人材派遣の面接は手ぶらでいいのか?

ビジネスバッグを持って行くべきです

7_1
人材派遣の面接では手ぶらでいくと、働く意欲が低いと見なされます。

手ぶらで行き履歴書を紙袋に入れて持って行く、などというのは良くないです。

そのために人材派遣の面接であっても手ぶらで行くべきではなく、ビジネスバッグを持って行くようにしましょう。

人材派遣の面接に行く場合は、多くの方はスーツを着用していきますので、着用するスーツの色などに合わせたビジネスバッグを持って行くとベストです。

セカンドバッグやリュックなどではなく、ビジネスバッグを持参しましょう。

定番のものとしては、色は黒であり、デザインは無地であり、A4ファイルが入る大きさのビジネスバッグです。

そして出来れば床においても倒れないような、底が安定しているタイプがよいです。

このようなビジネスバッグに、履歴書や筆記用具などを入れて、面接会場に持って行きましょう。

手ぶらでは志望動機が低いと見なされる可能性があります

面接ではどうしても、その人物の内面を十分に見ることは出来ず、見た目で判断される部分も大きいです。

服装や清潔であるかどうか、このようなことでももちろんその人物を判断されますが、面接に手ぶらで行くというのも、面接官の印象は良くありません。

最近では町中でハンドバッグ1つで歩くOLや、手ぶらのサラリーマンなどを見かけ、スマートな印象を受けます。

しかしそれは町中のことであり、これから仕事をもらおうとしにいく面接の場では不適切です。

これはいくら立派なスーツを着ていたとしても、手ぶらであればその時点で、採用の確率は低くなってしまいます。

面接のために何も用意していないというようにも見えてしまいますので、なおさら良くないです。

第一印象が大切なので、面接ではスーツを着ていくのはもちろんのこと、スーツに似合ったビジネスバッグを持って行きましょう。

邪魔にならない程度の小さめのバッグで良いので、履歴書が折らずに入るぐらいのものを用意しましょう。

そのほかに必要と思う物も持参しておくと良いです。

先に書類を送付していても鞄は持参すべきです

面接によっては、先に履歴書などを送付し、書類はすべて面接前に提出するという場合もあるでしょう。

そのような時は、すでに書類は送っているので、面接当日は手ぶらでよいと考えてはいけません。

中には手ぶらでいいと考える面接官もいますが、ビジネスバッグを持って行くのと持っていかないのでは、やはり面接官への受ける印象が変わってきます。

さらにはハンカチや携帯電話など持ち物があるのに鞄は持たず、それらをスーツに入れて歩くとがちゃがちゃ音がしては、さらに印象が悪くなります。

ビジネスバッグと同じように、面接にはメモ用紙も持って行った方が良く、これもスーツに入れるのではなく、バッグに入れて持ち歩くべきです。

働く意欲があるかどうかという意味では、面接中に内容をメモしたりする人もいますので、出来れば気になることはメモを取ると、面接官には意欲のある方だと印象づけられます。

このようなことから、面接にはメモ用紙と筆記用具も用意して持って行くのがベストでしょう。

手ぶらでは面接をスマートに行えないでしょう

7_2
ビジネスバッグなどの鞄を持っていかないということは、面接に必要な道具はすべて袋などに入れるか、スーツのポケットなどに入れて持参して、面接に臨むということになります。

もしも何かメモしないといけないようなことが出た場合に、スーツからメモ用紙を取り出して、筆記用具も取り出しメモするのは印象が良くありません、
一見するとスマートに見えますが、面接官はそのように見てくれません。

メモぐらいならまだ何とかなるとしても、もしも面接官から資料などを渡された場合はどう対応するでしょうか?
A41枚ぐらいの資料なら折りたたんで、胸ポケットなどにしまうことは可能ですが、分厚い会社の資料などを渡されると、手に持って帰るしかありません。

これは誰から見ても不格好であり、大変だらしなく見えます。

会社を出るまで手に持ったままでいないといけないので、他の社員にもあまり良い印象は与えないでしょう。

このようなことがありますでの、あらゆるケースを想定して対応できるように、面接ではビジネスバッグを持って行くようにしましょう。

(まとめ)人材派遣の面接は手ぶらでいいのか?

1.ビジネスバッグを持って行くべきです
人材派遣の面接であっても、ビジネスバッグを1つ持って行くべきです。

それに履歴書や筆記用具などを入れておき、そうすれば履歴書は汚れずに済み、面接で何かあったときに対応できるので良いのです。

2.手ぶらでは志望動機が低いと見なされる可能性があります
面接では第一印象や外見で、その人物を判断されることも多いです。

そこで面接に何も持たず手ぶらで行くということは、志望動機が低いと見なされてしまい、面接官の受ける印象は悪くなります。

3.先に書類を送付していても鞄は持参すべきです
もしも面接前に履歴書などの書類を会社に送付していたとしても、面接当日はビジネスバッグを持って行きましょう。

その方が面接官への印象が良くなり、働く意欲もあるというように見てもらえます。

4.手ぶらでは面接をスマートに行えないでしょう
もしも面接で手ぶらで行った場合は、面接官から分厚い資料を渡されると、それは手に持って帰らないとなりません。

それは大変だらしなく見えますので、そうならないようにビジネスバッグは必ず持って行きましょう。