人材派遣の面接で問われる退職理由と返答とは?

面接時に聞かれる退職理由はポジティブに答えることが大切です


転職をするために人材派遣の面接を受けている以上、必ず前職の退職理由が存在します。

何もなくて仕事を辞めてくる人はいません。

そこには生活もありますので、退職理由があってしかるべきです。

問題となるのは、面接でどうやって答えるのかにあるでしょう。

答え方ひとつで、相手の印象は大きく変わっていきます。

大事なことは、辞めたところの悪口をいったり、ネガティブなことを並べたりしないという部分になるでしょう。

人材派遣の面接でも、そういったことがあるだろうというのは承知しています。

読み取れないわけではありません。

だからといって、すべてストレートに話すのではなく、自分がこれからどうしたいのか、辞めたことから何につなげたいのかを話すことが重要視されます。

すぐに辞めてしまった場合は今後は長く続けたい意思を伝えましょう

良くあることですが、短期間でやめてしまったケースは、いろいろと考えなければいけないところがあるでしょう。

どんな理由でも問題視されるというわけではありませんが、楽観視することはできません。

問題点は、人材派遣の面接にきているというところに起因します。

面接をする側から考えると、今回もすぐやめてしまうのではないかと考えてしまうからです。

これを理解しておけば、対策はたてられるようになるでしょう。

例えば、入社前と約束が違ったとします。

これでは、長く勤めていても、どんどんと違う方向へ行ってしまうと危惧して辞める決意をするのは、だれでも理解できるところです。

我慢して働き続ければいいわけではありませんが、条件が間違っていなければ働き続けたかったでしょう。

これを伝えるのが大切なポイントになってきます。

短期間でやめなければいけなかった理由をはっきりと伝え、今度は長く働きたいという意思を見せるのが必要です。

やる気がある人なら、今度こそと考えられるからですが、注意しなければいけないのは悪口にしないことでしょう。

ほかの会社の愚痴は、だれも聞きたくありません。

いじめやパワハラでやめた場合は伝え方に工夫しましょう

働いていると、いじめやパワハラの問題にぶつかることがあります。

俗にいうところの人間関係です。

人間関係の悪化は、さまざまなところで起きるでしょう。

実際にいじめもパワハラも企業側にも大きな問題があるのが指摘されます。

日本でも企業の倫理観が問われることも出てきました。

いい会社なのにといわれることもありますが、そもそも人間関係が整理できないような企業は評価の対象にすらなりません。

日本でもようやくこうした議論がされるようになりましたが、そのまま面接で人材派遣業者に伝えるのはプラスとは言えないところです。

嘘をついて伝える必要はありません。

そこで、もっとチームワークよく働きたかったという理由もひとつでしょう。

簡単に言えば、面接時に自分がマイナスにとらえられるようなことはいう必要がありません。

もっとメリットのある答えを考えていくことが重要であることを理解しておくといいでしょう。

だからといって、いじめやパワハラが許されるようなことではありません。

仕事を辞める理由よりその先を答えましょう


仕事を辞めるのは、必ず理由があり、それが問題であるよりも、次にどんなことにつながるかを考えていかなければいけません。

辞めた企業をいつまでも非難しているというのも、問題になるのがわかるでしょう。

建設的に次につなげられないようでは、マイナスとして評価されてしまいます。

理由をごまかしたり、違った理由に挿げ替えたりする必要はありません。

そんな嘘をつく理由自体がないでしょう。

もっと建設的にもっていけるように考えてみることが必要です。

次は頑張りたい、もっと働きたいと思っているからこそ、人材派遣の面接にきていることでしょう。

その思いを伝えられるように考えてみると、自分の退職理由とこれから先のことがつながってくるはずです。

企業はステップアップの場でもありませんし、勉強する場でもないのですから、もっと働いていきたいという意欲を見せる必要があるでしょう。

面接で感じ取れれば、確実にプラスの評価をしていくことになるからです。

(まとめ)人材派遣の面接で問われる退職理由と返答とは?

1.面接時に聞かれる退職理由はポジティブに答えることが大切です
退職理由はさまざまですが、人材派遣の面接で何でも話せばいいというわけではありません。

自分がこれからどうしたいのか、ポジティブな内容につながるように話すことが必要です。

2.すぐに辞めてしまった場合は今後は長く続けたい意思を伝えましょう
すぐに辞めてしまった場合には、なぜやめなければいけなかったのか退職理由を伝えなければいけません。

今度は長く勤めたいという意思表示とともに、人材派遣業者に働きたいという明確な意思を伝える必要があります。

3.いじめやパワハラでやめた場合は伝え方に工夫しましょう
いじめやパワハラで仕事を辞めることはあり得る話です。

社会的に問題のある話ですが、人材派遣業者の面接でそのまま伝えるよりも、もう一歩進めて答えを考えておくことも必要になってきます。

4.仕事を辞める理由よりその先を答えましょう
仕事を辞める理由よりも、その先を人材派遣の面接では伝えられるかが勝負でしょう。

企業は勉強をする場でもないため、これからもっと働いていきたい意欲を伝えていくのが重要になってきます。