人材派遣の面接、あがり症の人がとるべき対策とは?

大事な場面になると、とても緊張してしまうあがり症の人は、いざ人材派遣会社の面接に行く際、どうにか対策を練りたいと思うでしょう。

あがり症の程度にもよりますが、うまく話せなくなってしまったり、折角の自分のアピールポイントをうまく披露できなかったりすると、もったいないですよね。

人材派遣会社のサイドも、できればあなたの良いところをたくさん見たいと思っていますから、あがり症が原因で面接を失敗してしまうのは、お互いの本意ではないのです。

そんなあがり症の人は、対策の大前提として、まず「緊張は決して悪いものではない」ということを知っておいてください。

人材派遣会社をはじめとして、面接では、むしろ適度な緊張感が必要なのです。
そして、その緊張によってあなたの良いところが潰されてしまわないよう、あがり症の人は、より念入りに面接の練習をじっくり行っておきましょう。

相手と自分だけを意識するようにしよう

あがり症の対策あがり症の人は、どうしても緊張が強くなってしまい、本来の実力を発揮できないシーンが多くなってしまいますよね。

人材派遣会社の面接でも同様で、本当だった披露できるはずだった良いところを見せられないかもしれないと思ってしまう人は多いです。

緊張したらどうしよう、という不安が、余計に新たな緊張を煽ってしまっている可能性もあるのです。
しかしそんなことを言われたところで、意識してしまうのは仕方がないですから、ここは効率の良い対策を考えましょう。

まず、自分と相手しか見ないようにすることは重要です。
人材派遣会社との面接は、決してステージではありません。
あなたの魅力を伝える場所という意味は持っていますが、他に大勢の観客がいるわけではないのです。

相手の人材派遣会社のメンバーが複数人であったり、場合によってはこちらの登録者側も複数人の面接形式をとられることもありますが、トークセッションの場を設けられているわけではありませんし、その場にいる他の登録者は、あなたの面接内容に点数をつけてジャッジする人ではありません。

質問をしている相手と、質問を返す自分のたった二人しかいないと思うように心がけるだけで、かなり負担は減っていきますよ。

緊張している姿はメリットにもなる

人材派遣会社の人は、あなたのスキルや経歴はもちろんのこと、面接ではあなたの人間性をチェックしています。

何かと緊張してしまうあがり症の人は、それを強みだと思ってみてください。
緊張をしているということは、イコールその場に気合を入れているということです。

失敗したくないと思っているから緊張をするわけですから、それだけその人材派遣会社の面接に真剣に臨んでいると言うアピールになります。

そして、あがり症で失敗しないために、たくさん練習をしたことは、あなたの面接の完成度を自然と上昇させてくれます。

そのため、あなたの一生懸命さは、面接で向かい合っている相手にきちんと届きます。
自分の経歴やスキルなどの自己紹介、オーソドックスな質疑応答をはじめとして、様々な質問に答えられるよう、シミュレーションを徹底しておきましょう。

希望している勤務先の志望動機や、今後の自分のワークスタイルなど、理想もきちんと固めておけると良いですね。

リラックス効果をセットにしよう

リラックスする為に面接の質疑応答や自己アピールだけではなく、練習では様々な動作も繰り返し取り組んでおきましょう。

たとえば、いざ人材派遣会社の面接室に入るときの、ドアの開け方や挨拶のお辞儀、着席方法や履歴書を渡す動作などです。

絶対に必要になって来る所作はいくつもあるので、これらを繰り返し練習しておくと良いでしょう。

普段スーツやヒール、ネクタイなどを着用し慣れていない人であれば、それらを実際に身に着けて練習してみるのも良いですね。

相手がいればより本番に近いシチュエーションになりますが、一人でも大丈夫ですよ。
その場に人材派遣会社の相手がいることを想像して、本番と同じ感覚を持って取り組んでみてください。

練習で何度もその動作を繰り返すことで、慣れという安心がセットになってあなたになじみます。
慣れはやがてリラックス効果にも繋がりますから、あなたのあがり症をふとしたところで落ち着かせてくれるキーアイテムになってくれるかもしれません。
練習という対策の中では、こういった仕込みもできることを覚えておいてください。

人材派遣の面接、あがり症の人がとるべき対策とは?

1.緊張はして当たり前!入念な練習が物を言う
人材派遣会社の面接の際、あがり症の人がとるべき対策は、とにかく練習を重ねることです。緊張は決して悪いものではありませんから、質問と返答の練習をはじめとして、模擬面接を重ねておくと良いでしょう。

2.相手と自分だけを意識するようにしよう
人材派遣会社の面接では、基本的に自分と相手の二人しかいないのだということを忘れないようにしてください。これだけで、あがり症対策の第一歩を踏み出せる場合も少なくないのです。

3.緊張している姿はメリットにもなる
あがり症のあなたが面接で緊張している姿は、人材派遣会社の人から見れば、それだけ真剣に面接に臨んでいるというアピールになります。基本的な対策を繰り返しやっておけば、そのスタイルはむしろ強みになる場合もあります。

4.リラックス効果をセットにしよう
実際に人材派遣会社の面接でとるであろう行動を込みで、練習を繰り返しておくのがおすすめです。お辞儀や入退室の動作に慣れることで、リラックス効果に結び付けられる場合もありますから、良い対策のひとつになるかもしれません。