Monthly Archives: 3月 2018

評判も高い派遣会社のグロップで頑張る人の口コミ

U.E(41歳/男)
前職はとにかく忙しすぎて、自分の時間なんてものはありませんでした。必然というか体調を崩したこともあって、働き方をかなり考えるようになりました。派遣の働き方を考えたのもこの時期で、評判の良かったグロップに登録をしたんです。登録した時にも話を熱心に聞いてもらったことはよく覚えています。仕事の希望もはっきりと伝えることができ、今ではゆっくりと働くことができるようになりました。本当にいいところと巡り合えたと思っています。

M.K(47歳/男)
昨年末に長年勤めてきた会社が吸収合併されたのがきっかけでした。九州先の会社の経営方針はどうしてもなじめず、退職することにしました。年齢的にも問題があることはわかっていましたが、何とかいい仕事に巡り合えないかと思い、グロップに登録しましたが、この選択が正解だったと思います。担当者といろいろと話をしながら、これまでの職歴などを説明したところ、給与に関しては少なくなったものの、自分に合った仕事を紹介してもらえました。ネットで見つけた評判は間違っていなかったと思っています。

G.S(40歳/男)
ネットを見ると、グロップの評判はかなり良いものが目立っていました。本当かなと思っていたのですが、ケアもしてくれて満足しています。スキルアップ講習といったこともおこなってくれているおかげで、参加することもできました。講師の人の質も高く、丁寧に教えてくれたおかげで、不安だった事務系の仕事もできるようになったのは大きいでしょう。自信もつきました。すぐに仕事を紹介してもらえ教わったことも忘れる前に実戦で使えたので対応できましたし、時給も高く満足できました。今後はもっと高いレベルを目指したいですね。

K.S(49歳/男)
妻が病気になったことで看病する時間が必要になり、前職をやめました。時間も融通できる仕事というところで、派遣社員として働く方法を選択したんです。登録することにしたのが、ネットでも評判だったグロップだったのは、運が良かったのかもしれません。担当者と話をしながらこちらの要望を応えたところ、いい求人を紹介してもらえたので助かりました。待遇ということでは、前職よりも悪くはなりましたが、看病できる時間が取れるようになったので満足しています。

M.J(29歳/女)
正社員で働いていたんですが、子供との時間があまりに亡くなってしまったこともあって、派遣のようなかたちで働くことを考えたわけです。色々な派遣会社があるわけですが、評判を調べたところ、グロップに登録をしました。その日に仕事を紹介してもらったのもびっくりでしたが、なにせ第一印象が良かったこともあって、すぐに面接の手配までお願いした次第です。あっという間に仕事も決まり、丁寧に対応してもらえたので、安心して仕事ができています。

A.S(41歳/男)
派遣会社の仕事をすることがなかったもので、不安ばかりでした。実際にどんな仕組みで働いていくのかもよくわからなかったので、とにかく評判の良いところに使用と思ったのが、グロップとの出会いです。いってみたらスタッフはとにかく親切で、ちょっとびっくり。丁寧に対応していた秋、派遣会社で働く方法について細かく説明をもらって安心しました。登録して仕事を探してもらうことにもなり、すぐに現在の仕事になったのも、こんなスムーズに進むもんだと感嘆したほどです。

H.R(38歳/男)
大学を卒業してから勤めていた会社を辞めました。理由は実家の母親の看病をしなければいけないためですが、どうしても状態が良くないため、時間も必要になってしまったのが大きなところです。比較的時間に自由な働き方を探さなければならず、派遣社員として働くことを考え、評判の良かったグロップに登録したんです。要望に添った求人を紹介してもらえただけではなく、給与や福利厚生の面でも魅力的な企業だったことは素晴らしいの一言です。

M.R(19歳/女)
高校卒業後と同時に就職しました。ですが、若かったのでしょう。思っていた仕事ではなく、毎日苦痛でしかなく、すぐに辞めてしまいました。次の仕事を探さなきゃと思っていたところに、評判の良いグロップがあったんです。登録するとすぐアドバイザーのヒアリングしてくれて、どんな仕事がいいのかを聞いてくれました。仕事もいろいろと紹介してもらえたので、やれそうな仕事を選ぶことができたのはうれしかったです。待遇も優れているところが多くて、本当に満足しています。

J.S(50歳/男)
今まで勤めていた会社が倒産したことがきっかけでした。年齢から考えても、転職先を考えるのも嫌になってしまうほどで、派遣社員として働くことを選択したわけです。グロップのことは、テレビCMなどで知っていましたし、評判が良いことも聞いていました。そこで登録したのですが、アドバイザーの方と面談した時に、倒産した話も、これまでの職歴もみんな話した結果、希望に合った求人をいくつも紹介していただけたんです。年齢も年齢ですが、良い選択だったなと思っています。

H.M(38歳/女)
別の派遣会社で販売企業をしていました。正直言って休みもほとんどとれないこともあって、給与にも不満があったんです。評判の高いグロップを知ったもので、いっそ登録してみようと思って行動し始めました。現在は、紹介された会社で働いていますが、仕事へのやりがいも全然違います。給与の面だけではなくって、うれしいことに福利厚生も充実しており、これまで落ち込んでいた仕事に対するモチベーションが、大きく変わりました。

人材派遣の面接で問われる退職理由と返答とは?

面接時に聞かれる退職理由はポジティブに答えることが大切です


転職をするために人材派遣の面接を受けている以上、必ず前職の退職理由が存在します。

何もなくて仕事を辞めてくる人はいません。

そこには生活もありますので、退職理由があってしかるべきです。

問題となるのは、面接でどうやって答えるのかにあるでしょう。

答え方ひとつで、相手の印象は大きく変わっていきます。

大事なことは、辞めたところの悪口をいったり、ネガティブなことを並べたりしないという部分になるでしょう。

人材派遣の面接でも、そういったことがあるだろうというのは承知しています。

読み取れないわけではありません。

だからといって、すべてストレートに話すのではなく、自分がこれからどうしたいのか、辞めたことから何につなげたいのかを話すことが重要視されます。

すぐに辞めてしまった場合は今後は長く続けたい意思を伝えましょう

良くあることですが、短期間でやめてしまったケースは、いろいろと考えなければいけないところがあるでしょう。

どんな理由でも問題視されるというわけではありませんが、楽観視することはできません。

問題点は、人材派遣の面接にきているというところに起因します。

面接をする側から考えると、今回もすぐやめてしまうのではないかと考えてしまうからです。

これを理解しておけば、対策はたてられるようになるでしょう。

例えば、入社前と約束が違ったとします。

これでは、長く勤めていても、どんどんと違う方向へ行ってしまうと危惧して辞める決意をするのは、だれでも理解できるところです。

我慢して働き続ければいいわけではありませんが、条件が間違っていなければ働き続けたかったでしょう。

これを伝えるのが大切なポイントになってきます。

短期間でやめなければいけなかった理由をはっきりと伝え、今度は長く働きたいという意思を見せるのが必要です。

やる気がある人なら、今度こそと考えられるからですが、注意しなければいけないのは悪口にしないことでしょう。

ほかの会社の愚痴は、だれも聞きたくありません。

いじめやパワハラでやめた場合は伝え方に工夫しましょう

働いていると、いじめやパワハラの問題にぶつかることがあります。

俗にいうところの人間関係です。

人間関係の悪化は、さまざまなところで起きるでしょう。

実際にいじめもパワハラも企業側にも大きな問題があるのが指摘されます。

日本でも企業の倫理観が問われることも出てきました。

いい会社なのにといわれることもありますが、そもそも人間関係が整理できないような企業は評価の対象にすらなりません。

日本でもようやくこうした議論がされるようになりましたが、そのまま面接で人材派遣業者に伝えるのはプラスとは言えないところです。

嘘をついて伝える必要はありません。

そこで、もっとチームワークよく働きたかったという理由もひとつでしょう。

簡単に言えば、面接時に自分がマイナスにとらえられるようなことはいう必要がありません。

もっとメリットのある答えを考えていくことが重要であることを理解しておくといいでしょう。

だからといって、いじめやパワハラが許されるようなことではありません。

仕事を辞める理由よりその先を答えましょう


仕事を辞めるのは、必ず理由があり、それが問題であるよりも、次にどんなことにつながるかを考えていかなければいけません。

辞めた企業をいつまでも非難しているというのも、問題になるのがわかるでしょう。

建設的に次につなげられないようでは、マイナスとして評価されてしまいます。

理由をごまかしたり、違った理由に挿げ替えたりする必要はありません。

そんな嘘をつく理由自体がないでしょう。

もっと建設的にもっていけるように考えてみることが必要です。

次は頑張りたい、もっと働きたいと思っているからこそ、人材派遣の面接にきていることでしょう。

その思いを伝えられるように考えてみると、自分の退職理由とこれから先のことがつながってくるはずです。

企業はステップアップの場でもありませんし、勉強する場でもないのですから、もっと働いていきたいという意欲を見せる必要があるでしょう。

面接で感じ取れれば、確実にプラスの評価をしていくことになるからです。

(まとめ)人材派遣の面接で問われる退職理由と返答とは?

1.面接時に聞かれる退職理由はポジティブに答えることが大切です
退職理由はさまざまですが、人材派遣の面接で何でも話せばいいというわけではありません。

自分がこれからどうしたいのか、ポジティブな内容につながるように話すことが必要です。

2.すぐに辞めてしまった場合は今後は長く続けたい意思を伝えましょう
すぐに辞めてしまった場合には、なぜやめなければいけなかったのか退職理由を伝えなければいけません。

今度は長く勤めたいという意思表示とともに、人材派遣業者に働きたいという明確な意思を伝える必要があります。

3.いじめやパワハラでやめた場合は伝え方に工夫しましょう
いじめやパワハラで仕事を辞めることはあり得る話です。

社会的に問題のある話ですが、人材派遣業者の面接でそのまま伝えるよりも、もう一歩進めて答えを考えておくことも必要になってきます。

4.仕事を辞める理由よりその先を答えましょう
仕事を辞める理由よりも、その先を人材派遣の面接では伝えられるかが勝負でしょう。

企業は勉強をする場でもないため、これからもっと働いていきたい意欲を伝えていくのが重要になってきます。