人材派遣の面接は当日キャンセルしちゃいけない?

緊急の用事ならば可能ではありますが、基本的には避けましょう

fa75fa2d68e06abb34a1f13420bf3b44_s
人材派遣に限った話ではなく、正社員の面接でもパートやアルバイトの面接についても同じことが言えますが、アポを当日キャンセルすることは基本的には不可能です。

家族が危篤で向かわなければならない、親戚などの身内の不幸が重なってしまったために面接ではなくそちらを優先しなければならないなど、緊急の用事がある場合には当日キャンセルすることも可能ではありますが、あまり好まれるようなことではありませんので、キャンセルしない努力を最大限に行うことが必要となります。

自分勝手に申し込むだけ申し込んでおいて、それではいざ面接の日取りについての話になると、その日は遊ぶ予定が既に入っていたから避けたいなどと再び勝手を持ち出す。

これでは良い企業、良い仕事との出会い、チャンスはますます手元から遠のいてしまうことになり、自分のためにもなりません。

面接の当日キャンセルは多くの人に迷惑をかけることになります

マナーの定義付けは難しいものですが、この言葉の一要素に「他人に迷惑がかかるかどうか」という意味合いやニュアンスが含まれることは確かで、面接を当日キャンセルすることはこういった意味でのマナー違反に通ずる部分もあります。

つまり元々あった予定がドタキャンされてしまったのと同じで、キャンセルする側は自分なりの用事が済ませられるかもしれませんが、相手は予定を大幅に変更しなければならず、これを嫌う人がいても当然です。

また友人関係の間ならばまだしも、社会人との付き合いの中でドタキャンをしてしまうと、まずは面接を入れていた企業の計画を大幅に変更させることになってしまいますし、派遣会社としてもビジネスパートナーである企業との付き合いが変化してしまうため迷惑がかかることになります。

企業側としては本来行うはずだった仕事ができなくなってしまったことによって不利益が発生してしまいますし、派遣会社としてもリスクを背負わなければならなくなるため、当日キャンセルはできる限りしないべきであると言えます。

当日キャンセルをする場合は、すぐに関係者に事情を説明してお詫びをしましょう

e25b35fdffeab18f4b9e39565a2f56d2_s
関係者に迷惑がかかるため、できる限りキャンセルしないように努力はするべきですが、それでも不測の事態は起こり得ます。

それでは当日キャンセルをしたい場合にはどのような行動を取れば良いのでしょうか。

真っ先に行うべきなのは、関係者に連絡をして事情を説明するということです。

お詫びをすることも勿論重要ではありますが、事情を説明すれば分かってくれるかもしれませんし、新たにチャンスをくれる可能性もあります。

それでは面接の予定を繰り上げてみますか、という話が出ることもありますし、担当者の目に有能な人材と映ったならば多少の融通は利かせてくれるかもしれません。

連絡の方法については電話を選んだ方が良いでしょう。

メールは定期的に読むことになるものの、必ずリアルタイムで送った瞬間に読まれるものではありませんので、電話で派遣会社の担当者に話すべきです。

派遣の場合は派遣会社にも迷惑がかかる可能性があります

人材派遣会社に登録して企業を紹介してもらった上で面接を受けるのは、正社員やアルバイトの面接のように企業と自分の二者間で行われるものではなく、そこに人材派遣会社も含めた三者間での話し合いになるため、通常とは少し異なります。

二者間の問題であれば、これもあってはいけない話ではありますが、連絡を取らずに面接に行かなくても今後その企業と付き合うことはありませんので問題も発生しにくいのですが、人材派遣会社を含めた三者間の場合には人材派遣会社と企業の間の信頼関係もあるため、嫌だからといったような身勝手な理由で面接を避けてしまうと大きな問題が発生してしまいがちです。

自分ではなく他の人を雇うだろうからいいだろう、といった身勝手な考えは、自分と登録している人材派遣会社との関係も悪化させることにもつながりますので注意しなければなりません。

(まとめ)人材派遣の面接は当日キャンセルしちゃいけない?

1.緊急の用事ならば可能ではありますが、基本的には避けましょう
面接の当日キャンセルは緊急の用事が割り込みで入ってきた場合のみ可能ではありますが、基本的にはキャンセルすることはできないので注意しましょう。

自分の都合で全てが決まるなどということはあり得ません。

2.面接の当日キャンセルは多くの人に迷惑をかけることになります
面接を当日キャンセルすることはビジネスマナーに反することになります。

約束が守られていた場合に本来するべきだった仕事ができなくなれば、企業側としても不利益につながるため、キャンセルは可能な限りするべきではありません。

3.当日キャンセルをする場合は、すぐに関係者に事情を説明してお詫びをしましょう
もしも当日キャンセルをしなければならない状況の場合には、まず真っ先に派遣会社の担当者と先方へ連絡を取って事情を説明する必要があります。メールではなく電話を用いて連絡を入れましょう。

4.派遣の場合は派遣会社にも迷惑がかかる可能性があります
派遣会社から企業へと派遣されて働く前に行われる面接は、正社員やアルバイトの面接のように二者間での話ではなく、自分と企業と派遣会社との三者間での話となるため、少し特殊です。