人材派遣の面接でスーツストライプは不適切なの?

人材派遣の面接にはスーツストライプではなくリクルートスーツを着用しましょう

bbd1fe407737442e0dc10348da480f30_s
人材派遣の面接には黒のリクルートスーツを着用するのが望ましいでしょう。

リクルートスーツの色は黒でも紺でも問題はありません。

暗めの色であればきちんとした印象を与えることができます。

ただし、スーツストライプは面接に適しているとは言い難いです。

オシャレにこだわりたいから、他の人とは一線を画したいからという思いがある人もいるでしょうが、面接のときには無難な無地のリクルートスーツを選びましょう。

女性の場合でスカートスーツにする場合にはタイトスカートを選びます。

ジャージのような素材やシフォン生地のスカートはカジュアルに偏ってしまいますので適しません。

遊びではないと言うことを意識してスーツを選びましょう。

面接のスーツは清潔と誠実さが必要

人材派遣の面接に行くときのスーツは清潔感が感じられるものにしましょう。

さらに誠実さが現れていれば尚更良いです。

服装はその人の第一印象を大きく左右します。

不潔な感じがする人に対しては良い印象はありません。

きちんとした身なりを整えて人材派遣の面接に臨むことで、面接官には良い印象を与えますし、自分自信を奮い立たせることもできるので、一石二鳥です。

ファッション業界の面接であれば、多少着こなしにも個性的な一面を見せることも必要になって来ますが、人材派遣の面接では個性を前面に押し出す必要はありません。

無難なリクルートスーツで面接に臨みましょう。

スーツの色に悩む人もいるでしょうが、黒色でも紺色でもあなたに似合っているのであれば何色でもかまいません。

面接に行く前日までにはスーツのしわがないように、ワイシャツの襟がよれたり汚れたりしていないかをきちんと確かめて、準備をしておきましょう。

面接で着用するスーツのポイント

da3d2eb0a975f0c025a53ff419ce430b_s
面接時に着用するスーツのポイントをしっかりと押さえておきましょう。

面接官に対して良い印象を与えるためにも、スーツ選びからが大切になってきます。

【スーツの色は】
スーツの色は黒でも紺でもかまいません。

シンプルで落ち着いた色が望ましいです。

ストライプにすればオシャレ度が増すし、面接時だけでなくその後も使えると思う人もいるようですが、人材派遣の面接を受ける時のスーツは無地にしましょう。

ほとんど目立たない程度ならストライプでもかまいませんが、無理をしてスーツストライプにすることはありません。

【2つボタンか3つボタンか!?】
スーツには2つボタンと3つボタンがあります。

これはどちらでも自分の好きな方を選べばいいでしょう。

ボタンが多い少ないで印象は変わりません。

【ワイシャツは】
ワイシャツもスーツと同じくらい大切ですので、しわがないようにきちんとアイロンをかけておきましょう。

アイロンが苦手な場合にはあらかじめクリーニングに出しておくことをおススメします。

ワイシャツの色も派手な色は避けてください。

白色のワイシャツであれば清潔感もありますし、何も問題はありません。

薄い水色などであれば多少色が付いたワイシャツでも大丈夫です。

【靴は】
オシャレは足元からと言いますが、靴は意外と見られています。

汚れがないようにきちんとお手入れをしておきましょう。

靴底がすり減っているようなボロボロの靴ではだらしなさを感じてしまいます。

はきつぶしたような靴しかない場合には新しく靴を購入しておきましょう。

服装で目立つ必要はありません

面接のスーツはリクルートスーツが無難ですが、黒色でなければならないと決まっているわけではありません。

しかしわざわざストライプスーツなどにして個性を出して、面接官に眉をひそめられるリスクを冒しても面接でプラスにはなりえないでしょう。

それどころか社会人としてのマナーが欠落していると思われてマイナスになってしまうかもしれません。

服装で他の人との違いを強調して目立つ必要はないのです。

面接を受けるところによって柔軟な服装でもかまわない場合もあります。

アパレルやファッション業界などを面接するのであれば、個性を出したほうが良いので、リクルートスーツでは逆に地味になりすぎですし、型にはまりすぎていると感じられマイナスになる可能性もあります。

しかし、公務員や銀行員など世間一般で言うお堅い職業の面接の場合には、リクルートスーツのような無難なスーツで面接に行くべきなのです。

人材派遣の面接を受けるのであれば、それに見合った服装をして臨みましょう。

みんなと同じでは嫌だと言う考え方は必要ないのです。

冒険をすることなく無難なスーツが正しい選択です。

(まとめ)人材派遣の面接でスーツストライプは不適切なの?

1.人材派遣の面接にはスーツストライプではなくリクルートスーツを着用しましょう
スーツストライプはオシャレで目立ちますが、人材派遣の面接には不適切です。

真面目できちんとした印象を与えることができるよう、リクルートスーツにしておくと無難でしょう。

カジュアルすぎないことを意識して服装を選ぶことが大切です。

2.面接のスーツは清潔と誠実さが必要
面接時のスーツ選びで大切なのは、清潔感があることと誠実さがあることです。

人材派遣の面接では個性的である必要はありません。

色は何色でもかまいませんので、しわのないきれいなリクルートスーツが理想です。

3.面接で着用するスーツのポイント
ストライプのスーツであれば面接後にも使いまわせるうえオシャレに見えると思われるかもしれません。

しかし面接ではオシャレさよりもきちんとしていることをアピールすることが大切です。

ポイントを押さえて好印象を目指しましょう。

4.服装で目立つ必要はありません
業種によっては個性的なファッションが求められる場合もありますが、一般的には黒のリクルートスーツが一番間違いのない服装です。

社会人としてのマナーがあることを面接官に示す意味でも、スーツには気を遣いましょう。