Tag Archives: 事業

グロップのラインソーシングで効率化と生産性を上げる

物づくりを生業としている事業主の皆様にとって製品は命です。その製造過程は製品に命を吹き込む重要な作業であり、最も大切な家庭となります。

外部にその一部、または全部を委託するということは非常に重要な決断となります。そんな重要な過程をお客様の立場となって考えていくラインソーシングがグロップにはあります。

通常のアウトソーシングにはなかった作業工程の請負という形で対応するラインソーシングでは、グロップスタッフのモチベーションをアップさせることにより、クライアントの満足を追求します。

単なる外部委託ではなく、クライアント企業のパートナーとしてともに成長できる仕事を成り遂げることになるでしょう。

作業ラインをアウトソーシングする際の問題点

作業ラインのアウトソーシングメーカーにとっての製品の製作過程というのは、核とも言える重要な部分ですが、全ての工程を自社で賄うことができないこともあります。

製作販売が期間限定であったり季節商品であったりと、恒久的に生産を続けない場合には新たに社員を増やすことも難しくなりますし、売り上げ次第で増やしたラインのコストが経営を圧迫することもあります。

そのため、作業ラインを外部に委託するアウトソーシングを選択する企業が増えていますが、アウトソーシングにも問題がないわけではありません。

アウトソーシングでは、社員の中に外部から派遣された人材が入り混じって作業を行うことが一般的であり、人間関係が複雑化します。

さらにクライアント側社員と外部の派遣スタッフ同士の間にモチベーションの差が生じることもあり、協力体制がうまく働かないこともあります。スタッフを管理するクライアント側社員は人間関係の調整や指導に追われることになり、時間的なロスにもつながります。

グロップのラインソーシングの魅力

グロップのラインソーシンググロップのラインソーシングは、一般のアウトソーシングと比較して、請け負った作業ラインへの責任が大きくなっています。作業ラインをまるごと請け負うことで命令系統をすっきりとさせて、スタッフ管理から責任を持ってグロップのスタッフが行います。

人員の管理、指導から納期やスケジュール管理、品質、コストに至るまで、一連の流れを請け負い、責任を持って指導にあたります。クライアントはスタッフの管理や作業工程について頭を悩ますことなく、自社の業務に専念することができます。

社員とグロップ社員との業務の住み分けを明らかにすることができるため、作業ラインの人材との人間関係を気にすることなく、お互いに自分の責任と業務に専念できるのです。

作業ラインの請負は、工程の一部分のラインから全工程をトータルで請け負うことまで、クライアントの求めるやり方、規模に応じて柔軟な対応が可能です。

また、事業フィールドを幅広く持っているため、数多くのクライアントの役立つラインソーシングを実現します。

一人一人が仕事に熱意を

グロップの派遣スタッフはものづくりに高い技術と意欲、責任を持って作業にあたります。作業ラインの全てを担うため、一連の作業の流れを全て工程内でスケジューリングでき、スタッフ同士も連携をとりやすくなります。

一人一人に責任が与えられて、意欲を持って作業に当たります。常にQCDを意識した働きを実践し、クライアントの製品のクオリティ、コスト、納期を守ります。クライアントからの信頼を得ること、さらにクライアントが顧客から信頼を得ることを目指すのが最終目的です。

人材派遣とともに人材の育成にも力を入れているグロップは、スタッフを大切に育成しており、充実した研修制度によって生産工程の基本となる5S教育や安全衛生教育を始めとした高い意識付けと責任感ある行動を取れる人材を育てています。

スタッフ自身も研修と実践の中で自らの成長を感じることができ、成長に応じて段階的に与えられる責任によって高いモチベーションが維持されているのです。

グロップのラインソーシングは、こうしてクライアントの満足とともにそこで働くスタッフ達の充実した作業と成長も成し遂げることができます。

人を成長させる、グロップのラインソーシング

グロップのラインソーシングによって、クライアント企業だけでなく、そこで働くスタッフ自身も成長を遂げることができます。

クライアント企業にとって大切な生産ラインの工程をスタッフ管理から納品まで全て請け負うため、ラインソーシングに課せられた責任は大きなものになります。

しかし、その分派遣されたスタッフは大きなやりがいを見出すことができるのです。

クライアントはそんなやる気と責任に溢れるスタッフに工程をすっかり任せることができるため、安心して他の業務に当たることができます。派遣社員の指導や人間関係のトラブルを抱える心配もありません。

ラインをまるごと依頼できるグロップのラインソーシングは、クライアントの手を煩わすことがないばかりか、責任感とやる気を持ったスタッフによる作業によって業務の効率アップに貢献することができるのです。

これまでのノウハウを生かしたグロップの飲食事業

ビジネスシーンにて当たり前となっているアウトソーシングサービスですが、グロップもそのひとつです。

アウトソーシングを通じて蓄積されたノウハウがあるため、お客さんのニーズに合わせた飲食事業を展開しています。岡山で採れた食材と岡山の地酒があるため、より味わうことが出来るでしょう。

また、もこだわりを感じる座席も人気です。

ノウハウを注ぎ込んだ和風居酒屋あかり

これまでのノウハウを生かして現在のビジネスシーンにおいてアウトソーシングは欠かせないものです。アウトソーシングサービスを行う企業は多数存在しますが、グロップもそのひとつです。これだけアウトソーシングが一般的になると、ただ人材を派遣するだけで良いのでしょうか?

それだけでは生き残ることは出来ません。社会のニーズを分析しなければ人材派遣業は成り立たないのです。そのため、グロップにはアウトソーシングで培ったアイデアや工夫などのノウハウがあります。

こういったノウハウはアウトソーシング以外でも役立つもので、グロップは飲食事業にも進出しています。

それが「和風居酒屋あかり」です。ここは岡山駅から徒歩で約7分という好立地にあることから、地元民はもちろんのこと、遠方からの出張者や観光客なども数多く脚を運んでいます。

アウトソーシングによってニーズの流れを読むノウハウがあるため、お客さんの要望に応える店作りで人気となっています。そのため、週末だけでなく平日の夜も多くのお客さんで賑わっています。

岡山の食材を生かした料理の数々

その土地で採れた食材をその土地で食すという地産地消が話題となっていますが、和食居酒屋あかりでも同様のことが行われています。そのため、岡山県で採れた肉、魚、野菜をふんだんに使ったメニューが提供されています。

岡山ではさまざまな魚が水揚げされていますが、特に美味しいのはサワラです。

そのため、新鮮なサワラを使用したタタキ、サワラの卵を甘辛く炊いた玉子焼きなどが人気メニューとなっています。そのほかにサワラのお造り、下津井蛸などもあります。

岡山を代表する魚はサワラだけではありません。ママカリも人気となっています。岡山に古くから伝わる調理方法は、まるごと焼いた後に酢醤油に漬けて味を染み込ませています。これはママカリという別名があり、自分の家の飯では足りずよその家の飯を借りなければならないほど美味しい、という意味を持っています。

ママカリとは土地によって別の名前があり、ワチ、ハラカタ、ハダラなどと呼ばれています。岡山へ足を運んだ際、一度は食べたい料理がママカリです。

岡山の食材には岡山の地酒が合う

岡山の食材和風居酒屋あかりで提供されるメニューは、岡山の食材を中心に使用したものです。こうした岡山の食材に合うのは岡山の地酒でしょう。お互いの味を引き立てる要素を持っており、より高い味わいを楽しむことが出来ます。

岡山の地酒は常時10銘柄用意されており、そのほかに他県の有名銘柄も10銘柄以上用意されています。

さらに、春先や秋口に出荷される限定の日本酒もあります。そのほかに焼酎が約70銘柄あり、もちろん岡山焼酎も用意されています。もちろんウイスキーやビール、ワインなど、スタンダードなドリンクも用意されています。

岡山の食の魅力は魚と酒だけではありません。岡山産の晴れ豚を冷しゃぶにしたサラダも人気で、噛む度に口の中に甘みが広がります。焙煎ゴマドレッシングとの相性もバツグンです。

甘辛いタレをかけた備前晴れ豚のとろとろ煮も人気となっています。京都から取り寄せた香りの良い黒七味をふりかけた岡山県産鶏の焼き物、ブランド牛である千屋牛のステーキも人気メニューです。

岡山県産濃厚卵入り黄ニラ雑炊、倉敷名物ぶっかけうどんなどのメニューも充実しているため、お酒だけでなく食事を楽しんでも良いでしょう。

座席に対してもこだわりが感じられる

いくら食材やお酒にこだわりがあったとしても、環境が整っていなければすべて台無しになってしまいます。和風居酒屋あかりでは随所にこだわりがあり、雰囲気のあるカウンターは特に人気シートとなっています。

目の前で料理人の腕を見ながら味わうメニューの数々は絶品です。そのほかにソファー席、掘りごたつなどがあり、シーンに合わせた座席選びが可能となっています。

大人数での宴会にも対応しているため、忘新年会シーズンには多くのお客さんで賑わっています。

宴会ではリーズナブルなプランから豪華なプランまで、予算に合わせたコースが用意されています。さらに追加料金で飲み放題にすることも可能です。

グロップはアウトソーシングサービスを行う企業ですが、これを通じてさまざまな工夫やアイデアを蓄えています。こういったノウハウを生かして飲食事業にも挑戦しています。

和食居酒屋あかりがその事業で、岡山産のサワラやママカリを提供しており、人気メニューとなっています。さらに、岡山の食材とベストマッチする岡山の地酒があるため、より味わいを楽しむことが出来ます。

グロップの顧問アウトソーシングで固定概念を砕く

大企業が大企業たる所以は長い年月をかけて作り上げた独自の経営ノウハウにあります。

便宜の上では資本金や出資している総額が3億円以上で従業員数が300人以上などの定義付けがされていますが、大企業の本質はこれらのようなただの数字ではありません。

どのようにして、継続的に利益を出しているのかが重要なのです。

どの企業も事業を行うことでノウハウを蓄積していくことになりますが、それでも長い時間をかけてこれを培ってきた大企業のレベルにまで達することはそうそうありません。

だからこそ大企業と中小零細企業の間には格差が生まれているのです。

近年では運営ノウハウを、高レベル人材を採用することで培っていこうという動きが出てきています。

自社で試行錯誤を重ねて長い年月を費やすよりも、有能な人材を獲得した方がコストパフォーマンスに優れ、また短期間で習得も可能であることから、人材獲得に動いた方が合理的であるという判断によってこの動きがなされるようになりました。

しかし有能な人材は大企業に抱えられているため、なかなかヘッドハンティングは成功できません。そこでお勧めなのが、グロップが提供する顧問アウトソーシングサービスです。

活躍が期待できる顧問の獲得

活躍が期待できる顧問ヘッドハンティングはなかなかできるものではありませんが、条件さえ整っていればこれを行うことも可能です。

その条件とは、OB人材を顧問とするということです。東証一部上場しているような大企業で役員や部長をしているような方でも、年齢には適いません。

定年を迎えたらたとえ有能で必要とされていたとしても退職をしなければなりませんので、こうして手が空いた人材を会社に取り入れてしまおうという動きこそが顧問アウトソーシングとなります。

顧問となるのは、いずれも大企業でその手腕を発揮していた方々となり、大企業のノウハウも取り込むことが可能となります。

経験豊富な方を顧問に迎え、現在の会社の弱点を補うのも良いですし、強みを更に伸ばしていくのも良いでしょう。いずれにせよ会社に大きな恩恵をもたらしてくれることに間違いありません。

固定概念を一新

新卒の学生を採用した場合には風通しが良くなり、社内の雰囲気が変わると言われていますが、新卒の方はその会社の風土や考え方に染めやすいし染められやすいという特徴も持っているため、これでは固定概念が変化することはありません。

顧問を迎え入れることの利点は、これまで会社の中で当たり前だと思っていたこと、つまり固定概念を一新できるという点にあります。

同業種の大企業ではどのような取り組みが行われているのか、またどのようなシステムによって運営されているのか、助言をいただけることになりますので、社内に新しい風が巻き起こることに間違いありません。

良い風習は当然これからも継続して行っていくべきですが、しかし運営に悪影響を与えるような風習は改善していくべきです。

最も由々しき問題は、悪い風習が固定概念として社員に定着してしまっている点にあります。定着してしまえば、たとえ悪いと思っていてもなかなか改善するのは難しく、結局泥沼化してしまうことにつながってしまうものです。

顧問として有能な人材を獲得すれば、そういった改善点を次々に見つけ出してくれることになりますので、会社にとっては良いきっかけにつながるのです。

営業に大きく影響

顧問のアウトソーシング商品やサービスが売れなければ会社は運営していけませんし、これから先成長することもありません。

それなりの販売網を確立していた場合には、基盤は固まっているとは言えますが、成長していけるというわけではありません。

将来的に企業として成長していくためには販売網を拡大していくことが必要となります。しかしこれはなかなかできるものではありません。

顧問のアウトソーシングでは勿論これまで営業という仕事の第一線で活躍してきた方も獲得することも可能です。これまで大企業で仕事をしてきた顧問の方々は人脈が広く、これを活用することで営業活動を広げていくことも可能です。

既存の顧客以外の新たな顧客獲得は企業が成長する上で必要不可欠ですが、これを顧問となる人の人脈を使っていとも簡単に成し遂げられる可能性を秘めているのが顧問アウトソーシングの利点でもあります。

これまでは取引ができなかった企業でも、「あの人がいるのなら」という具合に付き合いを始めてくれる所も多いのです。

このように人脈を活用して、これまで多くの企業が当サービスを利用することにより高利益を上げてきました。中には前年比1.5倍以上もの利益を出した企業もあります。

顧問アウトソーシングサービスの魅力

現在では定年でもまだまだ現役として仕事ができる人材も増えてきており、彼らを活用できるのがグロップが手掛ける顧問アウトソーシングサービスの最大の魅力でもあります。

社内に新しい風が必要である、または何か成長のとっかかりが必要だと感じたら、ぜひ当サービスを活用してみてください。