人材派遣の面接にノーメイクはダメ?

人材派遣の面接をノーメイクで受けるのはダメです

人材派遣会社では登録者の希望条件と合うのかどうかを確認するために、登録会などが行われます。

派遣会社においては服装は自由で良いと言われることも少なくないようですが、やはりスーツを着ていくのが無難です。

服装などはあまり関係ないということから、ノーメイクで面接を受ける人もいるようですが、ノーメイクはやはりあまり良くありません。

メイクというのはそもそも人前に出るときに、自分の印象よりよくするために行うものです。

にもかかわらずノーメイクということは、相手に対して失礼な行為であるととられてしまっても仕方がないからです。

ノーメイクはダメですが、派手すぎるメイクもまた避けたほうがよいでしょう。

あまりにも派手な印象というのは、対応する側にとってあまり良い印象を与えません。

面接では健康的であることをアピールするべきです

面接におけるメイクというのは自分を綺麗に見せたり、可愛く見せたりするために行うわけではありません。

面接においてのメイクの目的というのは、自分を健康的で元気のある人間であるということをアピールするためだと言われています。

例えば、ブラウン系やベージュ系といったナチュラルな雰囲気のメイクがおすすめです。

ただしあまりにも地味な印象を与えてしまうとマイナスなポイントになってしまいますので、ワンポイントでピンクやオレンジといったものを使用するとより顔色が良く見えます。

ちなみにノーメイクというのは外見や恰好などに一切気を使わない、だらしのない人であるというイメージを与えてしまいます。

もちろんプライベートでノーメイクなのは全く問題ありませんが、面接という大切な場面においてノーメイクは良くないのです。

面接なんて適当にこなしておけば良い、と思っている人だと思われても仕方がありません。

人材派遣の面接では清潔感が大事です

人材派遣の面接においては服装やメイクなども比較的ゆるく捉えられることが多いです。

しかしヘアスタイルにおいては、やはり清潔感を重視するということに違いはありません。

ロングヘアなのであれば、一つに結んだりまとめたりするようにして、だらしない印象を与えないようにしましょう。

ただしツインテールなどのヘアスタイルは、社会人としては程遠い印象を与えますので、控えるようにしてください。

パーマをかけているというのは決して悪いことではありません。

しかしパーマにもいくつか種類があり、毛先がボサボサで遊びの多いヘアスタイルは相手に良い印象を与えないので注意してください。

特にしばらく家庭に入っていた人や、外で働いていなかった人というのは自分のヘアスタイルがだらしがないということに気づけずにそのまま面接を受けてしまうこともあります。

思い切って美容師に面接を受ける、ということを伝えて、面接に相応しいヘアスタイルにカットしてもらうのも良いかもしれません。

ヘアスタイルは茶髪でも問題はありません

正社員であれば、茶髪を一切禁止しているという企業もあります。

ただし派遣社員というのは、そこまで厳しくヘアカラーなど制限されていません。

そのため、面接においても茶髪が絶対にダメなのかといえばそんなことはありません。

やはり重要なことは、そのヘアスタイルやカラーが面接官に不潔な印象を与えていないか、自分の魅力を消してしまっていないか、ということなのです。

茶髪でも一色であればまだしも、黒髪とカラーしている部分とが混在しているような派手なものや、一色だとしても金髪に近いようなヘアスタイルというのはあまり印象良くありません。

もちろん、金髪でも仕事におけるスキルが非常に高く、マナーも完璧で、面接での受け答えも文句の付けようがないほどの人であればまず不合格になることはありません。

ただし、派遣される企業によってはヘアスタイル、髪の色を変えるように言われることもあるでしょう。

特に受付業務などを派遣として請け負う場合には、その会社の顔として応接をすることになります。

にもかかわらず金髪や派手な髪の色であれば、その企業の印象が悪くなります。

外部の人が派遣なのか正社員なのかを瞬時に判断することはできませんので、少しでも印象を良くするために黒髪に戻すように言われることもあるかもしれません。

(まとめ)人材派遣の面接にノーメイクはダメ?

1.人材派遣の面接をノーメイクで受けるのはダメです
人材派遣の面接でのノーメイクはいけませんが、派手なメイクもまたいけません。

できるだけナチュラルでなおかつノーメイクではない、という程度のメイクがおすすめです。

2.面接では健康的であることをアピールするべきです
健康的であり元気いっぱいな人間であるということをアピールすることこそ、面接におけるメイクの目的です。

可愛いさ、綺麗さをアピールするためではないのでナチュラルかつワンポイントで明るい色のものを使用するようにしましょう。

3.人材派遣の面接では清潔感が大事です
ヘアスタイルはその人の印象を大きく印象づけるものです。

メイクだけではなくヘアスタイルについても必ず清潔感のある、なおかつ常識のある人であるということをアピールできるものにしなければなりません。

4.ヘアスタイルは茶髪でも問題はありません
ヘアスタイルはもちろん、髪の色が面接においてマイナスのイメージになるのかといえばそんなことはありません。

ただしあまりにも派手すぎるものというのは、面接において不利になることもありますので、落ち着いているものにしておくとよいでしょう。