人材派遣の面接で沈黙してしまった時の対処法は?

人材派遣会社の面接で沈黙しても焦らないことが第一です


人材派遣会社の面接で沈黙をしてしまう、ということは仕方のないことです。

ここで注意すべきことは、沈黙をしないようにすることではありません。

沈黙をしても焦らないことです。

少し考えれば簡単にわかるような質問でも、沈黙したからといって焦ってパニック状態になってしまうと、答えることができないということもあります。

しかし、焦ってしまう必要はないのです。

多少沈黙したとしてもしっかりと考えた上で、その答えを導き出す、ということが重要になります。

沈黙してパニックになった挙句に、支離滅裂なことを言ってしまうのでは、人材派遣会社の面接官に対しても良いアピールをすることはできません。

大事な場面で緊張してしまう、というのは仕方のないことです。

重要なのは、それをどのように乗り越えるのかであり、面接官もそれをチェックしています。

焦らず、自分の気持ちや言いたいことを冷静に伝えるようにしてください。

人材派遣会社の面接で沈黙したら「許可」をもらいましょう

人材派遣会社の面接において、沈黙をしてしまえば誰もが焦ってしまうことでしょう。

信じられないほど長い沈黙の時間が続き、面接は台無しで絶対に受からないと思ってしまうかもしれません。

しかし人間は、忘れた時や沈黙した時、つまり焦っている時には、必要以上に長い時間が経過していると感じてしまうものですが、実はほんの数秒しか時間は経過していない、ということも珍しくありません。

そのため、沈黙したからといって焦るのではなく、まず沈黙をする許可を面接官からもらうようにしてください。

例えば、少し考える時間をいただけないでしょうか、などと一言相手に伝えるだけで堂々と考えをまとめてから答えることができます。

面接における質疑応答というのは、何もあなたが一方的に話すことでもないですし、面接官が一方的にしゃべるものでもありません。

あくまでも会話のキャッチボールであるということは、絶対に忘れてはならないのです。

沈黙することが良いことだとは言いませんが、だからといっていつまでも沈黙をしている、というのは絶対に避けなければなりません。

沈黙を完全に回避することはできません


人材派遣の面接における沈黙を避ける、というのは実はなかなか難しい問題です。

というのも、沈黙を作らないためには、緊張しやすい性格を変えたり、数え切れないほどの面接の練習を繰り返したりするなど場数を踏む以外に方法はないからです。

また、どれだけ沈黙しないように練習をして、自信を持てたとしても、ちょっとしたトラブルやアクシデントで頭の中が真っ白になってしまい、すぐに沈黙してしまうことも珍しくないのです。

そのような沈黙をしてしまった時に、絶対にしてはならないことがあります。

それは嘘をついたり、知ったかぶりをしたりしてしまうことです。

嘘をついたり、知ったかぶりをしたりしてしまうと、それは面接官にすぐに見透かされてしまいます。

これまで数え切れないほどの人を面接してきた面接官は、あなたの言動や仕草を見ただけでも知ったかぶりをしているのではないか、という疑いを持つのです。

そして、さらに突っ込んだ質問を投げかけられることもありますので、わからないことがあったとしても、知ったかぶりは絶対にしないようにしてください。

わからないことをわからないと正直に伝えることも、良いアピールになるはずです。

人材派遣の面接で沈黙したら焦るよりもまず行動をとりましょう

人材派遣の面接で沈黙をしてしまうのは、誰しもあることですし、必ずしもマイナスの印象を持たれてしまうとは限りません。

むしろ言葉に詰まるというのは、よくあることですが、沈黙によるマイナスの印象を与えてしまったとしても、それを挽回するだけの回答をすれば良いわけです。

例えば質問の意味がわからなかったり、頭の中が真っ白になってしまったりしたら、質問をもう一度聞き返すのでも良いです。

また、それは○○ということでしょうか?などと自分なりに理解をしようとしていることをアピールするのも良いでしょう。

つまり何よりも重要になることは、言葉に詰まってしまったとしても、面接に対して一生懸命取り組んでいる、ということを伝えることなのです。

むしろ、面接自体あなたの本気度や真剣さを判断するために行われているのですから、どうして受かりたいと思っているのか、派遣会社でどのように仕事をしたいと思っているのか、というのは面接にどれだけ真剣に取り組んでいるのかに表されます。

(まとめ)人材派遣の面接で沈黙してしまった時の対処法は?

1.人材派遣会社の面接で沈黙しても焦らないことが第一です
人材派遣会社の面接で沈黙してしまうことは悪いことではなく、むしろその沈黙をどのように乗り越えることができるのか、それを人材派遣会社の面接官は見ているということを忘れないでください。

2.人材派遣会社の面接で沈黙したら「許可」をもらいましょう
人材派遣会社の面接で沈黙をしたとしても、なにより焦ってはいけません。

沈黙をしたら、まずは考える時間をもらうことで、冷静に自分の言葉で話ができるようになります。

3.沈黙を完全に回避することはできません
沈黙を絶対に回避する方法ですが、そのようなものはまずありません。

まず重要になるのは、人材派遣の面接で沈黙したからといって知ったかぶりや嘘をつかないということです。

4.人材派遣の面接で沈黙したら焦るよりもまず行動をとりましょう
人材派遣の面接で沈黙をしたとしても焦らずに、冷静に真剣に面接に取り組みましょう。

真剣な気持ちを伝えることで、仮に沈黙したとしても面接においてマイナスにはなりません。