人材派遣の面接を通過するには御礼の有無が影響する?

面接の通過に御礼のメールは影響します


面接後の御礼は、自分のために時間を割いてくれたことに対する感謝、そして次回の選考に呼んでもらえるよう、自分の志望度合いの高さを企業側に印象付けるためにも御礼は必要です。

まず御礼のメールは絶対に送らなければならないのか、といえばそんな事はありません。

しかし、面接に時間を割いてくれたことに対して御礼の気持ちを持つということはとても素晴らしいことです。

そして、派遣会社は採用した人を企業に派遣しますので、派遣した企業がその人に対して評価した場合、それは派遣会社への評価にもなります。

つまり面接官は派遣しても安心して仕事を任せられる人なのかどうかを吟味しています。

そのうえで、御礼のメールを送るような心遣いの出来る人はとても魅力的なのではなでしょうか。

御礼だけでなく最終自己アピールもできます

緊張してしまったり、頭の中が真っ白になってしまうこともあるでしょうし、言いたいことが言えないこともあるでしょう。

そのような場合には、そのまま何もしないよりも少しでも自分をアピールするために御礼のメールをしておいてください。

そうすると何もしないよりも相手に自分のことを印象づけることができます。

まるで最後の悪あがきのように思われるかもしれませんが、それこそが本当に面接を通過したいという気持ちの表れなのです。

人間は本気になればなるほど緊張し、成功したい、失敗したくないと思うものですし、そんなことは面接官は十分に理解しています。

緊張をして言いたいことが言えなかった時のために、御礼のメールの中で自分の伝えたいことを簡潔にまとめて記載しておくことで、面接通過の後押しになることがあります。

面接は面接自体で全てが決まってしまうのではなく、実は面接の後のこのような心遣い、といったものが重要になることもある、ということをしっかりと頭に入れておくようにしてください。

面接通過のためとはいえ心のない御礼は無意味です


その人材派遣会社には絶対に受かりたい!という志望度の高い会社に対しては、面接の後にしっかりとメールを送っておいてください。

つまりこのように自分の気持ちが強い場合、失敗した場合、最後のひと押しの場合など受かりたい気持ちが強ければ強いほどこのようなメールを送るべきなのです。

人材派遣会社に対して送る御礼のメールですが、1番してはいけないことがあります。

それはただメールを送るのが当然、メールは送らなければならない、という就職活動の1つの決まり事のように気持ちのこもっていないメールを送ることです。

人事担当者や面接官に対して、まるでテンプレートをそのまま貼り付けたようなメールを送ってしまうと、それは相手に対して非常に失礼になります。

そのようなメール受け取るのは、百戦錬磨の面接官です。

もちろんそのような気持ちのこもってない上辺だけの感謝のメールなどすぐに気づきます。

また、誤字脱字がたくさんあるメールなどもダメです。

御礼の気持ちを伝えたい、相手に少しでも良い印象与えたいと思っているにもかかわらず、誤字脱字だらけのメールを送ってしまうのは絶対にいけません。

相手に気持ちを伝えたい、という気持ちがあれば誤字脱字のチェックなどは当然行うはずです。

しかし、そのような訂正をせずにそのままメールを送ってしまうのは、相手にとって失礼であり、なおかつあなたのがさつな一面が出てしまいます。

御礼の連絡は簡潔にすることがポイントです

なんとしても面接を通過したいという気持ちばかりが先走ってしまい、本来であれば言わなくても良いような内容まで書いてしまうことがあります。

その結果、何が伝えたいのか分からずに、支離滅裂な文字数ばかりの多い御礼メールになってしまう可能性があるのです。

面接の中で話した志望動機などを断片的に書くのであれば良いのですが、1から10まで全て書き出しても何も意味がありません。

また、御礼メールを書いている中で気持ちが盛り上がってきてしまい、その会社への熱い気持ちをまるでラブレターのように永遠と書き続けしまう方もいます。

確かに面接を通過したいという気持ちが前面に出ている点においては決して悪いことではありませんが、面接官も暇ではありません。

そのためダラダラと長い文章で、意味が伝わりにくい、誤字脱字の多い御礼のメールなどを送るぐらいであれば、何も送らないほうが良いでしょう。

どれだけ良いことが書かれていたとしても、その内容が支離滅裂で長い文章では読む気持ちだけでなく、採用する気持ちすら失せてしまう可能性があります。

(まとめ)人材派遣の面接を通過するには御礼の有無が影響する?

1.面接の通過に御礼のメールは影響します
面接後の御礼をすることができる、ということはそれだけ心遣いのできる人、派遣先の企業に派遣をしても安心な人であると判断されることが多く、面接通過に大きく関係してくることがあります。

2.御礼だけでなく最終自己アピールもできます
人材派遣の面接で通過しやすくするには、面接の御礼の連絡をしてください。

面接のために時間を割いてくれたことに対する御礼の気持ちをメールで伝えることは、面接の通過に影響することがあります。

3.面接通過のためとはいえ心のない御礼は無意味です
面接通過のために御礼のメールをする場合には、せっかくのメールがマイナスな要素になってしまうことがないようにしましょう。

心のないメールや誤字脱字の多いメールには注意してください。

4.御礼の連絡は簡潔にすることがポイントです
御礼のメールの内容が人材派遣会社への熱い気持ちでいっぱいになるのは悪いことではありません。

しかし、熱い気持ちが強すぎて内容が支離滅裂、長過ぎるといったときは、印象が悪くなることもあるので簡潔にするのがポイントです。