人材派遣の面接に適したネクタイはありますか?

面接では、落ち着いた柄のネクタイが適しています


人材派遣の面接を受けるような時でも、スーツで行くことが多いでしょう。

シャツに上下のスーツを着用し、ネクタイを付けていき面接に行きます。

基本は面接を行う企業から、ノーネクタイや普段格好でなどと指定がない限りは、ネクタイをつけていきます。

ネクタイをすれば、真面目な印象を与えるので、好感度を上げるのに役立ちます。

清楚感を出すなどの意味もあり、ネクタイの柄は派手でない無難なものを選びます。

ストライプ・チェック・無地などの柄のネクタイを着けるようにして、またキャラクターの柄など、独特のものは避ける方がよいです。

スーツが普通の柄なのに、ネクタイだけ独特で派手だと目立ち、面接官はネクタイに気を取られ、話を聞いてくれない場合があります。

奇抜や独特のデザインは避けたほうが無難です

人材派遣の面接で、着ていくときのネクタイの選び方として、基本となるのはシンプルにするということです。

中には奇抜なデザイン、独特のデザインにして、印象づけたいという方もいるかもしれません。

しかし奇抜である独特であるというのは、第一印象においてはマイナスになることが多く、就職活動における面接では不利になる可能性が高いです。

もちろんネクタイの柄だけで、不採用となることはありませんが、あなたに対する印象が悪いと、あなたの話全体の内容も悪く捉えられてしまうかもしれません。

たとえばピンク色である、金色や銀色をあしらっているなど、またはキャラクターの模様が入っているなどのネクタイは避けた方がよいでしょう。

あくまでスーツと合わせて服装を整えるという考えで、スーツと合うようなシンプルな色や柄のネクタイを選びましょう。

ネクタイの結び方が少し不格好だ、長さが多少釣り合っていない、などはあまり気にする必要はありません。

清潔で落ち着きのあるデザインが望ましいです

面接に使うネクタイを選ぶときのポイントとしては、清潔感があることで、清潔であることは社会人としてのマナーです。

歯を磨き口臭を発生させないなど、相手に不快な思いをさせないために、清潔にして身なりを整えます。

ネクタイも同じであり、清潔感のあるシンプルなデザインを選びましょう。

これは面接を落ち着いた雰囲気で、穏やかに進めるという意味もあります。

濃い青や青系のネクタイを選ぶと、スーツの色と合い、統一感も出るでしょう。

柄は、ストライプやチェック、または無地が主張せずシンプルすぎずに、面接によいと言えます。

ただネクタイは、実際に首につけて装着してみないと、実感がわかりません。

スーツとの兼ね合いもあるので、購入するときは、スーツを来て、実際にネクタイをつけてみましょう。

ネクタイの色でも濃い薄いがあり、少し色が違うだけでも、スーツとのバランスが違ってきます。

明るい色を選べば全体的に元気な印象を、暗めの色を選べば落ち着いた印象になります。

色と柄で印象は変わります


面接で使うネクタイは、ある程度どのような色や柄が良いか決まっています。

しかしその色や柄それぞれによっても、相手に与える印象が違い、どのような雰囲気にしたいかで選ぶとよいでしょう。

青や紺にストライプにすると、スマートでシャープな印象になり、知的であるなどアピールできます。

これが色をエンジに変えると、情熱的でやる気のある人物に見えてきます。

グレーに小紋柄にすると、落ち着いた印象となりますが、これは地味すぎるので会社によっては印象の残らない人物になり、無難すぎるときもあり、その企業カラーを調べてから選ぶべきです。

ネクタイのデザインというと、ストライプもあり、これもどの色を選ぶかで印象が変化します。

黄色は明るく元気に見える、青はフレッシュに見える、水色はさわやかな印象になります。

ただしネクタイのデザインでも、大きすぎるストライプや大きな水玉柄は、おおざっぱなイメージを与えます。

逆に模様などが沢山並んだデザインのネクタイは、ごちゃごちゃしており、相手に対する印象が悪くなりやすく、面接では避けた方が無難です。

(まとめ)人材派遣の面接に適したネクタイはありますか?

1.面接では、落ち着いた柄のネクタイが適しています
人材派遣の面接を受けるときでも、スーツを着ることが多く、ネクタイはあった方が無難です。

柄としては、派手すぎず独特でないデザインのネクタイを付けていくようにしましょう。

2.奇抜や独特のデザインは避けたほうが無難です
面接でのネクタイは、奇抜や独特なデザインにすると、面接官の印象は悪いことがあります。

スーツと合わせて整えるという考えで、シンプルな柄を選ぶようにするとよいでしょう。

3.清潔で落ち着きのあるデザインが望ましいです
面接でつけていくネクタイは、清潔感がありシンプルなデザインのものを選びます。

濃い青や紺などの色であり、ストライプやチェック、無地などのシンプルなデザインがよいでしょう。

4.色と柄で印象は変わります
ネクタイの色と柄によっても、相手に与える印象が違ってきます。

黄色は明るく見える、水色はさわやかに見えるなどあり、どのような印象にしたいかで、色や柄を選ぶとよいです。

著者情報

プロフィール:佐藤 義弘
転職者の悩みに答える情報を発信している人事コンサルタント。様々な企業の人事の悩みに答えている。