人材派遣の面接はストレス耐性がチェックされている?

人材派遣の面接でストレス耐性が高い人が求められている

3af5d98d38a31625d9aa27cfcf185fef_s
人材派遣の面接ではスキルや経歴のほかに、ストレス耐性を重視して採用を決める企業も増えています。

仕事をしていく上で必要なスキルは高いにこしたことはありません。

しかしどれだけスキルが高い人でも、ストレス耐性が低い人は仕事を続けられずに辞めてしまうことがあります。

派遣社員であっても、働いている人間に急に辞められてしまうのは企業にとって大きなダメージです。

そうならないために、面接であらかじめストレス耐性があるかどうかをチェックしている企業が増えている傾向にあります。

仕事におけるスキルや人柄には大きな問題がないのに、面接で断られる場合にはストレス耐性がないと判断されたのかもしれません。

ストレス耐性は人材派遣で働くこと以外に、これからの人生に大きく影響します。

日頃からストレス耐性を上げるために意識を変えていくことも大切です。

ストレス耐性が低いと思われる人について

人材派遣で働くうえでストレス耐性の高さが重要視されていることが分かりました。

それではストレス耐性が低いと思われる人にはどのような傾向があるのでしょうか?

短い期間での転職を繰り返している場合、ストレス耐性が低いと取られる可能性があります。

転職する理由は人それぞれですが、入社して2年前後の転職を繰り返す人は人間関係のストレス耐性が低い傾向にあります。

仕事を初めてすぐは仕事に慣れるので精一杯ですが、1年も経てば仕事にも慣れて今度は人間関係を築いていく時期になります。

そこで人間関係を築くことにつまずきストレスとなって転職を考える人は、大体2年前後で仕事を辞めることが多いのです。

また仕事そのものへのストレスに耐えられない人も、短い期間で仕事を辞めてしまうことがあります。

転職した人すべてストレス耐性が低いわけではわりませんが、会社から見ると採用してもすぐに辞められるリスクがある人と思われてしまうのです。

人材派遣で働く場合、住所などの情報は開示されませんが職歴は伝わります。

過去に転職を繰り返している人は、転職理由を正直に伝えながらも現在はしっかりと働く意思があることを伝える工夫が必要になります。

人材派遣の面接でストレス耐性についての答え方のポイント

人材派遣であってもストレス耐性が高い人が求められています。

面接でもストレス耐性に強いかどうか聞かれることがあります。

「ストレスに強いか?」と訊ねられたとき、どのように答えるのが良いのかをご紹介します。

ストレス耐性を問われたとき答えてはいけない回答があります。

「ストレスをまったく感じません」といった内容です。

多かれ少なかれストレスを感じるものなので、ストレスをまったく感じないといった答えは嘘くさく思われてしまいます。

ストレスに強いと答える場合、どうしてストレスに強いのか理由も答えられるようにしましょう。

例えば、失敗しても自分が成長するきっかけであると前向きに考えるようにしているなどです。

逆に、「ストレスに弱いので良く薬を飲んでいます」などマイナスな回答も当然NGです。

しかしストレスに強いと答えることは嘘になってしまいます。

ストレスに弱いという自覚がある人は、ストレスをコントロールするために日頃から工夫していることなども伝えると良いでしょう。

例えば、身体を動かしてストレス発散をして引き摺らないようにしているなどです。

また、過去に困難を乗り越えて成長したエピソードがあれば合わせてアピールすると良いでしょう。

例えば辛くても仲間と協力してなにかを成し遂げたエピソードは、ストレス耐性の高さだけでなく、仲間との協調性をアピールすることもできます。

ストレス耐性を上げる方法三つ

e3068d10f9628de496cb9d42631d38ea_s
ストレス耐性が人材派遣の面接で重要なことが分かりました。

実際にストレス耐性を身に付けるにはどうしたら良いのでしょうか?

まず辛いことを我慢してストレス耐性を鍛えるという考え方は間違っています。

ストレスを我慢して自分の中に溜め込むことは、精神面と身体面の両方の不調に繋がります。

身体を壊してしまっては元も子もありません。

ストレス耐性は、日常生活の工夫であげることができます。

その方法を三つほど紹介します。

【セロトニンの分泌を促す】
脳内に分泌されるセロトニンという物質は、心身の安定に作用するもので幸せホルモンと呼ばれています。

セロトニンの分泌が多いと、ストレスを感じにくくなります。

セロトニンの分泌を増やす方法としては、タンパク質を摂る・太陽を浴びる・身体を動かす・スキンシップを行うなどがあります。

【考え方を変える】
ストレス耐性が高い人とそうでない人の違いは、考え方によるものが大きいです。

例えば、他人からの指摘に腹を立てる人より、成長できるきっかけであると前向きに受け止めるように考えられる人はストレスを感じにくいです。

後ろ向きに考えてしまうところを前向きに捉えられる人は、ストレス耐性が高い人です。

【ストレス発散の場を作る】
仕事をしていれば多かれ少なかれストレスを感じるものです。

自分の気付かないところでストレスが溜まっていることもあります。

ストレス耐性が高い人は、自分なりのストレス解消法を持っています。

(まとめ)人材派遣の面接はストレス耐性がチェックされている?

1.人材派遣の面接でストレス耐性が高い人が求められている
ストレス耐性は人材派遣で働くうえでも重要視されてきています。

派遣社員であっても、突然辞められたら困るためストレス耐性が高い人が求められています。

スキルが高くてもストレス耐性が低いことで不採用になる可能性もあります。

2.ストレス耐性が低いと思われる人について
ストレス耐性が低いと判断される理由として、転職回数の多さが挙げられます。

短い期間での転職を繰り返していると、職場になじむまでのストレスに耐えられない人と思われる可能性があります。

3.人材派遣の面接でストレス耐性についての答え方のポイント
面接でストレス耐性について問われたら、正直に答えながらもフォローしましょう。

根拠なくストレスに強いといっても、嘘くさく思われる可能性があります。

相手を納得させられる理由を考えておきましょう。

4.ストレス耐性を上げる方法三つ
ストレス耐性は工夫すれば上げていくことができます。

少しずつでも取り入れてストレス耐性を上げていきましょう。

ストレス耐性を上げるには体を動かすことや考え方を少し変えてみることなどが有効です。