人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです


仕事を探すとなると、人材派遣の会社を通じて働くにしても、面接が行われることが多いです。ただ人材派遣の面接は苦手だ、何とかしたいと思っている人もいるでしょう。

もしも苦手であると感じているようであれば、面接に対するイメージを変えてみましょう。予め模擬面接などで練習するなどのことも可能ですが、すぐ実践できる方法が、イメージを変えることです。

まるで面接は取調室のように、怖くて日常とかけ離れた場所だと思っていませんか?

面接を受ける前から、怖い場所だ難しそうだとイメージして、それが行動にも影響し、面接を失敗することがあります。イメージが悪いと、自分はダメだ、何も思い浮かばなくなる、面接を受けてもネガティブになります。

まずは、面接は自宅と同じく普通の場所だ、自分は大丈夫だと思い浮かべるイメージを変えてみましょう。

面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください

面接が苦手という人に多いのが、緊張してしまって面接官の質問に答えられない、面接に行く前から心配して緊張し眠れない、ということです。

まずは面接官の質問に対する答えですが、完璧にも流ちょうにも話す必要はないです。いくら読み聞かせるぐらい上手く話せても、中身がないと面接を通過するのは難しく、多少言葉に詰まっても、言いたいことを言うことを考えましょう。

面接官だってあなただって人間なので、失敗はあり、完璧に全部を出来る人はいません。心理学によると、多少失敗した方が好感度が上がりやすく、人間味が出ます。

話す中身が大切なので、上手く話すことよりも、何を話すかを考えましょう。言葉に詰まらず、流ちょうに話すということは考えなくてよいです。

途中でミスをしてしまっても、好感度が上がるというぐらいに考えると、緊張も薄れていき、面接は怖くない苦手でないと思えるようになります。また面接官があなたのことをどう思うか、どう評価するかなどの、考えても把握できないことは考えない方が、緊張しにくくなります。

第一印象を少し良くしてみましょう


自分の容姿に自信がない、第一印象が悪くなる、面接官があまり興味をなさそうにしているなど、このような傾向があれば、第一印象を良くしてみましょう。

第一印象で悪くなると、その後面接が終わるまでイメージは引きずり、面接官が印象を変えることは少ないです。印象が悪そうだと自分で思いこむと、自然と面接は苦手だと思ってしまいます。

まずは清潔な格好をして身なりを整え、口臭を発生させない、フケを出さない、ひげは剃るなど体を綺麗にします。

また太っている方であれば、痩せる努力をしましょう、太っている方より痩せている方の方が、印象がよいのは間違いなく、痩せるには断食などいくつか方法があります。

面接を受けるときに印象を良くする方法はあります。話すときははっきりと大きな声を出す、挨拶はしっかりと行う、きっちりと朗らかな表情を作り、こわばるニヤニヤするなどはしないようにします。

当日のスーツなどの服は、シワや汚れがなく、悪臭がない綺麗な服を着ていきましょう。

動作によって自分に自信を付けてみましょう

自分に自信がないので、面接では売り込みをできず、落ちてしまいそうと思い、面接が苦手と思う方もいます。面接はあなただけでなく、他の人も受けにくることもありますが、ほとんど誰でも実力差はありません。

言い換えれば、その会社で採用になるのは、自信があり自信に満ちあふれているかも1つの要素です。もしも自信がないのであれば、自信があるフリをすればよいです。

心理学では人は力強い動作をすると、気持ちが高ぶり、心が奮い立ち自信が持てると言います。心理学の実験では、胸を張って背筋を伸ばす・拳を数秒力強く握る・マッスルポーズを取るなどすると、自信が出るとわかっています。

力強く振る舞うと、行動に引っ張られて気持ちが奮い立たせられ、自信が持てるのです。面接に応用するとなれば、背筋を伸ばし姿勢を整える・大きな声で話す・相手の目を見て話す・身振り手振りを使う・話す前に拳を握るなどあります。

ただ自信を持とうとして、相手を睨みつけるようなことはしてはいけません。

(まとめ)人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

1.苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです
面接が苦手という方は、受ける前から怖い場所だとイメージし、ネガティブになっていることがあります。

面接に対するイメージを変えて、普通の場所であり、自分は大丈夫だと思い浮かべてみましょう。

2.面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください
面接は流ちょうに話そう、失敗無く話そうとすると、緊張して苦手意識がまします。

人間は失敗するものであり、多少失敗しても、ミスしないことよりも、どのようなことを話すか中身を考えましょう。

3.第一印象を少し良くしてみましょう
面接が苦手という方は、自分の印象を変えて良くしてみましょう。

清潔な身なりにする、話すときは大きな声ではっきり話す、表情を良くするなどすると面接官の受ける印象が変わります。

4.動作によって自分に自信を付けてみましょう
自信が無く面接が苦手と感じている方は、動作により自信を付けましょう。

拳を握る・背筋を伸ばす・大きな声で話すなどの事を行うと、自然と気持ちが奮い立たせられ、自信が沸いてきます。

著者情報

プロフィール:佐藤 義弘
転職者の悩みに答える情報を発信している人事コンサルタント。様々な企業の人事の悩みに答えている。