Monthly Archives: 5月 2018

派遣会社のグロップを利用した際の口コミや評判

A.N(36歳/女)
正社員で働いていた会社を最近辞めたので、新しい職を探そうと思い、現在評判になっている派遣会社のグロップに登録をしてみました。
以前働いていた会社について、グロップのコーディネーターさんに話ながら新しい職場選びをしました。

話の流れ的にはどんな仕事が向いているのかを見極めて、仕事の紹介をしてくれるので、非常にスムーズにやりたい仕事を見つけることができました。
コーディネーターさんの手助けに感謝しています。

Y.M(38歳/女)
仕事をするうえで、自分にとっての条件がありました。
その条件に合った仕事を探していましたが、なかなか見つからなかったのでどうしようかと考えていたときに、友人にグロップという派遣会社を紹介してもらいました。

派遣会社を使うのははじめてだったので不安がありましたが、グロップのコーディネーターさんが丁寧に1から10まで説明してくれたお陰で安心してお仕事紹介をしてもらうことができました。
自分に合った条件の仕事がこんなに早く決まると思っていなかったので、すぐに見つかって良かったなと思います。

E.Y(20歳/女)
私は経理の資格を持っています。
しかし一度も経理の仕事をしたことがありません。
資格を持っているのに活かせていないのはどうなのかなと思いはじめてきたので、経理の資格を活かしたいと思い、派遣会社を使うことにしました。検索していたら、人気だという派遣会社のグロップをみつけました。

登録してから担当者から電話があり、用件を伝えると経理のお仕事を紹介できると言われたので、今度詳しく話を聞いてみることに決めました。
自分自身で探すよりも早く見つけることができるのは、効率がよいです。

A.Y(44歳/男)
最近働いていた会社を辞めました。
この歳になって会社を辞めてしまうと、正社員で就職し直すのは大変なこともわかっていました。
でも何かしら仕事をしていないといけないと思い派遣の仕事をすることにしました。

最近話題の派遣会社グロップが評判が良かったので、電話をしてみました。
要件を話すと私にできる仕事が全然あるとのことだったので、グロップに登録して話を聞いてくることにしました。
職に就けるということで、安心しました。
グロップのコーディネーターさんに感謝しています。

H.K(28歳/女)
今まで就職もせずにずっとバイトでしか仕事をしてこなかったので、そろそろ真面目に働こうと思ったときにPCで見つけたのが、評判がよいとされている派遣会社のグロップでした。

やりたい仕事とかはとくに無いのですが、給料はいくらぐらいで休みが週休2日ある仕事がいいなという条件はあります。
それも含めてグロップに電話して聞いてみたところ、電話の時点でこんな仕事がありますと紹介してくださったので、実際に話を聞きにいってみようかと思いました。

M.S(50歳/男)
以前は事務のお仕事をしていました。
ですが働いていた会社が倒産してしまい、職をなくしてしまったのです。
焦っていたら、友人が派遣会社のグロップがいいよと紹介してくれました。
友人もグロップで仕事を探し現在も働いているそうです。

事務職というのは変えたくないので、それを含めて相談してみようと思いました。
まずは、PCから派遣会社グロップの登録をしようと思います。
話をしに行くときは、要件や条件をまとめて行くとスムーズだと聞いたので、そのようにしようと思います。

Y.Y(49歳/男)
人と接する仕事が苦手なので、工場の仕事を探してみようと思い派遣会社のグロップへ登録をしました。
グロップのコーディネーターさんはすぐに対応をしてくれて、工場系の仕事をいくつか紹介してくれました。

その中で、職場見学をしてみて自分が働きやすそうでかつ働きたいと思った職場に決めようと思いました。
職が決まってからもコーディネーターさんがフォローし続けてくれるのはいいなと思いました。

H.S(40歳/女)
現在の仕事は週休2日制ですが、土日のお休みで残業も少ない仕事に変えようかなと思っています。
自分で仕事を探すのは時間が掛かりそうなので、今回は派遣という形で仕事をしようと思いました。

でもどこの派遣会社がよいのか知らなかったので、PCで検索していたら評判がよいとされている派遣会社のグロップを見つけました。
はじめての電話の際も、即座に対応してくれるようなので、まず電話での対応を確かめてから登録して仕事探しに励もうと思っています。

Y.S(26歳/女)
最近、派遣会社のグロップに登録をしました。
派遣の仕事は支払い関係がしっかりなっていないイメージでした。

しかしグロップのコーディネーターさんは支払い関係や仕事内容についてしっかりと細かく説明してくださいました。
とくに私は、短い期間でお金をもらいたかったので、その事もお伝えしたら週払いの対応をしてくれました。
ここまで対応してくださる派遣会社は無いのではないでしょうか。対応力がよいグロップに感謝しています。

K.I(45歳/女)
どこの派遣会社がよいのか全く分からず、複数の派遣会社に登録していました。
その中でも一番電話対応が良かったのがグロップのコーディネーターさんでした。

工場で梱包などの軽作業を希望していたのですが、いくつかの会社をあげていただき、さらに一社一社について細かく説明をして下さいました。
その中でも自分が一番合いそうな会社を選ぶことができ、現在はそちらで働かせていただいています。
もうすぐで契約満期になるので、またグロップで仕事を探そうと考えています。

人材派遣先の面接はノースリーブを着てもいい?

ノースリーブで面接に行くことは、人材派遣の会社に対して失礼な可能性があります


夏場やクールビズ、「普段着でおこしください」と案内がある場合でも、ノースリーブで人材派遣先の企業へ面接に行ってはいけません。

人材派遣の面接でノースリーブは失礼に当たるので、肩を隠せる半袖や長袖の着用が望ましいです。

どうしてもノースリーブを着用する場合は上着を羽織りましょう。

人材派遣の派遣先企業の面接担当者は「安心して一緒に仕事ができるかどうか」を判断します。

その判断に見た目や服装は重要です。

だらしない服装や派手で奇抜な服装、露出度の高い服装は、信頼性や協調性や、仕事へ取り組む姿勢を疑われる要因になります。

人材派遣の面接で時間・場所・場合を考慮したビジネスシーンにふさわしい服装をすることで、社会人としてのマナーや仕事へのやる気をアピールする機会にもなります。

露出度の高い服装は避けましょう

人材派遣の派遣先企業との面接で避けるべき服装の一つに、露出度の高い服装があります。

ミニスカートや胸元が大きく開いたトップス、ノースリーブも露出度の高い服装に該当します。

そのためノースリーブは面接にふさわしくない服装になります。

人材派遣の企業との面接で露出度の高い服装をすると、プライベートとのけじめがないだらしない人や、社会人としての常識が無い人といった印象になって「この人に仕事をお願いして大丈夫なのか?」といった、不安や不信感を会社側に与える可能性があります。

見た目から、企業で働く大人としての常識やマナーがあることが伝わる服装を心がけましょう。

「上着を脱がない」という前提で、インナーとしてならノースリーブを着用しても問題ありません。

半袖や長袖の場合は人材派遣の会社で面接担当者に「上着をお脱ぎください」と言われたら上着を脱いでも構いませんが、ノースリーブの場合は脱ぐと失礼にあたるので脱がない様に注意しましょう。

理想はジャケット着用やスーツスタイルです


人材派遣の企業との面接にふさわしくない服装について説明しましたが、反対に派遣先企業との面接にふさわしい服装について説明します。

社会人としての常識があることを知ってもらうために、人材派遣先との面接はスーツやジャケットを着用して行くことが理想的です。

限られた時間で行われる人材派遣の面接は、第一印象で「信頼できそうな人だ」「安心して仕事をお願いできる」という好印象を持ってもらうことが今後の勤務に結びつきます。

信頼されるためには質問への受け答えや態度と同様に、良識ある服装も判断材料の一つになります。

夏場や「クールビズでおこしください」と案内されていても、ノースリーブだけで人材派遣先の面接へ行ってはいけません。

夏はどうしても汗をかきます。

汗でスーツが着崩れたり清潔感が損なわれない様、面接会場や会社の前までは手でジャケットを持って、ノースリーブで移動します。

早めに面接会場へ到着し、汗が引いてからジャケットに袖を通しましょう。

夏の暑い時期にノースリーブ1枚やブラウス1枚でなく、爽やかに清潔感を保ってスーツやジャケットを着こなしている人は好印象を残せます。

「普段着でお越しください」でもノースリーブのみはNGです

人材派遣の企業との面接で「普段着でお越しください」と案内されている場合も、ノースリーブ1枚で面接に行ってはいけません。

派遣先の企業との面接における「普段着」とは、オフィスカジュアルを意味します。

オフィスカジュアルは、「そのまま出勤して仕事ができる恰好」や「企業内で上司や取引先に会っても失礼に当たらない恰好」です。

具体的にはブラウスやシャツにジャケットやカーディガンを羽織ります。

面接にふさわしくない服装と同様に、露出が高い服装や派手で奇抜な服装はオフィスカジュアルでもNGです。

そのため露出度の高い「ノースリーブのみ」は、オフィスカジュアルに該当しないと考えた方が無難です。

人材派遣の企業の面接では、ノースリーブの上にカーディガンやジャケットを羽織るなどして肩が露出しないようにしましょう。

カーディガンを羽織る場合、ロングカーディガンは面接に不向きなので腰周辺に裾がくるベーシックなカーディガンを羽織ります。

ただし実際に人材派遣の企業で働きだしてからはノースリーブのみで勤務が可能な場合もあります。

オフィスカジュアルは会社や職種によって該当する恰好が違います。

派遣先の企業によっては「ノースリーブもオフィスカジュアルに当てはまる」と考えるところもあるかもしれないので、社風や現場の雰囲気、同僚の服装に合わせましょう。

(まとめ)人材派遣先の面接はノースリーブを着てもいい?

1.ノースリーブで面接に行くことは、人材派遣の会社に対して失礼な可能性があります
人材派遣先の企業の面接にはノースリーブで行かず、必ず上着を羽織って肩を隠しましょう。

夏場や「私服OK」と案内がある面接でも、ノースリーブはふさわしくありません。

信頼して仕事を任せて貰える様、TPOを考えた服装で面接に臨みましょう。

2.露出度の高い服装は避けましょう
ノースリーブなど露出度の高い恰好は人材派遣先との面接にふさわしくありません。

社会人としてのマナーがない人という印象を与えて信頼性が落ちる可能性があります。

面接官の前で上着を脱がなければ、インナーとしてノースリーブを着ることは可能です。

3.理想はジャケット着用やスーツスタイルです
大人として常識があるとわかるスーツやジャケットの着用は、人材派遣先の企業の面接に適した恰好です。

クールビズ可の場合も、持参したジャケットを汗が引いてから羽織るなどして、ノースリーブのみで面接に行かない様に注意しましょう。

4.「普段着でお越しください」でもノースリーブのみはNGです
面接の「普段着OK」は露出度を抑えたきちんとしたオフィスカジュアルを意味するので、「普段着OK」の面接にノースリーブはふさわしくありません。

ノースリーブもオフィスカジュアルとする企業もあるので、働き始めてからは派遣先の社風に合わせましょう。