも違和感なく、そのまま仕事が出来る格好です。

遊びいくようなカジュアルすぎる服装やネックレス、派手な服装やネックレスはだめです。

人材派遣の面接では「安心して仕事を任せられるか」「ルールを守って働いてくれそうか」などを見るため、個性を出しすぎる必要はありません。

オフィスカジュアルは清楚でしっかりした印象を意識して、ネックレスをつける場合は必ず小ぶりの上品なものにしましょう。

アパレル業界など私服で面接する人材派遣の企業の場合、服装やアクセサリーに対する許容範囲は広くなります。

しかし、カジュアルすぎる格好はふさわしくありません。

ネックレスも派手な物や過剰につけることは避けて、ブランドイメージや服装に合わせて選びましょう。

面接にふさわしい服装はスーツかオフィスカジュアルです

人材派遣面接でのネックレスの選び方について説明してきましたが、基本的な服装は大丈夫でしょうか。

人材派遣の面接でネックレスを合わせる基本の服装は、スーツやオフィスカジュアルが理想的です。

派遣先との面接で着るスーツは、リクルートスーツである必要はありません。

職歴によっては違和感が出る場合もあるので、リクルートスーツしか持っていない場合は、シャツを色つきやデザイン性のあるものにすると新卒の雰囲気が減ります。

オフィスカジュアルは、社内でそのまま違和感なく働けることと、上司や取引先の人に会っても恥ずかしくない恰好であることがポイントです。

白など淡い色のシャツの上にジャケットを羽織り、紺やベージュなど落ち着いた色のシンプルなボトムを選びましょう。

人材派遣の面接では基本的な服装をふまえたうえで、なるべくシャツから見えない様に控えめなネックレスをつけましょう。

面接では「社会人として信用できそうだ」「安心して仕事を任せられる」と担当者に信用してもらうことが大切なので、清潔感と控えめを意識して身だしなみを整えましょう。

(まとめ)人材派遣の面接ではネックレスをつけても問題ない?

1.面接では上品なネックレスのみつけてOKです
人材派遣の面接にネックレスは必要ではありませんが、小ぶりで上品なものなら面接でつけても問題ありません。

ビジネスシーンにふさわしくない長いチェーンや目立つものなどは避けましょう。

2.ネックレスの許容範囲は控えめでTPOをわきまえていることです
人材派遣の面接では控えめなネックレスをつけるなど、TPOをわきまえた格好をすることが大切です。

ネックレスの許容範囲は、細いシルバーのチェーンに目立たない色のペンダントトップなど、控えめで上品なものです。

3.「私服でお越しください」の場合も派手なネックレスは避けましょう
私服やオフィスカジュアルなど面接の恰好によらず、派手なネックレスを付けるなど個性の出し過ぎは印象が悪くなる恐れがあります。

人材派遣の面接ではネックレスなどのアクセサリーは付け過ぎず、必要最小限にとどめた方が無難です。

4.面接にふさわしい服装はスーツかオフィスカジュアルです
人材派遣の面接の基本的な服装はスーツかオフィスカジュアルです。

スーツかオフィスカジュアルできちんとした身だしなみを整えたうえで、小ぶりで控えめなネックレスを出来る限り外側から目立たない様につけましょう。