人材派遣の面接では熱意をどのように伝えるべき?

面接で熱意を伝える時こそ冷静に

何としても人材派遣会社の面接を通過したいと思うのであれば、人材派遣会社の面接において自分の熱意をしっかりと伝える必要があります。

しかし、人材派遣の面接において自分の熱意を伝えるときに、ついつい力を入れすぎてしまい抽象的な表現ばかりを使ってしまうことがあります。

とにかく頑張ります、必死で仕事に取り組みます、などといった具体的ではない内容ばかりを力強く熱弁しても実は熱意は伝わりにくいのです。

どのように行動したのかが熱意の大きさにつながります

自分がどれだけその人材派遣会社の面接に通過したいと思っているのか、というのを力強く伝えるのはもちろん悪いことではありませんが、それだけでは不十分です。

その人材派遣会社がどのような企業に人材を派遣しているのか、どのような職種が多いのかなど企業のホームページでの研究をしておきましょう。

そしてその人材派遣会社が他の人材派遣会社と比較したときに、どのような違いがあるのかということもしっかりと確認しておいてください。

これはどれだけの熱意を持っているのか、ということにもつながりますし同時に、志望動機の一つとして武器にすることができます。

本気であればあるほどその派遣会社の事を調べたいと思うのは当然のことですので、よく調べていればよく調べているほど熱意が強いと判断してくれます。

口先だけで頑張る、一生懸命働くなどと言ったとしても、それは面接官の心に届くほど大きなものではないのです。

実際に働いている自分を想像しておくことが重要です

人材派遣会社の面接を通過して実際に働きたい、と思ってるのであれば自分がその派遣会社で働いている姿はある程度はイメージできていると思います。

それは良いことも悪いことも同じように、イメージしておくべきです。

例えばその人材派遣会社で働いている自分を想像した時に「自分はこのようなスキルを持っている、このような資格を持っているから派遣先の企業ではこのように働きたいと思っています!」と言ったように具体的なイメージができているかは、その人がどのくらいの熱意を持っているのかに繋がります。

また自分にはこのような弱点があるので、人材派遣会社に入った時のことを考えてどのような不安を抱いているのかも正直に伝えましょう。

ただしその場合には自分の弱点をどのように克服するつもりなのか、どうすれば克服できると思っているのかも必ず伝えるようにしてください。

ちょっと弱点を探すだけでは、マイナスのイメージを与えるだけになってしまいます。

自分が実際に働いていることをしっかりとイメージできている人は、それだけ真剣に面接に取り組んでいると判断してもらえます。

熱意を伝えたいからといって支離滅裂にならないようにしましょう

自分がどのように働きたいと思っているのか、どのような理由で働きたいと思っているのかを伝えるのは簡単なことではありません。

そして自分の気持ちが大きくなればなるほど、言葉にするのは難しいものです。

しかしだからといって話をしている内容が支離滅裂であったり、結局最後まで結論に至らず話ばかりが長くなってしまうのであれば意味がありません。

どれだけ熱い思いを心の中に秘めていたとしても、それを言葉にしてうまく伝えることができなければ、面接官には何も伝わりません。

ただし自分の思っていることを上手に伝えられなくなるほどに強い気持ちがある、ということだけは伝わるかもしれませんが、それはある意味マイナスなポイントになることもあります。

一生懸命になったり夢中になると頭がうまく働かずにパニックになってしまう可能性がある、ということを見透かされてしまいます。

それは単なるマイナスのイメージにしかなりませんので、熱意を持っているのは良いことですし、大きな武器になります。

だからこそ冷静になって自分が何を伝えたいのかということを話しを始める前に一度整理してから、ゆっくりで良いので気持ちを伝えていきましょう。

(まとめ)人材派遣の面接では熱意をどのように伝えるべき?

1.面接で熱意を伝える時こそ冷静に
人材派遣の面接で本気で熱意を伝えたいのであれば、抽象的な表現ばかりを使っても意味がありません。

具体的ではない内容ばかりを熱弁するのでは、熱意は伝わらず空回りしてしまいます。

2.どのように行動したのかが熱意の大きさにつながります
人材派遣会社の面接で熱意を伝えるためには、その派遣会社のことをどれだけ知っているのかということが重要です。

下調べをしたのかはその熱意の大きさを表すううえで重要な判断基準になります。

3.実際に働いている自分を想像しておくことが重要です
実際に自分がその派遣会社でどのように働きたいと思っているのか、どのように役立つをと思っているのか、といった具体的なイメージを伝えるようにします。

イメージしていることが具体的であればあるほど、面接官に対してのイメージは良くなります。

4.熱意を伝えたいからといって支離滅裂にならないようにしましょう
熱い気持ちを持っていることはとても良いことですが、それを言葉にして伝えることが出来なければ意味がありません。

自分の熱意を伝える前に一旦落ち着いて考えを整理したうえで言葉にしていきましょう。