人材派遣の面接ではネックレスをつけても問題ない?

面接では上品なネックレスのみつけてOKです


人材派遣の面接は、基本的にネックレスなどのアクセサリーは必要ないという考え方です。

しかし新卒の就活生のように絶対NGではないので、人材派遣先企業との面接でネックレスをつける場合は控えめで上品なデザインのものを選びましょう。

チェーンが太かったり濃いゴールドや、ペンダントトップが大きかったり派手な色のネックレスは人材派遣の面接にふさわしくないので注意しましょう。

人材派遣の面接の理想的な服装はスーツかオフィスカジュアルなので「私服でお越しください」とある場合も基本はオフィスカジュアルを意味します。

そのためネックレスも遊びに行くときに着けるようなカジュアルすぎるものや、派手なものはNGです。

人材派遣の面接では社会人のマナーやTPO、当日の服装を考慮しながら、女性らしく目立たないデザインのネックレスのみつけましょう。

ネックレスの許容範囲は控えめでTPOをわきまえていることです

派遣先との面接ではつけて問題ないネックレスがあります。

許容範囲はチェーンが細いものや、ペンダントトップが小さいものです。

色の許容範囲はチェーンはシルバー、ペンダントトップは透明や淡いピンクや黄色などです。

人材派遣の面接にNGなネックレスは、太いチェーンや長いチェーン、派手な色のチェーンやペンダントトップです。

カジュアルすぎるものやお辞儀をした時に揺れるものも避け、目立たないデザインを選ぶことが大切です。

新卒の就職活動ではネックレスなどは原則NGですが、社会人経験者や年齢を重ねた人が人材派遣の面接を受ける場合は絶対にNGではありません。

フレッシュなイメージよりも、清潔感を意識しながらTPOをわきまえた格好をして「社会人として信用できる」「安心して一緒に仕事ができる」と面接担当者に伝わることが大切です。

社会人として違和感のない範囲内ならネックレスも問題ありません。

人材派遣の面接でつけるネックレスはあくまでも常識の範囲内でという部分が重要なので、つけていても仕事の妨げにならない小ぶりのものを選びましょう。

「私服でお越しください」の場合も派手なネックレスは避けましょう


ネックレスの許容範囲について解説しましたが、派遣先との面接に「私服でおこしください」とある場合、私服=カジュアルと考えてネックレスを選んでいいのかについて説明します。

人材派遣の面接に「私服でお越しください」とある場合は、オフィスカジュアルを意味します。

オフィスカジュアルは会社の中でも違和感なく、そのまま仕事が出来る格好です。

遊びいくようなカジュアルすぎる服装やネックレス、派手な服装やネックレスはだめです。

人材派遣の面接では「安心して仕事を任せられるか」「ルールを守って働いてくれそうか」などを見るため、個性を出しすぎる必要はありません。

オフィスカジュアルは清楚でしっかりした印象を意識して、ネックレスをつける場合は必ず小ぶりの上品なものにしましょう。

アパレル業界など私服で面接する人材派遣の企業の場合、服装やアクセサリーに対する許容範囲は広くなります。

しかしカジュアルすぎる格好はふさわしくありません。

ネックレスも派手な物や過剰につけることは避けて、ブランドイメージや服装に合わせて選びましょう。

面接にふさわしい服装はスーツかオフィスカジュアルです

人材派遣面接でのネックレスの選び方について説明してきましたが、基本的な服装は大丈夫でしょうか。

人材派遣の面接でネックレスを合わせる基本の服装は、スーツやオフィスカジュアルが理想的です。

派遣先との面接で着るスーツは、リクルートスーツである必要はありません。

職歴によっては違和感が出る場合もあるので、リクルートスーツしか持っていない場合は、シャツを色つきやデザイン性のあるものにすると新卒の雰囲気が減ります。

オフィスカジュアルは、社内でそのまま違和感なく働けることと、上司や取引先の人に会っても恥ずかしくない恰好であることがポイントです。

白など淡い色のシャツの上にジャケットを羽織り、紺やベージュなど落ち着いた色のシンプルなボトムを選びましょう。

人材派遣の面接では基本的な服装をふまえたうえで、なるべくシャツから見えない様に控えめなネックレスをつけましょう。

面接では「社会人として信用できそうだ」「安心して仕事を任せられる」と担当者に信用してもらうことが大切なので、清潔感と控えめを意識して身だしなみを整えましょう。

(まとめ)人材派遣の面接ではネックレスをつけても問題ない?

1.面接では上品なネックレスのみつけてOKです
人材派遣の面接にネックレスは必要ではありませんが、小ぶりで上品なものなら面接でつけても問題ありません。

ビジネスシーンにふさわしくない長いチェーンや目立つものなどは避けましょう。

2.ネックレスの許容範囲は控えめでTPOをわきまえていることです
人材派遣の面接では控えめなネックレスをつけるなど、TPOをわきまえた格好をすることが大切です。

ネックレスの許容範囲は、細いシルバーのチェーンに目立たない色のペンダントトップなど、控えめで上品なものです。

3.「私服でお越しください」の場合も派手なネックレスは避けましょう
私服やオフィスカジュアルなど面接の恰好によらず、派手なネックレスを付けるなど個性の出し過ぎは印象が悪くなる恐れがあります。

人材派遣の面接ではネックレスなどのアクセサリーは付け過ぎず、必要最小限にとどめた方が無難です。

4.面接にふさわしい服装はスーツかオフィスカジュアルです
人材派遣の面接の基本的な服装はスーツかオフィスカジュアルです。

スーツかオフィスカジュアルできちんとした身だしなみを整えたうえで、小ぶりで控えめなネックレスを出来る限り外側から目立たない様につけましょう。

著者情報

プロフィール:佐藤 義弘
転職者の悩みに答える情報を発信している人事コンサルタント。様々な企業の人事の悩みに答えている。