Monthly Archives: 9月 2018

派遣会社グロップの評判と実際の声を聞いてみよう

Y.H(46歳/男)
普段は自営業で働いているのですが、どうしても空き時間が生じてしまうことがあり、この余った時間で何かちょっとしたお仕事で働くことはできないのかと考えていました。そんな中で、紹介いただいたのがグロップです。自分の求める雇用条件に合わせた職種を選んでいただくことができたのは、コーディネーターさんの真摯な対応あってこそだと思っています。おかげで、元々の仕事を圧迫することなく、時間を有効活用することが出来るようになりました。

T.M(39歳/男)
派遣会社を利用して製造業を紹介いただいた経験は多くあります。ですが、職場とのマッチ度は今のところグロップで紹介いただいた場所が一番良いです。スタッフの方に会社との相性などを細かく見ていただいたことが、大きな要因だったのだろうと考えています。これまでは派遣社員という事もあり職場の雰囲気に悩むことが多かったのですが、今はそういったこともありません。風通しの良い職場とはこのようなことなのだろうと感動する毎日です。

G.T(46歳/男)
長らく務めていた会社をリストラになり、新たな職業につかなければと慌てている中で、とりあえず派遣社員で働こうとグロップを利用しました。「就職活動中の期間を埋められるお仕事を探していただきたい」という都合の良いお願いにも、多くのお仕事を紹介いただけて驚きました。自分で調べているだけでは、恐らくたどり着けない情報量だと思い、評判の高さを実感しました。現在は紹介いただいた会社で働きながら就職活動を続けているのですが、企業も就職を応援してくれているのでとても気が楽です。

N.G(49歳/男)
過去に働いて企業で得たMOS資格を生かしたお仕事をしたいと思い、グロップさんに相談いただいた所、自分の得意分野に適した企業をいくつも紹介いただきました。また、資格の有無だけでなく、人柄や前職との相性などについてもヒアリングをしていただいたたため、近いノウハウを蓄えている企業と出会う事が出来ました。企業との相性については個人的には割り切っていた部分だったので、ここまでサポートしてくれるのかと感激しています。

M.M(32歳/女)
子供が幼稚園から小学校に上がるため、平日のちょっとした空き時間にお仕事がしたいなと思って求人情報などを調べていたところ、主婦友達に派遣社員としての働き方を薦められました。バイトなどでも良いのですが、元々企業に属して働いていたこともあってか、派遣社員の方が居心地が良さそうと思い、グロップへ相談をしました。ご紹介いただいた企業は女性社員も多く、幼稚園のイベントなどが入ってしまっても融通を効かせてくれることが多く感謝しております。

S.Y(42歳/男)
これまで勤務していた会社がいわゆるブラック企業で、ホワイトカラーな職場を探していました。しかし年齢もあってか、ホワイトカラーな職場を今から自分で探すのは難しいと思っていたところで、グロップのホームページが目に留まりました。同業種であっても労働環境や福利厚生の手厚い企業がいくつも挙げられているため、すぐさま登録させていただきました。元々の企業で培ったノウハウを生かしつつ、身体への負担も少なく働けるのは非常に有難い限りです。

H.T(47歳/男)
先日まで切り盛りしていたバーを閉店することとなり、次は一体どのような職業につけばよいのかと悩んでいる時にたまたま登録したのがグロップでした。これまでの職種や調理師免許などの資格を生かした職業はどうだろうと勧められ、現在は飲食店のフロアで働いています。バー時代に培った接客対応をそのまま応用することができましたし、自由な職場のため年齢を気にすることなく店へ貢献することができています。40代半ばからの求職活動はかなり勇気が要りましたが、安心して働ける場所を見つけられたのはグロップのおかげです。

M.K(41歳/男)
グロップはアドバイザーのサポートがとても充実しています。私はフリーランスのデザイナーとして働いていたのですが、やはりフリーランスで食い続けると言うのは難しいもの。そのため、派遣社員での労働も増やして生活の足しにしようと思っていたぐらいだったのですが、グロップのスタッフはそのような私の性格も見抜いて、必要最低限の労働で問題ない製造業の仕事をご用意していただきました。不要な会話やコミュニケーションが要らないため、とても心地が良いです。

S.Y(29歳/男)
フリーターとしての生活に嫌気がさして、そろそろしっかりとお金の稼げる企業に就職したいと思い、グロップを登録しました。元々カフェバイトなどの経験が多く、人と関わることも好きだったので、そのようなお仕事に就ければ良いなと考えていた所、企業のサービス案内の仕事を紹介いただきました。日々さまざまな人と触れ合える仕事はやりがいも多く、毎日楽しく仕事することができています。また、職場の年齢層も近く、毎日同じ目線で仕事を続ける仲間がいるのはとてもありがたいです。

I.S(40歳/女)
息子たちが小学校高学年になり、そろそろちょっとしたお仕事を始めたいなと思い、調べていて耳にしたのがグロップの評判でした。グロップでご紹介いただいたお仕事は、食堂の調理スタッフです。元々飲食店で働いてみたいという希望もありましたし、食堂のおばちゃんという響きには憧れがあったので、夢がかなってちょっとだけ嬉しいです。日々キッチンもフロアもバタバタとしていますが、自分のやりたかったお仕事とマッチしているので、すごく楽しいです。

人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです


人材派遣の仕事を探すと、派遣といえども面接が行われることが多いです。

人によっては、一度に複数の会社に応募し、一気に仕事を探していこうという方もいます。

そうして面接の日取りが決まりますが、都合によりその日に面接を受けられない事もあるでしょう。

理由としては、例えば、体調が優れない、他の会社の面接が入った、などあります。

または、当日寝坊して、面接の時間に間にあわないということもあるでしょう。

ここで、面接日程調節をしてもらえる理由は、自分の印象を悪くしない理由は何かと、当事者は考えます。

ただ会社側としては、面接に来られない理由は、どうでもよいというのが本音です。

会社にとっては、その日に面接に来られないとう事実だけがあるのです。

面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください

面接が苦手という人に多いのが、緊張してしまって面接官の質問に答えられない、面接に行く前から心配して緊張し眠れない、ということです。

まずは、面接官の質問に対する答えですが、完璧にも流ちょうにも話す必要はないです。

いくら読み聞かせるぐらい上手く話せても、中身がないと面接を通過するのは難しく、多少言葉に詰まっても、言いたいことを言うことを考えましょう。

面接官だってあなただって人間なので、失敗はあり、完璧に全部を出来る人はいません。

心理学によると、多少失敗した方が好感度が上がりやすく、人間味が出ます。

話す中身が大切なので、上手く話すことよりも、何を話すかを考えましょう。

言葉に詰まらず、流ちょうに話すということは考えなくて良いです。

途中でミスをしてしまっても、好感度が上がるというぐらいに考えると、緊張も薄れていき、面接は怖くない苦手でないと思えるようになります。

また、面接官があなたのことをどう思うか、どう評価するかなどの、考えても把握できないことは考えない方が、緊張しにくくなります。

第一印象を少し良くしてみましょう


自分の容姿に自信がない、第一印象が悪くなる、面接官があまり興味をなさそうにしているなど、このような傾向があれば、第一印象を良くしてみましょう。

第一印象で悪くなると、その後面接が終わるまでイメージは引きずり、面接官が印象を変えることは少ないです。

印象が悪そうだと自分で思いこむと、自然と面接は苦手だと思ってしまいます。

まずは、清潔な格好をして身なりを整え、口臭を発生させない、フケを出さない、ひげは剃るなど体を綺麗にします。

また、太っている方であれば、痩せる努力をしましょう、
太っている方より痩せている方の方が、印象が良いのは間違いなく、痩せるには断食などいくつか方法があります。

面接を受けるときに印象を良くする方法はあります。

話すときははっきりと大きな声を出す、挨拶はしっかりと行う、きっちりと朗らかな表情を作り、こわばるニヤニヤするなどはしないようにします。

当日のスーツなどの服は、シワや汚れがなく、悪臭がない綺麗な服を着ていきましょう。

動作によって自分に自信を付けてみましょう

自分に自信がないので、面接では売り込みをできず、落ちてしまいそうと思い、面接が苦手と思う方もいます。

面接はあなただけでなく、他の人も受けにくることもありますが、ほとんど誰でも実力差はありません。

言い換えれば、その会社で採用になるのは、自信があり自信に満ちあふれているかも1つの要素です。

もしも自信がないのであれば、自信があるフリをすれば良いです。

心理学では、人は力強い動作をすると、気持ちが高ぶり、心が奮い立ち自信が持てると言います。

心理学の実験では、胸を張って背筋を伸ばす、拳を数秒力強く握る、マッスルポーズを取るなどすると、自信が出るとわかっています。

力強く振る舞うと、行動に引っ張られて気持ちが奮い立たせられ、自信が持てるのです。

面接に応用するとなれば、背筋を伸ばし姿勢を整える、大きな声で話す、相手の目を見て話す、身振り手振りを使う、話す前に拳を握るなどあります。

ただ自信を持とうとして、相手を睨みつけるようなことはしてはいけません。

(まとめ)人材派遣の面接が苦手な人でも実践できるコツはありますか?

1.苦手な人は、人材派遣の面接に対するイメージを変えることがコツです
面接が苦手という方は、受ける前から怖い場所だとイメージし、ネガティブになっていることがあります。

面接に対するイメージを変えて、普通の場所であり、自分は大丈夫だと思い浮かべてみましょう。

2.面接は言葉に詰まっても大丈夫だと気楽に考えてください
面接は流ちょうに話そう、失敗無く話そうとすると、緊張して苦手意識がまします。

人間は失敗するものであり、多少失敗しても、ミスしないことよりも、どのようなことを話すか中身を考えましょう。

3.第一印象を少し良くしてみましょう
面接が苦手という方は、自分の印象を変えて良くしてみましょう。

清潔な身なりにする、話すときは大きな声ではっきり話す、表情を良くするなどすると面接官の受ける印象が変わります。

4.動作によって自分に自信を付けてみましょう
自信が無く面接が苦手と感じている方は、動作により自信を付けましょう。

拳を握る、背筋を伸ばす、大きな声で話すなどの事を行うと、自然と気持ちが奮い立たせられ、自信が沸いてきます。