人材派遣の面接でノックするのは何回?

人材派遣の面接ではノックは3回しましょう


人材派遣会社の面接で入室する際は3回ドアノックをして、面接官が「どうぞお入りください」と返した後に「失礼いたします」と言ってから入室しましょう。

就職・転職活動の面接でもドアノックの回数は同じく3回ですので覚えておくと便利です。

公的な場所でドアノックをする時は4回と決まっていますが、ビジネスの場合はドアノックを3回に省略しても問題はありません。

しかし、ノックの回数によっては失礼にあたることがあります。

ビジネスマナーがなっていないことが伝われば、面接に大きく不利に働いてしまいますし、不信感を抱かれてしまいます。

面接官に不愉快に思われてしまわないよう、しっかりと覚えておきましょう。

ドアをノックする回数によって意味が違うので覚えておきましょう

ドアノックの回数は「プロトコールマナー」というルールがあります。

「プロトコールマナー」とは、様々な国の文化や宗教を超えた交流をスムーズに行うために決めたルールのことです。

これにより、ドアノックの回数は下記のように決められています。

▲2回
主にトイレの空室確認をするときなどに使われます。

▲3回
家族、友人などの親しい人の家や部屋などをノックするときに使われます。

▲4回
マナーを遵守するオフィシャルな場所でドアをノックするときに使われます。

人材派遣会社の面接で入室する際は、4回ノックしてしまっても問題はありません。

4回だとノックの数が長く感じることもあるため、3回でも大丈夫でしょう。

しかし、ノックを2回しかしなかった場合、入室から印象が悪くなってしまうことはもちろん「企業にこの人を派遣していいのか心配だな」と思われてしまい、お仕事を紹介してくれる範囲が狭まってしまう可能性があります。

ドアノックの回数はしっかり頭に入れておきましょう。

また、海外へ出張するときや、外国人のお客様を相手にするときなど海外標準の厳しいビジネスマナーが必要とされる場合は、3回ではなく4回ドアノックをします。

これらのことを覚えておくと「マナーに精通している人」という印象を相手に与えることができます。

「プロトコールマナー」は面接以外でも使えますのでしっかり覚えておくと良いでしょう。

ドアを叩く強さははっきり聞こえるようにノックしましょう

ドアをノックする際にドアを叩く力は面接官にはっきり聞こえるようにノックをしましょう。

手は軽くグーにして手の甲が自分側にし、ドアノックをする指は中指か人差し指を使って手首を振りあげるようにノックをしましょう。

自分の目の高さぐらいでノックをするといいでしょう。

ドアをノックする力が弱い場合、中にいる面接官がノックの音が聞こえづらくて気づかないことがあるからです。

もし弱くドアノックをして面接官の反応がなかった場合は、もう一度3回ノックしましょう。

逆にドアをノックする力が強すぎると、面接官に乱暴な印象を与えてしまったり、威圧感を与えてしまったりするので注意しましょう。

緊張してしまうとどうしてもノックする力加減がコントロールできなくなってしまうことがあります。

深呼吸し落ち着いてからノックをするといいでしょう。

そしてノックする時はゆっくり「コン、コン、コン」と3回ノックすることを意識して行いましょう。

ドアが開いている場合もノックを忘れずにしましょう


面接で使用する部屋のドアが既に開いていて、これから入室するという場合は、開いているドアの正面に立ってしっかり3回ノックをしてから入室しましょう。

面接官がいる空間に入るので、面接官に入っていいのか合図で確認をするためです。

ドアをノックしないでそのまま入室するとマナー違反となってしまいますので、注意しましょう。

また、ドアノックは一般常識でもありますので面接以外にも様々なシーンで役に立ちます。

しっかり覚えておきましょう。

面接をする部屋の中に面接官がいないことが分かっていても3回ノックをすることを忘れずにしなければなりません。

入室のタイミングから面接官はしっかり見ています。

ドアノックをしっかりできれば、入室から印象が良く、しっかりマナーが身についている人だということを面接官にアピールできます。

人材派遣会社はマナーがしっかり身についている人にお仕事を紹介したいものですから、どのようなことにも対応できるように事前に入室の練習をするといいでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接でノックするのは何回?

1.人材派遣の面接ではノックは3回しましょう
入室する時は3回ドアノックをしてから入室しましょう。

オフィシャルな場では4回というマナーがありますが、3回でも問題はありません。

ですが、ドアノックの回数によっては失礼に当たることがありますので注意が必要です。

2.ドアをノックする回数によって意味が違うので覚えておきましょう
基本は3回ですが、4回ノックして入室しても問題ありません。

2回ノックして入室した場合、トイレの空室確認という意味になってしまいますので注意しましょう。

また、海外の人やビジネスマナーに詳しい人などに会う際は4回ノックしましょう。

3.ドアを叩く強さははっきり聞こえるようにノックしましょう
ノックする手を軽くグーにして、中指か人差し指を使ってゆっくりはっきりと聞こえるようにドアノックをしましょう。

中にいる面接官の反応がない場合は、もう一度ゆっくり3回ノックすると良いです。

4.ドアが開いている場合もノックを忘れずにしましょう
ドアが開いている場合は、開いているドアの正面に立って3回ノックしましょう。

面接する部屋に誰もいないことがわかっている場合も3回ノックしましょう。

どちらもドアをノックしないまま入室しないように注意することが大切です。