人材派遣面接で寝坊してしまったらまずは電話連絡?

人材派遣面接で寝坊したらとにかく急いで電話連絡が最優先です


大切な面接で寝坊してしまった場合、ついついそのまま逃げ出してしまいたくなることもあるでしょう。

しかし、まずはとにかく電話連絡をします。

連絡するよりもまずはとにかく会場に急いで、事情を話すべきだと思われるかもしれませんが実はそうではありません。

というのも面接はあなた一人が受けるものではなく、複数人が面接を受け、それらはすべて順番が決まっています。

急いで電話をして遅れるという事を伝えれば、もしかすると面接の順番を最後に回してもらえるかもしれません。

そのため、ついやけくそになってしまうことなく、とにもかくにもまずは電話で連絡をしたうえで、遅れても必ず会場には行くことを伝えてください。

言い訳を言ってはいけません

寝坊してしまったのであれば少しでも被害を少なくするために、寝坊したということを隠してしまいたいと思う人も多いでしょう。

何かしら言い訳をすればごまかすことができるのかもしれないと思う気持ちも分かります。

しかし、絶対に下手な言い訳はしないでください。

体調が悪くなった、交通機関のトラブルが起きた、などといった言い訳をしてしまうのは絶対にいけません。

体調が悪くなったとすれば、それはこの数分間の間に体調が悪くなったのではなく朝起きた時から体調が悪いはずです。

にもかかわらず会場に無断で遅れてくるということは、体調が悪く会場に行くことができない可能性があるにも関わらず連絡の一つもしない人であると思われてしまいます。

また交通機関のトラブルはインターネットで少し検索をするだけで簡単にわかります。

それが嘘か本当かはすぐにバレてしまうもので、嘘がばれてしまった時ほど印象を悪くしてしまうことはありません。

寝坊しても諦めてはいけません

仮に寝坊したとしても余計な言い訳をせず、本気で謝罪をしようという気持ちがあれば、面接を受けることができ、内定をもらえる可能性もあります。

どのような場面においても窮地に追い込まれている自分を救い出すことができるのは一生懸命さと誠意さです。

寝坊してしまったことによって面接に行けなかった、それはもう過ぎてしまったことです。

次にするべきことは嘘をつくわけでもなく、言い訳をするわけでもなく、一刻も早く面接を受けるために会場に行くことです。

それはつまり自分がその人材派遣で何としても働きたいという気持ちの表れでもあります。

本気で人材派遣会社で働きたいと思うのであれば、どれだけ時間がかかってしまったとしても会場で面接を受けようと思うものです。

その意思を伝えるためにも謝罪の電話、そして一刻も早く会場に行くために急ぐことが重要なのです。

電話をした時点で面接は受けられない、採用することはない、というのであれば諦めてください。

もちろん、断られたからといってふてくされるのではなく、面接に行くことができなかったことを誠心誠意謝罪しましょう。

絶対に寝坊しないためにできることがあります


面接に寝坊してしまった場合には対処方法がいくつかあることはご説明しました。

しかし、やはりなんといっても面接に寝坊をしないということが何よりも重要です。

面接に寝坊しないためにできること、それは確実に起きられるようにすることです。

基本的に人材派遣会社での面接というのは朝早くや、夕方に行われることはなく、午前10時から14時の間に行われることが多いです。

そのため面接が行われる日まで、早寝早起きを徹底して目覚まし時計がなくても確実に目が覚めるまで自分の体内時計をコントロールしておくことも重要です。

人材派遣の面接が行われるにもかかわらず、前日は大量にお酒を飲んで寝不足の状態で明け方にやっと眠った、なんてことがあれば当然寝坊してしまうリスクが大幅にアップしてしまいます。

本気で面接を受けたい、絶対に寝坊したくないと思うのであればしっかりと寝坊せずに済むように努力をすることが重要なのです。

それでもまだまだ不安なのであれば、面接当日だけ目覚まし時計を10個セットするなど出来る限りの努力をしましょう。

(まとめ)人材派遣面接で寝坊してしまったらまずは電話連絡?

1.人材派遣面接で寝坊したらとにかく急いで電話連絡が最優先です

面接で寝坊してしまった場合には、何よりもまずは電話で連絡をします。

電話連絡をすれば面接の順番を変更してもらうことができたり、遅れたとしても必ず会場に行くという意思を伝えることができたりします。

2.言い訳を言ってはいけません

寝坊してしまった場合にはついつい言い訳をしてその場を丸く収めようとしてしまいがちですが、そのような嘘はすぐにバレてしまいます。

下手な言い訳は余計に自分の印象を悪くしてしまうことに繋がります。

3.寝坊しても諦めてはいけません

面接に寝坊してしまったとしても、その人材派遣会社で働きたいという気持ちを伝える方法はあります。

誠心誠意謝罪をしたうえで、まだ面接を受けられるのであれば会場まで大急ぎで向かいましょう。

4.絶対に寝坊しないためにできることがあります

面接に寝坊しないためには体内時計をコントロールしたり目覚まし時計を10個セットしたりするなど、今の自分にできることを全て行うようにしてください。

本当に面接に遅刻したくないと思うのであれば、そのような努力は当然のことです。