人材派遣の面接にノースリーブは不適切なの?

私服がOKだとしても人材派遣の面接にノースリーブは印象を下げてしまう可能性があります


面接や企業説明会の際に、服装を指定しない企業は増えてきました。

求人倍率も上昇している現在では、求職者の負担にならないような施策をとっている企業が多く、そのひとつが服装であり「私服OK」な企業が増えている理由なのです。

ただし、これはあくまでも常識の範囲内というのが通説です。

女性の場合は、ノースリーブのような露出度が高い服だと、人事担当者の方からの印象が低くなってしまう可能性があります。

人材派遣の面接で服装に迷った場合には、派遣会社のスタッフ・アドバイザーに問い合わせしてみるのが一番効率的だといえるでしょう。

派遣会社のスタッフは、その企業のことも知っている方ですので、どれくらいの服装やマナーを求めているのかの目安になるかもしれません。

そのまま働けるような服装を心掛けましょう

人材派遣の面接の際の服装で、覚えておいたほうが良いことは、「このまま働ける」くらいの服装にするということです。

人材派遣の場合は、新卒や正社員の雇用と違い、採用から勤務スタートまでタイムラグも少なく、面接をしている人事担当の方も「この人がここで働く姿」を想像しているものです。

そのため、かしこまりすぎず、カジュアル過ぎない、その会社・仕事にあった服装がどんなものかをイメージして選ぶ必要があります。

ノースリーブくらいの露出度が高く、カジュアルな服装になってしまうと、「この人はうちの会社でうまく働くことができるのか」と不安になってしまう採用担当者の方もいることでしょう。

そのため、事務職ならば、落ち着いたシャツスタイルにして、工場などの場合は、もう少しカジュアルながらも袖のついたTシャツやポロシャツくらいにしておくと、相手からの印象を損なわずにすむでしょう。

アパレルの場合にはカジュアルな服装も認められがちです


ここまでは、カジュアル過ぎない服装なほうが望ましいというお話をしてきました。

ただし、その理由は「働く会社にマッチングしている」からというものです。

それでは、ここからはカジュアルな服装でも認められがちな企業について解説していきます。

カジュアルな服装で人材派遣の面接を受けても認められやすい業種があります。

それは、アパレル業界です。

特にショップのスタッフなど、店頭でお客さんと関わるお仕事をする職種の場合は、ファッションセンスが採用の基準となるケースもあります。

若い方を対象としたブランドの場合は、店員さんへあこがれを持っているお客さんも多いため、そういったカジュアルな服装のほうがむしろ「働く姿」を想像しやすいのです。

ただし、カジュアルさは認められやすいですが、ノースリーブ自体が認められるとは限りません。

アパレルの派遣を受ける場合にも、ノースリーブに薄いシャツを羽織る、ストールをまとうなどの重ね着をしておくほうが確実だといえるでしょう。

小物なども華美なものは避けましょう

人材派遣の面接の際には、なるべく目立たない服装の方が望ましいです。

その理由は、服装がマイナスな要因になる危険性はありますが、プラス要素に働くというケースはそこまで多くないためです。

派遣の面接では、求職者の能力を判断する材料を集めています。

そのなかの一つが「服装マナー」なのです。

先述のショップ店員のように、ファッションセンスが能力という場合もありますが、ほとんどの場合は、服装については「マナーが守られているものならば特に問題ない」程度にしかとらえていません。

そのため、できるだけ悪目立ちしないように意識しましょう。

また、服装については無難なシャツスタイルにしたとしても忘れがちなのが、バッグやアクセサリーなどの小物類です。

これらは、普段から使っているものをそのままつけていくことがほとんどのため、派手な格好が好きという方は、ついつい派手なものを持っていきがちです。

そのため、なるべく華美なものは避ける意識をしましょう。

アクセサリー・時計については、むしろ付けないくらいのほうが良いかもしれません。

このように人材派遣の面接は、企業に合わせて華美でない服装を意識することが大切なのです。

(まとめ)人材派遣の面接にノースリーブは不適切なの?

1.私服がOKだとしても人材派遣の面接にノースリーブは印象を下げてしまう可能性があります
人材派遣の面接の場合には、リクルートスーツを着る必要のあるケースはほとんどありません。

ただし、ノースリーブくらい露出度が高いと、印象を下げてしまう可能性があるため、アドバイザーやスタッフと確認して服装を決めましょう。

2.そのまま働けるような服装を心掛けましょう
人材派遣の面接では、そのまま働くことができるかのような服装が望ましいです。

面接を受けている人が「うちの会社で働いている姿を想像できるか」を、採用基準としていることも多いため、過度にカジュアル・フォーマルにならない服装を心掛けましょう。

3.アパレルの場合にはカジュアルな服装も認められがちです
アパレル業界の場合は、お店・ブランドのタイプによってカジュアルさが認められやすいです。

ただし、ノースリーブ自体が認められているというわけではありませんので、不安だという方は、重ね着をしておくほうが印象を損なってしまう可能性は低いです。

4.小物なども華美なものは避けましょう
服装を意識しても、ついつい忘れがちなのがアクセサリー・バッグ類です。

普段使っているものが派手すぎると感じたら、それらは身につけずに面接へ行く、もしくは面接の際には外しておくようにしたほうが良いかもしれません。